忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
先日に納品したケーキ皿、インコさんズと御対面した所の写真をW様(wakaさん)が送ってくださいました。
皆さん興味津々の様子。
ののちゃんは、御本人がモデルのお皿のオレンジほっぺが気になってます。(笑)

ぎずもちゃんは、やっぱりやんちゃ。
ガサゴソ遊んでいる様が想像できます。


お皿は早速、ティータイムで活躍したようです。
薔薇にミツバチが留まった、可愛いケーキ。
このインパクト大のマグカップは、ドイツの「ビレロイ&ボッホ」の物ですね。



さっそく、いたずらっ子がやって来ました。(笑)
幸せな光景ですね。
W様、ありがとうございました。



我が家の寅ちゃんは、今日は災難で。
水を張っている最中の洗濯機に落っこちてしまいました。
洗濯機の水音が好きな子ですぐ側に行くので、いつも必ず蓋は閉めているのですが。
洗濯を始めて新しいタオルを取りに行ったチョットの間、入れ違いに洗面所に飛んで行ったような気がしたのに、何処にも姿がありません。
「寅ちゃん」と呼ぶと、洗濯機の中から「ピイ!」と一声。
飛んで来て勢い余って中に落っこちて、上からの水の勢いで動けなくなってしまったと思われます。
いつも気をつけていたつもりだったのに‥寅ちゃん、ごめんね〜。
それでも、ちゃんとお返事をしてくれて良かった。
気が付かないまま洗濯機が回り始めていたら‥と思うと、ゾッとします。
PR
先日に東急さんに納品した「ゆうちゃん•うちの子マグ」が、お手元に届いたとI様からご連絡頂きました。
ゆうちゃんにそっくりと言ってくださって、嬉しいです。
可愛いゆうちゃんとの2ショット写真。



「使うのが勿体ないけど、使わなければもっと勿体ないので大事に使います」とのお言葉を頂いて、なんだか照れちゃいます。(笑)
I様、どんどん使ってくださいね!
昨年末にお声がけいただいた御本が発売されたようです。
御本を届けてくださって、既に10日余り経ってしまって‥。
 ついつい、こちらでのご報告が遅れていました。(汗)
株式会社マガジンハウスから発行された「♯とりまみれ」
なかなかコアなタイトル(笑)ですね。



人気のインスタグラマーさん達の、お家の鳥さん写真が一杯です。
活き活きした瞬間を上手く撮った物が多く、サスガ愛情一杯のお家の方ならではの写真。
添えられたエピソードも楽しい、綺麗な御本です。
「ときめく鳥グッズ」のコーナーで、リトルガーデンのお皿も紹介して下さいました。
昨日は10年来のお客様、K様が関西方面から上京されたので「インコDEぴー」さんと3人で東京鳥巡り。
長くお付き合いくださっている方々は、お客様でもありますが、半分お友達のような感じです。
せっかくの東京なので、やはり外せないのは「ことりカフェ青山店」。
オープン時に1度行ったきりですが、やっぱりインコさん達は可愛いのです。
いかにも青山のカフェという感じのオシャレな造り。



私の餌食になった(笑)のはシマエナガちゃん。
フツ〜に美味しいケーキなので、ランチの直後でもペロリ!です。



マッタリくつろぐインコさん達を眺めながらのティータイムは癒されます。
窓が大きくて外光が入って来るのも好きな所。



5分区切りのモフモフ体験ができるので、大きい子に憧れる私のお相手はタイハクオウムのタイチ君にお願いしました。
気持ちが伝わるのか、タイチ君も私の事を気に入ってくれて上機嫌。
2人で2羽、交互に遊ばせてくれるので実質2分半の体験です。
可愛いくて、お名残惜しかった〜。



