忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2017/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28    03 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
昨日で1週間の東急本店の出展が終わりました。
お越しくださった皆様方、ありがとうございました。



6日目の火曜日は館内のお客様も少なくて、暇でどうなる事か(笑)と思いましたが。
先日、お話し足りなかったT様が火曜限定発売という浅草•亀十のドラ焼きを朝から並んで差し入れしてくださいました。
新しくお迎えしたというサザナミインコさんの話が盛り上がって、お陰様で楽しかったです。
ハクセキレイ好きのK様がふた物のお迎えにいらして、またまた鳥さんのドラジェと昆布を頂く。
よくまあ色々と、鳥さん由来の珍しい物を見付けられる‥と感心します。



夕方は先日お友達といらしたW様がお勤め帰りにいらして、アイテムを絞り切れずにまた明日お越しくださるとの事。
わざわざ何度もありがたいです。
この日は気になっていたカトラリーを、私がお客となって(笑)展示用に購入。
スイスのブランドで、アンティーク調のつや消し感が気に入りました。
3セット求めたので、次回は上手くディスプレイ出来ると良いな〜。



幅30センチのオーバル皿もステキでした。
周りはまぶしいくらいの高級ブランドが並ぶ売り場で、ディスプレイ等々見ているだけで勉強になります。
最終日は友禅作家の「中野スズミさん」と、お友達の「koruriさん」が来てくださいました。
koruriさんは木彫りの鳥さんの持ち手でオリジナル•バッグを作る作家さんで、1月の鳥イベントで御一緒します。
お二人にお昼をご馳走して頂いていると、売り場から電話が。
お店の方が親切で、その辺りのフォローをよくして下さいます。
鳥の雑誌でリトルガーデンを御覧になったというS様が、わざわざ訪ねてくださいました。
今回はお家のコザクラさんが居なくて申し訳ありませんでしたが、ご家族分の食器のお迎えありがとうございます。
最後にはW様のオーダーも無事決定して、出展が終了。
「長くお付き合いしたいので、ゆっくり考える」と言っていただくのも嬉しく、welcomeです。
今回は他所での委託販売や、雑誌等でリトルガーデンを知って訪ねてくださった方が重なって、ありがたく思いました。
定期的に出展の場をくださる東急さん、エージェントのKさんにも感謝しています。
さすがに今朝は体が重かったですが、起き上がれたので(笑)ヨロヨロと佐々木裕子先生のお教室へ。
今年最後のお教室なので頑張った!
偉い!自分!と思いながらも、時々眠気が来てボ〜ッとしてました。(汗)
来年のお教室はお正月明けの5日、アッという間に来そうですがその前には色々する事が〜。
すぐに出展予定や納品予定があるのに、頭の中が整理できておりません。
今回はお時間を多めに頂きましたが、東急さんでオーダーも沢山承っています。
PR
日曜日の朝1番は、ネットでリトルガーデンを見つけてくださったというS様が訪ねてくださいました。
ご家族の中心は1才のシナモン文鳥さんだそうで‥ ソレわかりますよ。
ちょうどシナモンさんのクリスマス•プレートがあって、喜んでくださって良かったです。
追っかけるように古くからのお客様N様の御主人がおつかい?で立ち寄ってくださり、「寅ちゃんのお友達」の編みぐるみを頂きました。
「あみありうむ ことり屋」さん作、この方も古くからの鳥作家さんです。
お隣のミルキーは、前日のW様宅のウロコの「ぎずもちゃん」から頂きました。



ひと安心して早目のお昼に行くと、高校の同級生Tクン御夫妻がいらしたとお店の方が呼びに来てくださる。
東急本店さんは店員さんが皆さん優しくて、3度目の出展というのもありますが、アウェイ感は皆無。
1人でも全くストレス無しの居心地です。
Tクン御夫妻は掛け合いが面白い、仲の良い御夫婦でした。
地元の大好きな「かば田」の明太子を持って来てくださり‥サスガ同郷。
好みが同じで、本当に本当に嬉しかったです。
特に鳥好きという訳でも無いのに、デモで描いていたお皿をご予約頂き申し訳ない。



