忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2020/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
緊急事態宣言を受けて、東京近郊の百貨店は当面休業になりました。
百貨店も大きな決断をしたその後に、休業要請の対象から外すとか、外さないとかの政治のグダグダ。
私個人は出展が中止になって安心したのですが、どうしても百貨店側の立ち位置で考えてしまうので。
決断を後からひっくり返すような政府の発言に、腹が立って消耗してしまった。
ともかく出展時にオーダー品をお渡しする予定だった方や、心配して下さった方に、メールやハガキで連絡をして。
東急終了後に手元にあったら欲しいと言ってくださっていた方に、オカメさんの深皿を発送しました。
このオカメさんは、先日のアルビノ•セキセイさんの元になったお皿です。
昨年の阪神の、鳥イベントで初出ししたのですが。
その時に御覧になっていた方が「やっぱり御縁があった」と、お迎えくださいました。
K様(sakuraさん)、ありがとうございました!



目の前の用事を済ませたら安心して、燃え尽きてしまった‥。
仕方のない事ですが、お稽古事も当面は無くなりました。
絵付けのお教室は「6月中は無理でしょう」と先生もおっしゃるので、休会手続き。
スケッチの方も、陶画舎がクローズしてしまいました。
全課程の講座が4〜9月の半年の間、たち消えに‥この半年という長さが、心に堪えました。
自分を形造る物がガラガラと崩れて行く気がして、ここ数日はボ〜ッと過ごしています。
外出も以前のようには出来ないので、気分転換が難しいです。
なかなか気力が湧いて来ないのは、凡人の凡人たる所以なのでしょうが‥。
このポッカリ空いた時間を無為に過ごしては、勿体ない。
強い心を持ちたいです!
PR
ついに緊急事態宣言が出ました。
ある程度の予測をしていたとは言え、生きてる間にそんな事が起こるとは。
かなりショックな出来事です。
これを受けて東急本店も、日本橋高島屋も、明日から当面の間は休業になりました。
今月末の東急への出展も中止になって‥楽しみにして下さった方には、申し訳ありません。
半分ガックリしたような、半分安心したような、複雑な気分です。
ゴールデンウィーク明けまでの休業となった場合には、4月末日納期のオーダーを承っている方にご迷惑をおかけする事になります。
出展時にお渡しする予定だったのですが‥。
東急本店が開店次第、納品できる体制で準備しておりますので‥申し訳ありません。
日本橋高島屋で承ったオーダー品の、大半の納期は7月末日です。
その頃には、明るい世界になっているのかな?
途中に旅行の予定も立てていたので、長くお時間を頂いていたのですが。
そんな事も総て無くなってしまって、ともかく今はじっとしている事が1番。
1日も早く世の中が普段どうりに戻るよう、願って止みません。



百貨店がクローズする前に、何とかお届けできた「うちの子」ドア•プレート。
N様から承った犬友さんへのプレゼントで、ミニチュアピンシャの兄弟です。
かなりのお歳なのだそうですが、可愛いお顔で全く歳がわかりませんね。



お兄ちゃんのピピ君は「シュッとしたお顔」と、打ち合わせの時に聞いていて。
その言葉が、随分と製作の助けになりました。



妹のルルちゃんは優しいお顔。
それぞれ、持ち物の色が決まっているそうです。
高島屋さんへの初納品になりましたが、スタッフの皆様にも「可愛い」と好評で嬉しかったです。
毎日のニュースを見ていると、辛さで一杯になります。
それなら見なければ良いのに‥立ちすくんで、目が反らせなくなるという状況。
東京の感染者は日々増加して、今日はついに3ケタに乗ってしまいました。
1ヶ月前とは、世の中が全く違ってしまった。
同じような毎日が必ずやって来る訳では無いのだと、今更になって思います。
絵付けのお教室やスケッチも、遠出を自粛して今月はお休みにしました。
そんな時でも、机に向かって絵付けをしている時は無心になれる。
承っているオーダー品を納品しなければ!という、責任もあります。
それのお陰で、何とかギリギリ前向きでいるのですが‥。
これはT様からオーダー頂いた、黒地のお鉢。
直径25センチ程の、大振りの深皿です。



