忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
今後の出展予定
☆6月21日(水)〜27日(火) 心うるおう小鳥ガーデン 阪神百貨店•梅田本店(大阪)8階•催場  10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
 終日在店致します



今晩は大阪で搬入作業なので、イベント1日前に出発です。
今朝方まで小皿を描いて、なんとか無理矢理お窯の温度を下げて‥。
焼成、無事に終わりそうです。
これは新作の、マカロンの小さなふた物。
ふたを開けると、小鳥さんが「こんにちは!」
リボンの部分は、ガラス質の多い絵の具で盛り上がっています。



寅ちゃんは、今朝からず〜っと出ているのですが。
まだまだ荷作りもあって、お母ちゃんがワサワサしているので落ち着きません。
ずっとベッタリで「ヒーヒー」泣いております。
おしゃべりは出来ませんが、とっても勘の良い子です。



1週間お留守番で、ごめんね〜!
では大阪、頑張って来ます!
PR
誠文堂新光社さん発行のコンパニオンバード誌•27号に、リトルガーデンの記事を3ページも!載せて頂きました。
お世話になったライターのK様、カメラマンのK'様、ありがとうございました。



鳥さんにかかわるお仕事の特集です。
獣医さんや、小鳥屋さんの店員さん達と並んで、鳥モチーフ作家としてリトルガーデンの鳥絵付けを取材して下さいました。
脈絡なくお話した事を、ちゃんとまとめ上げてくださっていて感激〜!
鳥絵付けを始めた経緯や、作家活動の苦労等、言いたかった事がちゃんと文章になっていました。
先代インコの梅ちゃん、そして寅ちゃんも載っているので嬉しい。
先日の東急本店出展の折りには広報さん立ち会いの元、開店前の売り場で写真撮影も行いました。
睡眠1時間で迎えた初日の朝だったので、顔が腫れぼったいのがナンですが。(笑)
大手書店でお見かけの際は、立ち読みでなく(笑)お買い上げお願い致します。



早速、K様とI様が気付いて連絡くださいました。
ともに喜んでくださって、ありがとうございます。
1号からずっと求めているコンパニオンバード誌に載せて頂いたこと、とても光栄に思っています。
ちなみに「花と小鳥」でなく「小鳥と花のリトルガーデン」が正解‥何はなくとも小鳥が先です。
阪神イベントも迫って、荷物を送り出しました。
ふと、お手頃な価格帯の物が少ない事に気付いて、ギリギリまで製作は継続です。
いつも鳥イベントのツイッターを眺めているばかりなので、今回は参加してみようと(今さらですが)ツイッター登録。
「♯小鳥ガーデン」に投稿して、成功したと思ったのですが。
今しがたチェックしたら消失していました。
何故なのか???謎です。
ここのところ頑張って作った「花祭りのお皿」ですが、1つだけイレギュラーな物が混じっています。
通常はお花を5カ所、飛ばしているのですが。



このオカメさんに限り、このデザイン。
お皿に小さな点で釉薬の色感が違う所があるのを、2回目の絵付けの際に気付きました。
工場で一旦、検品を終えて出て来ていますし。
自然光ではわからない、蛍光灯の下で僅かに感じるくらいの物なのですが。
光に透かして見てみたり‥一旦気がついてしまうと、気になります。
その上にパンジーの莟を描き足ししてカバー。
素材のコンディションもあるので、絵付けでは使う手法です。
左側の真ん中の物ですが‥全体のバランスをとる為に、他にも葉っぱ等を描き足しました。
この1枚だけ見ると「デザインは、これで良いんじゃない?」と思う仕上がり。



イレギュラーと言えば、1つだけ新しい子も混じっています。
以前にミニお皿のオーダー頂いたコザクラさんが可愛かったので。
本当は、もっと鳥さんの種類を増やして行きたいところですが。
なかなか手が追いつきません〜。



昨晩は、とても良いニュースと、とても悪いニュースが飛び込んで来て。
なかなか眠れない夜になりました。
良いお話でフワフワしてしまうのは、これは幸せな事ですが。
いつもの平常心でお皿を描いていられる事は、ありがたい事なのだと改めて思いました。
先日の東急さんでは、エナガちゃん&シマエナガちゃんが人気でした。
鳥好きの方はモチロンですが、通りがかりの普通の方(笑)も「可愛い」とおっしゃって。
シマエナガをご存知ないにも拘らず、お迎え下さった方もありました。
今年の阪神さんは「シマエナガ特集」という事で、パンフレットにこのケーキ皿を載せて頂いたので。
頑張って6羽も!「シマエナガちゃん」作りました。



