忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    04 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
☆☆ ご連絡 ☆☆
ケータイが壊れました。
新ケータイを求めたので電話は繋がります。
docomoに乗り換えたので、メルアドは今までと末尾が変わります。
前半は今までの物と変わらず、後半が@docomo.ne.jpになりました。



オーダー頂いたお皿を描いています。
10枚あるので描いても、描いても、先が見えないのですが。(笑)
昨晩は、最後の4枚をお窯に入れてスイッチ•オン。
300度まで温度が上がった時点で、お窯の口が開いてないのに気がつきました。
久々のウッカリ〜。
絵の具やオイルからススが出るので、通常400度くらいになる迄は蓋を少し開けておきます。
慌てて開けて中を見ると、お皿全体が茶色っぽく見えて‥焼成の途中、絵の具はそんな色に見える時もあるのですが。
白い部分にススが付いてしまったのだろうか?
変色して仕上がるのかな?と、心配な一夜を過ごしました。
再制作もありうると、手持ちの白磁の数も確かめて迎えた朝。
良かった!問題ありませんでした。
820度まで上げるので、ススも焼き飛んだのでしょうか?
まだ第一焼成とはいえ、やり直しは悲しいのでホッと一安心。



10年くらい前にも同じ間違いをしました。
うろたえてお窯を止めて、絵の具を洗い流そうとした事があるのですが。
この時点で既に絵具は定着しかけている上、絵の具は変色して発色しています。
その失敗の後でK先生に「そのままにしておけば、たぶん大丈夫でしたよ」と伺った一言を頼りに、我慢で過ごした 夜は長かった〜。
でも過去の失敗は、役に立ちました。
同じ形のお皿なので、ラックに向きを揃えて置けば良さそうに思えますが。
これは雑な性格のせいでは無く(笑)熱の対流が良さそうな気がして、私はあえてランダムに置いています。
お皿に描くお花は5種類、色々なお花のリクエストを頂いています。
あまり馴染みの無い物もあって‥小さな絵とはいえ下絵から起こす事は、細かい部分も理解できてないと難しい。
難関のパフィオ•ペディラムという蘭は、偶然10年以上昔に描いていました。



きっと今なら少し違った絵を描くと、突っ込みどころもありますが。
短い間ボタニカル(植物画)を習った時の物が、こんな所で役立ちました。
水彩画です。
PR
陶画舎の生徒作品展が銀座の本社ギャラリーで開催中なので、昨日は朝1番で行って来ました。



昔、青山ダイヤモンドホールで公募も含め開催されていた時と比べると、こじんまりした物ですが。
中には目を見張るような作品もあります。
以前に授業で御一緒していたYさんの作品が、独特の世界観もあり、とても印象的で。
「こんなにお上手だったかなあ?」と在廊のY先生に伺うと、ここのところの躍進が目覚ましいのだそうです。
お窯もお持ちでないのですが、いつもお会いする時には製作中の作品を山程キャリアに乗せて移動中。
御高齢の方ですが、心がけ次第で人間は何時までも進化を遂げるのだな〜と、尊敬!です。
私のスケッチも、立派に展示していただいていましたが。
マット部分を「やっぱり、もうひと回り太くしたかった」と、まだグズグズ思っています。(笑)
お友達にもチラホラ会えて、雨でしたが行って良かった。



