忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
今週はお出かけが続きます。
佐々木裕子先生のお教室では、お教室の展示会に出すお皿にロクロで金彩を入れました。
展示はもう今月末で、最後の仕上げ作業です。
最近ロクロは引けるようになりましたが、マット金を使うというのに苦手意識が。
ピカピカの赤金は水っぽくてサラサラしているので、扱いが楽‥そこそこの自信もあるのですが。
マット金は乾き易く、筆が重くなります。
ロクロのスピードで、筆がかすれそうな気がして尻込み。
特に、油性の金は乾き易いのです。
同じマット金でも水性の方が扱い易いそうですが、金は高価な物ですし。
今でも赤金、マット金、白金、マット白金(総て油性)と種類を持っているので。
これ以上は、もう増やしたくない〜(汗)という所です。
コツはロクロをゆっくり‥という事で、なんとか行けました。
帰り道には佐々木先生とクラスメートをご案内して、銀座のギャラリー「坐STONE」へ。
陶画舎の講師の先生方、6人展の初日でした。



オーソドックスな絵付けとはまた一味違う、個性豊かな素晴らしい展示です。
佐々木先生も「これは、もう芸術家よね。」とおっしゃっるし。
陶画舎の先生は、佐々木先生がお運びくださった事に恐縮して下さるし。
両方大事な私としては、とても有り難い事です。
初日というのに、多くの作品に「ご約定」の札が付いていました。
この時期の恒例行事になった感もあるので、楽しみにされる方も多いのでしょうね。
偶然、陶画舎の元クラスメート達にもお会いできて、こちらの展示会のご案内も。(笑)
W先生の小品が気に入って、お迎えしました。
テクニカルの授業でお世話になった先生で、元は陶芸の勉強をされた方なので、作陶からなさったという作品はお宝かも?
小さな鳥さんも描いてあったのが、最後の決め手。(笑)
展示が終わって手元に来ましたら、ご紹介しますね。





オーダーの絵付けの方も、少しずつ進んでいます。
まず、小鳥と植物を淡く描いて。
絵の部分をマスキングして、背景を黒くつぶした所。
今は、もっと描き進んでいます。
PR
爽やかな秋晴れの日が続きます。
今日は、随分久しぶりの新国立美術館へ。
デザイナー仲間の、Y子さんとAさんも久しぶり。



東山魁夷‥このパンフに載っている「道」とか、有名どころの絵をいくつか知っているだけで。
「日本画の巨匠」くらいの認識でした。
きっと、お誘いが無ければ行く事は無かったです。
風景画にはあまり興味が無い私ですが、これが想像以上に良かったのです。(巨匠に失礼な!)



どの絵も大きなサイズで、そのエネルギーにまず驚く。
構図が大胆で、色がとても美しいと思いました。
細密では無いけれど「その情景の空気感を感じる絵だなぁ、さすが巨匠」と、思いながら唐招提寺御影堂障壁画の部屋に入ると。
そこは別次元の世界で、絵の迫力が迫って来ました。
思わず「わ〜ぁ」と、感嘆の声をあげてしまうほど力のある絵。
鑑真和上坐像を安置する御堂の襖絵だそうで、そのままお部屋を再現しています。
海を描いた「濤声」の部屋は、本当に「ザーッ」と波音が聞こえて来るようでした。
山から雲が沸き上がっている「山雲」は、静けさと湿り気のあるひんやりした空気がまとわりついて来るように感じました。
鳥肌が立つというのは、こういう事なのだなぁと思って‥一見の価値があります。
そのスゴイとしか形容しようがない画が、67歳の製作だそうで。
この頃は、直径30センチのお皿を描きながら(お皿を持つ左手が)「重い〜」と弱音を吐いていますが。
見習って私も「ピークは67歳で!」と、目標を決めました。
もう暫く猶予があります。
最後の製作は90歳ですから、本当に尊敬の一言です。



