忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
☆☆ 出展の予定 ☆☆
池袋ハンズ インコと仲間たち〜トリトブ部屋〜2期
1月13日(土)〜19日(金) 委託参加致します。


お疲れモードの今日この頃ですが、年賀状のお返事が次々届いて励まされています。
早々に(私より先に•汗)元旦から下さる方も多々あって、本当にありがたい事です。
とっくの昔にプライベートとリトルガーデンの、賀状の数は逆転していました。
今年は大阪からも「阪神でお会いできますね」と、メッセージを頂いて嬉しい。
昨夏に梅田阪神さんでオーダーを承ったK様は、一輪挿しとケーキ皿の写真もお手紙に同封して下さいました。
丸い写真のクリスマス•ツリーの手前に居る子が、モデルの御本人(鳥)さまです。



こちらはお皿の自画像を覗き込んでいるところ。
気に入ってくれたのでしょうか?
K様、わざわざありがとうございました!



既に始まっている池袋ハンズの「インコと仲間たち トリトブ部屋」ですが。
リトルガーデンは2期の明日から参加。
今日は、これから搬入です。
こうやってする事があると、ガックリしてばかりも居られません。
スペースは(きっと)大きくないので、小さな展示になりますが。
お得な福袋もご用意しています。
今回の目玉はこれ、長く作っていた「スズメのミルクピッチャー」。



お馴染みの方も多いと思いますが、これが本当に本当のラスト。
窯元さんでも製造中止の素材なので、ここ暫く作ってなかったのですが。
家の中で白磁を発掘(笑)したので、最後に作ってみました。
PR
松の内も終わって、普段の日々が始まりました。
昨年末にスケッチで描いた「センリョウ」も、少々くたびれた様子。
この一輪挿しは販売用に作ったのですが、薄くて繊細な形の為か?
焼成時、白磁の口部分に少しだけヒビが入ってしまい。
修正の手を入れて自宅使いしている物で、天面が艶消しの金色です。



思いがけないトラブル続きで、手と時間(と、お金•泣)を取られています。
ここ半月くらいケータイが不調で、使っているとすぐにフリーズ、そして画面がブラック•アウト。
そうこうする内に再起動する‥というのを繰り返していて。
ついに半日程、電源が入らなかったので修理の手続きを。
購入して1年足らずなのですが‥。
iPhoneは修理も予約が必要で、空きが無く数日待つことになりました。
appleのサービス•センターの電話対応は親切でしたが、手続きが面倒です。
そうこうする内にちょっと近所に買い物に出たつもりが、鍵が壊れて玄関で閉め出されるという事件発生。
散々ガチャガチャやってみたのですが回らないので、ケータイで鍵屋さんを検索して連絡。
その時はケータイが動いていたのと、R眼鏡を持っていた事は不幸中の幸いでしたが。
日曜日は管理人さんもお休みで、避難場所も無く寒かった〜。
我が家の廊下は、8階の吹きっさらしです。
30分もしない内に2人組で鍵屋さんが到着したのですが、これがなかなか開かず。
1時間半程格闘の末、最後は奥の手という力技で開錠。
そして、新しい鍵に交換です。
最近のディンプル•キーは構造が複雑なので、鍵自体もン万円とお高いですが。
開錠はそれ以上に高くて、本当にビックリのお値段でした。
背に腹はかえられないので、お願いするしか無いのですが。
最近「鍵が固くなった?」と思いながらも、真剣に考えて無かった事を後悔しました。
今日はiPhoneの修理窓口に行きました。
appleとdocomoと、窓口が変わると修理価格が違うそうで‥なかなか理解が難しい。
docomoで保険に入っていたので、そちらを使って修理(新品交換)する事にしたのですが。
画面に少しヒビが入っていたので、ペナルティなのか?諭吉さんが必要です。
これも無しでは暮らせないし‥ケータイと鍵は大事と、改めて思い知りました。
そんなこんなで振り回されて、少々お疲れ気味です。
今日は夜明け前に、ムスメを羽田に送って来ました。
お友達と2泊3日の台湾旅行をして、翌日からお仕事なのだそうです。
若い人は元気。
年末は大阪のUSJでカウント•ダウンをしたそうで、年が明けてようやく2日に帰省、夜は飲み会にも行っていましたから‥イイ歳のムスメなので、呑気過ぎて少々心配。
それでも初売りの買い物に行って、氏神さまに初詣して、恒例のスター•ウォーズを観て、食事に行ってと、ひととうり家族らしい事を揃ってできたので良かったです。
帰宅して一眠りした後は「インコDEぴー」さんと浅草橋へ。
今日から東急ハンズで始まった「インコと仲間たち トリトブ部屋」、私達は1週間後からの参加ですが。
狭いスペースでの展示になるので、見せ方を考えようと‥透明なエンビの箱等を揃えて来ました。
久しぶりで積もる話が終わらなかったので、本格的なお仕事のスタートは明日以降。
でも、描き初めは終わりました。
お正月にはチラと筆を入れて、ミニュチュアプードルのペーター君の陶板を仕上げています。



