忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2019/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
本日で東急•吉祥寺の「吉兆 吉鳥 とりづくし」が終了しました。
お客様の出足も、だんだんと増えて来た様子で。
店頭に居ない間に、飛び立った鳥さんも居ました。
お客様も、お世話になった作家さん&スタッフさんも、ありがとうございました。
今回は全くご案内もしてなかったというのに、毎日のように顔馴染みの方々が来店して下さいました。
初日には、いつもオシャレな鳥のお菓子をくださるK様から、ルリビタキのチョコレートを頂きました。
ホント、オシャレなパッケージです!



そして最終日の今日は、フラフラとバナナ•シェイクを飲みに行っている間に訪ねて下さった方あり。
3階は「武蔵野マルシェ」という、色々なお店が混在した面白いスペースになっていて。
気に入って、しょっちゅう通っているのです。
どなたかなぁと思っていたら、お久しぶりのN様でした。
お皿をお迎え頂いた上に、お土産まで頂いて申し訳ないです。
先日、掛川花鳥園で開催された「小鳥万博」で、お迎えされたという「おかめのほっぺ」さんの羊毛ブローチを頂きました。



とても人気の作家さんで、御本人もサザナミ飼いさんなのです。
日本中から鳥作家さんが集まる小鳥万博は面白そうで、出てみたいような〜。
でも高級食器というアイテムは、イベント向きでは無いような〜。
鳥雑貨のカテゴリーに上手く入って無い気もして、悩ましいです。
武蔵野マルシェには骨董品屋さんもあって、昭和30年代に美濃で作られたデッドストック品をお迎えしました。
歯ブラシのスタンドですが、ペン立てにしても良さそう‥これは絵付けをしないで、自分で使います。
私と似たようなお年頃なのに、陶磁器は古びる事も無く、まだ価値を保ち続けています。
素晴らしいですね!



ここのところ無理無く、鳥絵付けを続けて行く方法について考えているのですが。
半分冗談で「私、鳥の骨壺屋さんになる!」と、口にしたところ。
周りの作家さん達が全員「それイイ!」と大賛成で、ちょっとビックリ!
それはチョット極端ですが、検討の余地はあります。
PR
東急•吉祥寺の「吉兆 吉鳥 とりづくし」は、アッという間に明日が最終日。
東急ハンズのイベントの脇に、小鳥コーナーが設けられています。



スチールのラックというのが、とても残念な仕上り。
周りの環境は、お皿の見え方にとても影響します。(涙)
しかも、この棚が正面を向いてないのです。
その横にあるテーブルの小さな隙間で、デモをする事になっているのですが‥サボってばかり〜。



鳥イベントの初日と言えば、朝から行列‥が恒例でしたが、落ち着いた雰囲気の中、何気に始まりました。
この頃は鳥イベントもアチコチで開催されているので、特別感がないのでしょうか?
今回DMハガキ等も無かったので、宣伝も足りないのカモ?
それでもお客様のご来場数は、日を追うごとに上向いているようで良かったです。
吉祥寺は3〜4年前に、ここの食器売り場に単独で出展した事があるのですが。
あまりシックリ来ない感触だった事を、初日に思い出しました。
土地柄なのか?お手頃価格の物も多いイベントだからか?
「きれい〜」と言って下さった後に(価格を確認して)「高っ!」という声も耳に入って来たりもして、ひっそりと傷つく。
東急本店では、それは皆無なのです。
かと思うと「良い食器を使っていますね」「手間がかかっているのに、良心的な価格ですね」と、声をかけてくださる方も‥1日におひとりくらいは。
そこを分かってくださると、とても嬉しいです。
売り場をお休みした日には、お隣の「工房いずみ」さんがセールス•トークをしてくださっていました。
シルバー•アクセサリー作家の、とても良いオジサンなのです。
お陰様で再度足を運んでくださる方もあって、良い御縁がいくつか出来た事は嬉しかったです。
鳥話も楽しいですが、作家として行っている以上はお皿に興味を持って頂かないと始まりません!
今日はまたお休みして、ムスメのお使い。
4月から転勤で戻って来るので探した新居が(新築物件なので)ようやく内見解禁でした。
今ドキはスマホでカメラや動画を撮って、そのままLineで情報を送れるので便利ですね。
良い環境で、ひとまず安心!
イベント最終日の明日は、5時までとなります。
私はお昼過ぎ‥1時頃に到着の予定です。
明日14日から、東急•吉祥寺店で鳥イベント、「吉兆 吉鳥 とりづくし」が始まります。
ホームページのトップでも、お知らせが遅れてしまいスミマセン〜!
初日の14日(木)と16日(土)•17日(日)は店頭に居ります。
この3日間は「うちの子ミニお皿」のオーダーも承ります。
鳥イベント限定アイテムにしているので‥今年の東京は、たぶんこの1回になりそう。
今回は多数の作家さんが出展されてレジが複雑な為、オーダーはこの1アイテムです。
久しぶりの鳥イベントなので賑やかで、楽しそうです。
荷物はとっくに送り出したのですが、今晩が搬入。
手持ちで、ドア•プレートを持参します。
「ドアにかけるのですか?」と聞かれる事も多いのですが、どちらかと言えば壁かけの方が安心。
要はウェルカム•プレートです。



