忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
「暑い」「暑い」と言ってる内に、7月も今日で終わりです。
気が付くと、今月は1度も絵付けをアップしていませんでした。
既に出来上がっている「うちの子ミニお皿」を‥これは鳥イベント限定でお受けしています。



今回は偶然、和文のお名前のリクエストばかりでした。
周囲の少し盛り上がったポツポツは、男の子が多かったからか?水色のご希望が多かった。
「ポーちゃん」はセキセイさんが4羽いるK様のお家の、お星になった子だそうです。
おデコの目立つアングルが可愛い。
I様の「プリンちゃん」は元の写真では、ピカチュウのぬいぐるみの上に乗っかって写っていました。
ピカチュウとオカメちゃん、何か似ていますね。



この2人のモモイロインコさん達は、S様のお家の子達。
同じ鳥種でも違う色に見えたので、あえて色を変えました。
「梅ちゃん」「桃ちゃん」と、それぞれのお名前のお花をバッグにしています。
桃ちゃんは女の子だから?首のかしげ具合が可愛い。
桃ちゃんは凛々しいポーズです。
阪神さんでのオーダーは、この1アイテムで行く予定だったのですが。
急遽、他アイテムのご注文も受ける事になりました。
PR
お孫さん誕生で、 お祝いの為に故郷の友人Oさんが上京されました。
テレビで見たそうで「フクロウが居るカフェに行きたい」と、まさか(鳥友でもない)Oさんの口から聞くとは思いませんでしたが。
私も行った事がないので、喜んでホイホイ行くことに。
六本木の交差点からスグの所にある「鳥のいるカフェ」です。
この場所でオープンして間が無いのだそうですが、元は木場でやっていたそうなので。
最近の鳥ブームが来る、もっとずっと前からある鳥カフェさんです。
座席の横のコーナーには、小さいサイズの子達がマッタリしています。



ガラスの向こうはフクロウ部屋で、壁にはフクロウさん達がたくさん。
奥の方にはもっと居ました。
こんなに大きくても、ほとんどの子が子供なのだそうです。
知恵のありそうなお顔ですね。





人間も入室できるのですが、甘えん坊の子が足元にからみついて来たり‥。
肩に飛んで来たり‥。
大きい子が飛ぶと、翼も大きいので風圧がスゴイ。
こんなにフクロウさんの近くに居たのは初めてです。
足のツメは鋭いですが(備え付けのグローブもあります)、甘えっぷりはインコさんと一緒で可愛い。
連れて帰りたいくらいでした。(販売もされています。)



名前はカフェですが(たぶん保健所の決まり事で)ペットポトルのドリンクを出すだけとキッパリ割り切っているお店で‥カフェコーナーの方にはインコさん達も居ます。
シロハラインコを2羽、ズ〜ッと頭と肩に乗せてじっとしているオジさんが愛らしかったです。(笑)
ズグロインコさんとも初めて遊びました。
スタッフさんとの鳥話も楽しかったです。
そう言えば、今日のランチは「ツバメグリル」。
友から頂いたお土産は「ひよこ」 のお菓子。
なんだか鳥度が高かった。(笑)
「ひよこ」は東京土産と思われている方も多いですが、元は福岡の銘菓なのです。
昨日の雨で東京はクールダウンして、暑さも一服。
久しぶりに過ごし易くなりました。
3週間ぶりくらいにリビングのエアコンのスイッチを切ったので、さぞやエアコンもホッとしている事でしょう。
人間の方も急に元気回復で、やはり自然の風は偉大ですね。
今朝はようやく、出来上がったお皿を並べて写真撮影をしたり‥ここのところ、そういう事も億劫に感じていました。
明日以降こちらにお皿をアップ致しますね。



