忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
6月1日より、東急本店の全館で営業を再開致します。
緊急事態宣言による出展中止で、お渡し出来なかったオーダー品をようやく納品致します。
お客様へは、東急本店の方から御連絡させて頂くことになります。
大変お待たせ致しました。


今日で5月も終わり。
陶画舎の閉校•閉店で始まった、辛い1ヶ月でした。
スティホームを良い事に、殆ど時間が止まった暮らしをしていましたが。
東京も、明日から解除の第2ステップに移行します。
東急本店も全店オープンするので、私も久々に電車に乗って納品に行く予定。
用心しつつも、少しずつ日常を取り戻さなければ。
一昨日の「医療従事者にエールを」のブルーインパルスの飛行‥ちょっと遠かったですが、ベランダから見えました。



旅客機と違って速い、速い。
空を見上げて追っかけているだけで、明るい、有り難い気持ちに‥涙が出そうになりました。
我が家の近くを通過した時には(東京のハズレなので•笑)スモークが出てなかったですが、それでも銀色のお腹が日光にきらめいていました。
写真を拡大すると、左に向かっている6機プラス1機の影が。
快晴の空に、お見事な飛行でした!



ブルーと言えば、イングレーズのセットが少し前に出来上がっています。
これは早春の日本橋高島屋で承った物。



エナガのセットをお迎え下さったF様が再度御来店くださって、お揃いのルリビタキのケーキ皿とマグをオーダして下さいました。
お皿の周りと、マグの持ち手に、金彩をしています。
そしてこちらはW様から‥同じアイテムで、セキセイの「ちーたん」の「うちの子版」です。



ちーたんは、この他にフルカラーのマグも承っているので。
そちらの方が個性が出て、わかり易いと思うのですが。
パステル色の、とってもキレイな子です。

PR
東京も緊急事態宣言が解除となりました。
これからは少しずつ、日常が戻って来るのかな?
ここのところ社会と接点が途切れてしまったような、時間が止まったような暮らしをして‥心も体も、スッカリそれに慣れていたので。
終わりが見えて来ると、少しお名残惜しい気もします。
これも一旦コロナが収まっている状況だから、言えるセリフではありますが。



この自粛期間、近所の荒川の土手の自然には本当に癒されました。
人間の力が落ちている時は、普段にも増して自然の元気を感じます。
いつも上流に向かって歩く事が多かったですが、下流はまた違った景色。
モズの姿も見かけました。
海外リゾートか?と思うような、美しい景色も。



今日は土手からの帰り道、少し遠回りして地元の小さなカフェへ。
昔ながらの固めのプリンがあるお店で、プリン大好きの(お子ちゃま)オットにも食べさせてあげたかったのです。
もう2ヶ月以上、家以外の場所で食べ物を口にしていませんでした。
ささやかですが、久しぶりの外食。
可愛いお店で、プリンとコーヒーに幸せ感じました。



帰宅すると、例のアベノマスクがポストに。
今更だし、要らないし‥と思いますが、これも元はと言えば税金。
放置する訳にも行きません。
病院で子供用のマスクとして必要としていると、NPOのツイッターを見かけたので。
他のKIDSマスクと一緒に、送ろうと思います。
‥そして、荷作りして宛名を書いていると「三鷹市下連雀」‥「鷹」と「雀」の2つの文字が!
小鳥〜、すっかり気分が上がりました!
自粛で引き篭もりの日々も、随分と長くなりました。
手帳の5月のページは、恐ろしいほど何も書いて無い。
真っ白です。
4月は多くを線で消したとは言え、まだ予定という物があったのですが。
何〜も無い暮らしなので、ついついダラダラと終わってしまう日も多い。
外出は週に2度程、車でサッと食料品の買い出しに行くくらい。
ウィンドゥ•ショッピングするお店も開いてないので‥一見無駄なような事の集積が、どれだけ心を潤してくれてたのかと思います。
目が淋しくて(笑)この頃はネットで、チョイチョイお買い物をするようになってしまった。
刺繍した布マスクとか‥スマホケースもボロちくなったしと、ついついポチットな。
モリスの「苺泥棒」は好きな柄なのに、届いてみると何だかな〜。
印刷の色が良くなくて、昔の風呂敷にしか見えないのです。
ちょっとガッカリして、小鳥イベントで御一緒した事のある「ことりちゃん」のサイトでサザナミさんをお迎えしてしまった。
爽やかな初夏の色です。