その足で、お隣の東京駅へ。
中学の同級生Mさんがご子息の転勤のお手伝いで上京されたので、北関東在住のCさんと集合しました。
一日中冷たい雨の日で観光も厳しくて、遅い時間までお店をはしごしながら、ずっとおしゃべり。
つい最近、御子息が結婚されたCさんから、今ドキの結婚式費用の相場を聞いて「ひぇ〜」と驚く。
「そんなじゃ無理に結婚しなくても良いねぇ?」と、独身の子を持つ同士、Mさんと語ったのでした。
3月11日の昨日は、冴え冴えとした夜空に丸いお月様が美しく‥その事に、少しホッとしました。
陶画舎のバーゲン最終日だったので、バーゲン恒例のワンコイン•レッスンを受けて来ました。
先生のデモ付き講義を拝聴するだけとはいえ、1時間ワンコインは破格のお値段。
普段の陶絵付けの授業は、1回で諭吉さん+αが飛んで行きます。
まずは、よくハート盛りに使っているジュエル絵具の透明色が出たので、その効果的な使い方。
初めてのM先生でしたが、とても親切でわかり易かった。
休憩をはさんでK先生の「人物を描こう〜鼻と口」。
今は写実よりは「器としての絵付け」に気持ちが行っている私ですが、その前は長く追っかけをしていた(笑)日本画出身の先生です。
前回は「目」だったそうで‥先生のご好意で、授業後も「目」について説明して下さる。
居残りされたお二方と一緒に、合計2時間余りの講義。
久しぶりに伺うお話は、とても面白かった。
お二方は陶画舎に御縁はないとおっしゃっていましたが、太っ腹の大サービスですね。
先生にはとても恵まれている私。
良い先生は皆様、惜しみなく教えてくださいます。
先日の留守は、金沢に行って来ました。
ほんの2週間前にバタバタと決まった、現地集合の家族旅行。
寅ちゃんはお留守番でした。



オットは都合で1日遅れて来たので、1晩なら‥と預けずに、お家でひとりでお留守番。
ご飯を2カ所に置いて、テレビも点けてはいたのですが、やっぱり淋しかったようで。
更に甘えん坊になって、側から離れません。
ご飯を取り替えていると、お母ちゃんの手から食べたいらしい。



途中でこのままケージに戻そうとすると「ガガ〜ッ」と癇癪を起こします。(笑)
猫の子のように、膝の上で撫でてもらうのが大好き。

☆☆☆これからの出展予定☆☆☆
2017とりもの しあわせものマルシェ '16年12月28日(水)〜1月10日(火) 元旦はお休み  阪急百貨店•梅田本店 10階•梅田スーク 日〜木10〜20時 金•土!0〜21時 最終日17時まで 委託販売
小鳥の作品展 1月20日(金)〜24日(火) 松坂屋•上野店 本館6階•催場 10:00〜20:00 最終日16:00閉場 終日在店致します



ムスメが転勤先に帰る前には、アレもコレもしてやりたくなり。
新幹線で食べるお弁当と、2〜3日分の食料に餃子や煮物を張り切って作りました。
元々家事は苦手ですが、年末からこちらの作業で自分の家事許容量を越えたらしく(笑)3日の晩から何か不調。
結局熱を出して2日間、寝込んでしまいました。
インフルエンザで無かったのは幸いですが、大きく時間をロスしてしまったのでトリ戻さないと〜!
ようやく風邪から復調した昨日は、夕方から神田明神への初詣で。
毎年恒例の行事を済ませる迄は、やっぱり落ち着きません。



この後に近くの湯島天神に回って、ムスメの事は小さい時からずっとお願いしています。
イイ年のムスメなので(やはり近所にある)嬬恋神社に宗旨替えした方が良いのでは?とも迷いましたが‥。
結局いつもの湯島天神で学業守りを頂いて‥まあ、一生勉強という事で。(笑)
そんなこんなで、絵付けのスタートは大きく出遅れてしまったのですが。
年末はギリギリまで、Hobby's Worldさん向けに描いていました。



初売りに間に合うよう、エナガちゃん&シマエナガちゃんのマグカップと、スズメちゃん&カワセミさんのミルクピッチャーを送っています。
このミルクピッチャーはトリ扱い終了宣言の後も白磁を買い足しましたが、これで本当に最後。
松坂屋さんに最後の最後のスズメちゃん2羽を連れて行って、終了となります。
年末の東急本店に居たペンギンさんは、お陰様で全員飛び立って泳いで?行きました。
この時にオーダー頂いた分の白磁はトリ置いてありますので、ご安心くださいね。
明けましておめでとうございます。
年末の御挨拶もしない内にバタバタと、新年に突入してしまいました。
こんな感じのブログですが、今年もよろしくお願い致します。
早々に賀状をたくさん頂いて、ありがとうございます。
宛名に寅ちゃんの名前がある物もあって、寅が喜んでおりました。
年賀状は元旦の早朝に投函したという有様で、今日辺りからソロソロお手元に到着すると思います。(爆)
大晦日の夕方にゼロからスタートの作業だったので「集中力がハンパない」と、オットからお褒めの言葉を頂いたのですが。
同時に「何故、早く取りかかれない?」という疑問の一言も、あるにはありました。(笑)



