忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
リトルガーデン宛に昨年末、海外からメールを頂いていました。
日本に旅行で来られるので出展していたら教えて欲しいという文面に、以前に描いたお皿やふた物のブログ画像が添えてあって感激!
生憎出展は無いので、イレギュラーですが直接お渡しする事でオーダーを承りました。
香港の方なので勿論メールは英語のやりとりでしたが、プアー•イングリッシュでもなんとか乗りきりました。
東急Bunkamuraイベント終了後からの製作になるし、年末•年始はそれなりに忙しいし‥で、お約束のギリギリまで製作。
送っていただいた写真は大型のインコさんばかりで‥キバタン、アオボウシインコ、コガネメキシコインコのマグとお皿。
ブルーフロント•アマゾンとか、サンコニュアとか、英名が全く違うのは驚きでした。





パロット•クラブ(大型インコのオフ会みたいなもの?と、勝手に解釈中)のお友達向けに、追加でタイハクオウムのお皿も1枚。
Miss.J.Mとは、新宿の高層ホテルのロビーで待ち合わせでした。
10年以上前に、しばらく◯ーオンに通った程度の英語力の私(汗)。
当時、高校生だったムスメがオーストラリアにホームスティするのが羨ましくて通い始め。
ムスメの留守中に友人と行った香港で、ドキドキしながら電話でレストランの予約をした事等を思い出しました。
絵付けを始めてからは足が遠のいてしまい、ここ10年余りは何の努力もしてない状態で。
ちょっと心配でしたが、対面して話せるので「何とかなるわ!」という事に。
ご家族そろってのご旅行だそうで、Miss.J.Mの美しいご姉妹はとても良い方達でした。
食器の出来もとても喜んでくださり、嬉しかったです。





大型インコを7羽も飼われているのだそうです。
パロット•クラブは香港•台湾の方達で構成されているのだそうですが、日本にお住まいのメンバーのインコさんがタイハクのタローちゃんだそうで。
亡くなってしまったのでメモリアルに‥とおっしゃっていました。(たぶん、そうおっしゃったはずです‥汗)
後のご予定が無ければ、昨日から池袋の東急ハンズで開催中の鳥グッズ販売イベントにお連れするつもりでいましたが。
到着早々のお昼の内に行かれたそうで大笑い。
鳥ガチャガチャのカプセル等お持ちでした。
パロット•クラブの情報収集力はスゴイですね(笑)。
PR
暖かいお正月でしたね。
三が日のお天気のように、今年が穏やかな1年になりますように。
お正月早々、近所でシジュウカラ、メジロ、ハクセキレイ‥と見る事ができて、私にとっては縁起の良い幕開けです。



新年の御挨拶は、先日に描いたW様宅の「ののちゃん&のあちゃん」のコンビにお願いしました。
年末にはオカメ飼いのY様が、TSUBASAの「366days鳥どりカレンダー」を送ってくださり。
タイトルで、今年は「うるう年」なのだと気付く。
16年版はウッカリ買い忘れていたので、ありがとうございました。
早速いつもの場所に掛けて、可愛い鳥さん達と一緒に新年を迎える事ができました。



