忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2019/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
今日は特別に寒いです〜!
朝起きたら近所の屋根に、うっすらと雪が積もっていました。
予めニュースでお天気がわかっていたので、昨日の内に東急本店へ。
以前に仕上がっていた物と、ニャンコの「うちの子プレート」を納品しました。
鳥さん達をお待ちのK様、K’様‥早くに出来上がっていたのに、お待たせしてしまいました。
今回描いたさくらちゃんは、今日の雪のように真っ白な猫さん。
10年前の冬に迷い込んで来た子だそうですが、元は飼い猫だったのでは?ということでした。
とってもおっとりした、甘えん坊でマイペースな子だそうです。



もうおばあちゃんなのだそうですが、とっても美人さん。
何をやっていても怒らない、性格の良い子で、誰からも可愛がられているそうです。
背景はお名前にちなんで「桜」です。
お目々はオッドアイで、右が金色、左が水色。
どの写真も、おっとりと品良く写っていました。
さくらちゃんの気品が、ちゃんと表現できているでしょうか?



最近、急性膵炎になって入院したそうですが。
良い先生が見つかって、無事に退院したそうです。
さくらちゃん、良かったね!
オーダーくださったO様は、御姉妹で保護猫のお世話をなさっている様子。
この後もニャンコが続きます。
PR
しばらく出かけるのが億劫に感じていたのに、今週はお出かけ続き。
一昨日はテーブルウェア•フェスティバルにも行って来ましたが、これについてはまた後日に。
昨日•今日と続けてお教室でした。
まずはスケッチ。
お花の名前がよくわからないのですが、ノースポールでしょうか?
白い小さなひな菊です。
花芯は黄色。
お花の数があまりにも沢山なので、色を使う事を諦めて‥久々の鉛筆スケッチ。



久々過ぎて、どう描けば良いものやら悩みました〜。
時々は鉛筆スケッチもした方が良いですね。
そして今日は佐々木裕子先生の、絵付けのお教室。
風邪やら流行っているので少ない人数でしたが、和気あいあいと楽しかった。
お教室の後は長々と、お茶までして帰宅。
やっぱり外の空気を吸うと、元気になります。
佐々木先生の別教室の生徒さんが、絵付けを辞められて。
本やお道具を処分されたのだそうですが。
私はこの、ヘレンドの展示会の際の図録を頂きました。



25年前の物だというのに、とても良い状態の御本で嬉しい。
その頃はまだ、陶絵付けをする事になるとは‥と言うより、自分で絵を描く事になるとは、夢にも思っていませんでした。
デザイナーとして、イラストレーターに発注する立場だったのです。
そう言えばイラストレーターのTさんからの年賀状に、廃業した旨書いてありました。
現在でも「銘菓◯よ子」とか‥沢山イラストは使われている方なのですよ。
T版印刷に出入りしていた時代の知り合いは、概ねパッケージ•デザイン業界からは遠くなってしまいました。
人生はホント、わかりませんね!
オーダーを頂いて、「コキンチョウ」のお皿を描きました。
以前に可愛がっていた方へのプレゼントだそうです。
そのお宅の子は「100%オーストラリアの血を引く子」だったそうですよ。
鳥さんでもカッコ良いですね。(ミーハー)
コキンチョウを描くのは初めて。
オーウトラリア原産の小さな小鳥さんですが、とってもカラフルです。
ご希望は、この色合いの子でしたが。
赤、青、黄色、緑‥小さな体に、鮮やかな色がいっぱい詰まっています。