ご近所のBIRDMOREさん青山店で、寅ちゃんへのお土産ゴハンを求め。
お留守番の可愛い子を忘れる訳には行きません。
その後は久しぶりの自由ヶ丘へ。
デパートとは名ばかりのレトロな商店街に、昔ながらの鳥獣店があります。
小鳥のヒナさん達を見ていると、連れて帰りたくなるのでキケン!です。
点々とある雑貨屋さんをブラブラと回りましたが。
この頃は普通のお店でも、何気に鳥さんグッズが置いてあって嬉しい。
前夜は気分が乗ってついつい明け方までお絵描きしてしまったのですが、楽しい事は疲れ知らずで。
朝から晩まで、よく食べてよく遊んだ楽しい1日でした。
大きなイベントも終了して、ホッと一安心。
気が緩んで(笑)昨日、今日と鳥巡りしています。
昨日は、知り合い作家さんも多く出展している池袋ハンズの「トリトブ部屋 2017酉」を覗きに。
とりまとめ役の「Feathertail工房」さんや、お馴染みの作家さん達に混じって、新しいお名前もチラホラと‥。
アイテムは色々ですが、だんだんと新しい方も増えていて浦島太郎状態になっているかも?
一過性のヒトにならない為にも「絵付け作品」として仕上げて行く事を大事にしようと思いました。
いつも大賑わいのハンズ•イベントも、明日の日曜が最終日です。
今日は近くまで行ったので、昨年末にオープンしたばかりの「小鳥カフェ 巣鴨」に寄ってみました。



とげぬき地蔵からスグの、わかり易い場所です。
夕方だからか?スンナリ入れました。
ガラスで囲われた鳥さん達のお部屋を眺めながらのティー•タイム。





青山のお店はインコさんでしたが、ここには文鳥•錦華鳥•十姉妹というフィンチさん達が自由に飛び回っています。
双眼鏡のサービスがあって、壷巣の中もウォッチングできるのは笑える。





フィンチさん達は動きが速いので、たくさん撮った写真もブレブレでした〜。
スタッフのお姉さんも、お家に文鳥さんが居るそうですよ。
ドリンクを頼むと小鳥ケーキがついて来るという、ラッキーなキャンペーン中です。
白文鳥さんとキンカさん、可哀想ですが完食しました。
見かけによらず(笑)美味しいです。

昨日の東京はビックリの雪。
11月の積雪は観測史上初だそうです。
ベランダのスズメちゃん達も寒そうでした。
雪やどり?している健気な姿です。
冬になると、だんだん集まって群れて来ますね。



うって変わって、今日は良いお天気で。
スズメちゃん達も、さぞ嬉しかった事でしょう。
先日の陶画舎の講師作品展で求めたW先生作のお皿も、小鳥ちゃん達がたくさん集まって可愛いです。



幅23センチのステキな形のお皿。
この鳥さん達の模様は、九谷焼きに昔からある柄だそうです。
白磁の上に黒で線書きして、色はカラー•イングレーズで着けたと伺いました。
色が釉薬の下に潜り込んでないのは、カラー•イングレーズと(器に使ってある物と同じ)釉薬を混ぜて盛り上げているからだそうです。
普段は上絵付けで釉薬を使う事は無いですが、アメリカの大学で陶芸を学ばれたW先生は博識で。
釉薬使いも自由自在、色々な面白い試みをなさいます。
イングレーズの色が予定より淡く出たそうで‥そういえば九谷はもっと鮮やかですが。
これはこれで、優しくて良い感じです。
高台にも手を入れてあって、丁寧なお仕事です。

たまたまマロリン•バスティンの来年用ダイアリーを見つけたので、 久しぶりにamazonで本を購入。
草花や‥動物や‥自然の風景を描く、オランダ出身の女流画家です。
小鳥を描いた物も多くて、絵付けを始めた頃にはこの画家さんの小鳥を(趣味用で) 模写していました。
毎年ダイアリーも求めていたのですが、ここ数年は忘れていたので懐かしくてポチットな!
ついで買いした他の本も可愛いです。



来年は酉年だからか?
外人さんに酉年は関係ないと思いますが、鶏の絵もありました。
私も年末の東急さんに向けて、イングレーズの鶏さん達を描いている所です。
マロリン•バスティンの絵は写実というのとはまた違うのですが、生き物への愛情を感じる優しい絵で。
色合いも優しくて‥触発されて、私も優しい色の蓋物を作る事に決めました。
これには野鳥を描こう!と準備をしていると、我が家のインコさん登場。
寅ちゃんは超がつく甘えん坊なので、自然の中では生きてゆけません。
毎朝シードを替える時には、まずは必ずお母ちゃんの手から食べたがる。



のんびりしているので、そうそうお付き合いもしていられなくて。
食べてる途中で、容器ごとケージに戻そうとするのですが。
その都度「ガーガー」と、文句を言う怒りん坊。
(その怒りっぷりが可愛いくて、大好きです•笑)
いつも片足で、お母ちゃんの指をギュッと掴んでいます。
お尻を向けて、失礼します〜。

