忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350
今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」に行って来ました。
東京フォーラムの総てのホールを使って、朝から晩まで1日中クラッシック・コンサートが開催されます。
この5日間でコンサートやプログラムの数は400だとか。
今年のテーマはシューベルト。
私が聞いたのはオーケストラと声楽のアンサンブルでしたが、人の声も楽器の1つのようですね。
オーケストラと対等で、迫力がありました。
日頃は馴染みのないミサ曲第6番でしたが、とおしで聞くと随分とメリハリがあるものです。
荘厳で厚みのある音が、沸き上がって来る感じがしました。
指揮はミシェル・コルボさんというかなりご高齢の方でしたが、指揮中はお歳を全く感じさせませんでした。
情熱を持ち続けることができたら、あんな風に歳を取れるのかなぁ?と感心。
夕方からのコンサートだったので、お勤め帰りの友人と一緒にフォーラムへ。
ここ数カ月なんだか慌ただしい暮らしで、ゆっくり会う余裕もなかなか無かったので嬉しかったです。
コンサートの後のビールも格別でした。

08.04.03.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
楽しゅうございました
昨日はお誘いありがとうございました。
特段クラシック音楽が好きというわけではないけれど、たまにあんな空間に身を置くのは良いモノだな~としみじみ思います。
非日常ってイイよね。
おしゃべりもいっぱい出来て楽しかったよ。
今日も仕事だけど、出勤してる人も少ないしのんびりやります(^。=)
ひよ子 2008/05/04(Sun)09:20:46 編集
私も楽しゅうございました
昨日は久々におしゃべりできて嬉しかったです〜。
そうそう。私も特にクラシック好きという訳では無いですが年に1度くらいは良い音を聞くのも良いですよね。
ラ・フォル・ジュルネは、質の割にはカジュアルでお気軽ですね。
昨晩は遅くなったのに、今日もお仕事ご苦労さまです。
私は今日も非日常を楽しむ日でした。
明日からまた、仕事も絵付けも頑張ります!
【2008/05/04 21:45】
こんばんは。
クラッシックコンサート行っていらっしゃったのですね~。クラッシックは落ちついていいですよね。
そういえば、丁度今、音楽の授業でクラッシックの関係をベンキョーしてます。

DMハガキ、昨日届きました!!ありがとうございます!テスト終わって、大丈夫そうだったら行きますので!問題は、誰と行くかっていう・・・私、方向音痴というか、電車音痴なんで~・・・(汗)
PO URL 2008/05/04(Sun)22:28:28 編集
そういえば授業でありました
これはあまり肩に力を入れなくても行ける、カジュアルなコンサートなんですよ。
私も今頃になって、ちゃんと授業を聞いておけば良かったと思う事は多いです。
すぐには役に立たなくても、長い人生では必ず役に立つ日が来ます。
しっかりお勉強してくださいね〜。
鳥展は大阪で迷子になっても心配なので、無理しないで下さいね。
まずその前に中間テストですか?
若い内は無理も効くので頑張ってください〜。
【2008/05/04 23:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]