忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 12  2020/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
1月も半ばを過ぎて、お教室のペースも普段どうりに。
今週はスケッチと、佐々木裕子先生の絵付けと、続きました。
スケッチのお題は「ヒヤシンス」。
意外と香りの強いお花でした。



久しぶりのスケッチは楽しい。
きっと始めた頃ならば、こんな小さなお花の集積を見たらキ〜ッ!となったに違いない。(笑)
それは間違いないので‥いくつになっても、人間は進歩するものだなぁと思います。
翌日の絵付けのお教室でも、1年ぶりに復帰したクラスメートKさんが「楽しい〜」と、おっしゃっていました。
その気持ち、わかります。
好きな物は、ご無沙汰した分だけ嬉しさが増すのカモ?
時間が開いた分、無心で描ける事が楽しいです。
そう言えば年末に描いたスケッチも、アップをしそびれていました。
クリスマスの頃にはよく見かける「シクラメン」。



最近は、優しい感じの仕上りがマイブームです。
これにもっと早いタイミングで、アクセントを入れられるようになる事が目標。
時間も限られているので、もうちょっと仕上げられるようになりたい。
百貨店出展準備の為にお休みが続いて、振り替え授業も貯まっているのですが‥。
また次の出展もあるので、2月もパスする事になるのかなぁ?
スケッチの方は3月中に消化しなければイケナイのですが、2〜3回分捨ててしまう事になりそう。
背に腹は代えられないのですが、とっても勿体ないです。
PR
今日は成人式、街で晴れ着姿のお嬢さん達をたくさん見かけました。
お天気の良い、暖かい日で良かったですね。
お正月休みに続いての3連休で、なかなかサボリ癖が抜けませんが。
2〜3日前には、お手塩皿がたくさん完成。



1回目の焼成は昨年だったので、随分と引っ張ってしまいました。
最初は野鳥を描き始めたこのお皿、文鳥さんやインコさんのコンパニオン•バードの種類も増えて来ました。
(ここには無い、コザクラインコ•マメルリハ•キンカチョウ等もございます。)



次回の出展は2週間の長丁場‥数も欲しいので、まずは小さなこのお皿達を製作。
プリント物との違いを出そうと思って、オーソドックスな食器に近付けたデザインが人気です。
飾りに描いた木の実も、お好きな方が多いように感じます。



年が明けて、窯元さんから「原料の値上がりにつき‥」と、連絡が来ました。
消費税増税分は既に値上がりしています。
幸いこのお皿はリストに入っていませんでしたが、次回発注分から多くの白磁が値上げになりました。
宅配便や切手代、画材、白磁等々値上がりして‥私も値上げ検討中の立場なのですが。
大口の白磁仕入れ先にも、ついにやって来ました。
良い物を提供して頂いているので、そこは理解するしかない。
私も、できるだけお求め易い価格で‥と、心がけて来たつもりですがサスガに限界。
次回出展から素材の値上がり分も含め、少し値上げさせて頂く形になります。
納得して頂けるよう、丁寧な物作りをして行くしかない!と思いました。
そして「手描き」の価値を受け容れてもらえない所に出展するのも、キツクなって来た。
その為に「なるべくお安い価格で」と、考えている所も無きにしもあらずなのデス。
そんな事もあって、今年は食器売り場重視のスタートです。
鳥イベントで無いので、他作家さんの作品と一緒に見て頂く楽しみが無くなってしまい、そこはちょっと淋しいのですが。
マグカップは年末に値上げさせて頂いて、更に値上げになります。
申し訳ありませんが、御理解をお願い致します。


新しい年がやって来ました。
本年も「小鳥と花のリトルガーデン」をよろしくお願い致します。
昨年末に有り難いお話を頂いて、今年は早々に目まぐるしいスタート。
2月19日から2週間、日本橋高島屋の洋食器売り場に出展が決まりました。
当初は単独出展というお話でしたが、準備期間も短い上に2週間というのはサスガに荷が重く。
バディを探して頂いて、アーティシャル•フラワーの「ルシエ銀座」さんと組ませていただく事になりました。
今回メインはリトルガーデンという事で、メイン•テーブル等々は譲ってくださるそうなのですが。
ルシエさんは銀座にお店を構える立派な会社、高島屋出展も実績があります。
1人で細々とやっている私としては、とっても申し訳ない感が〜。
滝汗でございます。
でも、今回の初コラボ‥自分では思いつかなかったですが、お花はとても相性の良いお相手になる予感が。
いつもよりステキなディスプレイになる事は、間違い無しです。
後は製作に励まねば!
やはり年末•年始は、殆ど筆が進みませんでした。(汗)