同時に、お皿の周囲に飛ばした「木の実」を可愛いと言ってくださる方もあったので。
インコさん&文鳥さんは、お花を飛ばしたデザインですが。
野生の子は「木の実」で行こうかなぁ?と、「スズメちゃん」も追加。



ついつい安全牌のエナガちゃん、スズメちゃんに偏り気味〜。
大阪の傾向と対策がサッパリわからないので、今回の1週間で学んで来ようと思います。
お陰様で早々に、12月も東急本店のお話を頂きました。
年末のギフト•シーズンなので、こちらはこちらで新しい事を考えて行きたいです。
東急出展時には、一瞬おりこうな子になった寅ちゃんですが。
この頃は逆戻り〜。
四六時中お外に出ているのが、あたりまえの暮らし。
わざわざ、お母ちゃんの手の上からご飯を食べたい甘えん坊の小僧で。
この小さな瓶の中に入って、食べるのが好きです。
‥しかも、新品じゃないと「ガガーッ」と怒る。(笑)
そこの所は一見してわかるらしいのです。



換羽中なので、ツンツンの頭です。
ケージの中でご飯を食べ終えて出て来たと思ったら、お弁当をどれだけ付けているのか?
お水を飲んで、嘴が濡れていたのかな?
器に頭から突っ込んで、けっこう荒い食べ方をするので。(笑)
可愛い姿ですね。



阪神さんには「花まつり」のケーキ皿をメインに持って行こうと、思わず大量に手を着けてしまいました。
 大量と言いつつ、ひとつひとつ手描きなので沢山では無いです‥と、言い訳。
一度にお窯に入る訳では無いのですが「下書き→第一焼成→第二焼成」と、全体で進めているので、なかなか完成しなくて写真が撮れません。
ようやく明日以降、順番に仕上がり始める予定。
ギリギリ間に合わないかも?と思っていた「マカロンのふた物」の白磁が今日、予定より早く窯上がりしたと連絡頂きました。
すぐに送り出して下さったそうで、長崎の波佐見から日曜日には届きます。
いつもイベント前には白磁をあれこれ揃えて、何から作ろうか?迷います。
予定の品全部が出来上がった試しは無いので、どの順番で行くか?は大きな問題。
ケーキ皿の後は、マカロンに決定です。
大阪方面のお客様宛に「心うるおう小鳥ガーデン」のご案内をしたところ、お返事のメールをいくつか頂きました。
阪神•梅田本店の店頭でお会いしたのは何年前の事でしょうか?
途中からエージェントさんが変わって出展しなかった時期もあるので、本当にお久しぶりです。
もうじきお会いできること、楽しみにしています。
以前は委託で、週末に遊びに行く‥という感じだったので、フルで真面目に(笑)お店番するのは今回が初めて。
どのような事になるのか、ドキドキです。


 
先月は行けなかったスケッチの授業も、お久しぶりでした。
阪神の準備もなかなか進んでないので 、そんな事をしている場合か?とも思いますが。
やっぱり行きたくなりました。
モチーフは「トマト」。
1ヶ月半も間が開いた割には、迷いなく描けて良かった。
「ヘタ」が元気なのが印象的で。
色も綺麗なので、塗っていて楽しかった。
リトルガーデンの鳥活動には一見、全く関係なさそうなトマトのスケッチですが。
この積み重ねが、力になってくれると信じています。
何より、無心に描いている時間は楽しい。
次回は大阪で、また行けないので。
7月は振り替え分を含め4回、毎週続けてスケッチに行く事になりました。
きっと上達するに違いない!(笑)
スケッチ強化月間、楽しみです。
昨日は阪神梅田本店「心うるおう小鳥ガーデン」のチラシを、関西方面のお客様に宛てて投函。
住所録のタック•シールへの出力の方法がわからず、封筒に宛名を手書きしました。
B-3サイズと大きい物で、紙も良いのでかさ張って。
封筒も大き目、重量も重かった。



帰宅すると、入れ違いにDMハガキが届いていました。
え〜、これで充分だったのでは!?
これがあれば、どれだけ楽だったか‥と思いましたが、一歩遅かった。
せっかくですが重複するので、これはお蔵入りです。
遅いと言えば、東急本店で頂いた写真のアップをウッカリ忘れておりました。