この後は、家で落ち着いて仕上げますね。
今回の出展には間に合いませんでしたが15センチ程の、可愛い形のお皿です。
ハクセキレイ好きのK様が、またオーダーに訪ねてくださり差し入れ頂きました。
いつも鳥由来の面白いお菓子をくださるのですが「菓子屋ワタリドリ」の素朴なクッキーと、翼の形のお砂糖で‥これはアイデアです。



オカメ飼いのY様とも久しぶりにお会いできて、(重いのに!)里芋やゆずをありがとうございました。
大倉陶園のデザート皿のセットをお買い上げになっていた御夫人が、お子様用にマグをお求めくださったのも嬉しかったです。
オカメをご存知ないのに、「可愛い」とおっしゃっていました。
月曜日の今日は、サスガに出足がゆっくりでしたが。
古くからのお客様、文鳥飼いのK様がご来店くださり。
先日のテレビ「マツコの知らない世界」の鳥さん特集の話がはずみ。
DMハガキのヒヨコのお皿が、こちらにお迎えされて行きました。
池袋•東急ハンズでリトルガーデンを知ったという御夫人が訪ねてくださり、野鳥のお皿を「どの子にしようか‥」迷ってくだって。
そういう所を拝見しているのは嬉しいです。
絵付け歴の長いお友達とのお2人連れだったので、鳥話と絵付け話で盛り上がりました。
絵付けをなさる方に作品を褒めていただくのは、また違った意味で光栄です。
「インコDEぴー」さんと、鳥雑誌の取材でお世話になったKさんも遊びに来てくださり、御一緒ランチから帰って来るとお久しぶりのI様が。
伊勢丹•府中の「バード•アート展」以来なので、どのくらいぶりでしょうか?
この展示も、企画自体が無くなってしまっているのですが。
体調を崩されていると伺っていたので、復調されていて安心しました。
以前にオーダーを承ったモモイロインコの「YOUちゃん」も変わらず元気だそうで、良かったです。
売り場に居ると、こうして色んな方が訪ねてくださいます。
家で絵付けしているだけでは絶対に無い事で、嬉しいです。
早くも東急本店での出展、3日目が終了しました。
準備で寝る時間を削る日が続いた後だったので、初日を終えた晩はヘロヘロ。
(歳なので•笑)体力回復に、更に1日かかってしまいました。





特選洋食器の売り場に大きいテーブルと、背後に棚を頂いて。
脇のテーブルで絵付けしながら、お客様をお迎えしています。



初日最初のお客様は男性、Hobby's worldさんでエナガちゃん&シマエナガちゃんのマグをお迎えくださった方でした。
新しい御縁が出来た方と、こうしてお目にかかれる機会が出来るのは嬉しいです。
いつも来てくださるマダムM様が、手作りの(プロ顔負けの)ぶどうパンを差し入れくださったり。
ハクセキレイ好きのK様が、鳥さんの絵(米穂と雀)が付いたお菓子を差し入れくださったり‥いつも申し訳ありません。



ハクセキレイさんの蓋物は「皆さんに見て頂きたい」とおっしゃって、次の御来店まで大事にお預かりしています。
「兄弟で」と色違いでお迎えくださいました。
せめて向きだけでも変えておけば良かったですね、スミマセン〜!