店頭に飾っていたのは「オカメインコと白ユリ」でしたが、アルビノの白いセキセイでというオーダーです。
色淋しくなってもイケナイので、ユリは淡いピンクにしました。
特にモデルさんが居る訳では無いのですが‥アルビノ種は黒い色素を持ってないので、瞳の色も赤っぽいです。
白い子は真っ白過ぎても単調になるし、影を入れ過ぎると濁るしで、難しい。



今月末には東急本店に出展予定がありますが。
日に日に悪くなって行く状況の中で、本当に?と悩ましい。
周りを見ると、イベントはドンドン中止になっている状況です。
今年は不参加の予定でしたが、毎年出展していた6月の阪神本店の大きな鳥イベントも中止が決まったらしい。
東急本店も先週に引き続き、この土日は休館なのですが。
私の場合は、ひとりでポツンとお店を広げるだけなので。
密集するほど人が集まる事も無いし‥やっぱり、あるのでしょうか?
決定権は持って無いので、複雑です。
東京ではこの土日、都知事から外出自粛の要請が出ました。
そうなる前にと、久しぶりの電車に乗って東急本店に納品に。
東急本店はいつものマッタリな雰囲気でしたが、渋谷の街はけっこうな人出。
その普段と変わらない感じに恐怖を覚えて、お茶もせずに早々に帰宅しました。
この土日は、多くの百貨店や商業施設も営業自粛。
長く生きているのに、こんな事は生まれて初めてで‥それだけ深刻な状況という事です。
この自粛の効果が2週間後に出て欲しいと、切に願っています。
東急本店も休業なので、納品したその日の内にK様がお迎えに行ってくださいました。
「うちの子」オカメインコさんの、対のお皿。



このお花の絵は、オーダー主様から頂いた展示会での写真を元にしています。
それぞれ豪華なアレンジメントと、薔薇1輪と、インコさんの写真を頂いて。
周囲のイングレーズのみオーダー、あとはお任せです。
難しい「お題」に悩んで、このようになりました。
黄色い薔薇は、日本バラ会のバラ展にK様が出展された作品。
お花のアレンジは下に持って来ると重くなると、思って決めたお皿のレイアウトです。



昨年お迎えしたパールパイドのヴァルルちゃん。
いたずらっ子の男の子です。



前回に描いた時には赤ちゃんでしたが、大きくなりました。
パイド種は羽の模様が複雑で、難しい〜。



そして先日、陶板画も描いたルチノーのジンジャーちゃん。
このジェミニという薔薇のアレンジは、ご友人が大賞を受賞された物だそうです。
天使になってしまった可愛い子と一緒に。
どちらのアレンジも、K様にとって思い入れのある作品と思います。



解像度が荒いので、見えるかどうか‥ですが。
ジンジャーちゃんの写真に写っていた、上下のまつげも描いてという事で。
色っぽいと喜んで頂けて良かったです。
お花のアレンジが豪華で苦労したので、私にとっても忘れられないお皿となりました〜。(笑)
ここ数日は寒さが戻って来ましたが、近所の桜が見頃を迎えそうです。
厭なニュースが多い中、自然の力強さにホッとしますね。
昨日はオリンピックの延期が決まって‥世界の状況を見ると、決定が遅過ぎるようにも思いましたが。
途端に東京では重大局面と、コロナの脅威が言われ出しました。
だんだんと身近に迫って来ている感じが、不気味です。
土日は外出自粛と言われているので、出来れば明日•明後日の内に諸々を東急本店に納品したいと思っています。
3月末が納期の一群ですが、普段よりは少しだけ早いタイミングでお届けできそう。
けっこうなボリュームなのですが、ずっと真面目に頑張った甲斐があります。
T様からオーダー頂いたヤマガラのイングレーズのお皿は、少し前に仕上がっていました。