年末の池袋イベントで頂いたK様のお菓子の中に、隠れトリさん発見しました!
大野屋の高岡ラムネの中に「梅と鶯」。
以前に頂いた時は初夏の風物でした。
今回はお正月‥季節に合わせて内容が変わるのはオサレ。
箱に入っていたひなのやのパン豆には、スズメちゃんとお米の可愛いイラストが。
ムスメの金沢土産の中には「ひよこ豆」の甘納豆もありました。
かわむらの甘納豆‥年末旅行中のムスメにおねだりメールをしようか?と思ったくらい、優しい味が好きなのですが。
そこは血の繋がったムスメ、押さえてくれて嬉しかったです。



今日は世の中も仕事始め。
商売繁盛の神様、神田明神にもお参りしました。
私もそろそろ、のんびり生活を卒業します!
今年も残すところ数時間です。
拙いブログにお付き合いくださり、ありがとうございました。
今年の〆の美術展の事‥2週間も前の話ですが、遅ればせながら。
Bunkamuraザ•ミュージアムで開催された「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」。
これがとても良くて、今年観た物の中で1番でした。
図録と一緒に、陶板にピッタリのスタンドも求めて来ました。



世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっている国、リヒテンシュタイン。
その華麗なコレクションは、個人コレクションとして世界有数の規模だそうです。
入ってスグに、肖像画や風景画の数々が。
これも素晴らしいのですが「後半に備えて体力温存!」と、絵付け友からアドバイスを頂いていました。(笑)
後半には陶磁器と静物画‥本当に豪華絢爛です。
鮮やかで精緻な静物画も沢山で。
静物画、中でもお花の絵は好きなのです。





絵の中には、アオボウシインコとヨウムが!
こんな豪華な鳥の絵は、なかなか見たことが無いですよ。
こちらのお花は陶板に描かれた物。
焼成してあるので、200年の時を経ても鮮やかさは変わりません。



17〜18世紀の陶磁器も、数多く展示されていました。
その豪華さ、技術の繊細さに、もうウットリ!
多くの金彩の下には金下盛りをして、レリーフ模様が施してあるのですが。
これが「人間業じゃない」と思う程、細かい。
写真不可のコーナーでしたが、東洋から渡って来た器に後から金具を取り付けて装飾した物も面白かった。



マイセンに続いてヨーロッパで2番目の磁器工房となった「ウィーン窯」の顧客でもあったそうで、食器の展示も素晴らしいの一言。
現在は「アウガルテン」として、再興されている窯です。



カメラOKの物も多くて、太っ腹!
ただただ美しく‥眼福でした。



昔と時間軸が違うので、現在ではこんなに手をかけた物を目にする事は無くなりましたが。
気持ちの中では忘れないように!と、改めて思いました。
そして昨日は慌ただしい中、映画スターウォーズ「スカイウォーカーの夜明け」を観ました。
若かりし頃から42年に渡って観て来た、壮大な物語が終わってしまった。
ちょっとだけ涙が出ました。(笑)
池袋東武の「ことりサミット」は、大盛況で昨日終了したそうです。
年末の気忙しい時期、作家さん達は(搬入含め)8日は遠征しているのですから、お疲れさまでした!
更にもう1日延泊した「陶磁器工房 静」さんと、サンシャイン水族館に行って来ました。
私は地元なのに、随分と久しぶりです。



「天空のペンギン」初めて見ました。
屋外で、頭上の水槽を泳いでいるんですね。
ペンギンさん‥足をバタつかせる事も無く、泳ぐの上手!
お腹がポンポンで可愛いらしいです。