夕方のそろそろ眠気が来た頃に、高校の同級生のTクンが立ち寄ってくださり目が覚める(笑)。
日曜日に奥様と御一緒くださるそうで、楽しみにしています。
2日目は、やはりいつも来てくださるオカメ飼いのK様が。
「午後からワンコのお友達が来るはずよ」と、リトルガーデンの営業をしてくださっていました。
そのお友達のN様はオーダー内容を悩まれて、結局今日も2日続きでお運びくださり、ありがとうございます。
古い友人のKちゃんも(猫派なのに)1枚ずつお皿を揃えてくださり、感謝です。
そして今日は 週末、土曜日。
お客様の出足がゆっくりだったので、11時には食事に行ってしまったのですが‥。
席に戻るとお客様がお待ちくださっていて、申し訳ありません〜。
偶然通りかかって、お家のセキセイさん似の子を見つけてくださったとの事。
新しい御縁は、いつも嬉しいです。
いつも野鳥をお迎えくださる(リトルガーデンには珍しい紳士のお客様)K様は、来年の春に定年を勤め上げられて郷里に帰られるのだそうで。
少し淋しく思ったのもつかの間、この後はお客様が重なって、てんやわんや‥嬉しい悲鳴でした。
鳥絵塾の元クラスメートT様御夫婦、またサザナミさんが増えたそうで。
いつも、どの子も欠けないようにオーダーして下さいます。
毎回オカメさんズ&ウロコさんズをオーダーしてくださるW様も全員5羽×(お姉様分も)2セットで‥お皿10枚という腰が抜けるような(笑)事になりました。
昨年の東急さんで御縁ができたセキセイさん飼いのW様&Y様のお二人連れ、古くからのリトルガーデンのお客様でラブバードの御一家と暮らされているF様、そして昨日のワンコのN様‥皆様オーダーやお買い上げをしてくださるのに、ピーク時には4組様が重なってしまい。
お茶やお昼をして出直してくださっても、また別の方と重なって‥お話したい事は沢山あったのですが、不手際で申し訳ありませんでした。
ようやく一段落した後に、シンガポールに転勤されているT様が訪ねてくださいました。
以前にフタ物等のオーダー頂いたコザクラのプラムちゃんは14才になったそうで、目が離せないので移動ケージをバッグに入れて一緒に移動されていました。
インコさん連れの時には、負担が少ないよう車移動なのだそうで。
そっと覗いてみると、ずっとウトウト眠っていて‥人間のお年寄りと一緒、大人しいです。
ラブバード一家のF様のお宅にも16才のお爺ちゃんコザクラさんが居るのですが、やっぱり寝てばかりだそうですよ。
最後のお客様は、いかにも東急のお得意様の上品なマダムで。
今日はほとんど絵具を溶く暇もない程、賑わいました。
既に来年5月の出展のお話を頂き、定期的に出展の場を頂けるというのは有り難い事です。
お陰様で、ありがとうございます。
いよいよ 明日から東急本店での出展、「冬のリトルガーデン」です。
今晩は搬入だったので、その前にお窯のスイッチを入れられるよう頑張りました。
追いつめられて(笑)最後の2〜3日は、いよいよ本気モード。
他の生活は総て捨てた甲斐があって、手を着けた物は何とか全部持って行けそう‥安心しました。
(とは言え、いつも「アレやれば良かった」「コレもしたかった」と反省ばかり。懲りません。)
これは幅20センチのプレーンなお皿、使い易いサイズです。
フチに赤金を巻きました。





明日の朝にはオカメさん達も、焼成を終える予定です。
マグカップの野鳥さん達は、この期に及んでポーズを変えました。
写真の他にも、エナガさん&シマエナガさんもおります。
そう言えばHobby's Worldさんに納品したエナガさん達は、早々にお迎えが決まったそうで。
また追加オーダーを頂きました。
エナガ&シマエナガのペアでお求めくださる方もあったそうです。
これはエナガちゃんの人気のお陰かも?





インコさんのマグと同じくデージーを散らした方のスズメさんは、前と同じデザインです。
X'マス&お正月を迎えるに当たって、お目出度いのは「ヒヨコのりんごちゃんのお皿」。
幅は10.5センチ程です。



いくつか並べると、葉っぱが金キラなので豪華です。
明日に間に合うよう、これからキャプションを作って、売り場でデモをするお皿の下絵を起こします。
まだ宿題が終わりません〜。
今回の展示は、プレゼントにも良い小物の比重が多いかもしれません。
これは一辺が6.5センチの、小さな蓋物。
素材は実物を見ること無く、絵付け用品のお店のネットで購入したのですが。
日頃、深山さんのスーパー•ホワイトの白磁を見ているので、白さがちょっと足りない感じ。
釉薬のタレ跡も気になる部分があったので、手間でカバーする事にしました。



地色を身の部分まで入れると和風な感じの仕上がりに。
パステル色の「マット絵具」を使ってみました。
マットと言えばマットなのかなぁ?‥くらいの質感です。
蓋を開けると底の部分に、野バラの実を描きました。
ピンクの蓋の周囲は金彩、ブルーの方はプラチナで囲んであります。