いつもお世話になっているバード•ウォッチング用品の専門店「Hobby's World」さんから、年末ギフトのフェアに向けて新商品の御依頼を承っていました。
たまには猛禽も‥と考えていたのですが、リクエストがあって可愛い系に決定。
エナガさんとシマエナガさんのマグカップです。



エナガは体がピンポン玉くらいの小さな鳥さんです。
尾っぽが「ひしゃくの柄」のように長いので、この名前らしい。
小さいくせに気が強くて「小さい鳥の群れの先頭は、たいがいエナガ」と、鳥絵塾に通っていた時に谷口高司先生がおっしゃっていました。
実際に私も夏の奈良公園で、みんなを引き連れて飛んでいるエナガさんと遭遇したことが。
シマエナガさんは最近の鳥界(笑)で流行っているようですね。
北海道限定のエナガさんで、頭に色が無い‥ツルッとした(笑)雪の妖精のような鳥さんです。



エナガさんは瞼に色が着いて、アイシャドーのようでラブリー。
嘴も、おちょぼ口です。
鳥さんの正面顔は可愛いですね。
裏側はいつものごとく、ホビーズさん仕様で羽を描きました。



白磁の仕入れ条件が変わったので、今回から価格を変更させて頂いてます。
来月の東急さん以降も、仕入れ時期で新旧2つのお値段が入り混じるのでご注意ください。
納品の途中ランチに立ち寄った新宿で、またもsuicaのペンギンさん発見!
高層ビルを背景に、立派な銅像になっていました。

オカメさんズのお皿、イングレーズ焼成は2週間もかかるのでスピード焼成に出しました。
それでも出来上がりまでは1週間。
昨日は1日早かったのですが電話で確認して、引き取りに行って来ました。
イングレーズは仕上がりを見るまで、いつもドキドキ〜。



2羽のオカメさん(なのちゃん&のあちゃん)が、優しく見つめ合っています。
直径15センチで、脇のお花はチューリップです。
W様はこのシリーズで、以前にもお家の子達をオーダーくださいました。
インコさん達に毎週会いに来てくださるお姉様のと、いつも2人分なのはW様のコダワリでしょうか?
オカメさんズのお皿は、この他にも進行中です。



実は表参道•青山方面に、何が何でも行く必要がありました。
寅ちゃんのいつものシードを買いに、その足でBIRDMORE青山店さんへ直行。
なくなりかけていたので先週末のバード•フェアで買い求める予定でしたが、見当たらず違う銘柄を買って来ていました。
国産•無農薬、奮発してお値段2倍OVERの高級品。
喜ぶに違い無いと思い込んで、切り替えたのですが。
寅ちゃんはシードの瓶と私の頭を飛んで往復する「ご飯ちょうだい」アピールを、何故か1日中繰り返す。
かと言って、お母ちゃんの手を借りて瓶に頭を突っ込んでも、少ししか食べないのです。
甘えているのかな?と思いながら見ていると、ケージの中のシードには(ひとりでは)近付けない様子。
ギョッ!として後ずさりしているような感じがしました。
いつもの物と配合が少し違って、色味も違うので‥黒いポツポツが怖かったのかな?と思います。
夜にカパーをかけて暗くすると、少し食べている気配がしましたが。
1晩置いてシードを入れ替える時に確かめてみると、上に乗せたトッピングもそのまま混ざっていませんでした。
飛んで来る力も、心なしかヨロヨロ。
つかまりそこねて転げ落ちてしまいました。



これは空腹に違いない、いつもの「小鳥屋さんの餌」を入手しないと〜!
普段はMOREさんのネット通販で求めていますが、それだとどうしても1日遅くなってしまいます。
それで慌てて買いに行って入れ替えると、30分くらいの長い間ガツガツと食べていました。
本当にお腹ペコペコだったようです、ごめんね〜。
サザナミさんは頑固。
良く言うと拘りが強いのですが、ここまでとは。
「いつもの」分の予備を置いておかないと、困る事もありそうですね。



