忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
お陰様で2日目•3日目も、賑わう時間があって有り難い事です。
昨日は外商さんから「◯時にいらっしゃいます」と、予め連絡が入っていたK様がお家の子達のオーダをくださったのが幕開けでした。
同じシリーズのお皿を、絵柄を変えて順番で揃えてくださっています。
今回の出展はオーダー品•セミオーダー品の比重がかなり大きくなりそうで、イベント終了後も絵付けを頑張らないと〜。
やはり直接お話をして‥というのは色々御相談もできて、お客様も安心なのかもしれません。
昨年の東急本店から御縁が始まったW様が「今日は下見」とおっしゃっていたのですが、セキセイさんをお迎えくださり。
初めてお会いしたM様は、以前にBIRDMOREさんでオカメさんのC&Sをお求めくださったそうで。
ちょうどスミレの絵柄繋がりのケーキ皿をお迎えくださいました。
通りがかりの品の良いマダムが、ポンとお買い上げくださったり‥。
売り場で絵付けをしていると、興味を持って見てくださる方も多いです。





土曜日の今日は、出足はゆっくりでしたが最後の最後まで賑やかでした。
まずは鳥絵塾の元クラスメート、T様ご夫婦がご来店くださり。
前回お会いした時には、お迎えしたばかりのサザナミさんの育児不安の御相談にのっていたというのに。
今はサザナミ愛にドップリ浸かって、可愛いくてたまらないのだとか。
フリュウギャラリーの鳥展で御縁ができたS様や、そのまた昔の伊勢丹•府中に出展していた頃に御縁ができたS’様や‥お久しぶりにお会い出来て、嬉しかったです。
リトルガーデンのお客様は長くお付き合いくださる方が多くて、それはとても有り難く思っています。
頂いたオーダー品は、丁寧に製作致しますね!
S'様はコブシと錦糸梅のお花の取り合わせを気に入ってくださって、違うお皿でこのお花を展開します。



デザイナー仲間のA夫婦が来てくださった時は、ちょうどピークで。
お客様優先なので、お待たせが長くて申し訳ありませんでした。
デザイン会社のお偉いさんの、けっこう厳しいダンナ様がこのお茶セットを褒めてくださり。



「腕を上げた」と、言ってくださったのは嬉しかった。
下の敷物もキンキラのゴージャスなこのコーナー、金属板に刻印したカンバンは東急さんにも好評です。



インコDEぴーさんと、鳥雑誌の取材でお世話になったライターのKさんも揃って来てくださいました。
次回こそは、一緒に遊びましょうね!
昨日は下見だったW様も、用事の後にまた覗いてくださり‥アイテムについて、ご検討中。
もう今日は終了かな?と思った最後の最後には、昨年の東急ハンズからの御縁の数すくない男性のお客様H様が。
今日はスズメちゃんをお迎えくださいましたが、次回はお好きな緑の鳥さんを揃えておきますね。
忘れる前に‥と書留めてみると、沢山の方がわざわざお運び下さって本当に有り難い。
今日はず〜っとお客様のお相手で立ちっぱなしだったので、足も腰もガタガタですが。
お陰様でモチベーションは高いです。
まだ会期は半分も過ぎてないのですが、色々山があったような気がします〜。
PR
東急本店の出展が始まりました。
周囲は豪華ブランドが並ぶ特選洋食器の売り場に、大きなスペースを頂いています。
テーブルだけでもかなりの幅ですが、背後には3段の棚もあって‥ちゃんと埋められるかどうか心配でしたが、何とかなってホッと一安心。



開店前に慌てて撮ったので、写真は今ひとつ‥明日にでも再チャレンジします。
今回の見せ場はこのスズメちゃんのセット、テーブルの真ん中にドーンと鎮座しています。
3月のJ.P.P.A.の入会式用に製作したもので、大作です。
この豪華な売り場に、ぜひとも並べたいと思っていました。
お湯のみと茶托の残り2セットはゴールデンウィークに追っかけ製作しましたが、皆様に好評で嬉しいです。