お花のリクエストは「コバノランタナ」。
たれ下がって咲くお花で。
ブルー系でというご希望でした。



お皿は周囲に小さな透かしが入っていますが、少し色淋しい気がしたので。
所々に、淡い紫のエナメル盛りをして。
足元に、コキンチョウの英名をペンで入れてみました。
お友達が喜んでくださると良いですが。
このオーダーを下さったO様は、猫の方で。
この後は、しばらくニャンコが続きます。
第1段は、もうじき仕上りますよ!
今日は都心でも初雪を観測したと言うことで‥寒いですね〜。
1人暮らしのムスメも、大流行中のインフルエンザにかかったそうです。
事後報告なので、ちっとも知らなくて不憫なり〜。
早いもので、明日からは2月。
少し前に仕上がっていた、オカメさん達のご紹介が遅れていました。



これまでも何度も描かせていただいた、ヴァンツァーちゃんのドア•プレートです。
昨年末の東急出展時に、K様から虹の橋を渡ったと伺いました。
とても急な事だったようで、ガックリされたご様子でした。
添えは剣先のある、濃い色の薔薇。
ピンクのハートはプックラ盛り上げています。
尾羽のペンダントも描きました。



いつも凛々しいヴァンツァーちゃんですが、女の子‥尾羽は小さな斑が入った複雑な柄です。
身に着けていただいて、少しでも気持ちが安まりますように。
周囲は、マットな金彩で1週しているのですが。
光沢があるので、うまく写真が撮れません。



相棒のジンジャーちゃんは、波佐見焼きの小さなお重。
添えのお花は、2人でお揃いです。
ルチノーさんで色が淡い子なので、蓋の周囲は金彩で締めました。
写真ではわかり難いですが、底の部分も金で1週しています。



現在製作中のプレートが出来上がったら、そろそろ‥先日仕上げたイソヒヨドリさん達と一緒に、納品します。
随分前にオーダー頂いていたオカメさんの「うちの子マグ」、ようやく仕上げて飛び立ちました。
表はノーマルの「メイちゃん」。
オカメさんと言えば、ついついお顔がキッパリと黄色い子を描く事が多いので。
ノーマル女子を描くのは珍しいです。



デイジーの仲間でしょうか?
淡い黄色のお花の写真も頂いてたので、脇に添えました。
メイちゃんにお似合いですね。



裏側は、ルチノーの男の子「イブちゃん」。
ツルンとしたお顔で、ひまわりの種を食べていて可愛い。



喜んでいる旨お電話を頂いて、気に入って早速使ってくださっているそうなのですが。
私とした事が‥気を利かしたつもりが大失敗!
イブちゃんはルチノーさんにしては珍しい事に、黒目なのだそうです。(汗)
黒い色素の無いルチノーは、赤目というのが一般的なので。
思い込みで、瞳の周りを茶色でなく、赤っぽくしてしまいました。(大汗)



H様は後から、よ〜く見てたら気が付いたのだそうです。
「次回のオーダー時の為に」と言う事で、「黒目」と教えてくださったのですが‥ウカツでスミマセン〜!
着払いで送ってくだされば、瞳に黒を被せますよ〜!
1月も残り少ないというのに、気がつくと何も絵付けをアップしていませんでした。
これはオーダーで製作した、イソヒヨドリのカップルの小さなお皿。
K様によると「イソ子」と「イソ次郎」だそうです。(笑)
地味な女子に比べて、男子は青くてキレイ。
向かい合うように描きましたが、これでは三角関係ですね。(笑)
モテモテのイソ子ちゃん。