陸の上のペンギンも可愛い。
鳥イベントでも「ぺもの」と言って、ペンギンさんは人気。
「ぺものオンリー」の陶芸作家さんもいらっしゃいます。



「天空のペリカン」も居ましたよ。



お魚のコーナーも、とても綺麗でした。
大きな水槽の前に腰をかけて、しばしおしゃべり。
気持ち良くて、時間を忘れます。



昼飲みのランチを御一緒して、静さんは大阪に帰って行かれました。
鳥作家さん達が好きなので、鳥イベントも出たくて気持ちは揺れますが。
来年は、初っぱなから流れが変わります。
2月•4月と食器売り場が続いて決まり、そこで承るオーダー品の納期を考えると、6月の大阪はキビシイ。
2月にお話を頂いた場所のバイヤーさんは、リトルガーデンの「大人可愛いところ」、(展示方法を含め)「ラグジュアリーなところ」が気に入ってくださっているのだそうです。
あまり言葉にした事が無かったので、人から言われてみてビックリ!
新年はソコの部分、少し意識して行こうと思います‥西洋上絵付けならではの所カモ?しれません。
ちゃんと確立できたら、もう1度鳥イベントにチャレンジしてみたいカナ?
鳥イベントはどちらかというと、キャラクターとか‥少し子供っぽい、可愛い物がウケる印象なので。
「他にやり方はある」「頑固」と言われる事もありますが。
そこを譲ったら、リトルガーデンをやって行く意味が見当たりません。
ちょっと顔を赤らめながら(笑)、「ラグジュアリー」を目指そう!
クリスマスイヴは、寅ちゃんのお迎え記念日。
ちょうど10年前の今日、寅ちゃんは家の子になりました。



そんな寅ちゃんも、ご長寿インコ。
人間で言えば「おジイちゃん」の歳なので、目の周りは白髪だし(黄色い羽)白内障もありますが。
お母ちゃんにとっては、いつまでも「可愛い寅小僧」。
毎日機嫌良く過ごして、長生きしてくれれば‥と、思います。



昨日はまた池袋東武の「ことりサミット」へ。
大阪から羊毛フェルト作家の「セキレイ」さんが、チラと上京されました。
お客様のK様がトリ持つ御縁で、セキレイさんも、陶磁器工房 静さんも知る事になったのが始まりです。
K様も含めて、池袋の現地集合。



「ことりカフェ」さんが出しているイートイン•コーナーで、初めて「ことりドーナッツ」を食べました。
可愛いので可哀想ですが、容赦なく。(笑)
紙コップの見かけによらず、ハワイのコナ•コーヒーも、ドーナッツも、ちゃんとしている‥美味しかったです!



売り場に居ると、アチコチから「リトルガーデンさん」と声をかけて下さる方があって、知り合い作家さんの遭遇率が高い。
長く鳥活動して来たのだなぁと思います。
出展しても無いのに、こんなに居心地が良いって‥どういう事でしょう。(笑)
K様とセキレイさんからは、お土産まで頂いて申し訳ない。
お二人方とも、小鳥のお菓子が入っていました。(笑)

のんびりの今週、久しぶりのスケッチや佐々木裕子先生のお教室以外はゴロゴロ過ごしてしまいました。
月曜日の健康診断で良く無かった数値が、昨日病院に行ってみると平常値に戻っていたので疲れだったのかなぁ?と一安心。
急に気力が湧いて来て、単純です。
でも、ほとんど病院と縁が無かったのに、自ら足を運ぶ気になるとは‥トシなのかなぁ?と感じる部分も。(笑)
ともかく元気らしいので、池袋東武で開催中の「ことりサミット」へ行って来ました。
北欧雑貨のマーケットと並んで、催場は楽しそうです。
エージェントさんや作家さんは、阪神梅田本店の鳥イベントで御一緒して依頼の懐かしい顔ぶれ。
関西からも、たくさん作家さんが出展されています。



鳥イベント‥自分の立ち位置はビミョ〜になって来たなぁと、思いながらも引き寄せられる〜。(笑)
結局は作家仲間の皆さんと、一緒に居るのが心地良いのだとわかっています。
1人で出展するよりは、格段に楽しいのです。
大阪組のMother Treeさんのシマエナガちゃんタイツと、エクラベリーさんのガラスのペンギン親子のピンをお迎えしました。



夜は陶磁器工房 静さんと、ベトナム料理を食べながら6月以来の積もる話を。
月曜日に上京される作家さんもあるので、また行きます。(出展してもないのに•笑)
リトルガーデンが鳥さんを描いて行く事は変わらないのですが、場所によってお客様の層はクッキリと違う‥求められる事が違うので。
1番自分の方向と近い場所に向かう事は、仕方の無い事なのかなぁ?