初日の最初のお客様は、おふたりとも初めましての方達。
それぞれブログを見てくださっているそうで、ありがとうございます。
マグカップはけっこう追い上げた(笑)つもりでしたが、M様ご希望のシナモン文鳥さんが居なくてオーダーを頂きました。
他にもアキクサさんがお家に居るそうで、サザナミさんも惹かれるのだそうですが。
気になさっていたサザナミさんの糞は「もう、スゴイですよ〜」と、お伝えしました。(笑)
N様は別にお住まいのお姉様が迷い文鳥をお迎えした事で、ジワジワと文鳥の虜(笑)になっているそうです。
初日から売り場が淋しくなっても‥と、お求めくださった文鳥さん達を最終日まで置いてくださると言ってくださり。
お言葉に甘えさせていただきます、ありがとうございました。
オカメ&ウロコ飼いのW様は、新しいオカメさんをお迎えしたそうで、今回も沢山オーダーをくださいました。
いつもこちらが驚く程の勢いのあるお買い物で、申し訳ありません。
ウロコさんズが2人揃って「ごめんなさい」と頭を下げている写真を見せていただいて、あまりの可愛いさに癒されました〜。
ハクセキレイ好きのK様は、まだお花部分しか仕上がってないハクセキレイのお皿を案の定(笑)ご予約くださり、ありがとうございました。
当初からK様向けのつもりでした〜。えへへ‥。
昨年の東急さんでたまたま御縁が繋がったM様も、いつもありがとうございます。
人生の先輩にあたるマダムに「追っかけ」と言っていただいて、恐縮です。
他にも東急本店のお客様に通りがかりにお迎え頂いたりで、ずっと賑やかで‥お茶の1口も飲まないまま、ふと気がつくともう3時。
慣れない伝票作業でお待たせしたりもしましたが、皆様優しい方ばかりで‥ありがとうございます。
お陰様で楽しい時間でした。
東急さんも「すごく盛り上がってましたねぇ」と喜んでくださり、さい先の良いスタートでプレッシャーも吹っ飛びました。
皆様の信頼に応えられるよう、オーダー頂いた物はていねいに仕上げさせて頂きますね。
東急本店さんは店員さんの感じがとても良いのですが、昨年に続いてなので顔見知りも多く。
居心地は、更にアップしています。
他にも描きたい事は山盛りですが、昨晩は搬入後も夜中過ぎ迄作業していたのでサスガに老体に堪えた。
先程まで寅ちゃんを肩に乗せて、リビングの床で気絶していました。(笑)
また追々ご報告致します〜。
チャチャッと作ったこのご案内のハガキを月曜日に投函したので、お手元にそろそろ届いている頃です。
お会いした時にご住所を聞きそびれた方もあって、そこはスミマセン失礼しています。



来週の今日は搬入だというのに、毎日作業しているハズなのに、なかなか準備が進みません。
今回の新作はカフェオレ•ボール。
丸い器の周囲にグルリと絵を描いているので、思ったようにははかどらない‥。
本来はお茶碗なのですが意外と大きかったのと、形がモダンなので、ボールという事にしました。
「イングレーズのお花と鳥さんのお皿」も、そういえば無かったなぁ‥と、2枚程仕上げるつもりで今日はイングレーズ焼成に出して来ました。
スピード焼成でも仕上がりは1週間後なので、続きの鳥さんは売り場で描く事になります。
昨年もそんな感じでしたが、不思議と3羽全員お客様の元に飛び立ちました。
いつもインコさんで作っているシリーズですが、今回はイレギュラーで野鳥が仲間入り。
スイセンの方は、後からハクセキレイの女子を描き加える予定です。
赤いマスキング部分をはがしてから焼成します。



もうひとつのチューリップは、鉄板のセキセイさんで。
この子の色は決めてないので、ご希望の色がありましたらお伝えください。



1年ぶりに製作するこのシリーズですが、前よりお花がサラサラと描けるような‥。
見本も何も無い状態で、簡単な下書きのみで、そのつど立体感の事など考えながら描いています。
やはりこういう時に、スケッチの積み重ねは力になっていると感じる。
絵の具の黒は、焼成すると藍色に変わります。
昨日で「動物たちの住みか展」終了致しました。
ゆるい感じの売り場で、ゆるい感じのお店番でしたが‥お立ち寄りくださったお客様、ありがとうございました。
ハクセキレイのお皿をお迎えくださったK'様が、後日お皿の写真を持参してくださいました。