水色と淡いピンクの2通り。
皮ヒモの色も、紺とマゼンタの2色を使っています。
今回、初登場の子達はキバタンさん、マメルリハさん、ヨウムさん。
鳥さん達と、お越しをお待ちしています!

ここのところ気力が出なくて、昨日はスケッチをお休みしてしまいました。
出好きの私は何処へ行ったのか?
今日の佐々木裕子先生のお教室も、(電車に乗って)出かけるのが億劫‥と思いながら。
体にムチ打って行ったら‥楽しかった!(笑)
動いてみると、気分も変わるものです。
先日ポットにも描いたラズベリー、お願いして先生のデモンストレーションを見学しました。
次回は、もう少し軽やかに描けるカモ?です。
帰り道には陶画舎のバーゲンにも寄って、金液とか‥足りない物も購入。
久々に有意義な1日でした。
1週間後の東急吉祥寺イベント「吉兆 吉鳥 とりづくし」、店頭に居るのは初日と土日になりますが。
その3日間は「うちの子ミニお皿」のオーダーを承ります。
直径10センチ余りの小さなお皿。
以前はもっとワンポイント的に描いていたのですが、だんだん大きくなって来て‥もはや飾り皿。
お見本を作ろうと、寅ちゃんにモデルをしてもらいました。



10年近く一緒に居るのに、お皿に描くのは初めて。
(1度、水彩スケッチは描いたことあります。)



10年以上前に描いた先代インコの「梅ちゃん」のお皿と比べると、サイズもちっちゃい!(汗)
ごめんね寅ちゃん。
なかなか本当の、うちの子までは手が回りません〜。
でも、やっぱり10年前と比べると、上達の跡が見えます。



また寒さが戻って来た、雨のお雛祭り。
例によって今年もお雛様を出しそびれたので、当分ムスメに良いお話は無いのかも〜。(爆)
それはともかく、今月からは暫くイベント出展が続きます。
今年最初の出展は、東急吉祥寺店で3月14日から始まる「とりづくし」。
東京では久しぶりの鳥イベントになります。
私は初日と土日、店頭に居る予定です。
これは初出しとなる、小ぶりのポットと煎茶椀。
本当は、他の宣伝パンフレット向けに作ったのですが〜。
とりあえずは展示しないと‥なにしろ自転車操業なのです。(笑)



オカメさんに添えたのは、ラズベリーの赤い実です。
ポットの蓋の持ち手も、赤いポッチにしたのが可愛い。



表はルチノーさん、裏側はノーマルのオカメさんです。



今回は煎茶椀も数が御用意できないので、ポットと3点セットで置いてみようかな?



ひと手間増えましたが、ろくろで口縁に赤い線を1周したのも可愛く感じています。



4月は大阪の雑貨ギャラリー「ひなた」さんが「とりことり」展に声をかけて下さったので、今年も参加します。
5月は恒例となった、東急本店の特選洋食器売り場。
6月は阪神•梅田本店の「小鳥ガーデン」。
しばらく気が抜けて暮らしていたのに‥ふと気が付くと、そんな事になっていました。(汗)
2月22日は「ニャンニャンニャン」の「ねこの日」だそうです。
偶然この日にニャンコ達のお皿を納品に行って、知りました。
「文鳥の日」や「インコの日」なんかは、モチロン前から知っていたのですが〜。