デザイナーのコナツコウイチさんは、2020年ボローニア国際絵本原画展に入選されたそうです。
イラストレーターの登竜門、素晴らしいですね。
以前ギャラリーの鳥展で御一緒した、画家の中島萌さん作のチャームはソウシチョウ。
特定外来生物に指定されているのですが、鮮やかで美しい色の鳥さんです。
身の周りの鳥グッズで、ちょっとだけ幸せ気分に。
こんな事態になってから週に1〜2回、近所の荒川の土手のウォーキングをしているのですが。
緑が眩しい季節になりました。
向かって左側のゴルフ場のむこうにが荒川で、スーパー堤防は広くて頼もしい限り。
ハクセキレイとか、ムクドリとか‥小鳥ちゃん達も元気。
燕もやって来たし、自然はスゴイなぁと元気をもらいます。



うちの緑の子、寅ちゃんも元気です。
甘えん坊なので、自ら手の中に入って来てホッコリしているところ。
そろそろ11歳になるお爺ちゃんインコなので、白内障で飛ぶ事は難しくなって来ましたが。
羽の色つやもピカピカで、床をテケテケ歩き回っています。



今日は延び延びにしていた金彩を、ようやく終わらせました。
焼成中なので、明日の朝には完成です。
先日の黒いお皿、ようやく1230度の高温焼成をして青いお皿になりました。
オカメインコの「めめたん&ののちゃん」と、赤い実のお皿。
実際は、イングレーズの青い実になりましたが。(笑)



向かって右が、新入りのめめたん。
1番末っ子だけあって、やんちゃらしく‥見るからにそんなお顔をしてます。
左側は大センパイの、ののちゃん。
2人並ぶと、この子のおっとり感が更に伝わって来ます。



W様はいつも、お姉様へのプレゼント分もオーダーされるので、同じ物を2点製作という事も多い。
2枚お皿を並べた時にお顔が似てないとなると困るので、そこは気を使います。
同じように絵の具を乗せたつもりでも、お窯の中の位置で青い色の濃淡が違って出ました。
それはハンドクラフトの味でしょうか。
東京はまだまだ緊急事態継続中なので、東急本店は食品売り場の1部が開いたのみ。
後は引き続き、閉店中です。
納品は少し先になりそうで、お待たせ致します。



こうやって製作できるのも、使い慣れた画材が揃ってこそ。
閉店前の陶画舎のネット通販で求めた画材もまだ届かなくて‥欠品もあるかも?だし、この先どれだけ持ちこたえられるのか心配。
普段からけっこう予備の絵の具等々溜め込んでいるので、備蓄量はけっこうあるのですが。
騒動の時、トイレットペーパーは最後の1巻に手を付けたのに在庫無しという状況に追いつめられたのに(汗)絵の具だけは特別扱い。
それでも突然、思いがけない1色が切れたりしてしまう‥。
継続して店頭販売しているので、あまり大きく色のイメージが変わるのは厭だなぁ。
絵の具の他にもオイルや、クリーニング•アルコールや、ジャンジャン消費して行く物もあります。
いざと言う時の為、他点のネット•ショップをチェックして回っていますが。
やっぱり陶画舎はオリジナルの特殊な絵の具や、溶剤も充実していました。
何より直接、目で確かめる事が出来たのは良かったなぁ。(遠い目)
違った形で始動する可能性があるという件、具体的に進んで欲しいです。
今日は初夏の陽気でした。
引き篭もりの生活でも、今年は嬉しい夏の気配。
例のウィルスは、日光や湿度に弱いと聞いたので。
このまま日本の暑い夏が来て、終息に向かってくれると良いナ‥と、祈るような気持ちで毎日過ごしています。
陶画舎ショックから10日余り、未練たらしく(笑)毎日ホームページをチェックしているのですが。
嬉しいお知らせを見つけました。
これまでの運営会社を離れて、違った形での技術や物販の提供を考えておられるようです。
まだ具体的には何も決まってないそうですが、とっても嬉しい!
闇の中に、小さな光が見えました。
突然に御縁が途絶えて‥迷子になってしまった気持ちのペインターには、朗報に違い無いです。
個人情報保護の観点から、これまでの住所登録は使えないそうです。
始動の折りに連絡を希望される方は、新たに登録をなさって下さいね。
そして、もひとつ心が暖まる光が。
オカメインコのレモンちゃんのママさんに、W様がお誕生日のお祝いを送られたそうで。
リトルガーデンの器と一緒の写真を頂きました。



昨年末の東急でお求めくださった一輪挿しと、オーダー頂いたレモンちゃんの手塩皿。
随分と前から楽しみに、準備されていたのですね。
レモンちゃんのママさんは「家宝にする」と、喜んでくださったそうです。



‥そして、W様方のお友達の写真を眺めているレモンちゃん。
レモンちゃん、たくさんプレゼントをもらって良かったね!