店頭品は周囲に金を巻いていますが、これはシンプル好みの方向けで外しています。
ヤマガラさんは目の位置がちょっと離れていて、その加減が可愛い小鳥ちゃん。
野鳥好きな方への、ご結婚のお祝い品だそうで光栄です。



同時に焼成したのは、このお皿。
この状態では、何が何だかわかりませんが。
この後に上絵付けをして、焼成を重ねました。
明日の朝には完成する予定、全貌が出現します。

これまでに何度も描かせて頂いた、オカメのジンジャーちゃん。
昨年末の東急本店出展の少し前に、突然お星になったそうです。
お側に置いておけるようにと、K様から店頭で御相談を承って。
縦12センチ弱と‥ハガキより小さな陶板と、ふた物を製作しました。



最近はヒンジ(蝶番)付きのふた物をめっきり見かけなくなりました。
これは随分と昔に求めた「とっておき」。
4本の脚付きの、クラッシックな形です。



蓋にクレマチス、胴の部分と中にはゲンノショウマという山野草を描きました。
ゲンノショウマ‥見た事も、聞いた事もないお花ですが、K様から写真を頂いています。
陶板の方は薔薇で、グルリとジンジャーちゃんを囲みました。



いつまで経ってもあどけない、内股の可愛い子です。
ジンジャーちゃんは、この他にも飾り皿を製作中。
オーダー品が少しずつ出来上がっています。
H様宅のセキセイ「ぷっちゃん」のマグ、添えは桜で。
淡い黄色のような、クリーム色のような、明るい色の女の子です。
裏側には頂いた写真を見て、桜の枝を描きました。



H様からプレゼント用に承ったマグは「ルリビタキ」。
イングレーズの青1色のデザインを、フルカラーで描いてみました。
赤い木の実が映えて、これはこれで可愛いです。
「ぷっちゃん」は、オーバルの手塩皿も作りました。
小さい雛の時がモデルさんです。



並んでいるのは、W様方の新入りオカメさん「めめたん」‥この子も、まだまだ幼い感じ。



こちらは納期まで少しあります、他のアイテムでもオーダー頂いているのですが。
リムの部分もたくさん色を使うので、同じアイテムは一気に仕上げます。
お友達にプレゼントされるという「レモンちゃん」は、ポーズ違いで2点。
何度か描いて来ましたが、凛々しい子です。



他に金彩した物を焼成中、明日には仕上がります。
イングレーズで描いた物もあるので、それも焼成しなければ〜。
3月も半ばというのに、東京にまさかの雪。
そんな寒さの中、歴代最速記録で桜の開花宣言が出たそうです。
数日前にはスケッチの授業で、一足早く「桜」を描いていました。
「ケイオウザクラ」はお花の一輪も細く小さくて、R眼には見え難くてツライ。
それでも枝ものをマジマジ観察する機会は、あまり無いので有り難い〜。
桜を絵付けする事は、けっこうあるのです。
枝は、思った以上にゴツゴツ。
直線の部分は、殆どありません。