この子は先日の「ゆきちゃん」の御縁で、その後にお迎えされたのだそうです。
多頭飼いされてガリガリに痩せていたという「むぎちゃん」。
未だに人が怖い子だそうですが、新しいお家の御夫婦には甘えているとか。
推定13歳という事なので、お歳が行っていますが。
こちらをジッと見つめる真っ黒なお目々の為か?、幼く見えます。



保護された当時の「ゆきちゃん」の写真を見て描きました。
心なしか、少し不安気なお顔に見えます。
このぬいぐるみが、お気に入りのオモチャになったそうで。
一緒に描いてと、リクエストがありました。
こういう色の猫を「サビ猫」というのだそうですね。
調べてみると、鉄サビのサビから来ているのだそう。
ちょっと可哀想なネーミングです。
むぎちゃん、今度こそ幸せになってね!
ここ暫くニャンコが続きました。
あと1枚、残っているのですが。
写真を受け取るのが遅くなった事もあって、ちょっと切り替え。
当面は鳥絵付けに戻ります。
半分忘れて過ごしていましたが、3•4•5•6月と出展が続きます。
カタログに載せる写真用の作品も作らなければ〜!‥締め切りは目前なのです。
1〜2月と何も出展予定を入れず、そこそこ自由に暮らしていたので。
このまま、のんびりしていたい今日この頃。
なかなかエンジンがかかりません。(汗)
オーダー頂いた「うちの子プレート」ニャンコ版は、保護猫の「ゆきちゃん」です。
10年近く野良猫で人に慣れなかったそうですが、哀愁があり皆に愛された子だそうです。
左の耳はさくら耳‥避妊した目印でカットされています。



一昨年の夏、衰弱していた為に捕獲に成功。
オーダー下さったO様の妹様が入院させて、退院後は一生懸命に面倒を見た子です。
病気の為に、だんだん左側の目や口が変形し初めていたそうです。
昨年4月に虹の橋を渡ってしまったのですが、亡くなる数日前にも意識が無くなり。
そのまま逝ってしまうかと思っていたら、なんと意識を回復して。
看病疲れで側でウトウトしていた妹様のお腹に乗って、顔を舐めて来たのです。
ゆきちゃんが自分から近付いて来たのは、これが最初だったそうで。
猫の恩返し‥ゆきちゃんは有り難く思っていたのですね。
涙、涙のお話です。



立派な祭壇で送ってもらえて、良かったね!ゆきちゃん。
写真で拝見した遺影の周りは、白いラナンキュラスが華やかでした。
ゆきちゃんの愛称と同じ「ゆきんこ」という名前のお花で。
亡くなった時に偶然に見つけたのだそうです。
きっと今はゆきちゃんも、穏やかにしている事でしょう。
今週はビッグサイトや、佐々木祐子先生のお教室や‥外出続きなのですが、明日あたりお届けに行こうと思います。
ビッグサイトは古くからのお客様がチケットを下さって、ホテル•レストラン向けの展示会に行きました。
大がかりな厨房設備の商談会で、その場で調理した物を試食させてくれたりと楽しかった。
会場は写真不可だったので残念ですが、食器ブランドも豪華ブースを構えていました。
ノリタケ、大倉陶園、ローゼンタール‥他多数。
初めて見たモダンな海外ブランドもありました。
K様、チケットも、フクロウ君のお土産も、ありがとうございました。

先週のスケッチは「アネモネ」でした。
このツヤッとした質感のお花が面白くて、もう1度描きたいなぁと思っていたのですが。
そんな場合では無くなってしまいました。
ムスメが転勤で、4月から東京に戻るらしい。



先週末には新居の物件巡りをする為、急遽トンボ返りの帰省。
勤め先からお家賃の補助が出るので、引き続き一人暮らしをするそうです。
4年居なかったので私も楽に慣れてしまって、それはそれで嬉しいかも?ですが。
6月の阪神出展時に1週間ホテルにしていた所が無くなるので、ガックリ!してます。
夜な夜な一緒に美味しい物を食べて回るのも、楽しみだったのです。
もう1年くらい居て欲しかった〜。
オットは手放しで嬉しいらしい。
3月の内に1度、2人で大阪に行こうかと言う話が急浮上しつつも。
家族3人の予定が合いそうも無くて‥どうなる事やら。
それでも、急に気ぜわしくなって来たのは確かです。
先日も、ほぼ決まった様子のムスメの新居周辺をテイサツに。
それにしても都心のそこそこの物件は、ワンルームでもお家賃高くて驚きました。
3月は私も、今年初めてになるイベント出展があります。
J.P.P.A.(日本ポーセリンペインターズ協会)の総会もあるし。
毎年スケッチで参加している陶画舎展も3月ですが‥これは今年はお休みしようかなぁ?
古い友人のKちゃんと、久しぶりのドライブ。
私の運転は危険なので、Kちゃんが運転手さんを勤めてくれます。
今日は雪も降ったので、昨日の内に行けたのは良かった。
最初の目的地は、ずっと気になっていた佐倉マナー•ハウス。



