忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2019/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28    03 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
昨日のスケッチのお題は「薔薇」。
アーリエスという種類の、特に華やかなお花です。
花びらのピンクが、とても鮮やかで。
中心部はオレンジがかったベージュなので、もひとつ豪華に見えます。
アーリエスはスペイン語で「おひつじ座」の意味だそう。
ギリシャ神話によると、金の毛皮を持つ羊という事で‥中心部の、色変わりの花びらに由来しての名前でしょうか?
そして手持ちの色鉛筆では、なかなか思ったような色が出ません。



この複雑な色に(目が)引っ張られて、ついつい陰影で立体感を出す事を忘れがちに。
クラスメイトの皆様も苦労された様子で、ほとんどの方が1時間も居残りして自主制作。
おしゃべりもしないで集中して描いたので、描き終えた後はヘロヘロ〜。
精魂尽き果てました。
帰宅後は、リビングの床にバタン•キュー!
うっかりそのまま寝てしまって(笑)、今日は風邪ひき。
佐々木裕子先生の絵付けのお教室を休んでしまいました。
今日はお休みの方が多かったそうで、風邪やインフルエンザが流行っているのでしょうね。
それにしても私はたるんでる、お正月ボケがなかなか抜けないのは困ったものです。
薔薇の手前にある葉っぱ、右側の物はこちらのの方にせり出しているのですが。
描きにくいその向きのまま描いた事を、Y先生が「チャレンジャーですね」と褒めてくださいました。
PR
週末の暖かい日、予約して寅ちゃんの健康診断に。
随分と久しぶりの病院です。
光の加減で右目の瞳に濁りが見えていたのが、気にはなっていたのです。
‥やっぱり、白内障でした。
飛ぶのも下手になっていましたが、やはり視力に問題が。
白内障は加齢によるもので、人間と同じです。
綺麗だと思っていた左目も白内障だそうで、ちょっとショック!
ただ、サザナミインコの平均寿命を超えているのに、あとの事は問題無しだそうで。
(少し小太りだけど)健康な寅ちゃんです。
これまでの暮らしを肯定してくださったので、ちょっと安心しました。



お顔の周りの黄色い物は、白髪なのです〜。
後から頂いた診察票に「長生きしてね!寅ちゃん」と書いてあって、とっても嬉しかったです。
見た事のあるキャラクターと思ったら、こんな場所にも「ことりカフェ」さんが進出していて‥そのパワー、スゴイですね。



この病院でお世話になったというN様からオーダー頂いて、以前にウェルカム•プレートを製作しました。
診察室の飾り棚に、ぬいぐるみやお花と一緒に飾ってくださっているのを見つけて感激!
さすがにそこで写真を頂くほど厚かましくないので(笑)以前のブログに使った写真です。





歴代の、受付に居た鳥さん達を描きました。
嘴の噛み合わせの悪いオカメさんも育てている、優しい病院です。
診療後はKちゃんが車でお迎えに来て下さって、ご近所にあるお宅にお邪魔。
私には絶対無理な、手作り豪華ランチをご馳走になりました。
Kちゃん宅の猫のタエちゃんには長いこと寝室に閉じこもってめて頂いて、骨休みした寅ちゃんですが。
やっぱり、この子はヘタレ。(笑)
お母ちゃんの肩から一歩も離れられません。
おトイレではずして戻って来ると、必死でしがみついて来るので笑いました。
毎晩、晩酌もしているし‥お正月からこちら、遊び癖がついてしまっています。
絵付けもなかなか頑張りが効かず、思うようには進まないのですが。
スケッチは2時間の授業(+ちょっと居残り)で終わらせると、自分で決めています。
新年で初めて頑張った事は、これカモ?
ここのところ忘れて暮らしていた集中力が、戻って来ました。
お題は「チューリップ」‥あまり見かけない形ですが。
先端が尖って反り返った「ユリ咲き系」という種類です。
一見、本当にユリのよう。



オランダのチューリップ•バブルよりも、もっと昔の時代に。
トルコで栽培されていたチューリップは、この「ユリ咲き」が多かったそうです。
そう言えば、トルコのタイルや食器に名残がありますね。



これを「チューリップ」と言われたら、不思議な気がしましたが。
「ユリ咲き」のお花を見ると納得です。
久しぶりな上に、緊張感の無い暮らしが続いたので、肝心のスケッチはちゃんと描けるのだろうか?と思いましたが。
積み重ねて来た物は、裏切らない‥それを感じて安心しました。
これからのリトルガーデンの方向について、迷う事も多いですが。
一生懸命鳥さんの器を描いて来た事は、きっと自分を裏切らない‥のかな?
春が来て、新しい芽吹きがあると良いなぁと、思います。
遅ればせながら‥明けましておめでとうございます。
ユルユルのブログですが、新年も宜しく御つきあい下さいませ。


