忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
1月にミニチュア•プードルのピーター君を納めて以来、全く手つかずだった東急本店のオーダー品。
少しずつ進めています。
小さなお重箱も、もうじき仕上りそうですが。
2月の内に納めたい物があったので、昨日は少しだけ先に持って行きました。



W様からプレゼント用で承った、オーバルおやつ皿3点セット。
マグのソーサーにもなる大きさで、ケーキ皿より1回り小さいです。
以前にも描いたインコさん達3兄弟。



マメルリハの「ビッケちゃん」、オカメインコの「ラムネちゃん」、ウロコインコの「ヨモギちゃん」。
おやつ皿にピッタリのお名前ですね。(笑)
頂いた写真そのままのポーズですが、体が短く見えるアングルで撮ってあるので愛らしさが増してます。



イニシャル入りがご希望だったので、濃いグリーンで入れました。
あとはH様の、セキセイインコのマグカップ。
男性なのでお花はサスガに‥という事で、添えはクローバーを希望されていました。
所々に四つ葉が混じっています。



Bunkamuraの美術館がお好きで、そのついでに受け取ろうかとおっしゃっていたので。
魅力的な展示が終わらない内に〜。
PR
平昌オリンピックも、アッという間に閉会式。
始まる前は今ひとつ‥政治的な物がチラついて、気持ちが入りませんでしたが。
終わってみると、感動的なシーンが沢山の大会で。
スポーツの力はスゴイ。
日本はメダルの数も歴代最多だそうですね。
この金•銀メダル‥では無くて、ペンダントですが。



お星になった文鳥の「りこすちゃん」と「ななおクン」の「うちの子ペンダント」です。
お話を頂いてから1年以上お待たせしているので、さすがに申し訳ない。
これでようやく一緒にお出かけして頂けます。



フレームの入手が難しいので、現在はお休みしていますが。
古くからのお客様のオーダー品です。



シルバー•フレームは今回、横位置の物しか手に入らなくて。
横長タイプは初めてですが、2人が横に並んでいます。
頭に白い斑が入った「りこすちゃん」、晩年の写真は随分と白い部分が広がって別人のようです。
やっぱり鳥さんも白髪になるのでしょうかね?
東急本店で承ったオーダー品も、少しずつ進めています。
「2月は逃げる‥」毎年同じ事を言っていると思いながらも、毎日がアッという間に過ぎて行きます。
この時期は、何故かいつもせわしないです。
目先の行事をこなしつつ、オーダー品を製作して、イベントの予定も迫って‥。
少し先の日程でも、事務作業は前倒しなので何だか焦る。
色々と抱え込み過ぎているのか、頭の中が整理できません。
今年はテーブルウェア•フェスティバルから始まって、プライベートの方面の展示も多いので、更にこんがらかっております。
訳がわからないながらも、1つ1つ順番に終わらせて行くしかありません。
3月は陶画舎の生徒展があります。
受講しているスケッチのクラスからの出展ですが、私は未だ何を出すか未定。
クラスメートの皆さんは、そろそろ額装も終わる様子で。
「1」から描こうとするのが悪い癖なのか?
「その絵で良いじゃない?」と言われても、決心がつかず〜。
もう少し、ギリギリまで引っぱりそうです。
昨日のスケッチのお題は「チューリップ」。
珍しく「言うことないです」と、Y先生が言ってくださいました。
1番下の葉っぱを切りたくはなかったのですが、茎が長過ぎた〜。
その割には、お花が小粒のチューリップです。



以前よりは、自分のスケッチを好ましく感じる部分が増えたので。
ここ数回の授業で、たぶん絵が変わって来ている。
長く足踏み状態が続きましたが、ひとつ波が来ているようです。
スケッチでは思い切った色で影を入れる事も、楽しめるようになりました。
絵付けでは、なかなかこんな冒険する勇気がありません〜。
チューリップは形がシンプルなので、彩色に早く入れたのも良かった。
居残り「ラストの1人」は珍しく、私以外の人でした。
ここのところテーブルウェア•フェスティバルに、大きな時間を取られていましたが。
承っているオーダー品の絵付けも、少しずつ進めています。
少しばかり出来上がった物もあるので、追々ご紹介して行きます。
これは陶画舎の特別授業で製作した「大理石と羽のデミタスC&S」。



