忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
50年に1度とか、100年に1度とか‥局所的な豪雨が続いて、今迄の常識が何処かに行ってしまったようです。
つい先日は東京に大きな雹が降りましたが、同じ区内でも我が家の周りは暗くなったくらいで‥後からニュースで知りました。
暑さに負けてエアコンの部屋に籠っていますが、今度は寒さに負けた。(笑)
ダメダメの日を過ごしています。
明日の朝は、ようやく少しだけお皿が仕上がる予定です。
先月の阪神•梅田本店の「心うるおう小鳥ガーデン」で、ムスメが「可愛い」とお迎えした「やまゆりの」さんの小さな絵。
夕食の待ち合わせに、チラと売り場を覗きに来たのですが。
母の所は素通りで(笑)、この絵を求めていました。
確か家に小さなイーゼルがあったなぁ‥と、家中ひっくり返して見つけ出し送りました。



女子のお部屋にしてはサッパリ暮らしていますが、このコーナーだけ(笑)可愛らしい。
このイーゼルは10年くらい前にハンズで求めて、使わないまま忘れていた物。
改めて店頭で探しても見当たりません。
当時の私はウェルカムプレートとか、文字を入れた物を主体に鳥活動を展開する事を考えていたような〜。
 大きい物から小さい物まで、イーゼルを買い漁った記憶が。
可愛い絵を見た途端に思い出して、お陰様でイーゼルも日の目を見ました。



あつらえたようにピッタリの、可愛らしいコーナーです。
家に居る時は、整理整頓とはかけ離れた暮らしをしていたムスメですが。
ひとり暮らしも既に2年余り、けっこうキレイに暮らしていて感心します。
「可愛い子には旅を‥」というのは、本当の事だなぁと思います。
最初はガックリしたものの、私も上手く子離れできました。
絵付けがあって良かった‥これは(弱っている時の•笑)心の支えになりました。
PR
九州北部の豪雨は、大変な事になりました。
昨夏、黒川温泉に行った時に通った日田も水に浸かって‥被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
自然災害も少なくて暮らし易い認識だったのですが、昨年から色々続きます。
北九州の街中の映像も、見慣れた(穏やかな)紫川が濁流に変わっていて驚きました。
今週は雨にならないよう祈るばかり。
普段の暮らしのありがた味を感じます。
久々のお墓まいりに行って、マンションの理事会に出席して‥私の方は申し訳ないくらい、のどかな暮らし。
ずっと気がかりだった絵具の整理を、ようやく済ませました。



上絵付けの絵の具は粉状です。
いつもの鳥絵付けは、その都度ペインティング用のオイルで溶いているのですが。
佐々木裕子先生のお教室では予め不乾性のオイルで固目に溶いておいた物を、使用時にペインティング•オイルで伸ばします。
オイルは油性•水性、速乾性•遅乾性と色々あって、ちょっと複雑。
あっちで使った物をこっちでも‥とは出来ません。
今回は無印のピルケースに入れてみました。
連結が自由なので、色の系統ごとにまとめられて便利かもしれません。
寅ちゃんも換羽で抜け毛?が激しいですが、元気。



皮膚や、羽の付け根の羽毛部分がグレーがかっているので、お迎えした当初はビックリしたものです。
お教室では絵付け友から、自家製ジャムを頂きました。
手作りのラベルには原産地「〇〇の庭」と、書いてあって大ウケ。



お庭のやまももとビワで作られたのだそうで‥丁寧な暮らしをなさっています。
憧れますがガサツな私には無理と、とっくに諦めの境地。(笑)
毎朝、美味しくヨーグルトと頂いています。
ありがた味のわからないオットが大量に使わないよう、キビシク見張っています。(笑)
誠文堂新光社さん発行のコンパニオンバード誌•27号に、リトルガーデンの記事を3ページも!載せて頂きました。
お世話になったライターのK様、カメラマンのK'様、ありがとうございました。



鳥さんにかかわるお仕事の特集です。
獣医さんや、小鳥屋さんの店員さん達と並んで、鳥モチーフ作家としてリトルガーデンの鳥絵付けを取材して下さいました。
脈絡なくお話した事を、ちゃんとまとめ上げてくださっていて感激〜!
鳥絵付けを始めた経緯や、作家活動の苦労等、言いたかった事がちゃんと文章になっていました。
先代インコの梅ちゃん、そして寅ちゃんも載っているので嬉しい。
先日の東急本店出展の折りには広報さん立ち会いの元、開店前の売り場で写真撮影も行いました。
睡眠1時間で迎えた初日の朝だったので、顔が腫れぼったいのがナンですが。(笑)
大手書店でお見かけの際は、立ち読みでなく(笑)お買い上げお願い致します。