年末はムスメが一足早く出張で上京したので、そのまま長い冬休みになりました。
予定盛りだくさんのムスメの空いた時間に、チョコチョコと一緒に出かけて。
木更津のアウトレット目当てに、家族で千葉方面にドライブ。
久しぶりの海ほたる‥海は良いですね〜。



三が日まで一緒に過ごしたムスメが去った後は(仕方がないので•笑)オットと2人で神田明神。
いつもながら、すごい賑わいでした。



暇にまかせて、豊洲の市場にも行ってみました。
初セリのマグロに3億円の値が付いたという日でしたが。
とうにセリは終わっている時間だからか?ガラ〜ンと大きいだけの工場の見学のよう。



食事を出すお店の前は大行列で、閉鎖空間の狭い廊下に人が溢れかえっていました。
観光地とするには役不足。
そして分かり難いです。
すぐ近くには、こんなステキな景色があるというのに。



お休みの最後は再度、QUEENの映画「ボヘミアン•ラプソディ」に。
「応援上映」というのに参加してみたかったのです。
新宿のTOHOビルのゴジラ君が火を吹くところに、ちょうど遭遇しました。



座席真ん中辺りの一団がペン•ライトを持参していて、「なるほど〜」と(オバちゃんは)お勉強。(笑)
演奏シーンは、観客が一緒に盛り上がって良かったです。
上映終了後に立ち上がった最前列真ん中の男性が革ジャンを脱ぐと、白いランニングのフレディ•マーキュリー(もどき•笑)。
もどき氏のお陰で「フレディー!」と叫ぶ事もできて、なにか満足しました。
その後はPUB呑み‥連日、呑んでばかりのお正月〜。
遊び呆けてしまいましたが、今日からは普段の暮らし。
まず新しい手帳にスケジュールを書き込んで、絵付けもしようと思います。
今年最後の絵付けは文鳥さん達の「うちの子プレート」。
高さ11.8センチと、大きな物ではありません。
百貨店の店頭で取り扱っている物の、面積は半分。
コンパクトです。
このサイズは初めてのお取り扱いですが、オーダー品の主力に良いカモ?と、考えているところです。



お星になった子達なので、それぞれ名前と日付けを入れました。
シルバー文鳥の「ななお君」は水色、桜文鳥の「りこすちゃん」は淡いピンクの色違い。



お星になっても、お揃いの仲良しさんです。
周囲はミニ薔薇が、ひと回り。



オーダー頂いていたK様から、到着の連絡を頂きました。
早速、飾ってくださったそうです。
長くお待たせしましたが、何とか今年の内にお届けできて良かった!



お水入れも合わせて製作。
裏側にはイニシャルを入れました。



その辺りに置いてあったら、とっても可愛いに違い無い!です。



年内の絵付けは、これでお終い。
これがお仕事納めとなりました。
また新しい年も、お付き合いお願い致します。



今日1日は、年賀状の製作。
先ほどポストに投函できました。
遅いは遅いのですが私にすれば、例年より丸々2日早い進行状況。
もしかしてご近所の方への賀状は、元旦にお届け!というのも夢じゃ無いカモ?
クリスマスイヴは寅ちゃんのお迎え記念日ですが、我が家にもサンタさんがやって来ました。
以前にお願いしていたサザナミ•ポーチが、思いがけなく届いてビックリ!
まだまだ先になると思っていました。
昨年•今年と、阪神の小鳥展で御一緒した「海月羊」さんという作家さんの作品。
羊毛をウォッシュしてフェルト状にする所から、丁寧に製作される方で。
「納期はいつでも‥」と、以前にお願いしていたのです。



寅ちゃんよりひと回り大きい体長18センチ、貫禄のサザナミ親分。
翼の下にお手紙を抱えて、やって来ました。
寅ちゃん、腰が引けてます。(笑)



背中のファースナーから、中に物が入れられる仕様。
腰の周りの「サザナミのおパンツ模様」も、ちゃ〜んとあります。(喜)



これからは、バッグに入れて一緒にお出かけします。
中に何を入れようか?
使うのは勿体ないなぁ‥と、嬉しい悩み。
日頃とは逆のお客様の立場になって、お品が届いた時の喜びをかみしめました。
年内にお届けしようと思っている絵付けがあるので、私も頑張ります!
クリスマスイヴは寅ちゃんのお迎え記念日。
9年前の今日、寅ちゃんは家にやって来ました。
この頃はお顔の周りに(白髪ならぬ)黄色い物が混じるようになりましたが、まだまだ元気なお坊っちゃま。
いつまでも仲良く一緒に過ごしたいです。