陶画舎の閉校•閉店‥まだまだショックを引きずっています。
長く学んだ場所が突然に消える事、使い慣れた画材が入手できなくなる事。
考えれば考える程、気持ちが塞ぎます。
ショップが閉まる前に慌てて通販で購入した物も、まだまだ届かない。
既に品切れしてしまっていた物も随分とあったので、2〜3ヶ月の内には困った事になりそうです。
この先、1から画材探しする事を思うと面倒。
厭になって一瞬、絵付けを辞めてしまいたくなったけれど。
やっぱり私の出来る事は、これしかないと思い返したり‥。



先月の内に描き上げていたオーダー品のオカメさん達のお皿、同柄で2点。
イングレーズ焼成すると藍色になります。
百貨店もまだ自粛が続きそうなので、もう少し数が揃ってから焼成の予定です。
リトルガーデンの多くの食器類は、直接メーカーさんから仕入れているのですが。
このお皿はずっと陶画舎で求めていました。
定番で良く使っているので、困った事になったと‥探してみたら、名古屋の製陶会社で扱っていました。
アマビエ様に使ったペンダント•ヘッドもあったので、併せて購入。
こうやって白磁は何とかなりそうですが、画材の事を思うと気が重いです。



そんな時は、緑の子を揉んで癒されよう〜。
お母ちゃんを信頼しきって、細い首を預けてくれます。
寅ちゃんの存在、有り難いです。
今日から5月。
いつもならば心が躍る季節ですが、今年は悲しい季節。
不自由な暮らしを強いられている事もありますが、このコロナ騒動の影響で陶画舎が閉校•閉店する事が決まりました。
少し前に絵付け友から、噂は耳に入っていたのですが。
半信半疑で‥信じたく無い気持ちが勝っていました。
陶画舎から、その旨の連絡のお手紙が届き。
確かめたらホームページにも、今日はその事を表示してありました。
昔たまたま通りがかって、絵付けのお試し受講をして。
「窯元で無くても、食器に絵付けが出来るんだ!」と、感動。
即入校手続きをして、16年余りの長きに渡る御付き合いです。
今も(4月からは休校でしたが)スケッチを受講しているし、先生方には一方ならぬお世話になりました。
受付カウンターやショップのスタッフさんも、お互いに顔がわかる間柄。
ショップは充実しているので、画材も殆どお世話になっています。
そんな場所が無くなってしまうとは‥自分を支える土台が、崩れて行くような衝撃です。
それも御挨拶も、お礼も、伝えられないまま断ち切れてしまった。
日本で1番大きい絵付け学院という触れ込みで、長く絵付け界を牽引していました。
多くのペインター達の、心の拠り所でもあったと思うのですが。
始めて数年と日が浅い方や、お窯を持って無い方は、これで続けられなくなる事もあるのでしょう。
自然災害でも、戦争でも無いのに‥コロナがあるとは言え、周りの風景は変わらないのに。
こんなに呆気なく文化が途絶えてしまうとは。
悲しい気持ちで一杯です。
先日のアマビエ様のチャーム•プレゼントは、1日で88名様のご応募を頂きました。
予想をはるかに越える数で、これは公平な抽選をしなければ‥と、寅ちゃんにお手伝いしてもらう事に。
器にシードを載せて、サークル状に並べました。
脇にエントリーして下さった方の、お名前シールを添えています。



そして、真ん中に寅ちゃん投入!
しばらく固まっています。(笑)
本当はシードを食べて欲しかったのですが‥お腹がへった時分でしたが、こちらの思いどうりになる子ではありません。
テケテケと歩いて逃げて行くので、急遽踏んずけたらOKという事にルールを変更。
名札を総入れ替えして、これを3回繰り返しました。



何とかかんとか、抽選は続きます。
3回目に至っては、寅ちゃんがいきなり後ずさりを始めたと思うと。
サークルの外まで出て、大きなウン◯を。(汗)
まさに、ウンがついていました〜。
寅と一緒に大騒動でしたが‥これが楽しくて、久しぶりに大笑いしました。



ともかく寅ちゃんなりに頑張ってくれたので、ラッキーな3名様も決定!
実はネットで見つけた、この小さなダンボール箱を使ってみたかったのです。
ペンダント•ヘッドくらいの小さい物には、充分使えそう。
これが優れもので、定形外の郵便扱いで出す事が出来ました。
ゆうパックや宅急便と比べると、送料が激安なのです。
そして、こんな時にも生活のインフラを支えて下さっている方々に感謝!