ムスメも帰って来ていたので、食事に行ったり、買い物をしたり‥チョコチョコと家族らしい事が出来た楽しいお正月休み。
そういえば恒例のスター•ウォーズ(ローグ•ワン)も、家族揃って観に行きました。
いつも見終えた時には気分が昂揚するお約束の映画ですが、今回のエンドは切なくてちょっと涙。
ともかく毎日遊んでしまったので、明日からは絵付けに励みます!
ムスメ•ロスになる暇は、今は無さそう。
元旦のお節(デパ地下で求めた•笑)は、絵付け友のTさんが送ってくださった新潟のお酒で頂きました。
県外にあまり出る事がないというお酒の名前は「鶴の友」。
ここは私的には、とてもツボでした〜。
「絵付け友」の「鶴の友」なのです。
先日、個展を拝見しに伺ったその友の、ペン描きも美しい作品写真も御一緒に!



近所の氏神様に張り出してある私の「今年の運勢」は「自分の価値観を信じてコツコツ」と、ありました。
これは鳥絵付け活動をしていての事と腑に落ちる。
暫く迷う時期が続きましたが、最近ようやく方向が見えて来た気がしています。
絵付け友の展示を拝見して来て、確信に変わって。
年末に会ったデザイナー友のAさんも、そんな事を言ってくださったので背中を押された気がしました。
トリ年の幸先の良いスタートです。
皆様にとっても、新しい年が良い年になりますように。
クリスマス•イヴはデパ地下でスモーク•ターキーを買って来たものの、ツリーも何も出さず終い。
アッサリと終わりました。
これは池袋のデパートに居たトナカイさん、実物大です。



お昼間は買い物がてら、仙川まで足を伸ばしてランチ。
父方の従姉妹のAちゃんのお店があります。
以前にも書きましたが、彼女は自宅でマクロビのお教室を開いてた元サロネーゼ。
2年前に突然、野菜に拘った小さなレストランを始めました。



親戚には商売のお家が無く、思い切ったと思いましたが。
常連のお客様も付いてくださっている様子で、頑張ってます。
私達の祖母は102歳まで長生きしたので、きっとその血は流れているはず。
(まだまだ先がありそうなので•笑)「頑張ろう!」が合い言葉です。
手間をかけたお料理で、最初は「野菜か‥(肉食家族なので)」と言っていたオットも満足して。
明るい内から1杯(本当は3杯)飲んで、良い気分で帰って来ました。
イヴは寅ちゃんをお迎えした、7周年の記念日でもありました。
「その割には慣れないなぁ‥」は、オット談。
寅はオットを敵と思っている様子で、パソコンの椅子の背後でズ〜ッと見張っていたり、機嫌が悪いと突然攻撃を始めたり‥キビシイ。(笑)
私には甘えん坊のかけがえの無い子で、ずっと元気で過ごして欲しいです。



もうじき始まる梅田阪急「2017とりもの しあわせものマルシェ」主催のAMULETさんのブログ、出展作家さんの紹介など毎日更新されています。
お正月まで1ヶ月も無いと思うと、今年も 残り僅かですね。
今月はクリスマスもあるというのに、イベント出展があるとなかなかそんな気分になりません〜。
ジェイアール京都伊勢丹さんでお迎え頂いたメンフクロウさんを、ステキに飾った写真を頂きました。
こちらは一足お先にクリスマス•ムード。



周りがゴージャスなので、フクロウさんもワンランク•アップして見えます。
夜の女王さまをイメージして作ったお皿ですが、ピッタリのコーナーを頂きました。
O様、わざわざありがとうございます。
昨日、郵便局で求めた切手がとても可愛くて、余分に買って来ました。
10枚セットの内の5枚が鳥さんという素晴らしさです。



