忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
爽やかな秋晴れの日が続きます。
今日は、随分久しぶりの新国立美術館へ。
デザイナー仲間の、Y子さんとAさんも久しぶり。



東山魁夷‥このパンフに載っている「道」とか、有名どころの絵をいくつか知っているだけで。
「日本画の巨匠」くらいの認識でした。
きっと、お誘いが無ければ行く事は無かったです。
風景画にはあまり興味が無い私ですが、これが想像以上に良かったのです。(巨匠に失礼な!)



どの絵も大きなサイズで、そのエネルギーにまず驚く。
構図が大胆で、色がとても美しいと思いました。
細密では無いけれど「その情景の空気感を感じる絵だなぁ、さすが巨匠」と、思いながら唐招提寺御影堂障壁画の部屋に入ると。
そこは別次元の世界で、絵の迫力が迫って来ました。
思わず「わ〜ぁ」と、感嘆の声をあげてしまうほど力のある絵。
鑑真和上坐像を安置する御堂の襖絵だそうで、そのままお部屋を再現しています。
海を描いた「濤声」の部屋は、本当に「ザーッ」と波音が聞こえて来るようでした。
山から雲が沸き上がっている「山雲」は、静けさと湿り気のあるひんやりした空気がまとわりついて来るように感じました。
鳥肌が立つというのは、こういう事なのだなぁと思って‥一見の価値があります。
そのスゴイとしか形容しようがない画が、67歳の製作だそうで。
この頃は、直径30センチのお皿を描きながら(お皿を持つ左手が)「重い〜」と弱音を吐いていますが。
見習って私も「ピークは67歳で!」と、目標を決めました。
もう暫く猶予があります。
最後の製作は90歳ですから、本当に尊敬の一言です。



ランチは、この円柱の柱の上にあるポール•ポキューズで。
昔は長〜い行列で何度か諦めましたが、今日は少し待つだけで入れました。
お料理は美味しかったけど、サービスの方達の動作が雑に感じる。
美術館の簡易レストランなので、仕方ないのでしょうかねぇ?
PR
急に思いついて、午後からお墓参りに行って来ました。
お彼岸にも行ってなかったので、久しぶり。
途中、守谷のサービス•エリアで、懐かしいアヒルさんに会えました。
施設が長く工事中で、池もずっと壁で覆ってあったので、どうしているのか気にはなっていたのです。
グワグワ鳴きながら寄って来ました。
元気で良かったです。



空が綺麗な晴れた日で、帰り道はお月さまもまん丸。
十六夜(いざよい)の満月だったそうです。
知っている方のセキセイインコさんが虹の橋を渡ったと、ツイッターで知って。
朝から空が気になる日でしたが、一日中穏やかな空で‥名前がソラ君というのですが‥お空に愛されているのだなぁと、しみじみ思いました。
月曜日には有楽町へ。
高校の同級生Oさんがお孫ちゃんに会いに上京していて、神奈川在住のB子さんと3人で集合。
リクエストがあって、私もまだ行った事の無かったミッドタウン日比谷へ行きました。



お向かいに東宝ビルがあるので、ゴジラ君が立っています。
よく見ると、頭の上で鳩がのんびり日なたぼっこしてました。
食べられちゃうよ〜(笑)



この頃は人混みを煩わしく感じる事も多いですが、このビル好きです。
今ドキの流行なのか窓が大きくて、空間もゆったり〜。
2階レストランのバルコニー席からお隣の日比谷公園を見下ろしながらのランチは、開放感ありました。
外につながるテラスには、ヤマガラさんが遊びに来てビックリ!
6階のテラスは更に景色が良くて、皇居の緑が広がります。
ここで軽食を広げている方も居ました‥気持ちはわかる!



