忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
私の留守中は2日間くらいは、オットが帰宅すると寅ちゃんはずっと鳴き続けていたそうです。
3日目は無口になって背中を向けて‥4日目辺りからオットと2人で生きて行く覚悟を決めて(笑)オットの周りをチョロチョロしていたのだそうですが。
私が帰宅して「寅ちゃ〜ん」と呼ぶと、こちらに向かって駆け出して‥その様子は母親を見つけた幼児のようでしたが。
頭の上に飛んで来て、もう離れなくなりました。
そしていきなりオットには冷淡に、手の平を返した寅ちゃんです(笑)
動くので写真が悪いですが、水浴び中の寅ちゃん。
流水が好きなので、食器を洗っているとソノ気になって来るらしい。
いつも慌てて、洗っていた食器をバスタブの代用にします(笑)。
左足は食器のフチに、右足はギュッとお母ちゃんの指を掴んでいるのがおわかりでしょうか?



これでようやく寅ちゃんの平穏な暮らしが戻ったと思ったのですが、連休後半はオットが家に居て「一緒に何処かに行こう」とウルサイので。
ここ数日は連日のお留守番に逆戻りです。
東京湾で水上バスに乗ったり‥。



お彼岸でもありますし、恒例デート•コースのお墓参りも。



牛久の大仏様の足元には、花畑や小さな動物園もあるのですが。
お子様連れの家族に混じって、久しぶりに鯉にエサをあげたり、兎に人参をあげたり‥。
イイ歳の夫婦が最初は恥ずかしい気もしましたが、兎が可愛くて何度も人参スティックを買ってしまいました。
オットがけっこう嬉しそうに人参をあげていたのが意外(笑)。



「今日こそは絵付けを!」と思ったのに、やっぱり足を引っ張る人が約1名。
仕方がないので「中華街に食事に行こう」という事にして。



その前に横浜そごうの「そごう美術館」で開催中の「明治有田超絶の美」へ。
どうせなら気になっていたコレを観たい。
万国博覧会に出展した大物から、海外輸出向けに特化した物など‥明治初頭の有田焼の豪華な展示です。
オットはその間、カフェに行ったり、車の中でお昼寝したり‥。
焼きものや食器には全く興味が無いので、文句も言わずに大人しく待っているだけで良しとします。
日本で初めて磁器を作った有田焼は、明治時代に入ると新政府の殖産興業政策に乗じて海外市場に進出して行くのですが。
器の形は西洋風でも、文様は東洋風。
華やかで細やかな絵付けが素晴らしく、私の好きな有線七宝を意識したようなデザインの物もありました。
当時のデザイン画も多く展示されていて。
デザイン画と言えばオールド•ノリタケの画帳が有名ですが、有田でも江戸時代から図案は残っているのだそう。



この時代は焼きものも含め、工芸品は創意あふれて素晴らしい‥明治の人の心意気はスゴイです。
「これで駐車場がタダになる!」と、もちろん図録も購入しました。
PR
北関東や東北は記録的な豪雨だったそうですね。
川が氾濫とか、堤防が決壊とか、現実感の無かった事が実際に何カ所でも起こって‥ここ数年はそんな事ばかり。
被害に遭われた方は、本当にお気の毒です。
テレビのニュース画面に釘づけになって、ついついボ〜ッと過ごしています。
次に向けての準備もあるのですが、お尻に火が点かなければエンジンがかからないのは悪い癖。
いくつになっても直りません〜。



アップが遅くなりましたが、先週のスケッチの授業で描いたのは「トルコ桔梗」。
八重の花は珍しくて一瞬カーネーションかと思いましたが、そういえば葉っぱが違います。
莟が良く描けていると、Y先生に褒めていただいて喜ぶ。
STAEDTLERの60色•色鉛筆を使っていますが、60色あっても意外と「それに近い色」がありません。
筆圧を強くしたり、弱くしたり、色を重ねたりして描いていますが、何となく「その人の色」になるようです。
鉛筆のみで描いている時も、クラスメートの着色スケッチを見ながらそう感じていました。
色ごとに何箱も揃っている素晴らしい色鉛筆セットをお持ちの方もあるのですが、色があり過ぎて選ぶのに一苦労‥困っているのだそうです(笑)。
白い莟は、後から色着くのか?と思いきや。
咲いたのは白い花で、同じ茎から色が違う花が咲くとは驚きました。
スケッチの授業のモチーフがお花に戻りました。
「メヌエット」というステキな名前のミニバラです。
色も淡くて清楚な感じなので、今回は色鉛筆で描いてみる事に。



