忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1547] [1546] [1545] [1544] [1543] [1542] [1541] [1540] [1539] [1538] [1536
阪神百貨店「心うるおう小鳥ガーデン」で大阪に行ったのも、1週間前の事になりました。
まだの荷物が戻ってないので結果はわかりませんが、ご来店くださったお客様やお世話になったBIRDMOREさん、スタッフさん方には感謝で一杯です。
ありがとうございました。
大阪行きに合わせて細見美術館で「若冲」の展示が始まったので、初日に行ってみました。
友人のOさんに「朝の9時半に京都駅集合」と言われて鼻血が出そうでしたが、ランチやお茶や‥引っかかる事も多いので、これは正解でした。
細見は小さな美術館なので少し並んだものの、ゆっくり鑑賞できて先日の都美術館とは大違い。



すぐ近くにある「並河靖之七宝記念館」にも立ち寄ってみる事に。
ここは以前にも1人で訪ねた、お気に入りの場所です。



明治•大正期に活躍した並河氏は有線七宝で数々の受賞を重ねたお方で、町家造りの住まいと工房が今は美術館になっています。
お庭の池には琵琶湖疏水を引いてあって、縁側からの景色もステキ。





商談の為に外国の貴紳の訪問が多かったというお部屋はハイカラです。
別棟の七宝の展示も素晴らしく、ほとんどの作品が思っていたよりずっと小さい事に驚かされます。
その精緻なお仕事の美しさにウットリ。
この並河靖之氏の七宝も展示中なので、最後は「清水三年坂美術館」の「明治の七宝」展へ。
ずっと行きたいと思っていたここは、こじんまりとした可愛い美術館でした。
当時人気だった七宝家の作品が並んでいましたが、やっぱり並河サンのセンスは頭ひとつ抜けてます。



パンフレットの花瓶も並河サン作。
昨年三井美術館でこれを観た折には、本当に鳥肌が立ちました。
これだけスッキリしたデザインなのに、竹の遠近感まで感じられて‥とても好きな作品です。




ご当地に行かなければ手に入らなかったであろう図録も色々求めて、幸せ〜〜。
「日本の美」をハシゴして回りました。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
最近は‥   *HOME*   サスガ大阪
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 25 26 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
[07/07 つきゆり]
[07/05 れもんまーとる]
[06/30 キョーコ]
[06/30 ぴい]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]