忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2020/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
昨日は急遽お墓参りに。
県をまたいでの移動なので、お正月以来の半年ぶりです。
曇り空の下、大仏様はお変わりありませんでしたが。
庭園の閉門時間は早いし、お供え花等を販売している事務所もビニールの仕切りだらけ‥まだまだ以前のようには行きません。



立ち寄ったパーキングエリアも、お店の半分は閉じたまま。
訪れている人の数も今迄で1番少なかったので、まだまだコロナの影響は大きい様子。
アチコチに子育て中のツバメさん達が元気で、その姿は微笑ましかったです。



数日前には、やはり年末以来になる映画にも行きました。
近所のショッピング•モールにあるシネコンのこの部屋も、お客は私達夫婦2人だけという豪華さで。
商売が成り立つのだろうか?心配になります。
美しい物が見たいとズ〜ッと思っていましたが、良い評判を聞いたので「ストーリー•オブ•マイライフ 私の若草物語」へ。
原作は小学生の頃「少年少女世界の名作文学」で読んだきり、4人姉妹の名前もウロ覚えなくらいなのですが。
これがアタリ!でした。
最初ストーリーの時間が前後するので「とっつきにくい?」と、チラと思ったものの、みるみる豊かな画面に引き込まれて行きます。
南北戦争の時代のクラッシックな情景が‥風景も、建築も、壁紙や家具、調度品やドレスも‥お金持ちのお屋敷も、中流の姉妹のお家もステキ。
そして、それぞれ個性的な姉妹の生き方にも元気をもらいました。
心がくたびれている今だから、観てほしい映画です。
俳優も豪華、中でもジョーを演じたシアーシャ•ローナンの魅力にハマってしまった。
若い方なのに、この作品で3度目のアカデミー女優賞にノミネートされたそうです。
うちのオットはSFとか、スパイ映画大好きな人なので。
最初に誘った時には「絶対にそれだけは厭!」と言い張っていたのですが、運転手は必要。(笑)
終わってみると、居眠りもせず「思っていたより100倍良かった」のだそうで。
「音楽の使い方も良かった」なんて言い出すので、◯十年連れ添った妻もビックリしましたワ。(笑)
私と言えば何気ないシーンで‥全く悲しく無い場面なのに‥チョイチョイ涙が止まらなくなる。
パーティーで軽やかに躍っている所とか、ピカピカの新しい本が製本されていく所とか‥挙げ句は最後のクレジットで流れるフォント(書体)を観てたら、何だか涙〜。
美しい物というのは、何か心に沁みます。
ここのところ心に栄養をあげる日が続いてますが、ボチボチお皿も描いております〜。

PR
全館オープンした東急本店に納品に行ってから、もう1週間が過ぎてしまいました。
入り口にサーモグラフィーの検温モニターがあったのと、手を消毒液でシュッシュして頂いたのは、テレビで見たシーンと同じ。
お馴染みのスタッフさん達と再会して、嬉しかったです。
家でポツンとしていた期間も長いので、ホームグラウンドの有り難さを感じました。
その後またすぐに「東京アラート」が発動されて、状況は一進一退ですが。
リスクの高い場所に近付かず、注意を怠らず、普通の暮らしに戻って行くしか無いのでしょう。
長く巣籠りしている間に、季節は夏に。
5月生まれと聞いている寅ちゃんは、11歳になりました。



私と言えば、ボケ〜とした人に成り果てています。
5年前ムスメが大阪に転勤して手元を離れた時も、鳥の巣症候群でこんな感じだったかなぁ?
あの時は突然、絵付け技能士試験の受験が決まったので‥アドレナリンがプシューと出て来て、秒で復活したのでした。(笑)
当面はそんな目標も見当たらないので、少しずつ覚醒して行くのでしょうか?
自粛生活の後半から体力維持の為に始めた、荒川土手の散歩がスッカリ気に入ってしまい。
昨日もお昼のサンドイッチを作って、またもや土手に。
呑気な暮らしにドップリしています。



この景色が1番のお気に入り。
上流から流れて来た水が2つに別れて、こちらの左側に流れて来る水は隅田川、中州を隔てて右側に行く水は荒川になります。
隅田川が始まる場所で、振り返ると遠くにスカイツリーも小さく見える。



先週はおにぎり持参で、この2つの川に挟まれた土手を下流に向かって遠足決行。
この時には道中、コチドリやオナガも見かけました。



ニュースで話題になっていた鹿の捕り物も、この先だったようです。
すぐ側には大きなマンション群もある場所だったので、ビックリでしたが。
鹿クンの引き取り手も決まったようで、良かったですね。
遠足のゴールは隅田川のほとりにある団地で、ここからバスに乗って帰宅しました。