週末は混むのでしょうが、のんびり出来るのが1番の贅沢。
気持ち良くおしゃべりできる事が重要。
きっと思う事は同じで、似たようなお年頃がゾロゾロと多かったです。
7階より上のオフィス•ビルで採算が取れる様子で、そんなお客ばかりでも良いという余裕を感じました。(笑)
銀座シックスの屋上は水場もあって、もっと人の手が入った印象。
この空間が銀座の一等地にあると思うと、贅沢過ぎですね〜。

毎年気になりながらも行きそびれていたクラフト•イベントに、今年はようやく行けました。
全国から手仕事の作家さんを集めた「工房からの風」。



千葉の地元のクラフト系企業が、作家育成の為に企画しているようで。
社有地の小さな鎮守の森に、沢山の販売テントが並びます。



出展には審査(年齢制限も•笑)もあるらしい‥とても作品のグレードが高く、見応えありました。
地面の上の小さなお店ですが、百貨店に単独出展してもおかしくない作品ばかり。
実際、デパートのエージェントさんが声をかけている所にも遭遇しました。
それぞれ結構良いお値段でしたが、手間を思えば納得の行く物で。
「これだけの仕事をしているのだから、この価格で売りたい」という自尊心を持った姿勢、見習いたいです。
私は量産品の価格と見比べて、どうしてもフラフラ〜してしまう。
これは自分が消耗する元となります。
工場の大量生産品が悪いとは思いませんが、手仕事はかかっている手数が圧倒的に違うのです。
染め織り•陶磁器•木工品は、特に多くの作家さんが出展していました。



気になって、何度も足を運んだのは「竹下努」さんという陶芸家さんのテント。
売るほど持っているというのに(笑)、やっぱり食器が好きです。
どこか控えめで奥ゆかしい白い器で「この人の造形、好きだわ〜!」と思う。
ご本人も、そのような感じのお兄さんです。
陶器かと思ったのですが、磁器に釉薬を工夫しているそうで。
李朝白磁という昔の韓国の焼きものにインスピレーションをもらって、作陶されているのだそうです。
岐阜の土岐に築窯されていて‥この夏に行った多治見と、お世話になっている深山食器さんのある瑞浪とに挟まれた街で‥勝手に親近感も感じてしまう。
一輪挿しをお迎えしました。
高さ6センチの割には幅広で、一輪には口径が大きいのですが。
「落ちた椿の花を入れたら‥」という竹下氏の言葉も、ステキに感じました。



古い友人のKちゃんが、趣味の織物仲間と4人で行くというのにオマケで混ぜて頂いたのですが。
ジャンルは違いますが、物を作る人達との話も面白かったです。
明けて今日は、川の向こうの埼玉でファーマーズ•マーケットが開かれているというので行ってみました。
青山で開催されているマーケットと比べると、お店の数も、オシャレ具合も、今ひとつですが‥6月から毎月開催されているそうで、育ってくれると嬉しい。
地元農家さんの無農薬野菜や、愛媛から来られたお魚の燻製屋さんや‥美味しい物は買えました。
今晩の晩酌の友「タコの白子と内蔵のスモーク」はビックリ!の美味しさでした。
明日の「天然ブリのスモーク」も楽しみ〜。
クラフト系のお店も出ていましたが、昨日良い物をみたばかりの肥えた目にはトテモ、トテモ‥。
子供だましのように感じて、素通り。
2日目は多治見へ。
名古屋近郊は焼きものとか、刃物とか‥昔から火を使う職工さんの街が多く、精をつける食事として鰻が有名。
まずは、うな重を食べるのが目標です。
お重からはみ出る程に鰻が豪華で、頭まで丸々1匹乗っているのにはビックリ!
馴染みのある一旦蒸した物とは違って、パリパリに焼いてあるのですが美味しかったです。
多治見のユルキャラ、うなガッパ君も見つけました。



もちろん多治見も焼きものの街‥緑色の織部釉のかかった美濃焼が有名ですが。
いかにも「土もの」というのは、今の好みとはちょっと違うので。
明治〜大正の頃に瀬戸で輸出品として作られた器を、骨董品のお店でお迎え。
ブルーウィロー柄のお皿‥直径26センチ程です。
転写紙もヨレていたりするのですが、それもまた味わい。
水差しの方は手描きでした。



お店が続く「織部ストリート」は、軒先に陶製の風鈴がズラ〜ッと下げてあって風流。
趣のある建物が続きます。
見た目は涼しげですが、さすが「日本一暑い街」は暑かった。