これは頂いた画像データがとても荒くて‥200KBというのは、普通の写真の10分の1の解像度。
拡大してプリントしても黒いドットしか見えなかったので、冷や汗が出ました。
しかも、カラーで無くてグレー•トーンだったという‥今までに無く条件の悪い物でした。
思えば背景が真っ白だったので、コントラストを上げて作った画像なのかもしれません。
白目と口の形だけは見えるのですが、後はほとんど真っ黒で、とても苦労して仕上げた子です。
目や鼻の形は、想像が入っている部分も多い。
お星になった子と伺っていたので、今更「他の写真を‥」というのもナンですし。
オーダー主様のイメージは下さった写真なので、他を探して頂くのも意味の無い事に思えて。
お顔の輪郭と耳の境界も同種のワンコの写真を見ながら決めて、後は骨格を考えながら影を落として行きました。
リトルガーデンの絵は、いかにも「イラスト」というタッチでは無いので。
元の写真が黒ベタでも、そのまま黒ベタで仕上げる訳には行きません。
形がわかるよう写真より明るくした部分も多いので、似ているのか?どうか?今の時点でも私にはわからない。
ただ、白目とお口の形は同じに見えます。
写真の子は、あまり犬らしくなくて人間くさい印象で。
人の良さそうな子だなぁと感じたので、その印象を頼りに仕上げました。
自分では、よくここまで形を起こしたと思う気持ちもあって。
これでダメなら、もう仕方が無いのかな?
納品は少し先になりますが



戌年の幕開けはワンコでした。
でも年賀状にも書きましたが「ワンコじゃないよ、インコだよ。」と、うちのサザナミインコの寅ちゃんも言っています。
この後は、インコさんや鳥さんが待っています。
12年に1度の貴重な酉年の次は、戌年がやって来ました。
年賀状は例年のごとく、大晦日の除夜の鐘の頃に投函。
今日あたりから、皆様のお手元にボチボチ届いている予定です。
遅くて申し訳ありません。
新しい年も、よろしくお願い致します。



始まったばかりの新年ですが、既に色々と予定が入っています。
最初の鳥イベントは、2年ぶりになる池袋ハンズの「インコと仲間たち トリトブ部屋2018」。
お正月早々はサスガにキツイので、2期の13〜19日に委託で出展します。
4月には昨年、阪神出店で御縁のできた雑貨店「ひなた」さん(大阪)の「とりことり」展。
5月は東急本店、6月は阪神•梅田本店‥と続く予定なので、想像しただけでも目が回る。
昨年末の東急本店で頂いたオーダーも、これからです。
今からジワジワと焦っています。
おまけに今年は所属する絵付け団体の展示会や、お教室の展示会もあるので。
うまくバランスが取れるのか?どうか?
鳥活動も大事。
でも、それだけでは目標地点を見失ってしまう。
絵付けの世界でやって行く事も大事。
こちらは2月に入ってスグの東京ドーム「テーブルウェア•フェスティバル」の展示から。
憧れのドームなのですが、まだ展示品に手を着けてないという有様。
そして残り半年、マンションの理事の仕事もあるのです。
考えただけでドキドキ‥心臓に悪い幕開けです。
手帳と頭を整理して、ひとつずつ進めて行くしかありません。
昨年末に忙しくて後回しにした、特別講座も今月は2日に渡って受講します。
これは「羽」を描くので、是非とも受けてみたかった物。
良い1年になるように、前向きで行きましょう!
振り替え分があったので、2週続きのスケッチのお教室。
今年の「〆」のスケッチ、お題は「センリョウ」でした。
新年の準備も何も出来てないというのに、一足お先のお正月モチーフ。
時間が足りずに、サブの枝はモノ•トーンでササッと仕上げましたが。
これがオシャレと、評判良かったです。