早速、K様とI様が気付いて連絡くださいました。
ともに喜んでくださって、ありがとうございます。
1号からずっと求めているコンパニオンバード誌に載せて頂いたこと、とても光栄に思っています。
ちなみに「花と小鳥」でなく「小鳥と花のリトルガーデン」が正解‥何はなくとも小鳥が先です。
阪神イベントも迫って、荷物を送り出しました。
ふと、お手頃な価格帯の物が少ない事に気付いて、ギリギリまで製作は継続です。
いつも鳥イベントのツイッターを眺めているばかりなので、今回は参加してみようと(今さらですが)ツイッター登録。
「♯小鳥ガーデン」に投稿して、成功したと思ったのですが。
今しがたチェックしたら消失していました。
何故なのか???謎です。
東急出展時には、一瞬おりこうな子になった寅ちゃんですが。
この頃は逆戻り〜。
四六時中お外に出ているのが、あたりまえの暮らし。
わざわざ、お母ちゃんの手の上からご飯を食べたい甘えん坊の小僧で。
この小さな瓶の中に入って、食べるのが好きです。
‥しかも、新品じゃないと「ガガーッ」と怒る。(笑)
そこの所は一見してわかるらしいのです。



換羽中なので、ツンツンの頭です。
ケージの中でご飯を食べ終えて出て来たと思ったら、お弁当をどれだけ付けているのか?
お水を飲んで、嘴が濡れていたのかな?
器に頭から突っ込んで、けっこう荒い食べ方をするので。(笑)
可愛い姿ですね。



阪神さんには「花まつり」のケーキ皿をメインに持って行こうと、思わず大量に手を着けてしまいました。
 大量と言いつつ、ひとつひとつ手描きなので沢山では無いです‥と、言い訳。
一度にお窯に入る訳では無いのですが「下書き→第一焼成→第二焼成」と、全体で進めているので、なかなか完成しなくて写真が撮れません。
ようやく明日以降、順番に仕上がり始める予定。
ギリギリ間に合わないかも?と思っていた「マカロンのふた物」の白磁が今日、予定より早く窯上がりしたと連絡頂きました。
すぐに送り出して下さったそうで、長崎の波佐見から日曜日には届きます。
いつもイベント前には白磁をあれこれ揃えて、何から作ろうか?迷います。
予定の品全部が出来上がった試しは無いので、どの順番で行くか?は大きな問題。
ケーキ皿の後は、マカロンに決定です。
昨日は阪神梅田本店「心うるおう小鳥ガーデン」のチラシを、関西方面のお客様に宛てて投函。
住所録のタック•シールへの出力の方法がわからず、封筒に宛名を手書きしました。
B-3サイズと大きい物で、紙も良いのでかさ張って。
封筒も大き目、重量も重かった。



帰宅すると、入れ違いにDMハガキが届いていました。
え〜、これで充分だったのでは!?
これがあれば、どれだけ楽だったか‥と思いましたが、一歩遅かった。
せっかくですが重複するので、これはお蔵入りです。
遅いと言えば、東急本店で頂いた写真のアップをウッカリ忘れておりました。



お求めくださったハクセキレイさんのマグを、さっそく本物のハクセキレイさんと撮って来てくださった物。
マグに描いてあるのは「冬羽の女子」。
誘われて遊びに来てくれたのは「夏羽の男の子」です。
ハクセキレイの羽の色は季節で変わるので、このK様がくださる写真で勉強中。
横にあるのは、和食器のステージに出展されていた「吉次ガラス工房」のクリスタル•グラスです。
こちらも鳥さん柄。
1週間も続けて出勤していたので、寅ちゃんは何か悟ったのか?
朝晩ケージから出して、ひと遊びはさせていたのですが。
7日目の朝は暫くの後、自らケージに戻るという健気さでした。

週末はOさんが御子息の新居見学で上京されたので、神奈川在住のB子さんと横浜で集合。
高校の時のクラブの仲間です。
「社会部•城郭班」と、お城の研究をするサークルで。
今なら歴女と、胸が張れたのカモ?
この頃は同窓会繋がりの集まりが増えて来ました。
皆そろそろ立ち止まって、振り返りたいお年頃なのでしょうか?
港の見える丘公園は、しだれ桜が満開でした。