今年の予定は総て終了して、2〜3ヶ月は出展の予定もありません。
東急本店で承ったオーダー品もあるのですが、この年末•年始は古くからのお客様のオーダー品を少し進めることに。
個人的にメールで承っていた頃からのお付き合いですが、この頃はイベントに追いかけられている状態。
百貨店で承るオーダー品には納期があるので、どうしてもそちらが優先です。
予め時間はかかる旨の了解は頂いていますが、それにしても申し訳ない状態なのです。
改めてモデルの鳥さん写真を送って頂いたH様の封筒に、来年の小鳥のカレンダーが入れてありました。
この頃は、種類も充実していますね。
可愛い物をありがとうございます!



一緒に「コップのフチ飾り」も入っていました。
袋には「サザナミインコ」と印刷してあるのですが、この尾っぽはどう見ても違うインコさん。
サザナミさんは前傾姿勢と、短い尾っぽがポイントです。
メーカーさんは、いったい何インコと間違えたのでしょうかね?
そう言えば、いつも出展時には御来店くださるY様‥今回はお見かけしなかったのですが‥後日お手紙と一緒に、お庭のゆずと里芋を送ってくださいました。
ここ数年は東急さんに御来店時、持参して下さっていたのです。
前回にオーダー頂いたオカメさん達のお皿を愛用して下さっているそうで、その事もありがとうございました。
ゆずは例年どうり、お雑煮に使わせていただきますね。
絵付けの展示会、東急出展と続いたので、終わってしばらくボ〜ッと暮らしていました。
搬出の際に右手中指の爪を割ってしまって、手を使う気になれなかったというのも。
だんだん指の違和感が無くなって来たので、年内にもうひと仕事頑張ります!
昨日•今日とで、通っているお勉強の方は終了しました。
昨日は久しぶりのスケッチ。
お題は「ポピー」です。
今回は色より形を重視しようと、あえて白いお花をチョイスしたのですが。
咲いたばかりの花は、細かい畳みじわのような物が花びらに沢山入っていて難しかった。
でも、今年を締めくくれるくらいには出来上がりました。
ずっと通っているスケッチですが、この1年は絵が大きく(良い方に)変わった自覚があります。
地道に続けていても、変化はなかなか目に見えず‥じれったい程ですが。
ある時ポ〜ンと、一段上がったという感じがする時があるのです。



取り仕切ってくださる方があって、授業の前には有志で忘年会。
主婦の集まりなのでランチでしたが、ビールで良いご機嫌。
スケッチもサラサラ進みました。(笑)
大昔(笑)、この原宿近くにある桑沢デザイン研究所という学校の学生でした。
その頃から変わらずにある、南国酒家という中華レストランでのランチ。
この移り変わりの激しい街で、ずっとそこに有るというのはスゴイ事で。
誠実なお仕事への姿勢、尊敬します。
今日は佐々木裕子先生の絵付けのお教室でした。
クラスメートの皆様も、展示会の大きな山を超えて気が抜けているご様子。
私もまだ次の製作を考えられなくて、丸筆でローズ•ボールや勿忘草や‥小さい物の基本練習をしていました。
夏にJ.P.P.A.(日本ポーセリンペインターズ協会)の、3年に1度の大きな展示会がありましたが。
その時の作品集が届きました。
入会を認めて頂いて初めての参加だったので、後からこんな立派な御本が頂けるとはビックリ!



2日間の展示の合間に300名余りの作品をよくまあ綺麗に撮影できたなぁと、プロのカメラマンさんのお仕事に感心しました。
編集に携わった委員の方にも感謝!
出展されている先生方全員の作品集‥豪華でスゴイです〜。
お勉強にもなって、これは嬉しい!
東急さんで搬出の際に忘れ物をして、昨日は引き取りに。
最終日の夕方に御来店予定でお取り置きしていたドア•プレート‥お仕事で、閉店時間に間に合わなかった様子でしたが。
引き取りに来て下さる旨、ご連絡も頂きました。
(その後また今日に、お誕生プレゼントしたお友達が喜んで下さったと連絡頂きました。)
W様、ありがとうございます。
8階のギャラリーでは、小川和也さんの絵画展が開催中です。
自然の中の鳥や動物を活き活きと描く画家さんで、お客様のK様ご推薦なのです。
少し前に東武百貨店のギャラリーでも拝見しましたが、今回は一層豪華。
背景にテクスチャーを加えたり、金箔を多用したり‥してありました。