いつも最後まで残って時間オーバーしているとは言え、2時間で描くのは難しい〜。
普段よりスピード•アップして、鉛筆で形をとりましたが。
いつもの2Bを使ったので、後から色鉛筆を載せると多少の黒が混ざってしまった。
せっかくの綺麗な色のお花なのですが‥。
次回からは硬めの鉛筆を使います。
色を使うのは、けっこう楽しい作業で。
Y先生のアドバイスで手前の葉っぱに紫色を使うと、締まって重量感がでました。
‥これは絵付けでも即使えそうです。
細かい部分を描き込むのは、鉛筆のみの方がやり易いですが。
私は「細かく見過ぎる(そして大きな流れを見失う•笑)」癖があるので、
しばらくは色と雰囲気に重きを置いてみようかと思っています。
本当は鉛筆と色鉛筆と2つ描くのが理想的ですが、時間もかかりますし、お花も持たないかも?
絵付けの実技試験が終わって脱力してから久しいのに、夏バテもあってヤル気がなかなか湧いて来ませんでした。
おまけに夏のお窯は暑くてまいるのですが、ボツボツ絵付けも始めています。



先日はHobby's Worldさんに、シジュウカラとヤマガラのマグカップを納品しました。
ここでもミヤマさんのマグは好評です。
マグの形が良かったのか?と、担当のTさんがおっしゃっていましたが。
前に納品した物はスグに飛び立って行ったそうで、追加オーダーを頂いたのも随分と前なのです。
大変お待たせ致しました。
今日は広島の「原爆の日」。
70年前のその日もそうだったと言いますが、毎年毎年この日は夏晴れの暑い日の記憶が。
今年もやはりそうですが、既にずっと暑い日が続いているので妙な感じです。
今年の暑さは堪えますね。
暫く放ったらかしにしていた絵付けの学校が続いて、ちょっと忙しくしていました。
ついつい当たり前のように思ってしまいがちですが、平和に絵を描いていられる状況というのも有り難い事です。
先週受講したばかりのテクニカルの8月分授業が、またスグにやって来て。
前回はサボってしまったスケッチの授業も。
いつも2時間の授業1回で描き上げるスケッチですが、今回に限り2週にまたがってワインの瓶を描いているそうです。



私は半分の時間しか無いので、今回も鉛筆で仕上げる事に。
黒っぽい、中が見えない瓶です。
いつものお花とは違う硬質の質感を、面白く思いながら描きました。
うっかりアップを忘れていましたが、1ヶ月前の授業では「アガパンサス」を描きました。
紫の花はよく見かけますが、モチーフは珍しく白いお花で。
「それならば‥」と鉛筆で描いたのですが、いつも色鉛筆の木箱は抱えて行っているので。
絵付けの日はモチロンですが、スケッチの荷物も重いです〜。