「このままでは干からびる〜!」と、大きな建物に避難する事に。
焼きものの美術館は複数あるのですが「MINOセラミックパーク」に行きました。
敷地は山ひとつあるのかも?
土地の使い方が豪華です。
深山食器さんの器が、ミュージアム•ショップに並んでいて嬉しかった。
会社は、近くの瑞浪市にあります。
施設内の岐阜県現代陶芸美術館で「驚異の超絶技巧」展が開催中でした。



少し前に三井美術館で展示がありましたが。
3年前の初回企画の展示を見たのもあって、何となく見逃していました。
七宝焼きの並河靖之氏の作品が、多くあったのは嬉しかった。
ムスメが「3年坂美術館で観たよね?」と、覚えていたのも嬉しい驚き。
(興味なさそうに見えるので•笑)
当時の工芸品の技術は、現代では再現できないと言われていますが。
現代の作家さんの作品も超絶!でした。
少し早目のお盆休みで、名古屋方面にお出かけしました。
3年前の夏、1級絵付け技能士の試験で訪れた瀬戸へ。
深川神社に奉ってある瀬戸の陶祖様「陶彦社」に神頼みして、お守り頂いたと思っているのですが。
3年越しで、ようやくお礼参りに。



ずっと気になっていたので、ようやくですが‥ホッとしました。
絵付けの道は、まだまだ続くので。
これからも気にかけて頂かないと〜。(笑)
十余年ぶりに窯垣の小径を歩いて、宝泉寺の天井画を拝見して‥。



こちら方面はやはり東京より、もひとつ暑かった〜。
いつも立ち寄っているギャラリーで、気になる器を見つけました。
釉下彩(下絵付け)の優しい色合いで描いてある燕さん。
大島梓路さんという作家さんの物です。
この品の良い美しさに惹かれて、自分用にお迎え決定。
このシリーズ、もっと数を見たかったです。



車で1泊2日の短い旅行だったので、寅ちゃんを連れて行こうか?迷ったのですが、この暑さです。
日頃静かに暮らしているので、お店に預けるのもストレスかなぁ?と。
エアコンとテレビを点けっ放しで、お留守番してもらう事に。
初めてカメラを設置したのですが、リーズナブルなお値段なのに音声も双方向で聞こえて。
画面もズーム出来るし、とても便利でした。
寅は1日中のほとんどをジ〜ッと過ごしている様子。
でも声をかけると、嬉しくなってワサワサ。
その辺りをグルッと1週します‥これは、ご機嫌な時の動作。
何回も繰り返して健気です。



声のする方向が気になるらしい。
このカメラのお陰で、お母ちゃんは随分と安心でした。
この日は名古屋駅前のホテルで、大阪から来たムスメとも合流。
(人間の)家族が揃ったので、名古屋コーチンを食べに行きました。
招待券を頂いたので、週末は久々のビッグサイトへ。
リトルガーデンを始めた頃、ここでデザインフェスタに何度か出展したのは懐かしい思い出です。



今回は「interiior life style」という、商談を目的とした大きな見本市なので。
ブースにかけてるお金が違う〜。
食器や家具や生活雑器等、インテリア関連のメーカーが出展するオシャレな空間でした。
リビング用品は好きなので、アチコチ見て回るのも楽しい。





ひとり家内工業のリトルガーデンですが、お取り引き先の「ミヤマ食器」さんに良い機会を頂きました。
最近、少しお尻が重くなっていたし‥良かった!
ミヤマさんのブースも大賑わいで、いつもお世話になっている営業さんにもお初にお目にかかる。
何度か電話でもお話しているのですが、ご挨拶できて良かったです。
イベントがひと区切りしたら白磁で仕入れようと思っている「ぐい呑み」も、現物を確かめる事ができました。
カタログの写真では、もひとつ伝わって来ない事も「百聞は一見にしかず」です。
グッドデザイン賞を受賞したり、海外の見本市に出展したり‥とても元気な会社なので。
新しい物も色々作り出されてされていて、刺激を頂きました。



家では阪神出展に向けてミヤマさんのお茶碗に絵付け中ですが、ひと足お先にドア•プレートの目処が立ったところ。
今回はリボンを白く残してみました。
金のケイ線で締めようかな?と思っています。