ランチは、この円柱の柱の上にあるポール•ポキューズで。
昔は長〜い行列で何度か諦めましたが、今日は少し待つだけで入れました。
お料理は美味しかったけど、サービスの方達の動作が雑に感じる。
美術館の簡易レストランなので、仕方ないのでしょうかねぇ?
昨年はサボッてしまったので、今年は健康診断に行きました。
ついついおっくうになりますが、イイ歳なのでちょっとは真面目に。
結果はまだ先ですが、身長が全く縮んで無かったことに安心。
老化の兆候なのだそうですよ。
座りっぱなしの日も多いので、何か体に良い事をした方が良いのカモ?と思いつつ‥。
過去にはスポーツ•ジムやテニス教室、プールと、かなり長く通っていた事もあるのですが。
真面目な人なので(笑)半日前から他の事が手に着かなくなってしまう‥考えてしまいます〜。



少し前にリボンのふた物を作ったインコさん達のティーカップ&ソーサー。
随分前に写真も送ってくださっていたというのに、何かワサワサと慌ただしく、ご紹介が遅くなりました。
パステルのブルーとピンクと、2つ並ぶと綺麗で爽やかですね。



カップ&ソーサーは久しぶり、最近は小さなデミタス•セットばかり描いていました。
ちょっと甘い感じのデザインの食器がお好みという事で、ちょっとフリフリッとしたこの器。
セキセイのハッピー君はブルーで。



アキクサインコのラッキー君はピンクで。
今回も、添えのお花は紫陽花です。



フチの所々に入れた淡い色をパディングした飾りが、気に入っていただけて良かった。
カップの裏にも紫陽花を描きました。



ハッピー君とのスリー•ショットも可愛いですよ。



お星になったラッキー君のブリーダーさんのご好意で、思いがけなく新しい家族が(2羽も!)増えて。
急にM様のお宅は賑やかになったのだそうです。
アキクサインコのルビノーという種類は名前のとうり、お目々は赤いルビーのようで。
ラッキー君に似た、とっても美しい色のインコさん達です。

急に思いついて、午後からお墓参りに行って来ました。
お彼岸にも行ってなかったので、久しぶり。
途中、守谷のサービス•エリアで、懐かしいアヒルさんに会えました。
施設が長く工事中で、池もずっと壁で覆ってあったので、どうしているのか気にはなっていたのです。
グワグワ鳴きながら寄って来ました。
元気で良かったです。



空が綺麗な晴れた日で、帰り道はお月さまもまん丸。
十六夜(いざよい)の満月だったそうです。
知っている方のセキセイインコさんが虹の橋を渡ったと、ツイッターで知って。
朝から空が気になる日でしたが、一日中穏やかな空で‥名前がソラ君というのですが‥お空に愛されているのだなぁと、しみじみ思いました。
月曜日には有楽町へ。
高校の同級生Oさんがお孫ちゃんに会いに上京していて、神奈川在住のB子さんと3人で集合。
リクエストがあって、私もまだ行った事の無かったミッドタウン日比谷へ行きました。



お向かいに東宝ビルがあるので、ゴジラ君が立っています。
よく見ると、頭の上で鳩がのんびり日なたぼっこしてました。
食べられちゃうよ〜(笑)



この頃は人混みを煩わしく感じる事も多いですが、このビル好きです。
今ドキの流行なのか窓が大きくて、空間もゆったり〜。
2階レストランのバルコニー席からお隣の日比谷公園を見下ろしながらのランチは、開放感ありました。
外につながるテラスには、ヤマガラさんが遊びに来てビックリ!
6階のテラスは更に景色が良くて、皇居の緑が広がります。
ここで軽食を広げている方も居ました‥気持ちはわかる!