スケッチをすると良く観察するので、日頃考えた事もない「葉っぱの着き方」等、その植物の法則が自然にわかります。
そういえば先週の「ビオラ」も、家でもう1度描いてみました。
小さいお花なのでR眼では、よく見えない部分もあるけど(笑)。
だいたいの感じは掴めました。
ビオラはお皿にもよく登場してくるので、嘘を描かないように!



ここ数日スイッチを入れてるお窯では、ワンコを焼成中。
東急本店でオーダー頂いた物なのですが、あわよくば年賀状に使おうと〜。
(未だ年賀状にも行き着けません!•汗)
来年は戌年、もうすぐ酉年も終わりです。
久しぶりにジュンク堂で一人遊び(笑)している時に、この御本を見つけました。



色鉛筆画の入門書とか‥ハウツー本は、つまらない内容の物も多いと(立ち読みして•笑)感じますが。
鳥の生態や骨格や‥、色々な知識も満載の御本です。
羽毛の流れの向きの解説なんて、なかなかお目にかかれませんよ!
ツリーも何も出さない内に、クリスマスも終わりです。
寅ちゃんは8年前のイヴにお迎えした子なので、クリスマスには思い入れもあるのですが‥。
今年は頂き物で「ナンチャッテのクリスマス飾り」コーナー。



速いもので寅が家に来て、もう8年になりました。
何度お店を覗きに行っても、ケージの中から私の姿を追っかけて「オカアチャン、オカアチャン」と、言っている気がしたのですが。
後に威嚇していたらしいと判明。(笑)
それでも今は甘えん坊です。
いつまでもお坊ちゃん扱いの寅ですが、ここ1ヶ月くらいは急に年齢を感じる事も多くなりました。
実際、いいオジさんなのカモ?しれません。
飛んで目的地に着く前に着地してしまったり‥、到着しても足を踏み外してしまったり‥。
本人(鳥)の予測どうりに行かない事も増えて来ました。
うまく行かなかった時には、寅ちゃんもビックリしてキョトンとしているので「寅ちゃ〜ん!」と、お迎えに行くと。
慌てて手を駈け登って来る様子が可愛い。
後は以前より、夜は眠くなるのが早くなりました。
その他は、元気なのですが。
元気で長生きして欲しいと、サンタさんにお願いしましたよ。
クリスマス•カラーがお似合いの寅ちゃんです。

既に1週間が経ってしまったのですが‥東急出展が終了してスグ、寝込むより前に、サントリー美術館の「セーヴル展」に行きました。
まだアナウンスが行き渡ってないのか?食器は人気が無いのか?
ゆったり見る事ができて、良かったです。
フランスのセーヴル窯は、フランス国王ルイ15世の庇護を受けて王立の磁器製作所になったという由緒正しい窯元です。