大理石も羽も、自己流で描いていますが。
好きなモチーフなので、もっと上手に描きたいと受講しました。
3時間×1回、焼成を挟んで4時間×1回の授業です。
テクニカルでお世話になっていた、W先生の授業は久しぶり。
大人デザインで、やっぱりセンスの良い方だと改めて思います。
色の組み合わせは4パターン選べたのですが、このエメラルド•グリーンが気に入りました。



ソーサーはマーブル柄をお皿の形に合わせて、丸く流したのが難しかった。
今回ろくろを使ったのですが、これがなかなか上手く行かず。
W先生に(甘えて•笑)上から修正して頂きました。
こんな事ではアカンなぁ‥と、来月は単発の「ろくろ講座」を申し込んだところ。
半日、ろくろばかりの予定だそうです。
羽の根本のホワホワの部分を、思ったより1つ濃い色で描き始めたのは意外でした。
羽の鮮やかな緑色は、メタリック絵具というのがアイデア。
光によって色が変わって見えるところ、本物の羽のようです。
この週末は、日本中が歓喜に沸きました。
出かけていたので、先に結果を知ってからのテレビ観戦でしたが。
それでもドキドキ‥オン•タイムでは怖くて、見る事ができましぇん〜。
1つの道を追求し続けたメダリストの言葉は、哲学者のようでもありました。
土曜日は「インコDEぴー」さんに誘われて、急遽カッパ橋へ。



交差点の「ニイミ食器」のコックさんは有名ですが。
道ひとつ隔てたビルにティーカップが並んでいるのは、今回初めて気がつきました。



ちょっと違う所を歩くと、新しい発見が色々。
本格的な包丁屋さんは、何処も外人さんで一杯です。
五右衛門さまも茹でられそうな、大きなお釜もありました。(笑)。



食器を見て回ったついでに、代々木の食器屋さんにもお付き合い頂く。
名古屋で気に入っていた食器屋さんの、系列のお店がオープンしました。
そちらもオシャレでしたが、こちらもステキ〜。
白磁はあまり置いてなかったですが。
移動時にウッカリ割ってしまったポット(白磁)が1つだけ置いてあって、これを入手できたのは嬉しかった。



そして昨日は、久しぶりの大きな買い物をしてしまいました。
我が家のアスリート君、長く乗っているのでアチコチ調子が悪くなって来たのですが。
ちょっとだけ見に行ったつもりが、アレヨアレヨと話が進み‥今にも増して大きな車が来る事に。
寅ちゃんは場所を取らないし。
基本、夫婦2人の暮らしだというのに‥。
我が儘を聞いてあげたので、オットには頑張って働いてもらいます!
私の絵付けも、慣れっこの赤字体質は何とかしよう〜。
お留守番が続きましたが、お久しぶりの寅ちゃんです。

東京ドームのお当番で、1週遅れの振り替えスケッチ。
クラスメートのKさんが、展示を見に来て下さっていました。
Nさんはお皿の写真を撮って、先週の授業時に先生に見せてくださっ ていたそうです。
気にかけて下さって、有り難い事です。
スケッチのお題は「ラッパ水仙」でした。