ちょうど10年前の1月、先代インコ(セキセイ)の梅ちゃんがお星になりました。
リトルガーデンの鳥絵付けの切っ掛けを作ってくれた子で、この頃よく思い出します。
リーマン•ショックからも、10年余りが経ちました。
この後それ迄のデザイン仕事を廃業して、そこから鳥の絵付け活動に本腰を入れて来たのですが。
10年続けて、何か変わったのかなぁ?
確かに出展のステージは変わって来ました。
私自身も陶画舎のポーセリン•エキスパート、国家検定の絵付け技能士2級、1級‥と資格も取って、スキルアップの努力は今も続けています。
絵付けにかける時間も、生活の多くを占めている。
でも仕事とは呼べない状況は続く‥10年も!と、今更ながら驚いているところ。
何かやり方を間違っているのは、薄々わかっています。
この状態で次の10年というのは、自分に負担がかかり過ぎて無理かなぁ?
継続可能な形を構築したいと思っているけど、どうすれば良いのか‥悩んでも、悩んでも、なかなか結論は出ません。
その件については、いつも引っ張っている気もしますが。
ストンと落ちる所を見つける迄は、続くのではなかろうか?
それでも今年はある程度は、自分が納得できるスタイルを見いだしたいと思っているので。
アイテムや価格帯等、変えていく事もやってみたいです。
そう言えば、今晩のスーパー•ムーンは明るくて、美しかった。
私の行く道も照らして欲しいです。
昨日のスケッチのお題は「薔薇」。
アーリエスという種類の、特に華やかなお花です。
花びらのピンクが、とても鮮やかで。
中心部はオレンジがかったベージュなので、もひとつ豪華に見えます。
アーリエスはスペイン語で「おひつじ座」の意味だそう。
ギリシャ神話によると、金の毛皮を持つ羊という事で‥中心部の、色変わりの花びらに由来しての名前でしょうか?
そして手持ちの色鉛筆では、なかなか思ったような色が出ません。



この複雑な色に(目が)引っ張られて、ついつい陰影で立体感を出す事を忘れがちに。
クラスメイトの皆様も苦労された様子で、ほとんどの方が1時間も居残りして自主制作。
おしゃべりもしないで集中して描いたので、描き終えた後はヘロヘロ〜。
精魂尽き果てました。
帰宅後は、リビングの床にバタン•キュー!
うっかりそのまま寝てしまって(笑)、今日は風邪ひき。
佐々木裕子先生の絵付けのお教室を休んでしまいました。
今日はお休みの方が多かったそうで、風邪やインフルエンザが流行っているのでしょうね。
それにしても私はたるんでる、お正月ボケがなかなか抜けないのは困ったものです。
薔薇の手前にある葉っぱ、右側の物はこちらのの方にせり出しているのですが。
描きにくいその向きのまま描いた事を、Y先生が「チャレンジャーですね」と褒めてくださいました。
週末の暖かい日、予約して寅ちゃんの健康診断に。
随分と久しぶりの病院です。
光の加減で右目の瞳に濁りが見えていたのが、気にはなっていたのです。
‥やっぱり、白内障でした。
飛ぶのも下手になっていましたが、やはり視力に問題が。
白内障は加齢によるもので、人間と同じです。
綺麗だと思っていた左目も白内障だそうで、ちょっとショック!
ただ、サザナミインコの平均寿命を超えているのに、あとの事は問題無しだそうで。
(少し小太りだけど)健康な寅ちゃんです。
これまでの暮らしを肯定してくださったので、ちょっと安心しました。



お顔の周りの黄色い物は、白髪なのです〜。
後から頂いた診察票に「長生きしてね!寅ちゃん」と書いてあって、とっても嬉しかったです。
見た事のあるキャラクターと思ったら、こんな場所にも「ことりカフェ」さんが進出していて‥そのパワー、スゴイですね。



この病院でお世話になったというN様からオーダー頂いて、以前にウェルカム•プレートを製作しました。
診察室の飾り棚に、ぬいぐるみやお花と一緒に飾ってくださっているのを見つけて感激!
さすがにそこで写真を頂くほど厚かましくないので(笑)以前のブログに使った写真です。