そんなのどかな日々なので、日焼けもして、ビールも美味しい、よく寝ているし‥健康なのですが。
世の中は動き始めているのに、いつまでもこんな生活で良いのか?
陶画舎の1件のダメージが大きかったのか、なかなか集中力が戻って来ません。
抱えているお仕事もあるので、気持ちの切り替えも大事。
絵付けも、ボチボチは進めているのですが‥ボチボチが過ぎるのです!(爆)
東京も緊急事態宣言が解除となりました。
これからは少しずつ、日常が戻って来るのかな?
ここのところ社会と接点が途切れてしまったような、時間が止まったような暮らしをして‥心も体も、スッカリそれに慣れていたので。
終わりが見えて来ると、少しお名残惜しい気もします。
これも一旦コロナが収まっている状況だから、言えるセリフではありますが。



この自粛期間、近所の荒川の土手の自然には本当に癒されました。
人間の力が落ちている時は、普段にも増して自然の元気を感じます。
いつも上流に向かって歩く事が多かったですが、下流はまた違った景色。
モズの姿も見かけました。
海外リゾートか?と思うような、美しい景色も。



今日は土手からの帰り道、少し遠回りして地元の小さなカフェへ。
昔ながらの固めのプリンがあるお店で、プリン大好きの(お子ちゃま)オットにも食べさせてあげたかったのです。
もう2ヶ月以上、家以外の場所で食べ物を口にしていませんでした。
ささやかですが、久しぶりの外食。
可愛いお店で、プリンとコーヒーに幸せ感じました。



帰宅すると、例のアベノマスクがポストに。
今更だし、要らないし‥と思いますが、これも元はと言えば税金。
放置する訳にも行きません。
病院で子供用のマスクとして必要としていると、NPOのツイッターを見かけたので。
他のKIDSマスクと一緒に、送ろうと思います。
‥そして、荷作りして宛名を書いていると「三鷹市下連雀」‥「鷹」と「雀」の2つの文字が!
小鳥〜、すっかり気分が上がりました!
今日は初夏の陽気でした。
引き篭もりの生活でも、今年は嬉しい夏の気配。
例のウィルスは、日光や湿度に弱いと聞いたので。
このまま日本の暑い夏が来て、終息に向かってくれると良いナ‥と、祈るような気持ちで毎日過ごしています。
陶画舎ショックから10日余り、未練たらしく(笑)毎日ホームページをチェックしているのですが。
嬉しいお知らせを見つけました。
これまでの運営会社を離れて、違った形での技術や物販の提供を考えておられるようです。
まだ具体的には何も決まってないそうですが、とっても嬉しい!
闇の中に、小さな光が見えました。
突然に御縁が途絶えて‥迷子になってしまった気持ちのペインターには、朗報に違い無いです。
個人情報保護の観点から、これまでの住所登録は使えないそうです。
始動の折りに連絡を希望される方は、新たに登録をなさって下さいね。
そして、もひとつ心が暖まる光が。
オカメインコのレモンちゃんのママさんに、W様がお誕生日のお祝いを送られたそうで。
リトルガーデンの器と一緒の写真を頂きました。



昨年末の東急でお求めくださった一輪挿しと、オーダー頂いたレモンちゃんの手塩皿。
随分と前から楽しみに、準備されていたのですね。
レモンちゃんのママさんは「家宝にする」と、喜んでくださったそうです。



‥そして、W様方のお友達の写真を眺めているレモンちゃん。
レモンちゃん、たくさんプレゼントをもらって良かったね!

陶画舎の閉校•閉店‥まだまだショックを引きずっています。
長く学んだ場所が突然に消える事、使い慣れた画材が入手できなくなる事。
考えれば考える程、気持ちが塞ぎます。
ショップが閉まる前に慌てて通販で購入した物も、まだまだ届かない。
既に品切れしてしまっていた物も随分とあったので、2〜3ヶ月の内には困った事になりそうです。
この先、1から画材探しする事を思うと面倒。
厭になって一瞬、絵付けを辞めてしまいたくなったけれど。
やっぱり私の出来る事は、これしかないと思い返したり‥。



先月の内に描き上げていたオーダー品のオカメさん達のお皿、同柄で2点。
イングレーズ焼成すると藍色になります。
百貨店もまだ自粛が続きそうなので、もう少し数が揃ってから焼成の予定です。
リトルガーデンの多くの食器類は、直接メーカーさんから仕入れているのですが。
このお皿はずっと陶画舎で求めていました。
定番で良く使っているので、困った事になったと‥探してみたら、名古屋の製陶会社で扱っていました。
アマビエ様に使ったペンダント•ヘッドもあったので、併せて購入。
こうやって白磁は何とかなりそうですが、画材の事を思うと気が重いです。