アガパンサスは「‥らしく」小さなお花が沢山ついた物を選んだので、皆さんに「チャレンジャー」と言われました(笑)。
今月は佐々木裕子先生のお教室は夏休み。
瀬戸の試験の帰り新幹線の中から、とりあえずのご報告のメールをしたら翌日電話をくださいました。
メールのあまりの「真っ暗」具合に、声を聞かないと‥と、心配してくださったそうで。
絵の具も筆もお教室仕様では無い使い慣れた物を使って、自分のやり易い方法を貫いていたのに‥有り難い事です。
陶画舎のテクニカルでお世話になっているW先生にも、ホワイトエナメルの使い方など教えて頂きました。
良い先生に恵まれて、本当に有り難いと思います。
雨降りが続いた後は、いきなり真夏日。
暑さに体が慣れてないので堪えますね。
昨日はひとりでエアコンを入れるのが惜しい気もして、我慢していたのですが体がダルイ〜。
集中力も切れたので、足りない絵の具でも買いに‥と、出かけて歩き回ると外も暑くて熱中症の1歩手前に。
エアコンを入れて水分をたくさん採って寝て、復調しましたが無理は禁物ですね。
1度入れるともう切れないエアコンですが、寅ちゃんがご機嫌。
急に「グチュグチュ」とおしゃべりになって、分かり易い子です(笑)。
今日は我が家の運転手さんをお供に、行ってみたかった公園へ。
試験のお題のお花をちゃんと見た記憶が無く、全く想像できなくて色々調べたのですが。
小石川植物園や新宿御苑や‥有名どころには無い様子でしたが、杉並の都立公園に見つけました。



水辺のある気持ちの良い公園です。
カルガモさんの家族が、のんびりくつろいでいました。



今日もやっぱり真夏日ですが、木陰のある水辺は同じ暑さでも健康的。
夏草の緑は、元気な緑です。
そして問題のお花はあったのですが、時期が少し早いようで。
そういえばお花に詳しいY子さんが「今年は遅い」と言っていました。
開花には、もう少し時間がかかりそうです。



それでも全くわからなかった全体のボリュームとか、独特なつぼみの形や付き方‥見る事が出来て良かった。
「百聞は一見にしかず」というのは本当ですね。
何のイメージも持たないので、軸というのも持ちようがなく。
初めての大きな花瓶というのもありますが、下絵を起こすのに迷走してしまったのでした。
ちょっと遅過ぎですが、実物を見るとお花のつき方もある程度想像できて。
帰宅後は下絵の花の付き方を少し修正しました。
それにしても、あまり手を加えた感じのしない良い公園で。
今ドキ珍しい「ガマの穂」も生い茂っていました。



こんな感じの島が、いくつも池にあるのですが。
ゴイサギさんか?アオサギさんか?向こうの島の茂みの中に見えかくれ。
お顔はよく見えませんでしたが、茂みから飛び出た足からウキウキ具合が伝わって来ました(笑)。
試験まで1ヶ月を切っているというのに、色や描き方など細かい所が詰め切れません。
それどころか一旦決まったはずのデザインもまたひっくり返して、数日考え込んでしまったり‥前途多難です。
暫く花瓶が手元に無かったので、画用紙上の平面で考え過ぎたのが良く無かったようで。
立体に落とし込むとまた違った感じになって‥無駄足でした。
そんなこんなで1日が終わってしまうという日が続き‥。
そういえば譲って頂いた花瓶を高温のイングレーズ焼成してみましたが、描いてあった絵は色飛びするまでは行けず。
それでも最初の4〜50%くらいには、絵の具が薄くなりました。
そんな事ばかりに気持ちを奪われて、東急百貨店で承ったオーダー品の続きが気になりつつも、なかなか手を付けられないでいたのですが。
少しは目処も立ったので、イケナイ、イケナイと‥ここ数日はお皿優先。



もう少し手を加えて行きますが、オカメさん達と三日月インコさんのお皿。
絵が出来上がった後には、それぞれ装飾の作業も控えています。



今度の週末、せめて週明け辺りには納品したい〜!
今週はお教室も続きますが、一応の希望目標です。
7月は声をかけて頂いた鳥イベントや、クラフト系のイベントや‥数件あったのですが、身動きがつかず辞退させて頂きました。
とりあえず、今年は試験日程が優先です。
出展は8月一杯お休みして、抱えている事も何とかしたいと思っています。
委託店からのオーダー品や、ホームページ直のオーダー品や‥お待たせして、気がかりな事も沢山。
なかなか思うように行かず、ご迷惑をおかけしています。
そんなグダグダの日を過ごしていますが、思いがけなく美味しいプレゼントが届きました。
文鳥の姉妹「いちごちゃん&ぷりんちゃん」のK様(sakuraさん)から、牧場手作りソーセージの豪華詰め合わせが!
肉食女子なので早速、美味しく頂いています。
sakuraさん、おご馳走さまです。
ウインナー頂いて頑張ります!
デザイナー仲間のY子さんとAさんと「熊谷守一美術館」に行って来ました。
3人で集まるのは久しぶり。
没後に私設美術館でスタートした、小さな美術館の30周年展だそうです。
池袋からタクシーですぐの住宅街の中にありました。