アッという間に4月です。
3月末に納品の予定だったオーダー品が、少々遅れていて。
W様、お待たせしてスミマセン!
そんな状況の中ですが、先週末は高校の同期会で遠足に。
アサヒビール茨城工場の見学に行きました。
工場見学なんて何十年ぶり?
今ドキの工場は、驚く程キレイでした。
最初の紹介映像が終わると、スクリーンが上がってお庭出現。
まるで結婚式場の演出みたいです。



説明を聞きながら、少し前のテレビ「マッサン」で見たような形の仕込釜や、熟成タンクや‥見て回りました。





ビールは二条大麦という、実が2列に並んだ麦を使うそうで。
六条麦茶に使ってある六条大麦は、真上から見ると雪の結晶のように実が6列に並んでいるらしい。
六条‥の名前は地名なのかと思っていましたが、形状に由来するのでした。
ン十年生きていても、知らない事は多い〜。
工場内の桜で、今年最後になるお花見もできました。
ここでは写真を撮る時のかけ声は「はい、アサヒ!」で、ちょっとウケル。
見学の後は出来立てのビールをジョッキ3杯まで頂けるので、同行のオジサン達は嬉しかった様子。
冷え冷えの出来立てビールは美味しかったです。
その後も最寄りの駅で、居酒屋さんを2軒ハシゴ。
初めて筑波エクスプレスにも乗ったし‥朝から出かけたというのに、遅い時間の帰宅となりました。
お留守番の寅ちゃんの目が冷たいのは、気のせいでしょうか?

秋晴れの1日、ホキ美術館に行って来ました。
世界でも珍しい写実絵画専門の美術館です。
スケッチのクラスでも話題に登る事があって、1度行ってみたいと思っていましたが。
千葉の先の方なので‥なかなか行き出せなかった。
昔お仕事でお世話になったT版印刷OBのオジサマ方に誘って頂いたのは、良い機会でした。
建築がとてもモダン、一部は空中に浮いた造りです。



7年前に出来たばかりの美術館で、所蔵品は現在活躍中の画家の作品も多いです。
個人的には写実はあまり興味がない分野ですが、これだけ集まると圧巻。
描写技術は、それはもう素晴らしいの一言でした。
画家のフィルターを通しているので、写実と言えどもそれぞれの傾向があって。
「これは〇〇さんの絵」と、後半は観ただけでわかるように。
今回の展示は風景と人物が多かったです。



何故か「板谷波山」の陶器の展示室がありました。
常々観たいと思っていた「磯江毅」は、最後の地下の部屋に2点だけ。
静物画じゃなかったのは残念でした。
「昭和の森」という大きな公園に隣接した美術館で、周りはお店も何も無いのですが。
オシャレな邸宅が並んだ住宅街が続きます。
バス停前のお宅が雑貨屋さんを開かれていて。
お店は週1回、木曜日のみのオープンだそうでラッキー!
ステンドグラスのツバメさんを連れて来ました。



オジサマ達はひとつ上の世代ですが、お元気そうで何より。
良い時代だったと仕事のお話がはずんでいましたが、ここ迄が逃げ切った世代。
その後、仕事の環境はアレヨアレヨと言う間に厳しくなりました。
以前にフリュウ•ギャラリーで、ツグミちゃんの飾り皿をお迎えくださったS氏が「絵付けに出合えて(仕事環境の悪化は)かえって良かったのでは‥」とおっしゃいました。
絵付けは仕事としては全く成り立ってないので、そう言われるのもビミョ〜なのですが。
自分を肯定して前向きに生きる為には、もう絶対に必要な物です。
紅2点のKちゃんと私は、何故か美術館でピーナッツ•ペーストを購入。
千葉の八街はピーナッツが有名なので、食べてみたかった〜。
昨日は久しぶりにデザイナー時代の友人と、出光美術館へ。
既に観た物もありますが、お約束の酒井抱一と鈴木其一‥やはり好きです。
会期も残す所2日なのに思いの他、混んで無くて良かった。