オシャレに使ってくださって、ありがとうございます。
周りのハクセキレイ•グッズも可愛いですね♪
ベランダに遊びに来る(本物の!)ハクセキレイさんと一緒の写真も撮ってくださいました。
なかなか無い写真です(喜)。



ハクセキレイは雌雄、冬羽、夏羽と色のバリエーションがあるそうで、ちゃんと勉強しなければ!
今回もまた可愛い鳥さんの差し入れを、ありがとうございました。



そして最後の最後にウロコ飼いのお客様がいらっしゃって、ウロコさんのマグを珍しいと喜んでくださったのは幸いでした。
今回は手芸売り場で、絵や版画は苦戦の売り場です。
それは昨年の出展時も薄々は感じていた事なのですが‥つい色良いお返事をしてしまった事の後悔を、出展中も引きずってしまって。
自分の優柔不断を反省中。
進みたい、進めたい方向は、自分で制御するしか無いのです。
それでもバディのお二人‥「ぴか☆うお」さん、「のこのこ」さん‥に恵まれた事は、今回の楽しい事でした。
「動物たちの住みか展」2日目に行ってみると、前日遅くまでお店番してくださった「ぴか☆うお」さんからのお手紙が。
白&桜文鳥のお皿がペアで飛び立って行ったそうで、イラスト入りで丁寧に書いてありました。
‥何て親切な方でしょう!
お迎えくださった白文鳥好きのお客様、お会いできませんでしたがありがとうございました。
売り場はエスカレーターで登って来ると、こんな感じで目に入ります。



午後からスケッチの授業を受けるので短い時間の在店で、何事も無いかなぁ?と思っていたのですが。
一直線にリトルガーデンの棚に向かってくださるお客様が。
ちょうどお顔が見えない位置に居たので、しばらく遠巻きに眺めておりました。
控えめな性格(嘘•笑)なので、お客様に話しかけるタイミングは難しく感じます。
ウロコちゃんのお皿を持たれたので「もしかして?」と声をおかけすると、やっぱりW様でした。
ウロコさんズとオカメさんズと暮らしておられます。
W様は(私と違って)本当に控えめな方で、いつも静かにご来店くださるのです。
スグにはお顔がわからなくても「◯◯の‥」と言ってくだされば、お皿のエピソードはけっこう覚えております。
皆様もご来店の折りには、ガンガンお伝えくださいませ。
W様、鳥友さん達へのプレゼントをお迎えくださり、ありがとうございました。
今回一緒に出展している3人は、歳の頃もそんなに大きくは違わない様子で。
昔はグラフィック•デザイン関連の仕事をしていたというのも、偶然一緒。
「ぴか☆うお」さんは色々な動物を、ビニール素材で作っておられます。
ドラゴンやタコ、カエル‥不思議な生き物系も多い。
エコ•シリーズは市販のパッケージにビニール•コーティングを施した素材を使って、POPな仕上がりです。



「のこのこ」さんは羊毛の「まんまる小鳥」。
チャーム仕様の物は、色々な鳥種が揃っています。



以前はデザイン畑のお仕事をしていたという、このお二人が「お皿のデザインが良い」と言ってくださった事は、嬉しい事でした。
展示の初日は、お昼過ぎまでの短いお店番でした。
今回は何のご案内もして無いのですが、そんな中でお馴染みのお客様方が訪ねてくださったのが有り難いです。
最初にご来店下さったのは東急百貨店や東急Bunkamuraには、いつも来てくださるK様。
今日は御夫妻で、歩いてお買い物がてらに覗いてくださったそうで。
渋谷に徒歩とは‥羨ましい限りです。
次にいらしたのも、やはり徒歩圏にお住まいのK’様。
昨年末にお話したハクセキレイ好きさんとは、この方だったのですが。
ブログでハクセキレイのお皿を御覧になって「初日に行かねば!」と、お迎えに来てくださったそうです。
手芸用品売り場のお客様は、食器売り場やギャラリーのお客様とは嗜好が違うと感じる事が多く。
(数少ない経験からですが、絵にはあまり興味が無いのでは?と偏った見解を持っています。スミマセン〜!)
そんなアウェイの環境では特別に、いつものお客様のありがた味を感じます。
今回は棚の展示でしたが、だだをこねて(笑)小さなテーブルを頂きました。