今年は短いお正月休みの方も多かった事と思います。
ムスメも帰省はして来たものの、毎日お友達との予定が忙しく。
家族で動いたのは氏神様へのお詣りと、スターウォーズの映画のみ。
揃って夕食を食べる事もできませんでした。
スターウォーズは若かりし頃(笑)から欠かさず観ています。
家族全員が好きな映画なので、今回も揃って行けたのは良かった。
大好きなハンソロ船長とチューバッカに会えて、嬉しかったです。
3日の日はムスメを東京駅に送りがてら、湯島天神で初詣をしようと思いましたが。
車は運良く駐車できたというのに、天神様の前の道路は見た事もない位の長い参拝の行列で。
1時間以上はかかりそうで断念。
親子丼で有名な「鳥つね」の本店が天神様の側にありますが。
そちらの行列の方がはるかに短いので、急遽目的地を変更。
1500円と親子丼にしては良いお値段ですが、十何年もズッとお値段が変わってないのは良心的。
そして、とっても美味しいのです。
改めて今日は神田明神に向かいましたが、こちらも今までで1番スゴイ行列で(見ただけで!)断念。
鳥居の外の車道を封鎖して、行列ができていました。
仕事初めの日で、サラリーマンの団体さんが多かったようです。
方や湯島天神の方は今日はスグに入れましたが、ムスメが居ない事にはビミョ〜。
改めて出直す事にしましたが、毎年恒例のお詣りが済んでないのは落ち着きません。
破魔矢とお守りも、いつも新しい物に替えているのですが‥。
それでも、今日はちょこっと絵付けを初めました。
必要に迫られてとは言え(笑)私にしては早い立ち上がりです。
写真は大好きな燕麦をくわえている寅ちゃん。
この皮を口で転がして遊ぶのが楽しいらしい。
お母ちゃんを呼びつける時に、この皮をケージの外にポーンと投げたりもします。

イベント終了後は絵付けの学校のテクニカルの授業、ご近所友との忘年会、バレエ鑑賞‥と、毎日何かしらの予定があって、せわしない年の暮れです。
今年もお世話になりました。
最後に仕上げたのはバンツァーちゃんのパレット皿。
春の東急本店で、セットでオーダーを頂きましたが。
ご家族が増えるのに伴って、追加オーダー頂いていました。
何とか、お正月の食卓に間に合いそうで良かった〜。



この時点で年賀状も、大掃除も、買い物も‥全く手着かずなのが、ちょっとコワイ(汗)。
そしてお正月明けに仕上げる物も出来たので、またもやバタバタの年越しになりそうです。
これについては、また次の機会に。
友人には「自分から抱え込んでいる」と、突き放されてしまいました(爆)。
今年は年明けの東急ハンズ•池袋店の鳥イベントで幕開けして、お正月も慌ただしかったので。
新年はイベント出展を見合わせて、のんびりしようと思っていたのですが。
やっぱり我慢しきれなくなり(笑)「インコと仲間たち2〜トリトブ部屋〜」中期のみ(1月15〜21日)委託でチョコット参加致します。
他にするべき事もあるので中途半端な参加で申し訳ありませんが、大人気だったイベントの再来は楽しみですね。
この後は絵付けの方で大事な展示があるのと、オーダー品や、サーバーの移転や‥気になっている事が山程あるので、一旦お休みする事を決めました。
四月の中旬に渋谷•西武百貨店の出展からスタート致します。
最後を締めくくる画像に、先日のバレエに持参した花束を撮っておけば良かった‥と、後悔したところで、宅急便が届きました。
10月末の陶画舎の先生方の展示会でオーダーした「ぐい呑みSET」。



高さ7センチ強の細身の物です。
下の白い部分は「真珠ラスター」を使ってあるので、バールのような質感。
素材の白磁の下3分の1は釉薬がかかって無いので、ラスター部分も質感が2通りでラインが入ったように見えるのは面白いです。
上の部分は地を黒く塗った後、銀箔と少し盛り上がったブルーの絵の具で模様が入っています。
銀箔はその時の焼成によって、残り具合が変わるのが難しいところ。
これはテクニカル(特殊技法)でお世話になっているW先生の作。
すぐに電話をしてみると、ちょうど学校におられました。
授業もお忙しいのに、たくさんのオーダー品を抱えて大変だったとお察しします。
申し訳なかったですが、ステキなぐい呑みで新年を迎えられるのは嬉しい♪
とてもセンスの良い先生なので、銘が入った箱のラベルや裏のサイン等、作品以外でも感心した事はいっぱいでした。



やはり、絵付けはこうあらねば‥。
「鳥が描きたい」一心で始めた鳥活動ですが、少しでも絵付けの高みに近付けるよう目指して行きたいと思います。
新年もよろしくお願い致します。
良い年をお迎えください。
夏に受験した絵付け技能士1級の試験は、ようやく発布されてお免状と金バッチを頂きました。
急にふってわいた受験でしたが無事に合格できた事で、今年は山があったというか‥何かやり遂げた感があります。
お世話になった先生方、皆様方、本当に感謝しています。