ウサギやモルモットも(鳥さん程では無いにしても•笑)可愛い。
順番に貼って行きましたが、鳥さんが貼ってあった方はアタリです。(笑)
絵付けの方は、細かい部分に思っていたよりも手がかかったり‥。
今頃になって下絵を新たに起こしてみたり‥。
出展期間の1週間は動けないので、他の用事も出てきたり‥なかなかはかどりません。
このヒヨコちゃんの「リンゴのお皿」は、葉っぱ部分にひと手間。
クリスマス•プレゼントに出来るよう、金色に輝く葉っぱを仕上げます。



周囲をマスキングして、この後に金液をポンポン‥とパディングしました。
予め、金下マットを敷いて焼成済みなのが肌色の部分。
マット部分の上は金彩の質感が変わります。
気が付いたら、リトルガーデンの鳥活動を初めて10年が経っていました。
当初は別に仕事もありましたし、趣味で始めた陶絵付けというツールが面白く。
それならば鳥さんが描きたい‥という一心で始めた、拙い腕でのサークル活動のような物でした。
今もまだ仕事とは言えない状況で、これで良いのか?迷う事も多いですが。
「鳥道一直線」はブレずに続けて来ました。
継続していると気にかけて下さるお客様や、お仕事の声をかけて下さる方もあって、その事にとても励まされます。
たて続けに(ちょこっと)雑誌掲載と、新しいイベント出展のお声がけを頂きました。
外から評価して頂けるというのは、モチベーションに大きく影響します。
阪急百貨店•梅田本店のイベントにお誘い頂いて、ここは初出展‥豪華な百貨店で嬉しいです。
毎日の製作は孤独な作業で、自分の立ち位置がよくわからなくなってしまう。
方向は間違ってないのかなぁ?と勇気付けられ、ここ数ヶ月引っ張っていた気持ちがお陰様でフッ切れました。
単純です。(笑)。



年末、年始は大変なスケジュールになりそうなので、ともかくツッ走ろう!と覚悟が決まる。
そう言えば予め決まっていた東急本店も、来年の松坂屋のエージェントさんも、やはり最初は先方から(どうやって見つけてくださったのか?)声をかけて下さってからのお付き合い。
亀の歩みの鳥活動でも、出展の場はジワジワ広がっているので、ありがたい事です。
最近鳥イベントに寄り付いてない?と、言われる事もありますが。
最初は珍しかった小鳥の食器も、今では印刷や転写シールや‥お手軽な物も出回っていて、わざわざ手描きで無くても良いのでは?と感じる事もありました。
それでも鳥イベントには「小鳥」と「食器」の両方がお好きな「リトルガーデンのお客様」も、いらっしゃいます。
迷いながらも、少しずつ腹が座って来たようです。
リトルガーデンは「西洋上絵付け」という由緒正しい製作法の原点に立ち返ろう‥ひと手間をかけて、何年経っても大事にして頂ける物を目指そう!と、改めて思います。
もう歳なので(笑)やたらと数を作る作業がツライのもありますし。
どうせなら、自分が楽しめる事をしたいというのもあります。
来年はトリ歳ですし、少しずつ軌道修正しながら理想に近付いて行こう!



これは製作中の小さな蓋物。
1回目の絵付け•焼成をした後、絵の部分にマスキングをして地色を入れているところです。
焼成の後には更に筆を重ねます。
京都の「とりどり•ことり展」本日が最終日でした。
リトルガーデンの鳥さんをお迎え下さったお客様、お世話くださったスタッフさん、ありがとうございました。
背後にプラチナの百合を従えた、このメンフクロウさんが飛び立って行ったようです。
お迎えくださったO様、ご連絡ありがとうございます。
作者本人は居なくて申し訳ありません。
末永く可愛がってやって下さいね。