そんな時は、緑の子を揉んで癒されよう〜。
お母ちゃんを信頼しきって、細い首を預けてくれます。
寅ちゃんの存在、有り難いです。
今日から5月。
いつもならば心が躍る季節ですが、今年は悲しい季節。
不自由な暮らしを強いられている事もありますが、このコロナ騒動の影響で陶画舎が閉校•閉店する事が決まりました。
少し前に絵付け友から、噂は耳に入っていたのですが。
半信半疑で‥信じたく無い気持ちが勝っていました。
陶画舎から、その旨の連絡のお手紙が届き。
確かめたらホームページにも、今日はその事を表示してありました。
昔たまたま通りがかって、絵付けのお試し受講をして。
「窯元で無くても、食器に絵付けが出来るんだ!」と、感動。
即入校手続きをして、16年余りの長きに渡る御付き合いです。
今も(4月からは休校でしたが)スケッチを受講しているし、先生方には一方ならぬお世話になりました。
受付カウンターやショップのスタッフさんも、お互いに顔がわかる間柄。
ショップは充実しているので、画材も殆どお世話になっています。
そんな場所が無くなってしまうとは‥自分を支える土台が、崩れて行くような衝撃です。
それも御挨拶も、お礼も、伝えられないまま断ち切れてしまった。
日本で1番大きい絵付け学院という触れ込みで、長く絵付け界を牽引していました。
多くのペインター達の、心の拠り所でもあったと思うのですが。
始めて数年と日が浅い方や、お窯を持って無い方は、これで続けられなくなる事もあるのでしょう。
自然災害でも、戦争でも無いのに‥コロナがあるとは言え、周りの風景は変わらないのに。
こんなに呆気なく文化が途絶えてしまうとは。
悲しい気持ちで一杯です。
緊急事態宣言を受けて、東京近郊の百貨店は当面休業になりました。
百貨店も大きな決断をしたその後に、休業要請の対象から外すとか、外さないとかの政治のグダグダ。
私個人は出展が中止になって安心したのですが、どうしても百貨店側の立ち位置で考えてしまうので。
決断を後からひっくり返すような政府の発言に、腹が立って消耗してしまった。
ともかく出展時にオーダー品をお渡しする予定だった方や、心配して下さった方に、メールやハガキで連絡をして。
東急終了後に手元にあったら欲しいと言ってくださっていた方に、オカメさんの深皿を発送しました。
このオカメさんは、先日のアルビノ•セキセイさんの元になったお皿です。
昨年の阪神の、鳥イベントで初出ししたのですが。
その時に御覧になっていた方が「やっぱり御縁があった」と、お迎えくださいました。
K様(sakuraさん)、ありがとうございました!



目の前の用事を済ませたら安心して、燃え尽きてしまった‥。
仕方のない事ですが、お稽古事も当面は無くなりました。
絵付けのお教室は「6月中は無理でしょう」と先生もおっしゃるので、休会手続き。
スケッチの方も、陶画舎がクローズしてしまいました。
全課程の講座が4〜9月の半年の間、たち消えに‥この半年という長さが、心に堪えました。
自分を形造る物がガラガラと崩れて行く気がして、ここ数日はボ〜ッと過ごしています。
外出も以前のようには出来ないので、気分転換が難しいです。
なかなか気力が湧いて来ないのは、凡人の凡人たる所以なのでしょうが‥。
このポッカリ空いた時間を無為に過ごしては、勿体ない。
強い心を持ちたいです!
初めて講談という物を聞きました。
高校の同級生Mさんが発表会の為に上京したので、同期で集まって応援に。
演劇部出身で、長く地元ラジオのパーソナリティも勤めていた彼女なので、口調も滑らかで面白かった。
悠々自適のマダムですが、最近は講談の方でもお声がかかるようになったそうです。



その後の飲み会でお隣だったNさんも、お子さんを育て上げた後に英語教室を主催しています。
その為のお部屋まで借りて本格的。
この年で世界が広がって行くのは面白いよね〜と、言う事で‥頑張る人を見るのは楽しい。
ちょうど日本橋だったので、19日から出展する高島屋の売り場を見て来ました。
今回は初日の朝に搬入という恐怖のスケジュール。
当日になって慌てないよう、情報収集です。
ムスメが大学に入学する前の春休み、初バイトをしたのは高島屋のおもちゃ売り場でした。
柱の影から覗きに行った事を思い出した。(笑)
売り場は300×45センチの正面テーブルが思ったより長かった。(汗)
180幅じゃ無かったっけ?と、図面を見直して今更ながら焦る。
思っていた以上に奥行きが無いので、大皿を立てるのは心配‥どうしようかなぁ?
立ちものを置いても、側面の絵付けが見え難そうな高さです。
そして現在出展中の方のディスプレイは、そもそもの什器が違う物だったので‥当日はどうなるのだろう?
初めての場所は、色々と勝手がわかりません。
オーバルの手塩皿を沢山作った事は、どう転んでもダーッと並べられるので良かったです。
追っかけ作り始めた飾り皿は、イングレーズ部分のみ出来上がりました。