本当は名古屋まで受け取りに行きたかったのですがイベントも迫り、ちょっと無理で送っていただきました。
昨日は佐々木裕子先生の絵付けのお教室で‥たまたま都合で後半に振り替えていたので‥証書が届いた旨を、今年の内にご報告できたのは良かったです。
お教室では試験勉強の次には大皿を描いていたのですが、ちょっと休憩。
基本に立ち返って、小さなお花のひとつひとつを改めて練習する事にしました。
絵付けの道はゴールがありません。
焦らず、サボらず、頑張ります!
「技能士の認定を頂いてからがスタートです」と、おっしゃった先生もありました。
気持ちを新たに、精進して行きたいと思います。
先日お届けした東急•吉祥寺のオーダー品は、オーダーくださったお二方とも気に入ってくださったそうです。
喜んでくださると、長い時間と精魂を込めた作業も報われて嬉しい。
そして今日はBunkamuraに向けて、荷物を送り出しました。
明晩は搬入、それ迄にできるだけ小物の製作を進めます。
まだまだ東急さんで承った宿題は終わりません。
合間には絵付けの学校とか、健康診断とかあって、けっこう気ぜわしい師走です。
昨日から陶画舎の冬のバーゲンが始まりました。
バーゲン期間中は、お道具や技法紹介の為のミニ•デモンストレーションが行われます。
見学はワン•コインなので、興味があればとってもお得。
初日の朝1の「ドイツ•マイセン筆の使い方」というのが気になって、午後からはスケッチの授業もあることだし‥と、行って来ました。
普段はほとんど平筆ばかり使っているのでその替えと、E先生お勧めの筆を2本ばかりを買うと、諭吉さんお1人では全く足りないことに‥。
画材や白磁に関しては、金銭感覚がどんどん麻痺しているのがコワイところです。
以前にボタニカルを習っていた時には(思えば大手カルチャーでも月謝もお安かったですが)筆1本1000円の買い物でも「高っ!」と思っていたというのに。
技能士試験の前にも絵の具やら山ほど買い込んだので、未だに在庫も充実(爆)。
予備の物だけで、ひと財産です(笑)。



スケッチのモチーフは薔薇でした。
何度も授業で登場しているのですが、彩色したのは今回が2度目。
色鉛筆は60色セットだというのにピンク色は3本しか入って無くて、なかなか思ったような花の色が出せません。
ついつい買い足したくなりますが、クラスメートのNさんが「私のはピンクは1本よ!」とおっしゃるので‥私もこれで頑張ろう〜。
焼成を終えたイングレーズのお皿も受け取って来ました。





可愛いウロコさんとオカメさんのお皿。
この子達は別アイテムのオーダーも頂いているので、この2枚×2セットを先に納品しようか?と思っています。
最近よく使っているこのイングレーズのブルーは、未だ失透した事がありません。
前に使っていた物は絵の具が厚くなった箇所が点々と黒くなってしまい、Y先生に釉薬を塗って修正して頂いた事もあるのですが。
ボケ〜とした仕上がりが嫌いなので、ついつい厚塗り気味になってしまう私向きカモ?
予定満載でバタバタの連休でした。
まずは12月の東急Bunkamura「CRAFT collection」の説明会に。
画家の原千恵子さんも今回は初出展されるので、御一緒しました。
リトルガーデンは後期の20日(日)〜23日(水•祝)の出展となります。
来年の初めは力を注ぎたい事もあるので、この後の出展は暫くお休みで。
再開は春以降となる予定です。
説明会の後は川越の叔母宅へ。
従姉妹の真ん中のA子ちゃんは長く海外で働いているので、3姉妹全員揃った所にお邪魔するのは十何年ぶり?
歳の近い従姉妹K子ちゃんも、九州からお仕事で上京していたので賑やかで楽しい時間でした。
お友達の結婚式で帰省していた(4月の転勤以降このパターンはもう2度目なのです•笑)うちのムスメも放っておけないので、一緒に買い物に行ってみたり‥。
織り物をする友人の展示会に顔を出したり‥。
色々重なって、アッという間に終わってしまいました。
古い友人Kちゃんは、ここ10年余り織物を習っているのですが。
今回、御自宅で初の展示会を開催中。