授業ではいつも到着順に、 モチーフのお花を選んで行きます。
少し早く行った割には大半の方が描き始めておられて‥一瞬、時間を間違えたのかと焦りました。
余っているお花から選んだ割には「絵になる花」でした。
お花と葉っぱのボリュームのバランスなのか?
水仙は絵になります。
「構図を決めるのが速いこと」「構図が絵になっていること」「正確に形を取れること」は、Y先生も褒めて下さるので。
これはきっと、私の長所。
彩色時、もう少し速いタイミングで大きく影をつけて行けると、仕上りも速いのですが。
全体と言うよりは、ついつい細かい部分‥ひとつひとつのパーツに目が行ってしまいます。
テーブルウェア•フェスでも、豪華なテーブル•コーディネイトには殆ど興味なし。
本来は、きっとソコがイベントの1番の見せ場なのですが。
毎年、毎年、サッと流すだけです。
今年も、それは同じで。
何度行っても、1つ1つの器をジックリ見ている内に時間が過ぎます。。
「物」自体が好きなんだなぁと思います。
長かった「テーブルウェア•フェスティバル」も昨日で終了しました。
ありがとうございました。
今回はJ.P.P.A.(日本ポーセリン•ペインターズ協会)ブースに初出展、お当番もあったのでドームには随分と通いました。
最終日は体調の悪い方のピンチ•ヒッターでお当番した後、一旦帰宅してまたドームへ搬出に。
今年のJ.P.P.A.の展示は、お褒めの言葉をたくさん頂いているそうです。
ひいき目でなく私も同感。
どこを見ても素晴らしく思いました。
いつも展示を拝見する際は、勝手にダメ出ししているのですが‥今回はソレ無いです。
本当に勉強になりました。
歳はとっていても(笑)新人なので、諸先輩方を追いかけて頑張ろう!
(会員認定は3年に1度なのです。)
順当に行けば、次のドーム展示は2年後です。
その時は自信を持って、セット物が出せるようになろうと思います。
王道のヨーロピアン•デザインは「見飽きる事が無い」と、今回は強く思いました。
もうひとつ飽きないのは、藍色の器。
メーカーの展示でも、藍色のテーブルは気になります。



これは英国ブースの「スポード」
「ジアン」も和モダンのテイストです。



物販ブースでは、長崎の「川内焼き」という染付けの器にも惹かれましたが。
今回は美濃の「丸直製陶所」さんで、藍色の小さなティーカップ&ソーサーとお皿を求めました。
卵の殻のように薄くて軽い磁器です。
和紙を使った昔ながらの銅版転写で、雰囲気あります。



藍色と、レトロな「燕と桜」のデザインに吸い寄せられました。
「鳳凰」と「ブルーウィロー」のセットにも、鳥さんの姿があります。
毎年九州から出展されている「Mika's Kittchen」のミカさんも、変わらずお元気でした。
出展料が1ケタ違う(‥どころでは無い)イベントなので、毎年実績を積まれていることは尊敬!なのです。



そういえば会場で化粧品メーカーに、ワンコイン•サービスのエステ•チケットなる物を頂いて。
早速行って来たので、今日のお肌は珍しくツヤツヤなのですが。
やはり、無傷では帰れませんでした〜。(爆)
絵付けや、本や食器‥好きな物にはお財布のヒモが緩むのですが、お化粧品は勿体なく感じてしまいます。
こんなで美しくなれるハズが無いのです〜。(笑)
2日続きでテーブルウェア•フェスティバルへ。
今日はサスガにお疲れで、家におります。
一昨日は「インコDEぴー」さんと御一緒しました。
早目のランチをして行ったというのに、あれやこれや回っているとアッという間に7時‥終了の音楽が聞こえてきました。
この2人で夕食となると、必ず1杯〜。
会場内でも「好きなグラスで飲めるコーナー」でワインを飲んだり、輸入ワインのブースで試飲したり‥何だかよく飲みました。(笑)
大倉陶園のブースでは三年坂美術館とコラボした「伊藤若冲」のセットがありました。
和テイストの洋食器も新鮮。
スッキリ!と、潔く感じますね。

 



今回何よりも気になったのは、もちろん出展しているJ.P.P.A.(日本ポーセリンペインターズ協会)のブースです。
協会発足30年の記念の年なので、今年のテーマは「祝」。
私は飾り皿をチョイスしましたが、ディナーセットや、C&Sとケーキ皿や‥同じテーマとは思えない程の、2つとして同じ物が無い豪華な展示で。
色々な技術を使った素晴らしい作品が並びます。



思いがけない事にスズメちゃんのお皿は、お皿コーナーのセンターに向かい合って飾ってありました。
ありがたや〜。
周りのお皿がまた素晴らしくて、一緒に並ぶと自分に欠けている物が見えて来ます。
精進して行きたい!と、本当に思います。