自粛の今はチェーンも探しに行けなくて、有り合わせのリボンを付けて「チャーム」という事にしたのですが。
使い方はご自由にと言うことで、意外とこれは良いアイデアかも?
これに限っては、ペン描きというのも良いかな?
リアルな鳥さんでシリーズにしてみたくなりました。
巷で流行っているアマビエ様の、小さなチャームを作ってみました。
江戸時代の言い伝えに登場する半人半魚の妖怪で、疫病退散のご利益があるとか。
病気が流行ったら「私を写して、人に見せよ」と、言って海に消えたそうで。
ツイッターでは色々なアマエビ様が回って来て‥気になっていたのです。



海にお住まいのようなので、地色は濃紺に。
周囲のフチ飾りの部分に、水色ラスターを使ってみたのですが。
賞味期限が切れていたらしく、焼成したらラスターの貝の内側のような光沢が出たり、出なかったり。
そう言えばテクニカルのW先生が「寿命は半年くらい」と、おっしゃっていたような‥。
授業で使って、3年くらいは経っているのかな?
10色くらい持っているのに放置してたので、勿体ないです。
更に上に被せてラスターを2度塗りしたら、今度は水色よりも濃い色になってしまった。(汗)
家でラスターを使うのは初めてですが、思っていたより臭くなかったので。
明るい色を1つ買い直してみようかな?
これをツイッターでプレゼント企画したところ、半日で300越えの「いいね!」を頂きビックリしています。
抽選に参加を希望される方も、思っていたよりずっと多い。
プレゼントだからなのか?
いつもと違って、ちょっと漫画チックなのが良かったのか?
ちょっとわかりませんが「買ってでも欲しい」と、言ってくださる方もありました。
リトルガーデンのアマビエ様は、小鳥さんに寄せてあります。
文鳥さんの嘴と、オカメさんのホッペ、お耳は翼の形。
ペン描きというのも、私にしては珍しいです。
パステル色のお方です。



ペンダント•チェーンも、今は思うように入手できないので。
軽くリボンを付けて、チャームという事に。
不自由だと、普段とは違う道を探るものですね。
応募は24時間で締め切って、明日のお昼に抽選します。
コロナ退散!の願いを込めて〜。
外出は食品の買い物に出るくらい‥全く外に出ない日も多い。
心がけて、ずっと引きこもる日々です。
自分がコロナになる心配は(根拠も無いのに)1度もしたこと無いですが。
今まで信じて来た世界が、日々変質していく事の方が怖い。
心の底から、一刻も速い終息を願っています。
絵付けは気分に左右されるので、いつも良い気分でいたいのですが。
そこに、なかなか自分を持って行けない日も多い。
でも一旦描き始めると意外と、他の事を忘れて夢中になっています。
のんびりペースのこの頃ですが、少し仕上がった物も。
オカメインコの「めめたん」のケーキ皿。
W様のお家の中で、1番やんちゃな子なのだそうです。



めめたんも、先輩インコさん達も、いつもW様とお姉様分の2枚オーダーを承ります。
これ迄も、添えのお花は色々とリクエストがありました。
今回めめたんは、黄色いチューリップのお皿です。
周囲はマット金を巻きました。



ハクセキレイ好きのK様の、お茶碗も出来上がっています。
ハクセキレイ女子とデージーのお茶碗。
小さなブーケを等間隔で、3カ所に描きました。
ピンクのロクロ線が、けっこう効いています。



この角度は、ちょっと色淋しく見えてしまいますが‥セキレイさんの全身も。
東急で頂いたオーダーは、残り1アイテム。
本来ならば、そろそろ仕上げてないとマズイのですが。
4月末の出展が無くなって、東急も当面休業しているしで、本当にのんびりペースになってしまった。



ラストの1アイテムも、続けて仕上げれば良いのですが。
遊び心で、ちょっとやってみたい事が出来ました。
少しでも明るい気分で過ごして行かねば!
ちょっと寄り道を企てています。
   次のページ
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/28 sakura]
[05/27 つきゆり]
[05/20 boss]
[05/20 waka]
[05/19 つきゆり]
[05/16 sakura]
[05/16 NONAME]
[05/09 まーれ]
[05/08 つきゆり]
[05/07 sakura]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]