両方とも「エナガ•ハクセキレイ•シジュウカラ•ミソサザエ」の野鳥さん達。
全部で8点なのですが‥。



先日、製作途中の写真を上げた「りんごのお皿」も8個。
他に製作中のマグカップも、オーバルのお皿も、なぜか8個。
同じ作業が続くと飽きてしまうので、「8」というのが私にとってのギリギリ適量なのでしょうか?
特に意図した訳でも無いし、白磁の購入は10個単位でしているのですが。(笑)
お正月まで1ヶ月も無いと思うと、今年も 残り僅かですね。
今月はクリスマスもあるというのに、イベント出展があるとなかなかそんな気分になりません〜。
ジェイアール京都伊勢丹さんでお迎え頂いたメンフクロウさんを、ステキに飾った写真を頂きました。
こちらは一足お先にクリスマス•ムード。



周りがゴージャスなので、フクロウさんもワンランク•アップして見えます。
夜の女王さまをイメージして作ったお皿ですが、ピッタリのコーナーを頂きました。
O様、わざわざありがとうございます。
昨日、郵便局で求めた切手がとても可愛くて、余分に買って来ました。
10枚セットの内の5枚が鳥さんという素晴らしさです。



ウサギやモルモットも(鳥さん程では無いにしても•笑)可愛い。
順番に貼って行きましたが、鳥さんが貼ってあった方はアタリです。(笑)
絵付けの方は、細かい部分に思っていたよりも手がかかったり‥。
今頃になって下絵を新たに起こしてみたり‥。
出展期間の1週間は動けないので、他の用事も出てきたり‥なかなかはかどりません。
このヒヨコちゃんの「リンゴのお皿」は、葉っぱ部分にひと手間。
クリスマス•プレゼントに出来るよう、金色に輝く葉っぱを仕上げます。



周囲をマスキングして、この後に金液をポンポン‥とパディングしました。
予め、金下マットを敷いて焼成済みなのが肌色の部分。
マット部分の上は金彩の質感が変わります。
今日で11月も終わり、明日からは師走です。
来週の今日は東急本店の搬入日で、気持ちは焦る〜。
こうなったら来週のスケッチは、お休み(振り替え)決定です。
ご案内が遅れて申し訳ありません。
恒例となってしまった、やっつけ仕事のハガキ(汗)。



うちのプリンターで印刷すると、更にパッとしないのですが‥。
今日は郵便局に間に合わなかったので、明日に投函となります。
クリスマスも近いので、青いイングレーズのお皿を載せました。
来年の干支、鶏シリーズのお皿も出来上がっているので。
お時間がございましたら、見にいらして下さいね。







タイトルは「冬の‥」と言いながら、冬感はあるのか?どうか?
ギフトにちょうど良い小皿や、フタ物は多めの展示となっております。
東急本店•特選洋食器の豪華な売り場に、今年は2度も出展の機会を頂いて。
とても有り難い事なのに、準備がもうひとつ追いついておりません(汗)。
イベントが迫って来ると「こんな事したかった‥」「あんな物が作りたかった‥」と、反省する事ばかり。
自信満々でイベントを迎えられる日は、いつの事やら〜。
昨日の東京はビックリの雪。
11月の積雪は観測史上初だそうです。
ベランダのスズメちゃん達も寒そうでした。
雪やどり?している健気な姿です。
冬になると、だんだん集まって群れて来ますね。



うって変わって、今日は良いお天気で。
スズメちゃん達も、さぞ嬉しかった事でしょう。
先日の陶画舎の講師作品展で求めたW先生作のお皿も、小鳥ちゃん達がたくさん集まって可愛いです。



幅23センチのステキな形のお皿。
この鳥さん達の模様は、九谷焼きに昔からある柄だそうです。
白磁の上に黒で線書きして、色はカラー•イングレーズで着けたと伺いました。
色が釉薬の下に潜り込んでないのは、カラー•イングレーズと(器に使ってある物と同じ)釉薬を混ぜて盛り上げているからだそうです。
普段は上絵付けで釉薬を使う事は無いですが、アメリカの大学で陶芸を学ばれたW先生は博識で。
釉薬使いも自由自在、色々な面白い試みをなさいます。
イングレーズの色が予定より淡く出たそうで‥そういえば九谷はもっと鮮やかですが。
これはこれで、優しくて良い感じです。
高台にも手を入れてあって、丁寧なお仕事です。