昨日は夕方の2時間、このブースでお当番していました。
事故の無いよう見ながら、広く協会を知っていただく為にパンフレットをお配りしたり、ご質問に答えたり‥。
いきなり食器を握りしめて「これ下さい!」とおっしゃる方もあって、驚きました。
展示のみのブースなのですが、精魂込めて作った物には力があるという事ですね。
写真フリーなので、じっくり写真を撮られる方も多いです。
偶然、陶画舎の元同級生とバッタリ!
お2人ともそれぞれお知り合いの展示を見に来られたのだそうですが、絵付けの世界は狭い〜。
また明日は、Kちゃんと一緒に出かけます。
無事に搬入も終えて、昨日から「テーブルウェア•フェスティバル2018」始まっています。
毎年行っているイベントですが、搬入日は会場内に軽トラも入っているし、通路には荷物も山積みで‥初めてみる光景。
普段とは入り口も違うので、知らない場所に入り込んでしまったようでした。
J.P.P.A.のブースは会場の真ん中です。
役員の方がテキパキ働いておられて、出展者は作品を渡すだけ。
後はお願いして来ました。
総会の時にも思いますが、デキル女のPTA活動みたい。
役員のみなさん本当にカッコ良い、お家に置いておくには勿体ないです。



テーブルウェア•フェスティバルは、食器やテーブル•コーディネイトがお好きな方には、キラキラ輝く夢のような場所です。
リトルガーデンとして(物販ブースで)出展してみたいけど、それには出展料とか‥ハードルが高過ぎて。
本当に夢の夢なのです。
そんな憧れの場所に作品を展示できる事は、グループのお陰。
有り難い事ですね。
明日は私も遊びに行きます。
その後もお当番等でチョコチョコ行く予定、楽しみです。
いつもお世話になっている御茶の水のバードウォッチング用品専門店 Hobby's World さんでも、2月になって「シマエナガちゃんフェア」が始まってます。
店頭には、ラブリーなシマエナガちゃんグッズが色々並んでいました。
リトルガーデンもケーキ皿を納品して来ました。

東京は昨夜から、またも雪。
今回は積もりませんでしたが、寒い!
皆既日食と1日ズレていたので、せっかくの赤いお月様を観られたのは良かったです。
テーブルウェア•フェスティバルで展示するお皿、今朝ようやく仕上がりました。
明日はもう搬入です。
昨日は佐々木裕子先生のお教室でしたが、途中経過の写真しかお見せできなかった。(汗)
今頃は先生も、ようやくホッとされているカモ?です。
所属している絵付け指導者の会、J.P.P.A.(日本ポーセリンペインターズ協会)ブースで展示して頂きます。
間に合って良かった〜。
急なお窯の故障と、インフルエンザで寝込むことだけは心配してました。
何も起こらずに良かったです。



規定で直径17センチの、あまり大きく無いサイズ。
今回の展示のテーマは「祝」です。
たまたま2点展示させて頂けることになったので、対のお皿にしてスズメちゃんを製作。
お花はお目出たい雰囲気の、牡丹と芙蓉です。
二級の時には牡丹、一級の時には芙蓉‥絵付け技能士の試験でも、お題になったので描きました。
個人的にも縁起の良いお花です。



メタリックのプラチナを使ったので、鏡面のようにピカピカの部分と。
下に金下マットを敷いてザラザラにした部分は、プラチナがマットな感じに見えています。
それぞれの花の花芯は、盛り上げた上にプラチナ彩。



華やかだけど品良くを目指しました。
金やプラチナは焼成前は見え方が違うので、仕上りの想像が難しい。
ギラギラにならなくて良かったです。
前のページ      次のページ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/03 sakura]
[06/30 つきゆり]
[06/29 sakura]
[06/17 つきゆり]
[06/12 つきゆり]
[06/04 つきゆり]
[06/01 boss]
[05/30 loveuran]
[05/17 ミント]
[05/15 aki]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]