東急本店でプレゼント用に承っていた、オカメのレモンちゃんのマグカップ。
「レモンちゃんにそっくり!」と、喜んでいただいたそうで良かったです。



W様、写真をありがとうございました。
得意げな表情が、本当にレモンちゃん。
レモンちゃんが3人(羽)居るようですね!
諸々終わって安心したのか、風邪でダウンしておりました。
日頃あまり外気に触れない深窓暮らしなので(笑)通勤電車で何かもらってしまったカモ?
この頂き物は、ご辞退したかったです。
東急本店ではいつにも増して、皆様から差し入れを頂いて‥お心遣い、申し訳ありませんでした。
ここは鳥ブログなので、鳥限定でチラとご紹介します。
これは画家の原千恵子さんから頂いたソックス。
最近は世の中に鳥グッズが満ちて来たのですが、これは進化版!
くちばしに立体感があるのです。



野鳥の写真を撮られるS様からは、今年も写真をファイルした物を頂きました。
このミソサザイちゃん、お尻をピンと上げたポーズが可愛いです。



そしてデザイナー友Aさんからは、フクロウのお汁粉。
この方は、猫の人なのですが。(笑)
何かお目出度い感じのパッケージです。
風邪で弱っていたので、ほんのりした甘味が美味しかった。



最終日には、ご近所のK様が「滅多に入手できないカリン糖」と‥それだけの為に来てくださったり。
会期終了後には「今回は都合がつかなかったから」とY様が、宅急便で恒例の柚子と里芋を送ってくださったり。
色々とありがとうございました。
今日は、ずっと放置して気がかりだった健康診断にも行って。
それだけで疲れて、また寝て過ごしてしまったのですが。
来年の準備もあるので、そろそろ気合いを入れないと!
白磁も色々注文しました。
東急本店の出展は、無事に終了致しました。
気にかけてくださった方、お運びくださった方、ありがとうございました。
最終日朝は、同じフロアーの向こうの方に出展されているinac(イナック)さんがキバタンさんをお迎えくださいました。
アーティフィシャル•フラワーの、豪華なアレンジメントをなさる方です。
最終日は私も自分の買い物をする事が多く、inacさんの可愛いクリスマスリースと、青森ヒバの木ベラを求めました。
遠く青森から、職人さんが出張されていました。



このinacさんは過去にマイセンの限定食器セットや‥ブランド食器を集めた事がある位、食器がお好きなのだそうですが。
リトルガーデンの仕事を「手抜きが無い」と、褒めて下さいます。
ここまで褒められた事もあまり無い位なので、喜んで躍っていました。(笑)
先日の高貴な方の目に留まった事件と言い‥あきらかに目が肥えているであろう方に、気に入っていただく事は嬉しい。
大阪で「チャチャッと描いて、大ボリやん!」と言われた事、悔しくて未だに一言一句忘れていません。(笑)
以前にニャンコの「ハルちゃん」の陶板をオーダーして下さった、O様が御来店。
そう言えば、この方もセレブでいらっしゃいます。
こちらの気持ちで(光彩が太いのと細いのと)2つ製作して、その内の1つを納品していたのですが。
片割れのハルちゃんを「お母様に」と、お迎えに来て下さったのです。
他にもプレゼント品をお求めくださって、ありがとうございます。
ご結婚されたばかりでお忙しいはずの友禅作家の中野スズミさんも、思いがけなく来てくださり。
ここの所の積もる話を‥ハッピー•オーラが溢れていました。
プレゼントのお買い上げまで、ありがとうございます。
そんなこんなで、最終日も明るい気分で終わる事が出来ました。
次回の東急出展は例年よりも少し早く、4月末の予定です。
東横店が閉店するので、その後に工事が入って売り場レイアウトが変わる様子。
東横閉店と言っても、渋谷駅の周りの再開発は東急のビルばかりなのですが。
そしてリトルガーデンは、思いがけない場所への出展のお話を頂き。
あまり時間の余裕が無いのですが‥「頑張り所」と、エージェントさんに励まされているところ。
追々、こちらでお知らせ致します。
出展の翌日は、オーダー品の伝票の事もあって再度渋谷へ。
そして、お隣のBunkamuraで開催中の「リヒテンシュタイン公爵家の至宝展」にも、ようやく行って来ました。