お求めくださったハクセキレイさんのマグを、さっそく本物のハクセキレイさんと撮って来てくださった物。
マグに描いてあるのは「冬羽の女子」。
誘われて遊びに来てくれたのは「夏羽の男の子」です。
ハクセキレイの羽の色は季節で変わるので、このK様がくださる写真で勉強中。
横にあるのは、和食器のステージに出展されていた「吉次ガラス工房」のクリスタル•グラスです。
こちらも鳥さん柄。
1週間も続けて出勤していたので、寅ちゃんは何か悟ったのか?
朝晩ケージから出して、ひと遊びはさせていたのですが。
7日目の朝は暫くの後、自らケージに戻るという健気さでした。

久しぶりに佐々木裕子先生のお教室へ。
日程が合わず、先月は行けませんでした。
行ってはみたものの、半月後にはイベントも控えて気持ちに余裕が無いので、今日は単発でエナメル盛りでお花を描く練習を黙々と‥。
その内に、これを使ってやってみたい事がありますが、とりあえず大阪が終わるまではイベント優先。
大事なお教室が、どうしても後回しになってしまって反省です。
7〜9月の期は振り替え分を取り戻す為、月2回フルでお教室に行く予定なので。
その時には頑張ろう!
帰り道はクラスメートのIさんと、金井景子先生の個展へ。
一部、撮影可のコーナーがあったので、お言葉に甘えて。



繊細な美しい作品の数々で、目の保養をして来ました。
ちょうどデモンストレーションの時間と重なって、横で拝見できたのはラッキーでした。
腕も一流ですが、テキストやお道具の販売等ビジネスとしてのスタイルも確立されている先生です。
Iさんとお別れした足で、こちらもまたお久しぶりの陶画舎へ。
心細くなっていたアルコールやオイルを購入して来ました。
久しぶりに「絵付けを学ぶ生徒」に徹した一日。
イベント出展に終われるとついつい後回しになりますが、これはこれで大切な時間です。
1週間の出展の後は、報告作業や、後からでもわかるようオーダー頂いた物の整理‥まだお仕事が残っています。
家の事も後回しにしていたので、ケーブルTVの受信機入れ替え、エアコンの入れ替え工事と続き。
マンションの理事会の顔合わせの初会合‥けっこう忙しくしていました。
そうこうする内に、次の大阪のイベントもスグそこです。



百貨店の鳥イベントは、この阪神百貨店が1番最初に開催しました。
その昔、リトルガーデンもここからスタート。
今回は直接出展で、初めて1週間在店致します。
B-3の見開きパンフレットはとっても立派な物で、見ているだけで楽しい。





今年のテーマの鳥さんは「シマエナガちゃん」です。
表紙ページで紹介して頂きました。



写真のエナガちゃんマグも、シマエナガちゃんのお皿も、東急さんで飛び立って行ったので。
新しく作り始めたところです。
数少ない関西方面のお客様にも、近々ご案内致します。
紙面が大きいので見どころ満載ですが、発送手続きがちょっと面倒。
東急百貨店の出展中、和食器のステージにはガラス作家さんが出展されていました。
ちょっと乙女なオジサマで、何かの折りにはそっとドングリをプレゼントして下さるので「森の妖精」と命名。
御本人も、まんざらでも無かったようで(笑)1週間とても楽しいお仲間でした。
作品は純度の高いクリスタルの、とても美しいガラスで。
寅ちゃん色の洋服が増えて来た私は、このペンダントが気になりました。
肩が凝らないのに、ズッシリと重量感があるステキな物です。



いつも鳥にまつわる差し入れをして下さるK様から、また頂き物。
何度も申し訳ありません〜。
三角のシュガーには小鳥の絵が入っています。
このラッピングは東急さんでもプレゼント包装の時にして下さいますが「鳥の巣」という呼び名。



千鳥柄の「夏けしき」のラムネは以前にも頂きました。
中身もとっても可愛くて、10種のモチーフが入っています。
中にも千鳥さんが居ますね。
以前に伊万里焼きの里‥大川内山で求めた青磁のお皿が、涼しげでお似合い!



他の方にも差し入れ頂き、お心遣い申し訳ありません。
S様から頂いたお菓子の紙袋にも、フクロウさんが居たのに気付きました。



売り場に来られたNARUMIの営業さんとお話する機会があって「この値段で?」と驚かれる。
勿論、手描きなのにお安いという事です。
(ナルミさんのライバル社の)ボーンチャイナのお皿に描いた、モノトーンの植物とインコを描いたお皿を気に入ってくださり。
腕を褒めてくださったのは、とても嬉しかったです。



このお皿は、ステージ斜め前のヘレンドの店長さんにも好評で。
その道のプロから認めて頂くというのは、活動をして行く上での自信になります。
   次のページ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]