MOREさんのカンバン鳥、キバタンの「ハロハロちゃん」は最近お迎えが決まったそうで。
立派なアクリル•ケージのお屋敷にはヨウムさんが居ました。
まだ1歳だそうで、あどけないお顔です。
今朝は寅ちゃん、大きなウン◯をしてました〜!(笑)
晩の遅い時間にピンポ〜ン♪が。
何事かと思いましたが「スポイトを持っていたら貸して」と、ご近所友がスズメのひなっ子を両手で包んで立っていました。
夜の散歩(毎日、真面目に歩いている方なのです)をしていたら、落ちてグッタリしていたそうで。
「せめて、お水だけでも」と言うので、スポイトと寅ちゃんのシードも握って玄関先へ。
「小さい子?」と友人の手を覗き込むと、隙を狙っていたのか?スズメちゃんが突然手から飛び出してマンションの1つ上の階へ。
2人で慌てて追いつきましたが、手すりの際に留まっていて。
捕獲に失敗して落としたら‥という人間の心配をよそに、今度は夜の空へ向かって力強く飛んで行きました。
ずっと手で包んでいたそうなので、体温が戻って元気が出たのカモ?しれません。
上に向かって飛べるとは、サスガ野生の子。
以前に寅ちゃんがウッカリ玄関から飛び出してしまった時には、飛ぶ度に下へ下へ‥と降りて行きました。
スズメちゃんはご飯を母鳥に甘えてねだるような小さな子でも、8階の我が家のベランダに飛んで来ますから‥パワーがあります。
「雛をひろわないで」という、野鳥の会のキャンペーンも納得の出来事でした。
うまく母鳥の元に戻れると良いですね。
先週末は「インコDEぴー」さんと「バード&スモールアニマルフェア」に行って来ました。
品種ごとの鳥さんのコンテストや、鳥さん向け用品の物販、鳥グッズの販売など‥いつも楽しみです。
知り合いの鳥作家さん達が出展されていたので、まずはご挨拶。
「ピヨピヨガオー」さんがイワシャコちゃんを連れて来ていました。
思っていたより大きくて、ドッシリしてます。
雉子の仲間になるのだそう。



会場はおうちの鳥さんと一緒の方も多くて‥オカメさん達、フライング•スーツを来てのお出かけです。
フンも外に落とさないし、リードもついているスグレモノ。



大きな子達は、お出かけも慣れたもので羨ましい。





小さな子もケージに入って、お友達と集合していました。



みんな、それぞれのお家の大事な子です。
出展後1日ダウンした後はそれなりに忙しく、テクニカルの授業を受けて、久々にご近所友と集合して飲んで‥この週末にはムスメも帰省していました。
この頃は毎月のように、お友達の結婚式の為に戻って来ます。
(アラサーなので)本人はどうなっているのか知りたいとこですが、改まって聞くのも悪いような?
母は悩ましいです〜。(笑)
1週間お留守番で淋しかった寅ちゃんは、すっかり甘えん坊で。
何処に行ってもついて来ます。
心なしか、お顔が老けたような?
足はサザナミさん特有の内股で、止まり木をナマケモノ風に歩きます。



ここ1ヶ月くらいは唯一おしゃべりできた「こんにちわ」も言わなくなって、歳をとったのかな?と心配です。
「ブーブー」「ガーガー」「ピヨッピヨッ」と元気に鳴いてはいますが、寅が鳥になった‥。(元々鳥ですが•笑)
5月生まれと聞いているので、今ちょうど7歳。
サザナミは不明な事も多く、過去の経験でも本の記事は全くアテになりません。
ところで出展の折りには色々な差し入れを頂いて、皆様にお心遣い頂き申し訳ありません。
次回は手ぶらで大丈夫なので、また遊びにいらして下さいね。
おしゃれなお菓子も頂いたのですが、ここは鳥ブログなので‥鳥のお菓子をご紹介させてください。
これはハクセキレイ好きのK様から頂いた「コウノトリボルボローネ」と。
スワンちゃんの缶には、あられに砂糖蜜をかけたお菓子が入っています。



K様は各地の鳥のお菓子をお取り寄せなさるようで、いつも珍しい物をくださいます。
後日また、千鳥さんのパッケージのラムネも頂いてしまいました。



お隣はデザイナー仲間のAさんご夫婦から頂いた「池袋の池ふくろうモナカ」。
池袋は家から近いのですが、こんな物があるとは知りませんでした。
頂いたお菓子は、ありがたくオヤツに頂いているのですが。
この鳥さんシリーズは、勿体なくて手が着けられません〜。(笑)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 25 26 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
[07/07 つきゆり]
[07/05 れもんまーとる]
[06/30 キョーコ]
[06/30 ぴい]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]