佐倉の住宅街を見下ろす丘の上に、イギリスのお屋敷が‥ここが千葉とは思えないでしょう?
イギリスのアンティーク雑貨等を輸入•販売している会社のショー•ルームです。
まずはサン•ルームで、イギリス式にスコーンでお茶を。



2日前に予約できれば、アフタヌーン•ティーのセットもあります。
お店で取り扱っているイギリスのメーカーの食器で出て来ました。
置いてある家具も、総て売り物です。



店内は暖炉に火が入って、とってもステキ。



ビンテージから現行品まで、イギリスの家具や食器が色々並んで楽しい。
どれだけ見て回っても、飽きません。



こんなステキなお家で暮らせたら〜…夢ですね。
写真は許可を頂いて撮りました。



諭吉さんを10人ばかし連れて行けたら、更に楽しいと思いますよ。(笑)
最近気に入っているBurleigh(バーレイ)というメーカーの、マグカップをお迎えしました。
もちろん、、ツバメさんの居る紺色のマグが私用。
グリーンのマグも、小さなロゴ周りに2羽が飛んでいます。



その後は京成バラ園へ。
その道に疎い私でも知っているくらい、有名な場所です。
ここも2人とも初めてで…薔薇の時期では無いですが、テイサツに。
春薔薇の為には、この時期の手入れが欠かせないそうで。
沢山の人達が庭作業しておられました。
けっこう思いっきり、枝を切っていましたよ。
スタッフさんも親切で、薔薇の苗木も求めたKちゃんは、とっても勉強になったようです。
私は絶対に枯らすので、見るだけ。(笑)
また薔薇の時期に行ってみたい場所です。
1週間前になりますが、今年も「テーブルウェア•フェスティバル」に行って来ました。
昨年は所属しているJ.P.P.A.の出展があったのもあって、(出展者パスもあるし•笑)随分と通ったのですが。
今年は1回‥連れも見つからなかったので、ひとりで行って来ました。
平日のせいか、あまり人が居なかったような気が‥。
初日の日曜日は、ものスゴく賑わったそうですが。
展示も今年は、心揺さぶられる物が無かったような〜。
これはヘレンドの、フォーシーズンズのテーブル。
ここまで豪華に揃う事はなかなか無いのカモ?と、写真撮影。



ポルトガルのブランド「ボルダロ•ピニェイロ」のテーブルで、鳥さんを見つけました。
日本初上陸ということですが、他のブランド食器を見た目にはとてもお手頃な価格です。



期待のメーカー•ブースに、とりたてて面白い物が無くて残念でしたが。
ノリタケにカップ&ソーサーの下絵がありました。
プリント印刷で出来上がった品物より、こちらの方が可愛らしく思いました。



そのお隣には、手描きの陶板が。
周りの金彩も豪華ですが、額装するとまたひとつ格が上がりますね。



今年も九州からMika's キッチンさんが遠征しておられて、スゴイなぁと感心。
出展するだけでも、とてつもなく大きな費用がかかるイベントなのです。
何だかんだ言いながらも、お昼過ぎから閉場間際までコーヒー1杯でウロウロ〜。
やはり、食器を見るのが好きなのでしょうね。
お買い物はチョッピリで‥山形のブースで、金工の茶托を発見!
錫(スズ)製品です。
小ぶりなサイズも可愛いかったので、次回展示に使います。
煎茶のセットがステキになりそうです。

前のページ      次のページ
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
2 4 6
7 8 9 11 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/19 boss]
[04/17 つきゆり]
[04/13 つきゆり]
[04/12 boss]
[04/07 sakura]
[04/04 sakura]
[04/03 つきゆり]
[04/03 boss]
[03/29 つきゆり]
[03/15 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]