食器はテーブルが1つあるだけで、雰囲気が出るような気がします。
棚は西武の社員さんがアクリルの什器で高低を出してくださったのが効いて、見栄えがするようになりました。



今回、好きなのは下段のディスプレイ。
シンメトリーを意識した島が3つ並んで。
ここもアクリル台等、高さのある物をを入れてくださったお陰で急に締まりました。



マグカップに至っては、この高さがあると無いとでは大違いです。
勉強になりますね。



K’様から差し入れを頂いて‥お心遣い申し訳ありませんでした。
お菓子も好きですが、何より嬉しかったのは外側のカンで。(笑)
限定パッケージだそうです。



テキスタイル風のデザインの中、カワセミさんが居るのが見えるでしょうか?
絵付けのお道具は細々した物が多いので、収納ケース決定です。
明日もお昼過ぎまでお店番致します。
ウロコさんの小さなオーバル皿、夕方からの搬入に間に合いました。



後日、ブルーのセキセイさんやメジロ、シジュウカラさんも仕上げて連れて行きます。
この苺のお皿は使い易いと人気で、インコさんや野鳥や‥色々な鳥種で作って来ましたが、ウロコさんはお初。
鳥さんは種類が多いので、まだ描いてない子も沢山です。
明日から1週間、昨年春に引き続き2度目の渋谷西武さん、サンイデーのコーナーに出展致します。。
昨年はテーブルを頂いて、素敵にディスプレイできた感があったのですが。
今回の場所は棚で‥ちょっと盛り下がる。
普段、メインの展示はテーブルを頂く事が多いのです。



それでも西武の店員さんが什器で高低をつけて展示して下さったので、なんとかイイ感じになりました。
手芸コーナーなので食器を飾る機会は無いそうですが、やはりプロの技はスゴイ!
お陰様で漫然としていた棚が締まりました。
次の機会に、ちゃんと写真も撮って来ます。
御一緒するのは手前から「ぴか☆うお」さん、「のこのこ」さん。



何やら可愛い感じが漂っていましたが、今日はバタバタだったので明日ゆっくり拝見します。
お二人とも、とても良い感じの作家さんです。
「のこのこ」さんは羊毛で「まんまる小鳥」を作っておられるので、やはり小鳥好きさんらしく。
私の鳥ピアスや鳥手帳に、そのつど反応して下さるのが嬉しかったです。
こうやって会場の展示写真を見ても、やはりお皿は浮いてる?(汗)
上に在店の予定を出しました。
お時間がございましたら、お立ち寄りください。
アッという間に数日後はイベントで、明日は荷物を送り出します。
今日はお問い合わせのメールを複数頂いて、ちゃんとしたお知らせもしないままで申し訳ありません。
4月12日(火)〜18日(月)西武百貨店•渋谷店A館7階サンイデー•ウィークリーショップで「動物たちの住みか展」に出展致します。
「ぴか☆うお」さん、「のこのこ」さんという手芸作家さん達と御一緒です。
今回は交代のお店番の為、店頭品の販売が主体。
オーダーを御請けするのは、簡単な色替え•鳥種替え程度の予定です。
在店日は搬入の顔合わせ時に決まり次第、こちらでお知らせ致しますね。
この会場は昨年に続き2回目となりますが、周りは手芸コーナーです。
あの環境で食器はアウェイ感が‥とか、始まる前から言い訳めいた気持ちなのは、きっと体調不良のせい。
ここ数年は、スギ花粉症が軽くなって来たと喜んでいたのですが。
少し遅れてヒノキの季節が不調で、喉はイガイガ、頭痛もします。
煮え切らない気持ちを抱えて初日を迎えてはイケナイ、イケナイ。
渋谷の一等地に場所を貸して頂ける事、有り難いと思わなければ!ですね。
新作は少ないですが、これは幅20センチ弱のオーバル型ケーキ皿。