和風な感じで、水仙とアイリス。



この後、上絵付けで色を入れて行きます。
どんな鳥さんが隠れているのか‥水辺の感じです、お楽しみに!
今はイングレーズのマグカップを製作中なので、お皿はここで一旦休憩。


新しい年がやって来ました。
本年も「小鳥と花のリトルガーデン」をよろしくお願い致します。
昨年末に有り難いお話を頂いて、今年は早々に目まぐるしいスタート。
2月19日から2週間、日本橋高島屋の洋食器売り場に出展が決まりました。
当初は単独出展というお話でしたが、準備期間も短い上に2週間というのはサスガに荷が重く。
バディを探して頂いて、アーティシャル•フラワーの「ルシエ銀座」さんと組ませていただく事になりました。
今回メインはリトルガーデンという事で、メイン•テーブル等々は譲ってくださるそうなのですが。
ルシエさんは銀座にお店を構える立派な会社、高島屋出展も実績があります。
1人で細々とやっている私としては、とっても申し訳ない感が〜。
滝汗でございます。
でも、今回の初コラボ‥自分では思いつかなかったですが、お花はとても相性の良いお相手になる予感が。
いつもよりステキなディスプレイになる事は、間違い無しです。
後は製作に励まねば!
やはり年末•年始は、殆ど筆が進みませんでした。(汗)



年末の池袋イベントで頂いたK様のお菓子の中に、隠れトリさん発見しました!
大野屋の高岡ラムネの中に「梅と鶯」。
以前に頂いた時は初夏の風物でした。
今回はお正月‥季節に合わせて内容が変わるのはオサレ。
箱に入っていたひなのやのパン豆には、スズメちゃんとお米の可愛いイラストが。
ムスメの金沢土産の中には「ひよこ豆」の甘納豆もありました。
かわむらの甘納豆‥年末旅行中のムスメにおねだりメールをしようか?と思ったくらい、優しい味が好きなのですが。
そこは血の繋がったムスメ、押さえてくれて嬉しかったです。



今日は世の中も仕事始め。
商売繁盛の神様、神田明神にもお参りしました。
私もそろそろ、のんびり生活を卒業します!
池袋東武の「ことりサミット」は、大盛況で昨日終了したそうです。
年末の気忙しい時期、作家さん達は(搬入含め)8日は遠征しているのですから、お疲れさまでした!
更にもう1日延泊した「陶磁器工房 静」さんと、サンシャイン水族館に行って来ました。
私は地元なのに、随分と久しぶりです。



「天空のペンギン」初めて見ました。
屋外で、頭上の水槽を泳いでいるんですね。
ペンギンさん‥足をバタつかせる事も無く、泳ぐの上手!
お腹がポンポンで可愛いらしいです。



陸の上のペンギンも可愛い。
鳥イベントでも「ぺもの」と言って、ペンギンさんは人気。
「ぺものオンリー」の陶芸作家さんもいらっしゃいます。



「天空のペリカン」も居ましたよ。



お魚のコーナーも、とても綺麗でした。
大きな水槽の前に腰をかけて、しばしおしゃべり。
気持ち良くて、時間を忘れます。



昼飲みのランチを御一緒して、静さんは大阪に帰って行かれました。
鳥作家さん達が好きなので、鳥イベントも出たくて気持ちは揺れますが。
来年は、初っぱなから流れが変わります。
2月•4月と食器売り場が続いて決まり、そこで承るオーダー品の納期を考えると、6月の大阪はキビシイ。
2月にお話を頂いた場所のバイヤーさんは、リトルガーデンの「大人可愛いところ」、(展示方法を含め)「ラグジュアリーなところ」が気に入ってくださっているのだそうです。
あまり言葉にした事が無かったので、人から言われてみてビックリ!
新年はソコの部分、少し意識して行こうと思います‥西洋上絵付けならではの所カモ?しれません。
ちゃんと確立できたら、もう1度鳥イベントにチャレンジしてみたいカナ?
鳥イベントはどちらかというと、キャラクターとか‥少し子供っぽい、可愛い物がウケる印象なので。
「他にやり方はある」「頑固」と言われる事もありますが。
そこを譲ったら、リトルガーデンをやって行く意味が見当たりません。
ちょっと顔を赤らめながら(笑)、「ラグジュアリー」を目指そう!
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/03 つきゆり]
[07/01 mamachan]
[06/29 まーれ]
[06/28 つきゆり]
[06/23 つきゆり]
[06/20 mamachan]
[06/16 boss]
[06/14 つきゆり]
[06/13 sakura]
[06/10 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]