小さいお花の集積は、苦手なモチーフですが。
「1番どの花を見せたいかが大切」とY先生がおっしゃるので、1番先っちょの固まりに目が行くように。
それにしても、まだ淋しいお花です。
スケッチとは関係無しで、先日お皿の周囲のプラチナ彩を失敗したお皿を持参していました。
使ったプラチナは水分が蒸発して濃過ぎた様子、焼成の後に剥離した箇所がありました。
上からまたプラチナを被せたものの、ちょっと気になる。
その後、通販で取り寄せた新しいプラチナは、思ったよりも水っぽくてシュルシュルで。
「濃過ぎたのかなぁ」と、思っていました。
プラチナ液は金液よりも、もひとつ水っぽくて良いそうです。
もっと金油で伸ばした方が良かったらしい。
気になる箇所は1からやり直しましょうと、スケッチの間にY先生がお皿のプラチナを取ってくださいました。
もともと手マメな先生ですが、生徒の尻拭いまでして下さって‥優しい。
そう言えば3月後半に予定されていた陶画舎生徒展も、中止が決まったそうです。
私は当面出展とオーダーに追われているので、今回はパスすると決めていたのですが。
そこを目指して作品制作していた方は、残念だった事でしょう。
私も見に行けなくて残念!
早く、このウィルス騒動が終息して欲しいものです。
病気も心配だけど、経済活動へのダメージが大きいので。
世の中が回らなくなる方がもっと心配。
先日の日本橋高島屋の店頭では、小さな物が人気でした。
オーバル手塩皿、ミニお重、ドア•プレート‥サイズがプレゼントにちょうど良いのカモしれません。
イングレーズの器シリーズも、評判が良かった。
そしてこのマグは握った感触が安定して、とても良いのです。
大倉陶園のカップ&ソーサーをお持ちだというマダムが「白が綺麗ねぇ」と、御自身に桜文鳥さんのマグをお迎え下さった事は嬉しかった。
絵が青1色になると、白地の美しさが際立ちます。
ちょうど背面ディスプレイの棚の90度回った面に大倉のブルーローズがあったので、並べて見比べてみました。
「大倉の白」と唄われている器に遜色の無い白さで、ミヤマさんスゴイ!
グッド•デザイン賞も多数受賞されている窯元さんなのです。



今回の高島屋さんは急に頂いたお話だったので、終了後も身辺はバタついております。
4月23日から1週間、東急本店の出展が(同じエージェントさんですが)先に決まっていました。
ホームページに掲載して下さるというので、今回手応えを感じたイングレーズの器の写真を送る。
東急本店は昨年12月に出展した折りに承ったオーダー品の納期が、3月末•4月末と迫っているので。
黙々と進めて行くしかない、ガンバリマス〜!
東急百貨店は、この3月末で東横店が閉店します。
それに伴い本店の売り場は工事が入って、レイアウトが変わる様子。
リトルガーデンは、いつもと違う特選和食器のステージに出る事になりそうです。
今回の日本橋高島屋では、1番最初に「ツバメさんの煎茶セット」が飛び立って行きましたが。
最後を締めくくったのもツバメさん。
後半の1週間、お隣の「器のギャラリー」に有田の「しん窯」さんが出展しておられました。
「青花」という手描きシリーズが有名な窯元さんです。
染付けの南蛮船や異人さんと言ったら、ご存知の方も多いはず。
そこの専務さんであり、伝統工芸士である橋口博之先生のブランド‥「青花匠」の、新デザインの御披露目会。
最終日に、このツバメさん達をお迎えしました。



有田焼の地は、少し青味がかった白。
偶然こちらも添えは「柳」で、リトルガーデンと一緒でした。
直径16.5センチと大振りなので、煮物にちょうどピッタリなサイズ。
このツバメさんをお迎えした後、そろそろ撤収気分の閉場15分前ですが。
偶然に通りがかったマダムが、セキセイインコさんを飼っておられて。
気に入って、あれこれとお求め下さり大騒ぎとなりました。
やっぱりツバメは、幸せを呼ぶ鳥さんなのカモ?
我が家の、幸せを運ぶ鳥さんも元気です。



‥というか、急にお母ちゃんが家に居るので、本人(鳥)が幸せらしい。
ずっと側を離れない寅ちゃんです。
いつもイベント終わりは気が抜けて、しばらくゴロゴロしてしまうのですが。
4月末には、東急本店が先に決まっています。
年末に承っていたオーダー品もあるので、そこ迄はつっ走らねば!
前のページ      次のページ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/03 つきゆり]
[07/01 mamachan]
[06/29 まーれ]
[06/28 つきゆり]
[06/23 つきゆり]
[06/20 mamachan]
[06/16 boss]
[06/14 つきゆり]
[06/13 sakura]
[06/10 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]