週末は混むのでしょうが、のんびり出来るのが1番の贅沢。
気持ち良くおしゃべりできる事が重要。
きっと思う事は同じで、似たようなお年頃がゾロゾロと多かったです。
7階より上のオフィス•ビルで採算が取れる様子で、そんなお客ばかりでも良いという余裕を感じました。(笑)
銀座シックスの屋上は水場もあって、もっと人の手が入った印象。
この空間が銀座の一等地にあると思うと、贅沢過ぎですね〜。

少し前に大阪に飛び立った子達、どちらのお宅にも無事に到着したようで。
御依頼主様から喜んでくださってる旨、連絡を頂いてホッとしています。
「宝ものです」と言っていただくのは、作り手にとって幸せな事です。
後は東急本店に、最後のお品を納めればオーダー完了なのですが。
最後の最後が大物で、まだまだ時間がかかりそう‥引き続き頑張ります!
ご紹介するのは、仲良しのセキセイさんのお皿。
先日のオシドリさん御夫婦と同じお皿です。



一昨年は阪神の鳥イベントに委託した流れで、京都の伊勢丹にも少し出品したのですが。
たまたま通りがかって「メンフクロウの飾り皿」をお迎えして下さってからの御縁の、O様からオーダー頂いた物。
少し前に写真をアップした一輪挿しのコザクラの「サクラちゃん」も、O様の御実家の子です。
モデルさんは、お家で可愛がっておられるセキセイの「ねね丸ちゃん&もも丸ちゃん」。
淡い色の、綺麗な子達。
裏には藍色で、2人の名前を入れてます。
ねねちゃんは胸に、白いハート•マークが入っているのが特徴的。



ハナミズキのお花がお好きという事で‥街路樹によくありますが、初めて描きました。
そう言えばこのお皿では、オシドリの水面も初挑戦でした。
オーダー頂く内容は色々なので、毎回ホント勉強になります。
初めてのモチーフは写真を見て「あ〜でもない、こ〜でもない」と、特徴を探します。
実際はお家の中で暮らしている2人なので、枝に留まる事は無いですが。
くっついて横に並んでみたり、好きなシーンが作り出せるのは絵の良い所ですね。
周囲はプラチナで一周しています。
店頭にお見本で置いてあったお皿で使用したイングレーズ絵の具が、廃盤になっていて。
手持ちの物では足りないし、色味が違うと印象も変わるので、心配しました。
オシドリのペアと計3枚のオーダーを頂いていたので(冷や汗をかきながら)他の2色を混色して、作った藍色です。
上絵付けの絵の具は(特殊な場合を除いて)混色もよくするのですが、イングレーズ絵の具も混色できるとは初耳。
特殊技術を知り抜いた陶画舎のW先生に御相談して、初挑戦。
気候が良くなったからか、それとも疲れているのか‥寝ても、寝ても、眠れます。
ここのところ毎日のように、寅ちゃんと一緒にお昼寝タイム〜。
「寅ちゃん、一緒におやすみしよう」と言うと、ちゃんとソノ気になってくれる様子で。
付き合ってくれる、可愛い子です。
寝る気が無い時でも、側でジッとおとなしい。



今日も2人で一緒にお昼寝の後、スケッチの授業に行って来ました。
「体が重い〜」と思っていても、一旦出かけてしまうと元気が出ます。
お題は、秋の花「コスモス」。
何と言っても「秋桜」と書くお花なのです。



シンプルなお花なので、簡単かと思いましたが‥ことのほか、葉っぱが大変。
後半は目で追い切れなくなってしまう。
(意外と!)キッチリした性格なので、雰囲気で誤摩化すのはストレスなのですが。
Y先生が「出来上がりが楽しみ」と、おっしゃって。
葉っぱの遠近感を褒めてくださったのは嬉しかった。
淡いピンクのお花は、風の無い室内でもそよいでいるように見えました。
お花のボリュームは、考えていたよりずっと小さい‥草の部分が大きいです。
前回の「いちじく」は、後から見直すと今ひとつの感がありましたが。
このお花は、サラッと描いてあるのに動きを感じます。
やっぱり、お花を描くのは楽しいですね。
絵付けでアップしたい物もあるのですが、まずはスケッチから。
毎年気になりながらも行きそびれていたクラフト•イベントに、今年はようやく行けました。
全国から手仕事の作家さんを集めた「工房からの風」。