2〜3週前にはラッピング用品等揃える為に浅草橋をご案内したりもしたので、どんな事になったのか楽しみにしていました。
知り合いと、そのお連れ様だけを招待されているそうで‥それが1番贅沢な展示形態なのかも?とも思います。
奥に小さな旗織り機が置いてあるのはカッコ良い。(ミーハーです•笑)
挿し色の縦ラインが入ったペパーミント•グリーンのショールが素敵かなぁ?と思ったのですが。
羽織ってみると顔の色が沈む‥。
歳のせいなのか?暗い色も、柔らかい色も映えません。(爆)
「これは有り得ないけど」と、ほとんど冗談で巻いてみた鮮やかなグリーンの物が、とても顔を引き立ててくれたのは予想外。
同じ色でも、その辺で見るのと、あてて見るのは大違いなのでした。
宿題が大変なのは知っているので(笑)気の毒には思いながらも、ちょっと私には長過ぎたので20センチ短い物をオーダー。
お正月明けには、カシミアのショールが出来上がります〜♪
色といえば、先週のスケッチは「ちょっと遊んでみましょう」という事で。
黒い紙に、白いパステルを使って林檎を描きました。



写真のフィルムのようにネガ•ポジが逆で‥普段ならば濃い鉛筆を入れる1番暗い所は、何も塗らないで紙の地色を残すという思考形態が、普段のスケッチとは正反対なので「???」と思いながら描き進める。
頭も手もついて行けず、思い切りの悪い仕上がりとなりました。
やっぱり私は白い紙と、白いお皿に描くのが好きです。
百貨店出展の後は、私事でお出かけ続き。
ここのところ毎日のように友人とのお約束が続いています。
合間の木曜日は佐々木裕子先生のお教室。
先月のお教室は試験の合格発表前日で、落ちる気満々だったので‥。
皆さんが、おめでとうを言ってくださり嬉しかったです。
先生が「あれだけ練習していたのだから、信じていましたよ」と、言ってくださいました。
確かに発表前にも、そんな事をおっしゃったような記憶が〜。
ちなみに佐々木先生と、お手伝いしてくださっているK先生は、とっくの昔に1級技能士をお持ちです。
ゴロンと大きな花瓶の扱い方もわからなかった所から、ご指導頂いてこその合格でした。
最近お教室では生徒を集めて、佐々木先生自ら筆のストローク練習を見せてくださるので。
とっても面白くて勉強になります。
次の1手を考えながら最初のストロークを入れておられるようで、目先の事しか考えてない自分(笑)を反省中。
昨日は大昔に九州でOLをしていた時の先輩Mさんが上京されて、新宿で待ち合わせ。
とっても久しぶりに伊勢丹リビングを覗いてみましたが、やはりここは楽しい〜。
クリスマス•グッズも沢山揃っていて、金ピカの鳥さんをつがいでお迎えしました。



展示のディスプレィをした食器の合間に居たら、きっと可愛い〜。
ちょっとアンヨが大きい子です。
偶然に入った伊勢丹の近所のフレンチも美味しくて、楽しい時間だったのですが。
遅くなるから夕食は要らないと言っていたオットは、食事の暇が無かったそうで。
夜半に残り物のお味噌汁と、卵かけご飯。
私はワインと「鴨肉のなんちゃらマンゴー•ソース」等々食べた後だったので、気の毒ですが。
卵はピカピカの「土佐ジロー」です。