気が付いたら、リトルガーデンの鳥活動を初めて10年が経っていました。
当初は別に仕事もありましたし、趣味で始めた陶絵付けというツールが面白く。
それならば鳥さんが描きたい‥という一心で始めた、拙い腕でのサークル活動のような物でした。
今もまだ仕事とは言えない状況で、これで良いのか?迷う事も多いですが。
「鳥道一直線」はブレずに続けて来ました。
継続していると気にかけて下さるお客様や、お仕事の声をかけて下さる方もあって、その事にとても励まされます。
たて続けに(ちょこっと)雑誌掲載と、新しいイベント出展のお声がけを頂きました。
外から評価して頂けるというのは、モチベーションに大きく影響します。
阪急百貨店•梅田本店のイベントにお誘い頂いて、ここは初出展‥豪華な百貨店で嬉しいです。
毎日の製作は孤独な作業で、自分の立ち位置がよくわからなくなってしまう。
方向は間違ってないのかなぁ?と勇気付けられ、ここ数ヶ月引っ張っていた気持ちがお陰様でフッ切れました。
単純です。(笑)。



年末、年始は大変なスケジュールになりそうなので、ともかくツッ走ろう!と覚悟が決まる。
そう言えば予め決まっていた東急本店も、来年の松坂屋のエージェントさんも、やはり最初は先方から(どうやって見つけてくださったのか?)声をかけて下さってからのお付き合い。
亀の歩みの鳥活動でも、出展の場はジワジワ広がっているので、ありがたい事です。
最近鳥イベントに寄り付いてない?と、言われる事もありますが。
最初は珍しかった小鳥の食器も、今では印刷や転写シールや‥お手軽な物も出回っていて、わざわざ手描きで無くても良いのでは?と感じる事もありました。
それでも鳥イベントには「小鳥」と「食器」の両方がお好きな「リトルガーデンのお客様」も、いらっしゃいます。
迷いながらも、少しずつ腹が座って来たようです。
リトルガーデンは「西洋上絵付け」という由緒正しい製作法の原点に立ち返ろう‥ひと手間をかけて、何年経っても大事にして頂ける物を目指そう!と、改めて思います。
もう歳なので(笑)やたらと数を作る作業がツライのもありますし。
どうせなら、自分が楽しめる事をしたいというのもあります。
来年はトリ歳ですし、少しずつ軌道修正しながら理想に近付いて行こう!



これは製作中の小さな蓋物。
1回目の絵付け•焼成をした後、絵の部分にマスキングをして地色を入れているところです。
焼成の後には更に筆を重ねます。
雨に祟られたウルトラ•スーパームーンの翌日は、明るい本当の満月の晩でした。



ここのところ毎晩、お月様が気になります。
少しずつ欠けて来てはいるものの、まだいつもより大きくてウレシイ。
子供の頃はこんなに月を見ていたかなぁ?
ちょっと大人になったのカモ?です。(笑)
先日のスケッチのお題は、久しぶりにお花に戻って「百合」。
「ティニーティム」という初めて見たお花です。
オレンジと黒の入り混じった、ちょっと毒々しい美しさで。
従来の清楚なイメージが全く無い「大人」の感じの百合。



形状も色も2時間で仕上げるには難しくて、ブーイングの嵐でした。(笑)
「綺麗だなぁと思って‥」とおっしゃるY先生に「綺麗で無くて良いから、描き易いのを!」と、詰め寄るワガママな生徒達。(笑)
私はいつもモチーフの「絵になる部分」を切り取って描く事が多いので‥それも才能の内と、Y先生は言って下さいますが。
葉っぱがモシャモシャと茂ったワイルドな感じを残したいなぁと、今回はあえて見えたままに。
時間不足で手が入りきれてないですが、いつもより奥行きを感じます。
前のページ      次のページ
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 3
5 7 8 9 11
12 13 15 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新CM
[02/21 waka]
[02/21 sakura]
[02/21 waka]
[02/13 boss]
[01/18 つきゆり]
[01/17 boss]
[01/09 boss]
[01/06 boss]
[12/21 つきゆり]
[11/20 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]