うちの近所はソメイヨシノばかりなので、ちょっと新鮮。
周りの花壇も、とても美しくウットリしました。



元町でOさんがお嫁さんへのプレゼントを選ぶ様子を見て、意外と良いお姑さんぶりにビックリ。(笑)
同じお年頃の友人の話題は「子供の結婚、孫の誕生、親の介護」が3大テーマですが。
私はどれも当てはまらなくて、傍観者です〜。
帰り道に陶画舎に立ち寄って、金液を買い足しました。
金がまた高くなっていました!
白磁も、お道具も、この10年余りでかなり値上がりしているので、真剣に原価計算を勉強する時期が来ているのカモ?
今は本当に適当に価格設定しているので‥諸経費の数字を見てしまうと考えてしまいます。
そして‥明日は、また!一輪挿しの白磁が届きます〜。(爆)
市場にはプリント物しか出回ってない型を、わざわざ製造ラインからはずして頂く白磁なので、2〜3割は数の増(減)も発生します。
これが最低ロットで発注しても、けっこうな量なのです。
オーダー頂いているお皿は、そろそろ出来上がり。



周囲の金彩で、焼成が1回増えるのですが。
1度にお窯に入る量が限られて、時間がかかっています。
10枚全部仕上がったら、ちゃんと写真撮影してご紹介致しますね。
春とは思えない寒さが戻って来ましたね。
そんな中、東急本店でオーダー頂いたお皿と、モデルさんのジンジャーちゃんと一緒に写った写真を頂きました。



やっぱり、内股のジンジャーちゃんです。
手元を飛び立ったお皿をこうして見る事は、なかなか出来ない事なので嬉しい。



インコさんとの撮影は面倒だったと思います。
K様、わざわざありがとうございました。
そしてW様の10枚のケーキ皿の製作も、先が見えて来ました。
同じ物を2枚ずつの、5セット柄違い。
ほぼ同じ速度で平行して進んでいるので、もう一息です。

 



3月一杯に仕上げるのが目標でしたが、少し間に合わなくてスミマセン〜!
「3月は去る」の言葉どうり、今月も慌ただしかった。
このバタバタした調子は暫く続きそうで、アッという間の1年になりそうな予感。
歳も歳なので(笑)オソロシイです〜。
月の半ばには、久しぶりの確定申告に行ってみました。
マイナンバーも始まって、そろそろキチンとしようと思っていた次第。
収入と支出、その都度ノートにつけてはいたのですが、改めて集計したのは初めてです。
薄々感じてはいたのですが、その結果は商売とは程遠い状態でした〜。
ご相談した税務署の方が「まだ来なくて大丈夫ですよ」と、おっしゃって。
手間が省けるので嬉しいような‥、こんなに働いてるのに(笑)悲しいような‥。
まず支払う物を抑えようと思い、BIRDMOREさんでの委託販売を終了しました。
長くお世話になりましたが、ここ数年は納品も年に1回できるかどうかで。
支払いの方が大きくなっていました。
Hobby's Worldさんは契約が違うので、現状どうりです。
オーダー頂いたお皿を描いています。
10枚あるので描いても、描いても、先が見えないのですが。(笑)
昨晩は、最後の4枚をお窯に入れてスイッチ•オン。
300度まで温度が上がった時点で、お窯の口が開いてないのに気がつきました。
久々のウッカリ〜。
絵の具やオイルからススが出るので、通常400度くらいになる迄は蓋を少し開けておきます。
慌てて開けて中を見ると、お皿全体が茶色っぽく見えて‥焼成の途中、絵の具はそんな色に見える時もあるのですが。
白い部分にススが付いてしまったのだろうか?
変色して仕上がるのかな?と、心配な一夜を過ごしました。
再制作もありうると、手持ちの白磁の数も確かめて迎えた朝。
良かった!問題ありませんでした。
820度まで上げるので、ススも焼き飛んだのでしょうか?
まだ第一焼成とはいえ、やり直しは悲しいのでホッと一安心。