これは昨日のスケッチの授業で描いた「クレマチス」。
4週続きで通った「スケッチ月間」も、これで一服です。
毎週続けて描くという事が、たぶん良かったのか?
自分的には何か(ワカラナイけど何か•笑)を掴んだような〜。
ずっと足踏みしていた部分で、一皮むけた気がします。
前に描いていたスケッチより「好き」と思える部分が増えて来ました。
それにしても植物って‥ウネウネしてるし、葉っぱは手前にも奥の方にも茂っているのだなぁと、描くことで気付いたのは良かった。
特に「トラノオ」と「クレマチス」はそんな印象。
お花の向きも、揃ったように正面向きという事は無いですし。
‥今更ですが。(爆)
グラフィック•デザインの仕事が長かった為か?
ともすれば平面構成になりがちなのが、私の弱い所でした。
余白の形が綺麗というのは、長所でもあるのですが。
8月は、絵付けのお教室は夏休み。
スケッチも1回しかないので、のんびりペースだったオーダー品製作に精を出す予定です。
50年に1度とか、100年に1度とか‥局所的な豪雨が続いて、今迄の常識が何処かに行ってしまったようです。
つい先日は東京に大きな雹が降りましたが、同じ区内でも我が家の周りは暗くなったくらいで‥後からニュースで知りました。
暑さに負けてエアコンの部屋に籠っていますが、今度は寒さに負けた。(笑)
ダメダメの日を過ごしています。
明日の朝は、ようやく少しだけお皿が仕上がる予定です。
先月の阪神•梅田本店の「心うるおう小鳥ガーデン」で、ムスメが「可愛い」とお迎えした「やまゆりの」さんの小さな絵。
夕食の待ち合わせに、チラと売り場を覗きに来たのですが。
母の所は素通りで(笑)、この絵を求めていました。
確か家に小さなイーゼルがあったなぁ‥と、家中ひっくり返して見つけ出し送りました。



女子のお部屋にしてはサッパリ暮らしていますが、このコーナーだけ(笑)可愛らしい。
このイーゼルは10年くらい前にハンズで求めて、使わないまま忘れていた物。
改めて店頭で探しても見当たりません。
当時の私はウェルカムプレートとか、文字を入れた物を主体に鳥活動を展開する事を考えていたような〜。
 大きい物から小さい物まで、イーゼルを買い漁った記憶が。
可愛い絵を見た途端に思い出して、お陰様でイーゼルも日の目を見ました。



あつらえたようにピッタリの、可愛らしいコーナーです。
家に居る時は、整理整頓とはかけ離れた暮らしをしていたムスメですが。
ひとり暮らしも既に2年余り、けっこうキレイに暮らしていて感心します。
「可愛い子には旅を‥」というのは、本当の事だなぁと思います。
最初はガックリしたものの、私も上手く子離れできました。
絵付けがあって良かった‥これは(弱っている時の•笑)心の支えになりました。
毎日暑い日が続きます。
寅ちゃんも居るのでリビングのエアコンは2週間以上ずっと点けっぱなしなのですが、電気代が例年よりも随分とお安くて驚く。
新しい家電がエコというのは本当ですね。
しかも定期的に自分で送風口を閉じて、お掃除を始めるという賢さです。
それは良いのですが、毎日のエアコン漬けはサスガに体に堪えます。
先日のスケッチのお教室は凍えるほど冷えていたからか、夏風邪をひいたようで。
絵付けもユルユル‥馬力が出ません。
これは、その授業で描いた「トラノオ」。
名前のとうり、しなり具合が虎の尾っぽを思わせる形のお花です。



小さなお花の集積で‥お花が白かったのもあって、数も多いし描ききれないカモ?と鉛筆スケッチ。
2週モノトーンが続きましたが、久しぶりで面白いです。
 片やうちの「寅の尾」は、とっても短い。



多くの鳥好きさんは経験済みと思いますが、寅ちゃんのお食事中にそっと尾っぽをくわえたりしてみます。(笑)
食べるのに一生懸命で、動じないところが大物です。
気が付くと、大阪のイベントが終わって早2週間。
その後に色々と行事が重なったというのもありますが、筆を握ったのはお教室時のみというダメな人です。(汗)
オーダー品は内容の整理や、下書き製作も必要で、ようやくそこが一段落。
これから絵の具を使います。
阪神百貨店で承った物と、その前の東急百貨店で承った物と‥納期の関係があって順不動になりますが申し訳ありません。
催事の売り場は受け渡し場所が変わるので、そちらの納品を先に済ませる予定。
東急さんの方は当初の予定どうり、8月末•9月末を目指します。
昨日はスケッチの振り替え授業に。
お題は「りんどう」でした。
お花が多くて時間内に描ききれないカモ?と、久々に鉛筆で単色スケッチ。