千葉の地元のクラフト系企業が、作家育成の為に企画しているようで。
社有地の小さな鎮守の森に、沢山の販売テントが並びます。



出展には審査(年齢制限も•笑)もあるらしい‥とても作品のグレードが高く、見応えありました。
地面の上の小さなお店ですが、百貨店に単独出展してもおかしくない作品ばかり。
実際、デパートのエージェントさんが声をかけている所にも遭遇しました。
それぞれ結構良いお値段でしたが、手間を思えば納得の行く物で。
「これだけの仕事をしているのだから、この価格で売りたい」という自尊心を持った姿勢、見習いたいです。
私は量産品の価格と見比べて、どうしてもフラフラ〜してしまう。
これは自分が消耗する元となります。
工場の大量生産品が悪いとは思いませんが、手仕事はかかっている手数が圧倒的に違うのです。
染め織り•陶磁器•木工品は、特に多くの作家さんが出展していました。



気になって、何度も足を運んだのは「竹下努」さんという陶芸家さんのテント。
売るほど持っているというのに(笑)、やっぱり食器が好きです。
どこか控えめで奥ゆかしい白い器で「この人の造形、好きだわ〜!」と思う。
ご本人も、そのような感じのお兄さんです。
陶器かと思ったのですが、磁器に釉薬を工夫しているそうで。
李朝白磁という昔の韓国の焼きものにインスピレーションをもらって、作陶されているのだそうです。
岐阜の土岐に築窯されていて‥この夏に行った多治見と、お世話になっている深山食器さんのある瑞浪とに挟まれた街で‥勝手に親近感も感じてしまう。
一輪挿しをお迎えしました。
高さ6センチの割には幅広で、一輪には口径が大きいのですが。
「落ちた椿の花を入れたら‥」という竹下氏の言葉も、ステキに感じました。



古い友人のKちゃんが、趣味の織物仲間と4人で行くというのにオマケで混ぜて頂いたのですが。
ジャンルは違いますが、物を作る人達との話も面白かったです。
明けて今日は、川の向こうの埼玉でファーマーズ•マーケットが開かれているというので行ってみました。
青山で開催されているマーケットと比べると、お店の数も、オシャレ具合も、今ひとつですが‥6月から毎月開催されているそうで、育ってくれると嬉しい。
地元農家さんの無農薬野菜や、愛媛から来られたお魚の燻製屋さんや‥美味しい物は買えました。
今晩の晩酌の友「タコの白子と内蔵のスモーク」はビックリ!の美味しさでした。
明日の「天然ブリのスモーク」も楽しみ〜。
クラフト系のお店も出ていましたが、昨日良い物をみたばかりの肥えた目にはトテモ、トテモ‥。
子供だましのように感じて、素通り。
ここのところ手がけていた一群が一気に仕上がって、今日は東急さんと阪神さん‥2つの百貨店に納品!
阪神本店には、先ほど宅急便を発送しました。
少し日にちがかかりますが、追々連絡が行くと思います。
こちらは東急本店に持参した、周囲にイングレーズ絵具を使ったお皿。
1辺20センチ弱のペアのお皿です。



野鳥写真の撮影をなさるA様から、写真を頂いて描いたのはオシドリの御夫婦。
本当の意味でも、ペアのお皿です。
長く鳥絵付けをしていますが、水辺の鳥を描くのは初めての事でした。
このデザイン、いつもは周囲にプラチナを巻いているですが‥ご希望でプラチナ無し。
フチの白さが見えないよう、イングレーズの青を回り込ませています。