王道のヨーロピアン•デザインの食器が絢爛豪華で、眼福でした。
最近ヨーロピアンの絵付けに惹かれる事が増えて来て「かっ、可愛い〜」と、かじりついて観る。
昔は形式的に思えて、自分が描く物とは考えられなかったのですが。
最初は「鳥」が描ける事ばかりが嬉しかった絵付けですが、器として完成度を上げて行かないと!‥と、思うようになりました。
それには、やはりヨーロピアンのエッセンスもが必要なのかな?
ちょっとだけでも学びたいですが、お教室通いは今でも一杯一杯。
更に毎月通うには忙し過ぎです。
一歩ずつでも‥と、季節の単発講座をY先生にリクエストしてみましたが。
開講されると良いなぁ〜。
近年はモダンな物も多く「アーティストとコラボ」というのも、よくあるそうです。
草間彌生とか、トンガッタ物もありました。
1900年にセーヴル窯で最初の外国人として働くことを許された「沼田一雅」の素焼きの人形が写真撮影できる一角にあって。
中には、高貴な鳥さん達も居ました。





図録の表紙の壷にも、鳥さん(コンゴウインコ?)居ました!
丸いカードはなんと!お皿のデザインがそのまんま絵ハガキです。
オサレです〜。





ここ数日はガックリ!と、風邪で寝込んでいました。
東急本店、出展の後で良かったというか‥。
出店後だから、安心して気が抜けたというか‥。
ようやく復調して来たので、今日は久々のスケッチに。
その前に絵付け材料のお店Sアートに回ったのですが、新店舗は不便な上に、売り場はものすごく狭くなっていて悲しかった。
大手カルチャーに買収されてからこちら、どんどん縮小されている感じです。
来年は会員登録の旨味も無いかな〜?と思いながら、陶画舎に向かう頃には足取りもシッカリ!
3日間、文字どうり「寝たきり」だったので、家を出た時はヨレヨレしていたのです。(笑)
本当に久しぶりに描くお花は、可愛い「ビオラ」の鉢植えでした。
リトルガーデンの器でも、お好きな方の多いお花。
オレンジっぽい、ちょっと変わった色でした。



絵になる部分を切り取って、大振りな花を(一輪とか)描くのは得意だと思っていますが。
この頃は「草むらの中に、重なり合って生えている植物」というのが、どうしても気になります。
佐々木先生が「お花は、みんな同じ方向を向いている訳ではないですよ」と、以前におっしゃったのが印象深かった。
先生はお庭でお花を育てて、それをスケッチなさっているので。
切り花を描いている身としては「ハッ!」とする事があるのです。
で、いつもの描き方とは大きく変えてみたのですが、意外とこれが好評でした。
面白くなって、スケッチのY先生が風邪ひきでツラそうだというのに、最後まで頑張ってしまいました。
それにしても電車に乗っていても、風邪ひきさんは多いです。
自分より相手の方が体調が悪そうだと、急に元気が出て来て世話を焼き始めたりするところがオバチャンでした。(笑)



帰りに併設のSHOPに寄ると、もう売り切れていると思っていたマロリン•バスティンのダイアリーがあったので求める。
やさしいタッチの水彩画で自然を描く女流画家ですが、けっこう鳥さんも登場しています。
久しぶりの陶画舎のお教室が楽しかったので、帰宅する頃にはスッカリ復活!
明日は、佐々木裕子先生の絵付けのお教室が続きます。
東急本店の出展‥1週間の通勤が終わって、サスガに体はお疲れです。
翌日は厭になる程寝て、色々と溜まっていた事を片付けて。
出かけたい用事もあったので、3日目の今日になってようやく戻って来た荷物を開けました。
最終日に買い求めたお箸とも御対面〜。
銀製品で有名な、クリストフルの物です。



白いお箸の持ち手がシルバーで、いつも使っている物より高価なのですが〜。(笑)
ディスプレイ用です。
これが似合うような展示が出来ると良いなぁ。
先日も触れましたが、今回の展示で「持って行きたい方向」がチラと見えた気がしています。
少しずつ展開の仕方が変わると思いますが、「鳥さんがテーマ」というのは変わらないのでご安心を!
お客様や、スタッフさんがリトルガーデンの一角は「心が和む」と言ってくださる事は、とても大事。
いつも出展するステージのお向かいには、ヘレンドの大きな売り場があります。
ハンガリーの名窯で、本当にキラキラと眩しい売り場なのですが。
そこの店長さんが「可愛らしい」と言ってくださるので、とても勇気づけられます。
ヘレンドの小さな蓋物のように「プレゼントされたら、とっても嬉しい宝物」みたいな所まで、行き着いてみたいものです。
10年経ってようやく巡って来た鳥イベント•ブームですが、リトルガーデンの方向はどんどんスレ違って行くような〜。
定期的にこの売り場に出る事で、影響を受けている部分も多いのカモ?しれません。
とはいえ、お客様との鳥話は大好き〜。
この御本に登場のハクセキレイは、ハクセキレイ好きのK様の写真を参考にしてあるそうで頂きました。