彩色は色鉛筆をアレコレ持ち替える為、手がかかりますが「色に助けられている部分も多い」と、改めて感じます。
意外とこの花は彩色の方が表現し易いカモ?
それでもY先生が「使う色の幅(1色なので明度の違いですが)が広がりましたね」と、言ってくださる。
彩色の仕方が優しくなって来たそうで、それは私も感じます。
以前はもっとグリグリに(笑)塗っていたので「4B禁止令」が出た事もありましたが、メリハリを心がけるようになりました。
お教室の前には、オットに頼まれた赤ちゃんのお祝いを選んで来たのですが。
パール•ピンクの女の子用の靴が目に飛び込んで来て、心をわし掴み。
昔ムスメが小さい時には、そんなオシャレな色は無かったなぁ‥。
ピンクの物を選んだ事は無かったですが、パールが入ると優しい色です。
プレゼント選び、赤ちゃんの物は特別に楽しい。
ついでにお世話になっている特選洋食器の売り場に寄って、オーダー品の納期の事等お話して来ました。
九州北部の豪雨は、大変な事になりました。
昨夏、黒川温泉に行った時に通った日田も水に浸かって‥被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
自然災害も少なくて暮らし易い認識だったのですが、昨年から色々続きます。
北九州の街中の映像も、見慣れた(穏やかな)紫川が濁流に変わっていて驚きました。
今週は雨にならないよう祈るばかり。
普段の暮らしのありがた味を感じます。
久々のお墓まいりに行って、マンションの理事会に出席して‥私の方は申し訳ないくらい、のどかな暮らし。
ずっと気がかりだった絵具の整理を、ようやく済ませました。



上絵付けの絵の具は粉状です。
いつもの鳥絵付けは、その都度ペインティング用のオイルで溶いているのですが。
佐々木裕子先生のお教室では予め不乾性のオイルで固目に溶いておいた物を、使用時にペインティング•オイルで伸ばします。
オイルは油性•水性、速乾性•遅乾性と色々あって、ちょっと複雑。
あっちで使った物をこっちでも‥とは出来ません。
今回は無印のピルケースに入れてみました。
連結が自由なので、色の系統ごとにまとめられて便利かもしれません。
寅ちゃんも換羽で抜け毛?が激しいですが、元気。



皮膚や、羽の付け根の羽毛部分がグレーがかっているので、お迎えした当初はビックリしたものです。
お教室では絵付け友から、自家製ジャムを頂きました。
手作りのラベルには原産地「〇〇の庭」と、書いてあって大ウケ。



お庭のやまももとビワで作られたのだそうで‥丁寧な暮らしをなさっています。
憧れますがガサツな私には無理と、とっくに諦めの境地。(笑)
毎朝、美味しくヨーグルトと頂いています。
ありがた味のわからないオットが大量に使わないよう、キビシク見張っています。(笑)
大阪には、足かけ9日滞在した不良主婦です。
毎晩、友人や娘と美味しい物を食べて回って(足腰は痛いけど)極楽でした。
出展終了の翌日は、有給を取ってくれたムスメと神戸へ。
三宮界隈は好きなお店がいくつかあって、大阪まで行ったら足を伸ばさずにはいられません。
ここは毎回、お茶に立ち寄るお菓子屋さんです。



もうひとつ、やっぱり毎回行くお寿司屋さんがあるのですが。
「回らないお寿司だけど、お手頃価格でしかも美味しい‥でも名前忘れた」と言うと、お隣に出展されていた「こまつか苗」さんが「お隣の鰻屋さんもイイ!」とおっしゃっていたのですが‥。
本当に鰻屋さんがあって驚く。
超能力??と、連絡すると「うを勢総本店」は三宮では有名なお店なのだそうで。
お高いネタばかり攻めても、ひとり5千円くらいの良心的なお店でお勧めです。
帰京してからも従姉妹が上京したりで慌ただしい日が続き、何もしないままお教室の生徒モードに突入。
今日はスケッチでした。
明日は絵付けのお教室、明後日は陶画舎バーゲン恒例の絵付けのデモを見に行く予定で‥せわしない。
そこまで終えたら、ようやくオーダー品の製作に取りかかるつもりです。
久しぶりのスケッチは「桔梗」。