陶画舎の常勤の先生方6人による作品展「器•彩•宙」も今日が最終日で。
昨年に引き続き、スケッチのクラスメートKさん&Tさんと御一緒しました。



今年は比較的小さいアイテム中心の展示•販売でしたが、サスガは一流の先生方なので素晴らしかった。
西洋上絵付けのイメージというよりは、もっと個性豊かな感じです。
1点1点手描きでお安い訳では無いですが、その手間がわかるので申し訳ないくらいのお値段。
最終日なので良い物は売り切れているだろうと思っていたのですが、私を待っていたような鳥さんのお皿が!
W先生作の九谷焼き風の作品で‥自分が使えないような手法の物に惹かれます。
だんだん生徒のお客様も増えて来て、一瞬の出遅れが仇になる可能性も。
「W先生、売約済みで!」と、慌ててお願いしました。
2週間後には手元に来るので、またご紹介致します。
ランチの為、銀座から新橋まで歩く途中に変な物を発見。
ウーパールーパーのような?
どうも車屋さんのようなのですが、タイヤが見えません。



3人でホテルのランチ•ビュッフェに攻め込みました。
以前にローストビーフが美味しかったので、せめてそれだけでも頑張りたかったのですが。
歳のせいか‥もうバイキングは無理なのかも?
無念‥。(笑)
お茶とデザートで、ゆっくりおしゃべりできたのでマア良しとして。
解散の後は日本橋へ。
日本橋三越で長谷川恵子さんのニット展が、こちらも最終日でした。
センスも良くて、やり手なので(笑)いつも刺激を頂くお姉様です。
ご自身でニット製作もされながら、ディレクションの才能も有るので展開がお上手。
いつもはもっと過激な装いなのですが、今日は三越仕様カモ?



ここのところ高島屋、三越と、トントン拍子で出世されていてスゴイのです。
置いてある品物も良い物ばかりなので、お客様の層ともマッチしそうです。
久しぶりだったので、またここでもおしゃべりがはずんで。
この百貨店には好きなお弁当があるので「夕食はソレだ!」と、買って帰ったダメ主婦です。
盛りだくさんで楽しい1日でした。
今週で9月も終わりとは‥ビックリです。
この連休はムスメも帰省していたりで、絵付けも何もしないで終わってしまった。
チョコチョコと1〜2ヶ月ごとには会っているムスメですが、今回はお友達の結婚式に出席する為に戻って来ました。
たしか去年も、この時期は結婚式で戻っていたような〜。
都内の有名どころのホテル•式場は(呼ばれてばかりで)制覇しているムスメが案じられます。(笑)
テレビの日曜美術館で芸大美術館の「驚きの明治工芸」が紹介されると、いつもは興味を示さないオットが寄って来る。



美術館に行くと年配のご夫婦が仲良く鑑賞されているのを見かけますが、我が家は趣味が合わない(笑)ので、そんな事は夢のまた夢。
本当に珍しい事なので「じゃあ行こう!」と、すぐに連れ出しました。
金属で生物を造った精巧な「自在置物」が面白かったようです。
今回の展示は台湾の個人の方のコレクションだそうで、ほとんどの作品が写真OKというのもビックリ。
私のツボは、やはり陶磁器や七宝です。
宮川香山は先日のサントリー美術館の多くの展示より後の製作らしく、随分と削ぎ落として大人の仕上がり。



素材も陶器でなく磁器、しかも青磁。
蓮の葉のお皿に留まった蝉が妙にリアルで、そこはやはり香山です。
七宝は、お約束の2人のナミカワさんが。



西の並河サンの、いつもながらとても小さな壷でした。
黒地と、蓋と肩の文様はイメージどうりですが、龍の絵は‥らしくない。
台湾の方が好むようにデザインしたのでしょうか?
東の涛川さんは「秋草と鶏」。



けっこう大きな花瓶です。
鶏は川出柴太郎氏による有線七宝のお盆もありました。
このお名前は初めて目にしました。



ずっと雨降りが続きましたが、久しぶりのお天気で上野のお山は大賑わい。
車でなかったのでカルク1杯‥もできて、良い日曜でした。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 7 8 10 11
13 16 17
19 21 23 24
26 27 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/28 waka]
[03/28 はるみ]
[03/19 waka]
[03/17 つきゆり]
[03/13 たけ]
[03/06 たけ]
[03/01 つきゆり]
[02/24 boss]
[02/22 sakura]
[02/21 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]