歴代の、受付に居た鳥さん達を描きました。
嘴の噛み合わせの悪いオカメさんも育てている、優しい病院です。
診療後はKちゃんが車でお迎えに来て下さって、ご近所にあるお宅にお邪魔。
私には絶対無理な、手作り豪華ランチをご馳走になりました。
Kちゃん宅の猫のタエちゃんには長いこと寝室に閉じこもってめて頂いて、骨休みした寅ちゃんですが。
やっぱり、この子はヘタレ。(笑)
お母ちゃんの肩から一歩も離れられません。
おトイレではずして戻って来ると、必死でしがみついて来るので笑いました。
毎晩、晩酌もしているし‥お正月からこちら、遊び癖がついてしまっています。
絵付けもなかなか頑張りが効かず、思うようには進まないのですが。
スケッチは2時間の授業(+ちょっと居残り)で終わらせると、自分で決めています。
新年で初めて頑張った事は、これカモ?
ここのところ忘れて暮らしていた集中力が、戻って来ました。
お題は「チューリップ」‥あまり見かけない形ですが。
先端が尖って反り返った「ユリ咲き系」という種類です。
一見、本当にユリのよう。



オランダのチューリップ•バブルよりも、もっと昔の時代に。
トルコで栽培されていたチューリップは、この「ユリ咲き」が多かったそうです。
そう言えば、トルコのタイルや食器に名残がありますね。



これを「チューリップ」と言われたら、不思議な気がしましたが。
「ユリ咲き」のお花を見ると納得です。
久しぶりな上に、緊張感の無い暮らしが続いたので、肝心のスケッチはちゃんと描けるのだろうか?と思いましたが。
積み重ねて来た物は、裏切らない‥それを感じて安心しました。
これからのリトルガーデンの方向について、迷う事も多いですが。
一生懸命鳥さんの器を描いて来た事は、きっと自分を裏切らない‥のかな?
春が来て、新しい芽吹きがあると良いなぁと、思います。
遅ればせながら‥明けましておめでとうございます。
ユルユルのブログですが、新年も宜しく御つきあい下さいませ。


年末はムスメが一足早く出張で上京したので、そのまま長い冬休みになりました。
予定盛りだくさんのムスメの空いた時間に、チョコチョコと一緒に出かけて。
木更津のアウトレット目当てに、家族で千葉方面にドライブ。
久しぶりの海ほたる‥海は良いですね〜。



三が日まで一緒に過ごしたムスメが去った後は(仕方がないので•笑)オットと2人で神田明神。
いつもながら、すごい賑わいでした。



暇にまかせて、豊洲の市場にも行ってみました。
初セリのマグロに3億円の値が付いたという日でしたが。
とうにセリは終わっている時間だからか?ガラ〜ンと大きいだけの工場の見学のよう。



食事を出すお店の前は大行列で、閉鎖空間の狭い廊下に人が溢れかえっていました。
観光地とするには役不足。
そして分かり難いです。
すぐ近くには、こんなステキな景色があるというのに。



お休みの最後は再度、QUEENの映画「ボヘミアン•ラプソディ」に。
「応援上映」というのに参加してみたかったのです。
新宿のTOHOビルのゴジラ君が火を吹くところに、ちょうど遭遇しました。



座席真ん中辺りの一団がペン•ライトを持参していて、「なるほど〜」と(オバちゃんは)お勉強。(笑)
演奏シーンは、観客が一緒に盛り上がって良かったです。
上映終了後に立ち上がった最前列真ん中の男性が革ジャンを脱ぐと、白いランニングのフレディ•マーキュリー(もどき•笑)。
もどき氏のお陰で「フレディー!」と叫ぶ事もできて、なにか満足しました。
その後はPUB呑み‥連日、呑んでばかりのお正月〜。
遊び呆けてしまいましたが、今日からは普段の暮らし。
まず新しい手帳にスケジュールを書き込んで、絵付けもしようと思います。
前のページ      次のページ
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
2 4 6
7 8 9 11 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/19 boss]
[04/17 つきゆり]
[04/13 つきゆり]
[04/12 boss]
[04/07 sakura]
[04/04 sakura]
[04/03 つきゆり]
[04/03 boss]
[03/29 つきゆり]
[03/15 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]