古くからのお客様、H様(オカメのママさん)が送ってくださいました。
試験の合格祝いだそうで‥このネタも引っぱり過ぎですが(笑)‥お気遣い申し訳ありません。
白身のトゥルトゥルが苦手で、卵かけご飯はあまり食べなかったのですが。
平飼いの健康な鶏さんの卵「土佐ジロー」は別物でした。
おごちそうさまです!
技能士試験に合格して、しばらくフワフワ過ごしていました。
絵付けはグループや組織ごとに色々な試験や免許制度がありますが、これは国家検定で1番客観的な基準だと思っているので、本当に嬉しかったのです。
ちなみに職人、作家、絵付け講師等‥仕事としての実務経験が7年以上なければ受験すらできないこの1級試験。
その中で頭ひとつ抜け出る事は、かなり高いハードルです。
思えば手続きの締め切り日に、今年の試験実施に気付いた所からラッキーでした。
前回から3年ごとになったという事で、来年実施と思っていました。
あと1〜2時間遅ければとても名古屋まで受験手続きに行けなかったので、守ってくださる方があったとしか思えない。
手続きが終了したのは、締め切りの30分前という綱渡りでした。
2年前の2級受験で瀬戸を訪れた際、瀬戸の陶祖さまを奉っている神社の鳥居を建立するとかで。
受かりたいという煩悩がらみで(笑)少しばかりの寄進をした際、記念のメダルを頂きました。
このメダルはお守としてず〜っとお財布に着けているので、陶祖様の御利益があったに違いないです。
名前を自書したお札も、鳥居の足元に埋めてくださるという事でした。
フワフワの後は色々な事が感慨深く思い出されて、知恵熱が出て1日寝込み(爆)。
「病院に連れて行こうか?」という家人に「幸せだから、いいの〜」と、本当に幸せに寝込んでいました。
今年の夏は長い夏でした‥試験に始まり、試験に終わり。
体は丈夫な方ですが、メンタル含みなので思いっきり振り回されました〜。
資格が交付されるのは12月で更に引っ張るのですが、もう安心なので。
この後は待つのも平気、むしろ楽しみです。
今日は久しぶりのスケッチ。
10月度からの新学期の1回目の授業なので立体モチーフという事で、お題はゴロンとした「梨」。
随分と立派で、明日の朝食が楽しみです。



ちょっと色鉛筆に慣れて来て、色を選ぶのが面白くなって来ました。
基本の手の入れ方は鉛筆スケッチと同じように思いますが、色が加わる事で更に表現の幅が広がる気がします。
たぶん鉛筆スケッチの日々が無ければ、この境地には辿り着けなかった。
もっとマンガになったに違い無いです。
目の前の梨を構成する色の中から色をひろって、順番に重ねていきました。
鉛筆スケッチと違って、色があると補色(色相環で正反対に位置する色)を使える事も面白く。
前回の葉っぱもでしたが、今回も紫色を使っています。
中秋の名月、スーパー•ムーンと、まん丸で明るいお月さまの日が続きました。
雲の流れが速いのにも驚きますが、雲の合間から顔を出すお月様も風情がありますね。
遊び癖がついて、なかなか絵付けがはかどって無いのですが。
鳥活動でも、絵付けの活動でも、立て続けに有り難いお話を頂いて、私の気持ちもスーパー•ムーン。
大きく、明るいです。
時期が来ましたら、こちらでもお知らせ致します。
今年は絵付けの受験が突然決まって(日程が重なりそうで)急遽出展エントリーをキャンセルさせて頂き、ご迷惑をおかけしたエージェントさんからもお電話を頂き。
もう来年の予定が1つ決まりました。
ウッカリ手続きを忘れていた冬の東急Bunkamuraも、同時にお誘い頂いて。
この夏はワサワサした気分で過ごしてしまいましたが、改めてしっかり活動して行かないと‥と、思います。
そうこうする内に東急百貨店•吉祥寺店の出展が迫っています。
吉祥寺店は中に入った事が無かったので、先週末に下見に行って来ました。
本店は超高級なイメージでしたが、それよりは生活に密着している感じです。
出展されていたのは陶器の石川覚子さんで、好きな作家さんなのでまたお会いできて嬉しかった。