まじまじ見てみると、オシドリ男子は美しい〜。
光の当たり具合で、色々な色が見えます。
嘴も鮮やかな赤。



この起き上がって羽ばたいているポーズ、ステキですね。
オスの特徴的なイチョウ羽は、折り畳んだような形に見えました。
私的にツボだったのは、脇腹の細いシマ模様で。
雰囲気を残しながらお腹が立体的に見えるよう、何度かやり直しました。



オシドリ女子はそれに比べると地味ですが、優しい目をしています。
チラリとだけ、鮮やかな青い羽が見えました。



周囲は桜なので、水に散った花びらも浮かべてみました。
オシドリ夫婦は、仲良し夫婦の代表のように言われますが。
実は毎年パートナーをトリ替えるのだそうですよ。(笑)
9歳を過ぎた寅ちゃんですが。
寄る年波には勝てないのか‥遊んでいたと思ったら、そのままコックリ、コックリ。
私自身も体力が落ちているのを実感しているので、その感じはヨクわかります〜。
寝姿は、寅の方が100倍可愛いですが。(笑)



いつまで経っても私にとっては、愛する小僧の寅ちゃん。
まだまだ元気でいてもらわないと!
「うちの子お茶碗」は、ご紹介が随分と遅れてしまいました。
このオカメさんは何度も描いている、お馴染みの子達です。
向かって左のルチノーさんは少し前、同じポーズでドア•プレートも製作しました。



立ちものは、ただでさえ写真を撮るのが難しいですが。
側面が逆向きの傾斜になっているこの形は、更に上手く撮れません。(汗)
添えは「桜」というご希望だったので、等間隔で3カ所に桜の固まりを描いています。



ぶどう目の凛々しいヴァンツァーちゃんと、赤目のおっとりしたジンジャーちゃん。



このお茶碗、とってもステキな形なのですが。
ちょうど中央に滑り止めの段差がついています。
実際は写真程は目立ってないのですが、この段にお顔をかける訳には行かないので。
レイアウトには制限がかかってしまう〜。
口の内側には、淡いピンクでロクロを引いています。
また暑さが戻って来ました。
お出かけ日和ではありますが‥ここは我慢、絵付けを頑張っています。
そしてちょうど1週間前に納品した写真を、まだ上げていませんでした。
まずは、お皿から‥。
写真を撮ろうと三脚を出したら、かならず威嚇しに来るこのお方。
お顔の周りに黄色い羽が増えて来ました。
もう9歳を過ぎたので、人間で言う白髪なのでしょうね。
この夏は飛ぶのが下手になりましたが、まだまだ元気でいてくれる寅ちゃんです。



これは以前にマグカップをお求めくださった方から、追っかけオーダーを頂いた「おやつ皿」。
マグのソーサーとして使えるよう、柄を合わせてクローバーを描きました。



それより少し大きいサイズのケーキ皿は、ルチノー•オカメさん。
向かい合わせのペア•セットで、周囲は桜と木いちごです。



ここのところ桜のリクエストが重なって、よく描いています。
これは周囲にモチーフを飛ばしたデザインなので、桜の枝も短く切って飛ばしました。



同じお皿で、コザクラインコの「チー助くん」も。
東急本店の外商にお勤めの方からオーダー頂きました。
納品後スグに取りに来てくださって「そっくり!」と、喜んでくださっていたと聞いて嬉しい。



片足をお腹に突っ込んだまま、休憩中のチー助くんです。
コザクラインコさんは、お顔が赤い子が多いですが。
赤は近い色が出せるよう、毎回とても気を使います。
上絵付けの赤は何色かありますが、他の色と混色できない上に、ベタッとした調子の仕上りになるので‥私は滅多に使いません。
コザクラさんのお顔の赤も、木いちごの実の赤も、他の色の混色で出しています。

前のページ      次のページ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/06 まーれ]
[12/05 れもんまーとる]
[12/05 れもんまーとる]
[11/26 waka]
[11/26 boss]
[11/21 sakura]
[11/20 つきゆり]
[11/20 sakura]
[11/09 boss]
[11/08 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]