登場人物は思いっきりデフォルメしてあるのに、鳥さんのリアル具合が可笑しい漫画。
漫画家さんの奥様は、鳥好きさんならご存知でしょう‥羊毛作家のハルコウヤさんだそうですよ!
K様作のグリーティング•カードには、リトルガーデンのお皿も登場していました。

12月7日(木)〜13日(水) 冬のリトルガーデン〜小鳥のプレゼント〜
東急本店•6階 特選洋食器ステージ 終了致しました。ありがとうございました。


東急本店での1週間の展示「冬のリトルガーデン〜小鳥のプレゼント〜」は、先日終了致しました。
今回は小さくて可愛い物もたくさん並べていたので、常連さんのお客様はモチロン、通りがかりのお客様にも好評で、ありがとうございました。
このミニのお重は、今回の人気ナンバー1。
随分と飛び立って残り少ない上に、オーダーもたくさん頂きました。



逆にマグカップ等の実用品は動きが少なくて‥。
鳥種を多く揃えなければ〜と、長く思っていましたが、転換点を迎えた気がしています。
今回「色々な物があって楽しい」と、多くの方に言っていただけたのは励み。
バリエーションを持たせた展開に、軸を移して行きたいと思います。
6日目の火曜日はマッタリの幕開けでしたが、様子を見に来てくださった「インコDEぴー」さんとライターのKさんと、ランチから帰って来るなりお客様が途切れず。
閉店時までおしゃべりの口が休む暇も無かったのは、ありがたい事でした。
友禅作家の「中野スズミ」さんも来てくださいました。
先日も来てくださったY様が、オーダーの為に再度お運びくださり。
この方もまた古いおつきあいのS様と、ミニお重をオーダーくださいました。
御本人達は初対面ですが、お揃いの「赤スグリ」柄のリクエスト。
リトルガーデンのお客様は鳥好きさん同士、その場で仲良くお話くださるのも嬉しい事です。
カップルの方がプレゼントを選んでくださるお相手をしていると、Hobby's Worldの雑貨担当Tさんも来てくださり。
いつもお世話になっているのに、有り難い。
ご近所にお住まいのK様がまたご来店でプレゼント品を選んでくださったので、お包みしていると閉店のメロディーが。
お茶の休憩もとってなかったので、そんな時間になっているとは‥本当に驚きました。
最終日は年配の御婦人方と「目の保養をしました〜」という感じのお話が続いたので、そんな感じで終了かなぁ?と思っていましたが。
またもや昨日のK様が御来店。
今度こそは、お好きなハクセキレイさんのオーダーを頂きました。
最後の最後は、たまたま通りがかられた外商のお客様のマダムが「うちの子プレート」を気に入ってくださいました。
ずっとサンプル展示はしていましたが、東急本店での初の受注はワンコちゃんです。
今回は、通りがかりのお客様にも足を止めて頂くことが多かったので。
これから先の方向が、ちょっと見えたような?気がしないでもない。
このイングレーズのお皿のエナガちゃんは、野鳥好きのマダムの所に飛び立ちました。
お陰様で1週間賑わって、御来店くださった方々に感謝しています。
たくさんのお心遣いも、ありがとうございました。

   次のページ
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 boss]
[01/11 waka]
[01/10 waka]
[01/05 ミヤザキ]
[01/05 つきゆり]
[12/26 boss]
[12/17 boss]
[12/16 中野スズミ]
[12/14 つきゆり]
[12/06 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]