これがもう、素晴らしくって2〜3行では語れない。
後日、改めてお話します。
夜はムスメが、コースをごちそうしてくれました。
予約がなかなか取れない、創作フレンチの人気店なのだそうです。



少し前の結婚記念日は出展前で、お祝いどころでは無かったのを哀れに思ったらしい。
どのお料理も美味しかったです。
ちょっと風邪をひきかけの私には、アミューズの内の「栗のポタージュ」が染みました。



アミューズの小さな器に絵付けするのも、可愛くて良さそうですね。
東急本店、早くも残すところ1日になりました。
その後は快調で「山あり、山あり」の日が続いています。
5日目は月曜日というのもあって、午前中はマッタリでしたが。
開店と同時に、野鳥の写真集をくださったS様が御来店。
ご自身の写真が青い器のモデルさんになっていると、ハガキを見てスグ分かったそうで。
青い野鳥のマグを3羽も!お迎えくださいました。



その間にも、若い男性の方がセキセイのマグをお迎えくださり。
コンパニオンバードは、むしろ色があった方が良い模様。
そして今回はけっこう、男性のお客様がいらっしゃいます。
その後は画家の原千恵子さん、皮作家の「インコDEぴー」さん、先日の絵付け友bossさんが文化村の美術館帰りに、立ち寄ってくださって賑やか。
お友達もありがたい‥気分が上がります。
以前の出展時にも立ち寄ってくださったキレイな女性が、ヨウム飼いのお姉様へのプレゼントをお求めに。
「ヨウムちゃん、ヨウムちゃん‥」と探して、お皿を大小2つ発見しましたが
春にはマグもあったそうなので、申し訳ない。
鳥種は沢山あるので、品揃えは課題ですネ。
数年前までHobby's Worldでお世話になっていたTさんからオーダーを頂いたり、ハクセキレイ好きのご近所のK様からオーダーを頂いたり‥。
いつもより、野鳥率も高いです。
いつも大量オーダーを下さるW様が、お家の工事が入るので今回は無理かも?という事だったのですが。
今日は合間を見つけて御来店くださいました。
新しいインコさんが増えたので、その子のお皿をバババッと大量オーダー頂き。
ちょうどデザイナー友のAさんが居合わせて、その様子に驚いておりました。
私も最初は驚いたのです。(笑)
東急本店は落ち着いた雰囲気なので、テレビでお見かけするような有名な方も時々いらっしゃいます。
今日は御付きの方や、SPを従えた高貴な方が、リトルガーデンのお皿をお迎えくださるというビックラポン!の大事件もありました。
友禅作家の中野スズミさんにインコの帯を注文されたお客様が、スズミさんの紹介で御来店くださったり。
ハガキの青い器が気になったと、現在Hobby's Worldで担当して下さっているWさんが来てくださったので営業!
Hobby'sさんでお取り扱いいただけると、嬉しいなぁと思います。
閉店時間も近くなったのでフラフラ他の売り場を見て遊んでいると、以前にも見覚えのある紳士が。
奥様とペアのお茶碗やら、お勤め帰りに‥お迎え頂きました。
「大丈夫」と言ってくださいましたが、ついつい添えにお花を描いてしまうので甘いデザインになりがちなのですが‥もうちょっと葉っぱっぽい物も描いた方が良いのかな?
今回はルチノーのオカメさんを所望される方も多くて、ここは厚く御用意が必要カモ?と思います。

   次のページ
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 つきゆり]
[01/14 boss]
[01/07 まーれ]
[01/07 まーれ]
[01/06 つきゆり]
[12/31 sakura]
[12/26 つきゆり]
[12/22 boss]
[12/16 boss]
[12/14 まーれ]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]