10年くらい前にも同じ間違いをしました。
うろたえてお窯を止めて、絵の具を洗い流そうとした事があるのですが。
この時点で既に絵具は定着しかけている上、絵の具は変色して発色しています。
その失敗の後でK先生に「そのままにしておけば、たぶん大丈夫でしたよ」と伺った一言を頼りに、我慢で過ごした 夜は長かった〜。
でも過去の失敗は、役に立ちました。
同じ形のお皿なので、ラックに向きを揃えて置けば良さそうに思えますが。
これは雑な性格のせいでは無く(笑)熱の対流が良さそうな気がして、私はあえてランダムに置いています。
お皿に描くお花は5種類、色々なお花のリクエストを頂いています。
あまり馴染みの無い物もあって‥小さな絵とはいえ下絵から起こす事は、細かい部分も理解できてないと難しい。
難関のパフィオ•ペディラムという蘭は、偶然10年以上昔に描いていました。



きっと今なら少し違った絵を描くと、突っ込みどころもありますが。
短い間ボタニカル(植物画)を習った時の物が、こんな所で役立ちました。
水彩画です。
陶画舎の生徒作品展が銀座の本社ギャラリーで開催中なので、昨日は朝1番で行って来ました。



昔、青山ダイヤモンドホールで公募も含め開催されていた時と比べると、こじんまりした物ですが。
中には目を見張るような作品もあります。
以前に授業で御一緒していたYさんの作品が、独特の世界観もあり、とても印象的で。
「こんなにお上手だったかなあ?」と在廊のY先生に伺うと、ここのところの躍進が目覚ましいのだそうです。
お窯もお持ちでないのですが、いつもお会いする時には製作中の作品を山程キャリアに乗せて移動中。
御高齢の方ですが、心がけ次第で人間は何時までも進化を遂げるのだな〜と、尊敬!です。
私のスケッチも、立派に展示していただいていましたが。
マット部分を「やっぱり、もうひと回り太くしたかった」と、まだグズグズ思っています。(笑)
お友達にもチラホラ会えて、雨でしたが行って良かった。



その足で、お隣の東京駅へ。
中学の同級生Mさんがご子息の転勤のお手伝いで上京されたので、北関東在住のCさんと集合しました。
一日中冷たい雨の日で観光も厳しくて、遅い時間までお店をはしごしながら、ずっとおしゃべり。
つい最近、御子息が結婚されたCさんから、今ドキの結婚式費用の相場を聞いて「ひぇ〜」と驚く。
「そんなじゃ無理に結婚しなくても良いねぇ?」と、独身の子を持つ同士、Mさんと語ったのでした。
3月11日の昨日は、冴え冴えとした夜空に丸いお月様が美しく‥その事に、少しホッとしました。
陶画舎のバーゲン最終日だったので、バーゲン恒例のワンコイン•レッスンを受けて来ました。
先生のデモ付き講義を拝聴するだけとはいえ、1時間ワンコインは破格のお値段。
普段の陶絵付けの授業は、1回で諭吉さん+αが飛んで行きます。
まずは、よくハート盛りに使っているジュエル絵具の透明色が出たので、その効果的な使い方。
初めてのM先生でしたが、とても親切でわかり易かった。
休憩をはさんでK先生の「人物を描こう〜鼻と口」。
今は写実よりは「器としての絵付け」に気持ちが行っている私ですが、その前は長く追っかけをしていた(笑)日本画出身の先生です。
前回は「目」だったそうで‥先生のご好意で、授業後も「目」について説明して下さる。
居残りされたお二方と一緒に、合計2時間余りの講義。
久しぶりに伺うお話は、とても面白かった。
お二方は陶画舎に御縁はないとおっしゃっていましたが、太っ腹の大サービスですね。
先生にはとても恵まれている私。
良い先生は皆様、惜しみなく教えてくださいます。
先日の留守は、金沢に行って来ました。
ほんの2週間前にバタバタと決まった、現地集合の家族旅行。
寅ちゃんはお留守番でした。



オットは都合で1日遅れて来たので、1晩なら‥と預けずに、お家でひとりでお留守番。
ご飯を2カ所に置いて、テレビも点けてはいたのですが、やっぱり淋しかったようで。
更に甘えん坊になって、側から離れません。
ご飯を取り替えていると、お母ちゃんの手から食べたいらしい。



途中でこのままケージに戻そうとすると「ガガ〜ッ」と癇癪を起こします。(笑)
猫の子のように、膝の上で撫でてもらうのが大好き。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 25 26 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
[07/07 つきゆり]
[07/05 れもんまーとる]
[06/30 キョーコ]
[06/30 ぴい]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]