昨年末のイベントにハクセキレイ好きのお客様がいらしたなぁと思い出して、ハクセキレイさんはお初です。
尾っぽをフリフリ歩く姿は可愛いですね。



同じデザインでオカメさん、セキセイさん、コザクラさんもお待ちしています。
色違いの子もおります。
同シリーズのマグカップも白磁は沢山あるのですが、今回は手が周りませんでした〜。

 

週明けは雨だそうなので、オットと2人で見納めの桜。
江戸時代からのお花見の名所、王子の「飛鳥山」に行ったのですが。
宴会ばかりが賑やかなので、道ひとつ隔てた親水公園に。
ここには上にレトロな照明の橋もかかって、雰囲気良かったです。
向こうの茂みは飛鳥山で、ぼんぼりの灯りがチラホラ見えています。



この辺りはムスメが小さい時によく連れて行った場所で、懐かしい〜。
卵焼きで有名な「扇屋」さんもあるので、久しぶりに買って帰りました。
‥毎日のどかに暮らしている場合では無いのですが、もひとつエンジンがかかりません。
J.P.P.A.の展示物の製作で根を詰めたからか?
風邪が治った後も、ポヤ〜ッとが続いています。
次のイベント(もう来週です!)に向け新しい形のお皿を準備中ですが、はかどらない。(汗)
12日(火)〜18日(月)西武百貨店•渋谷店サンイデー•ウィークリーショップに出展します。
「ぴか☆うお」さん、「のこのこ」さんのお二方と御一緒。
「鳥で集める」と聞いているので、たぶん鳥関連の展示と思いますが。
タイトルは「動物たちの住みか展」です。
準備が心もとないので、初めましての作家さん達を頼りにしてるダメな私。
そしてこちらもポヤ〜ッとで‥気になりつつもアップして無かったコザクラさんズの蓋物を、遅ればせながら。
お皿と一緒に1ヶ月前に飛び立って行った子達です。
お名前は「オリーブちゃん」と「プラムちゃん」‥可愛いので、それぞれの名前由来の実や花を周囲に散らしてみました。



金属の口金で、コンパクトのように開閉する、猫足の優美な形の白磁です。
サイドは4面とも、同じ柄を繰り返しました。



この白磁は何年も前に大人買いして、大事にしまい込んでいた物で。
窯元さんの廃業が相次いで、こういう面白い形の物はもう入手できません。
残りの物は、また大事にしまい込みそうです。(笑)
記録的な寒波だそうで、暖冬は何処へ行ったのか?
とんでもなく寒い日が続きます。
幸い東京は雪が無いですが、日本海側は大変そうですね。
九州にまで大雪が降っているのをニュースで見て驚く。
異常気象もだんだんと日常になりつつあります。
29日までと会期も残り少なくなった東急ハンズですが、少し納品して来ました。
鳥カゴの小さなお皿、セキセイさん&オカメさんが無かったので追加です。





売り場をチラリと見て回ると、以前は無かったカワイイ物を発見!
「小鳥雑籠屋」さんのピアスです。
丁寧なお仕事で、キンカチョウの点々と細かい模様まで再現されていてビックリ!
キンカさんのフォルムも、お顔も、とってもラブリーです。
樹脂粘土で作っておられるようですが、指先より小さい子達をどうやって作るのか??
想像を越えた小さな世界。



籠入りの文鳥さんは、同じ作家さん作で2〜3年前にお迎えした物ですが。
籠の高さ5.5センチ‥この時でさえ、緻密なお仕事に感嘆したのです。
今回のピアスはもう1回り細かいお仕事で、不器用な私は驚くしかないのでした。
小さいはずの「鳥カゴのお皿」が、やけに大きく感じます〜(笑)。
そういえば今日は、メジロのカップルが雀に混じっているのを見つけました。
近所にお住まいの様子です♪
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 25 26 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
[07/07 つきゆり]
[07/05 れもんまーとる]
[06/30 キョーコ]
[06/30 ぴい]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]