壁面にも画が再現してあって、思わずニッコリ。
昨年の日曜美術館で初めて知った画家ですが、お爺ちゃんになってもお庭に寝っ転がって草花や虫を観察している姿が無邪気な方で。
行き着いたシンプルな線と色の表現が、無垢というか‥とっても可愛らしい。
線が、とても優しいと思いました。



終戦前後からこのスタイルというのは、随分とモダンな方です。
暑さも一段落で、爽やかな日でした。
先日は佐々木裕子先生のお教室で、夏に受験する試験のお題も発表になったので、色々とアドバイス頂きました。
この試験、地元で無いと情報が入らなくて謎だらけです。
素材の花瓶も製造元が廃業したとかで、今年は変わるという噂もありますが。
古い物でも、自分の力だけでは入手叶わず。
先生や、絵付け友や、白磁のお取り引き頂いているKカンパニーさんや‥思いつく限りの所にご相談して。
皆様の御尽力で、ようやく1つ手に入りました。
白磁はもう出回って無いようで、絵付けした物ではありますが。
ボリュームが確認できるので、あると無いとでは大違い。
わざわざ送ってくださったO先生には大感謝です。
この件では周りの方の優しさが身に染みて、本当に有り難く思っています。
皆様のご恩に報いるのは、合格する事‥と思いますが。
そうは簡単に行きそうもない(笑)のが、ツライところです。
ともかく、どんな結果になっても、ちゃんと御報告する事は決めています。
資料集めをして、下絵はまだ途中で決まって無いのですが。
今朝目が覚めた時には花瓶の画像が目に残っていたので、どうやら夢にまで見ている様子。
うなされているのカモ?しれません。
先月は、たまたま1回しか無かった授業を搬入でお休みしたので、今日は久しぶりのスケッチ。
ここのところ立体物を意識して野菜が続いているそうで、お題は「とうもろこし」。
色鉛筆の大きな木箱を抱えて行ったのですが、ツブツブも沢山あるので‥時間が足りそうも無く。
急遽、鉛筆スケッチに変更しました。
今回からスケッチ•ブックを変えて、紙の目の細かい物にしてみたのですが。
明らかに仕上がりが違う。
どうしても鉛筆のボソボソ感が残って嫌だったのに‥鉛筆を紙に乗せた時の感触から違います。



「な〜んだ、私が下手なんじゃ無くて、紙が悪かったんだ!」と、能天気に思う(笑)。
わざわざ世界堂まで行って求め、お値段も倍近いスケッチ•ブックですが。
やっぱり画材は大事ですね。
紙質のせいかサラサラと引っかかり無く描けて、気分良いです。
モチーフのツブツブの多さに最初は気が重かったものの、どんどん楽しくなりました。
実の数は少し嘘が入ってます(笑)。
これでもお花がモチーフの時は、花びらの数も忠実に描いているのです。
スケッチは本当に勉強になります。
先日まで出展していた東急本店さんでも「小鳥がフカフカしてる」「今にも飛び出して来そう」と、言ってくださったお客様が多くありました。
それはリトルガーデンの拘る所で、ソコは押さえて行きたいのですが。
こうやってスケッチを積み重ねる事で、物を見る訓練をしているのだなぁと思います。
まだまだ、ずっとずっと、スケッチは続きます〜。
お陰様で無事に東急本店の出展も終わり、系列店で次の出展のお話も頂きました。
今回は、自分の持って行きたいスタイルにひとつ近付いた気がして。
目指す方向が見えた気がします。
売り場でオーダーを頂いたので、宿題を仕上げるまではまだまだ終わらないのですが。
週末は佐々木裕子先生のお教室の、打ち上げランチに。
出展もしてないのに参加して来ました(笑)。
新橋の第一ホテルで行われた展示は豪華で素晴らしく「西洋上絵付けは贅沢品だなぁ」と、改めて思う。
特に佐々木先生の野鳥のお皿の素晴らしさには釘付けに‥サスガ先生、絵付け会の重鎮と言われるお方です。