本店に隣接しているBunkamuraは、クラフト•マーケットの初日。
工事でお休み期間があったので、2年ぶりの開催で。
26日まで3期に分けて、出展作家さんが入れ替わります。
続けて出た事もあるので、懐かしい名前を見つけて立ち寄りました。
ビーズ作家の「Junko.trois」さんをお茶に誘って。
「コスチュームジュエリーkiki」さんも頑張っておられました。
そして陶芸の「中島圭一郎」氏。
元は波佐見焼きの窯元で修行された作家さんです。
どの器の中にも物語があって、面白いのですが。
2〜3年ぶりにお会いしての第一声、感想は「大人になったね〜!」。
余白の使い方なのか?作品を拝見して、そう思いました。
少しずつの変化なので御本人は感じてないそうですが、人の事はよくわかる。
私的にはホロホロ鳥が好きでしたが。
カエル好きのオット用に、お茶碗をお迎え。
お茶碗の周りを気持ち良さげにカエル君たちがス〜イスイ。
いいオジサンのオットですが、喜んでいます。



東急本店の今年のクリスマス•ツリーは不思議な色です。
ハートのライトが、鼓動のようにドキドキしているのが可愛い。



オットと待ち合わせをして、回らないお寿司を食べて帰りました。
何から何までイイ日!でした。
東急本店の1週間の出展が終了致しました。
さすがに体はお疲れで、昨日•今日と寅ちゃんとゴロゴロ過ごしています。
お運びくださった方にはリトルガーデンの鳥さんのお迎えや、お心遣いもありがとうございました。
6日目はイラストレーターの原千恵子さんもお立ち寄りくださり、美味しい長野のお土産ありがとうございました。
こちらのブログでご紹介する頂き物は「トリ系」に偏った物になりますが〜。
鳥撮りをなさるS様から、今年も立派な!写真集を頂きました。
ツグミさん、可愛いですね。
今回の新作の野鳥の「扇のお皿」は、殆どをS様が昨年下さった写真を見て描きました。
上部にチョコット見えるのは、これも頂いた「日本野鳥の会」のピン•バッジです。



ネコ派の友人Aさんが、プレミィ•コロミィで鳥さんのクッキーを選んでくれました。
鳥グッズの多いこのお店は、池袋駅にも常設店があるらしい。
手前にあるカラフルな鳥ラベルの瓶は、いつもオシャレな鳥の物をご存知のK様から頂きました。
なんと、新潟の日本酒なのです。



同じくK様から、前回出店時にオーダー頂いたハクセキレイのドア•プレートの写真も頂きました。
ベランダに遊びに来てくれたハクセキレイ君と一緒です。



今年最後の出展は、絵付けの方の展示に追われてちゃんと準備が出来なかったという反省もありますが。
それだけではない‥一旦立ち止まって、今後の方向を考えたいと前々から思っていた事。
そこのトコの問題をつきつけられた気がします。
店内のお客様も、いつもより少なくて苦戦しました。
最終日、最後の最後に「うちの子プレート」のオーダーを山ほど頂き、なんとかギリギリ•セーフな感じ。(汗)
ニャンコを沢山描く事になりました。
脇の方に地味に置いてある「うちの子プレート」のサンプルですが、お客様は意外と反応して下さいます。
次回は展示の内容を少し変えて、このプレートをアピールして行くのが良いのかな?
ずっと好調だったので、今までで1番パッとしない結果でしたが(汗)既に次回のお話を頂いているので、真剣に道を探って行かなければ!
この売り場で「鳥の食器」を売って行くには、絵の大きさとか‥デザイン修正して行く必要があるのカモ?しれません。
「可愛い〜!」と言って下さる方は多いですが、子供っぽく見える大きさかも?しれない‥と、ちょっと思っています。
肝心の鳥イベントは安価な量産品の食器が色々出回っているので、この頃は出展を見合わせ気味。
どうしても高価にならざるを得ない手描きの立ち位置は、今の鳥イベントではキビシク感じるのです。
東急さんと御縁が出来てからは、白磁のグレードも良い物に上げたので。
そこでまた、もうひとつ高価になっています。
お手頃なお値段にという方向には、間違っても進めない。
それでもお求め頂ける物を作れるよう、精進して行かなければ〜!と思います。
前のページ      次のページ
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8
10 11 13 14 16
17 18 20 22 23
24 25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[02/22 sakura]
[02/20 つきゆり]
[02/16 sakura]
[02/16 つきゆり]
[02/12 つきゆり]
[02/06 つきゆり]
[01/31 オカメのママ]
[01/28 つきゆり]
[01/26 boss]
[01/25 sakura]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]