鳥さんの種類が増えていました!
小さなお菓子入れにする予定ですが、時々は寅ちゃんのお風呂になってしまうカモ?のボールです。
残り3週間余りで、どれだけ頑張れるか?
大物の飾り皿は、春の東急百貨店•本店であらかた飛び立ってしまったので‥少々小さい物が中心となりそうです。
年末も近いのでイングレーズの丸皿と、深山さんの白磁に切り替えたマグカップをメインにする予定。
白磁の棚をゴソゴソしていたら、東急本店でデモンストレーションも兼ねて描いていたお皿が出て来ました。



「黒地スズメの大皿」の一部、端っこのスズメちゃんを描いていた物です。
もう少し手を入れたら、サラッと金彩を入れて仕上げようかな?
少し引いて見ると、お月さまのようにも見えるお皿。
「月に兎」で無くて、鳥さんが居ても良いかもしれませんね。
私の留守中は2日間くらいは、オットが帰宅すると寅ちゃんはずっと鳴き続けていたそうです。
3日目は無口になって背中を向けて‥4日目辺りからオットと2人で生きて行く覚悟を決めて(笑)オットの周りをチョロチョロしていたのだそうですが。
私が帰宅して「寅ちゃ〜ん」と呼ぶと、こちらに向かって駆け出して‥その様子は母親を見つけた幼児のようでしたが。
頭の上に飛んで来て、もう離れなくなりました。
そしていきなりオットには冷淡に、手の平を返した寅ちゃんです(笑)
動くので写真が悪いですが、水浴び中の寅ちゃん。
流水が好きなので、食器を洗っているとソノ気になって来るらしい。
いつも慌てて、洗っていた食器をバスタブの代用にします(笑)。
左足は食器のフチに、右足はギュッとお母ちゃんの指を掴んでいるのがおわかりでしょうか?



これでようやく寅ちゃんの平穏な暮らしが戻ったと思ったのですが、連休後半はオットが家に居て「一緒に何処かに行こう」とウルサイので。
ここ数日は連日のお留守番に逆戻りです。
東京湾で水上バスに乗ったり‥。



お彼岸でもありますし、恒例デート•コースのお墓参りも。



牛久の大仏様の足元には、花畑や小さな動物園もあるのですが。
お子様連れの家族に混じって、久しぶりに鯉にエサをあげたり、兎に人参をあげたり‥。
イイ歳の夫婦が最初は恥ずかしい気もしましたが、兎が可愛くて何度も人参スティックを買ってしまいました。
オットがけっこう嬉しそうに人参をあげていたのが意外(笑)。



「今日こそは絵付けを!」と思ったのに、やっぱり足を引っ張る人が約1名。
仕方がないので「中華街に食事に行こう」という事にして。



その前に横浜そごうの「そごう美術館」で開催中の「明治有田超絶の美」へ。
どうせなら気になっていたコレを観たい。
万国博覧会に出展した大物から、海外輸出向けに特化した物など‥明治初頭の有田焼の豪華な展示です。
オットはその間、カフェに行ったり、車の中でお昼寝したり‥。
焼きものや食器には全く興味が無いので、文句も言わずに大人しく待っているだけで良しとします。
日本で初めて磁器を作った有田焼は、明治時代に入ると新政府の殖産興業政策に乗じて海外市場に進出して行くのですが。
器の形は西洋風でも、文様は東洋風。
華やかで細やかな絵付けが素晴らしく、私の好きな有線七宝を意識したようなデザインの物もありました。
当時のデザイン画も多く展示されていて。
デザイン画と言えばオールド•ノリタケの画帳が有名ですが、有田でも江戸時代から図案は残っているのだそう。



この時代は焼きものも含め、工芸品は創意あふれて素晴らしい‥明治の人の心意気はスゴイです。
「これで駐車場がタダになる!」と、もちろん図録も購入しました。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 6 7 9
10 11 12 14 15 16
18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
[08/21 れもんまーとる]
[08/19 れもんまーとる]
[08/17 つきゆり]
[08/16 れもんまーとる]
[08/06 ももんが]
[08/03 つきゆり]
[07/28 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]