お食事会は表参道のステキなお店で。
ン十年前に来た時には確かサンドイッチ•ハウスだったのですが、名前はそのままで披露宴パーティも出来るようなお店にグレード•アップしていました。
リトルガーデンも、できればそうありたいです。
いつも指導のお手伝いをして下さるM先生とK先生に、佐々木先生が改めてお礼をおっしゃって‥この3人でお教室を始めて、もう四半世紀以上になるのだそうで。
その時間を思うと、何か感動しました。
それからすると、私なぞはペーペー(笑)です。



東急さんでウロコさんのお皿など大人買いをしてくださったW様のお宅でも、お友達をお招きしてお食事会があったそうで、写真を頂きました。
お料理が盛りつけてある黒地のお皿は、2月にお迎え下さった物も含めリトルガーデンのインコ皿です。
向こうに見えるマグもインコさん柄ですね(笑)。



イングレーズのお皿も合計3枚お求めくださったので、取り皿にお使いのご様子。
鳥の繋がりのお客様だったので、大喜びされたそうです。
尾っぽの立派なオカメさんは「のあちゃん」。
ちょうど3歳のお誕生日をお迎えしたので、リトルガーデンのオカメ皿を「記念になります」と喜んでくださいました。
W様、ありがとうございました。
ゴールデン•ウィークは、お天気に恵まれて良かったですね。
私はもっぱら、東京界隈をウロウロしておりました。
トピックは、地元で高校の学年同窓会幹事をしてくださっているKクンが上京しての関東地区プチ同窓会に参加した事。
在学時は話した事も無い‥という同級生も、昔の顔が思い出せるというだけで懐かしい物ですね。
それぞれの人生の断片を感じる事も面白いです。
会場が新宿だったので、歌舞伎町の東宝シネマに出現したという実物大のゴジラと皆で記念写真を撮りました。



ムスメも帰省していたので(本人が出かけて留守でも)何となく家の空気が賑やかで嬉しかったですが、今日からまた普段の暮らし。
オットと2人「急にツマラナイね〜」と話しています。
こういう時は寅ちゃんが頼り(笑)。
でも気がつけば、東急本店の出展まで2週間。
ガックリしている暇も無いのは、ちょうど良かった。
このお休み中には絵付けもそこそこ頑張って、インコさんのイングレーズお皿も作ろうと焼成に出しました。
ウッカリ途中経過の写真を撮り忘れましたが、お客様からリクエストのあったオカメさん、ウロコさん、出来ればできればセキセイさんまで仕上げて東急さんに持って行きたい。
料金2倍のスピード焼成でもイングレーズは1週間かかるので、最後の最後まで引っぱる事になりそうです。
お休み明けの今日は陶画舎展の最終日で、せっかくなので銀座のギャラリーに行ってみました。
展示作品の名札に知ったお名前を見つけると、やはり拝見していて楽しい。
知り合いは皆さんキャリアも充分なので「さすが〜」と思う事も多いです。
以前に動物講座など指導して頂いて、長く追っかけをしていたK先生が在廊されていたので、久しぶりにゆっくりお話できました。
フクロウのお皿を「完成度が高いです、目立ってますよ〜」と、褒めていただいて嬉しかった。
2羽が向かい合って並ぶとイイ感じ。
親の欲目か?今にも動き出しそうな気がします。



後からスケッチでお世話になっているY先生も来られて「面白いです」と言ってくださって。
バタバタの製作でしたが、やっぱり作って良かったです。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]