御一緒した2人は、 昔は出入りしていたT版印刷で毎週のように顔を会わせていた同業者です。
昔は良い時代もあった包材業界ですが、リーマンショックの辺りから本当に散り散りで。
当時は眩しく思っていた方でも、淋しい噂を聞く事も多い。
長く過ごした場所が元気が無いというのは、本当に淋しい事です。
今では絵付け中心の暮らしですが、「そういう物がある事は幸せ」とY子さんが言ってくださって‥確かにそうだとは思う。
デザインを辞めた時に、デジタル仕事をする事に疑問が湧いてしまって。
逆に、手仕事に強く惹き付けられました。
こなせばこなす程、蓄積していく技術という物が素晴らしく思えた。
それで、ずっと手描きに拘っています。
でもこの頃は鳥イベントでも、プリントの食器が色々と出て来ました。
手描きはとても手間がかかるので効率は悪いし、仕事として考えると(未だに!)どうなのかな?と悩ましい事も多いのですが‥。
ランチやお茶をしながら近況等々おしゃべりして解散した後は、東京フォーラムで開催中の伝統工芸品の大きなイベントへ。
この界隈の4カ所の会場で、日本の色々な伝統工芸の展示やワークショップが開催中です。
フォーラム会場しか回る時間がありませんでしたが展示販売のブースや、伝統工芸士の先生方の実演を見て回りました。
繊細な九谷焼の赤絵。



輪島塗りの蒔絵。
やはり、絵付け作業を拝見するのが好きです。
写真の許可を頂きました。



そして最後は、先日も伺った陶画舎の先生方の「講師6人展」へ。
スケッチでお世話になっているY先生が在廊されていると伺っていました。
展示も、もう1度ゆっくり拝見する。
そろそろ失礼しようとしたところに、元クラスメートYさんが登場。
これで3回目の来廊だそうで、その都度お買い上げされているらしい。
この日も数点お買い上げで‥絵付けをなさる方は、裕福なマダム率高いのです。
その思い切りの良さにビックリしながら、ついつい閉廊の時間まで御一緒してしまいました。
朝1番から夜まで好きな物を観て、遊び倒した1日。
昨日はKちゃんに誘われて、旧古川庭園に行って来ました。
薔薇の有名なお庭で、車でしょっちゅう前を通っているのですが‥入るのは初めて。
東京都には素敵なお庭がアチコチあって、気軽に楽しめるのは贅沢ですね。
この斜面の下には、日本庭園も広がっています。
秋薔薇の季節で、ご婦人方で賑わっていました。
やっぱり薔薇は人気です。



天気予報がハズレて、曇った上に肌寒かった。
これで背景の空が青いと、もっとステキなのですが‥大正の洋館を背景にしたテラス式庭園は、異国情緒がありました。
薔薇は100種もあるそうです。



佐々木裕子先生の絵付けのお教室で、フリーハンドで「薔薇の茂みのイメージ」のお皿を描いているのですが。
たった3輪でも、一輪をスケッチするのと違って‥お花の位置や向きで悩みまくり。
先生がちょっと手を入れてくださると、お花のレイアウトも自然になって‥「なるほど〜」と思います。
同時に、センスの無い自分にガックリ!
生い茂っている様子を目に焼き付けたい〜と、撮影を試みますが。
お花は、写真を撮るのも難しいですね。



お土産に「薔薇のヨーカン」を買って、まるでオヤジギャグ?と、ふと思いましたが。
羊羹は正式には、もっとオシャレなネーミングでした。(笑)
Kちゃんは古くからの友人なので、夕食はオットもオマケで加えて焼き肉へ。
出来の悪い主婦なので、外食は大の得意です。
それでも夫婦2人だと盛り上がらなくて、焼き肉は以前ほど行かなくなりました。
やっぱり人数が多い方が、これは楽しい。
我が家はオットがセッセと焼いてくれるので、私は楽チンなのです♪
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/09 boss]
[11/08 つきゆり]
[11/04 boss]
[10/29 もり]
[10/29 つきゆり]
[10/22 boss]
[10/19 つきゆり]
[10/15 loveuran]
[10/15 つきゆり]
[10/14 sakura]
最新記事
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]