前回から長く開いた割には、手が覚えていたというか‥わりとサクサク進められました。
鮮やかなお花でも、この頃は思い切り良く影を入れられるようになったのは進歩。
Y先生によると、彩色の仕方も変わって来たとの事。
形を取るのと、レイアウトは得意の自覚もあって、いつも褒めて頂きます。
だてに長年デザイナーをやってなかったという事でしょうか?
今月は振り替え分もあって毎週スケッチに通うので忙しいですが、一皮むけると良いなぁと期待してます。
「心うるおう小鳥ガーデン」初日には、古くからのお客様U様から「インコ御守り」頂きました。
寅ちゃん色のセキセイちゃんです!
わざわざ、ありがとうございます。



1週間のイベントは、平日もお客様が途切れず賑やかでしたが。
週末にはトーク•ショーやサイン会もあって、もひとつ大盛り上がり。
「シマエナガちゃん」の写真集を出されている「小原玲」氏には、リトルガーデンのシマエナガちゃんも「合格!」頂きました♪



野鳥写真の巨匠と、インコ写真の巨匠‥「インコのおとちゃん」の「村東剛」氏にも御本にサイン頂きましたよ。



「おとちゃん」風のコザクラさんのお皿も描いていたのですが、この時には既にお客様にお迎え頂いていたので。
早目に「合格!」頂いておけば良かったです。
昨年末に「鳥カフェさんぽ」の御本で、リトルガーデンのお皿をご紹介くださった「♪鳥くん」とも、初めてお話する機会を頂いて嬉しかった。
元ジャニーズの噂どうり、普通の方とはちょっと違うオーラをお持ちでした。
‥と、お母ちゃんが楽しく過ごしていた間、可哀想だったのはこのお方。



帰宅時は暫く甘え鳴きした後、コーフンしたのか?部屋中を鳴きながら飛び回って大騒ぎでした。
今はスッカリ落ち着いています。
換羽のツンツンと、齧りかけのレタスで、ちょっとボロちく見える寅ちゃん。
不憫です〜。
1週間の「心うるおう小鳥ガーデン」大阪出展を無事に終えて、帰って来ました。
阪神百貨店のこのイベントは百貨店鳥催事の元祖だけあって、規模もお客様の数もスゴかったです。
ずっと賑やかで楽しくて、癖になりそうなイベントです。(笑)
大阪に直接出展は初めてで心細さも無い訳ではありませんでしたが、お会いした作家さん達は良い方ばかりで。
すぐに心配は吹っ飛ぶ。
色々お世話いただき、ありがとうございました!
東京から遠征の作家さんに、今回こちらで初対面という事も。(笑)
百貨店の入り口から大きなポスターを貼ってある、一大イベントです。
このイベントの始まった頃に数年間委託でお世話になったのですが、大きく成長していました。



売り場には時々「もずやん」が、ご来場。
ラブリーです。
リトルガーデンの展示は、この一角。
お隣は人気陶芸作家の「こまつか苗」さんと、雑貨&カフェ&ギャラリーの「ひなた」さん。
「ひなた」さんの店長さんは偶然、同じ「サザナミ飼い」でした♪





初日開店前の写真ですが‥百貨店の担当さんに「関西はお上品はダメやで、もっと山盛りや!」とアドバイス頂き。
鳥種が無くなった物もあったので、急きょオーダー用の手描きPOPを作る等、勉強になりました。
数年前の出展時に御縁ができたお客様方もご来店くださって、有り難かったです。
今回、アウェイ対策にツィッターを始めたのですが‥御覧になって来てくださった方もあってビックリ!
そういえば先週発売された「コンパニオンバード誌の記事を見ました」と、言って下さった方もありました。
お客様にも、周りの作家さん達にも恵まれて、良いイベントでした。
最近は特選洋食器の高級な売り場に慣れていたので、それなりの洗礼もあるにはあったのですが‥。
初日の朝には向こうの方に、転写シールの食器が山のように積んであるのを発見して、凍り付くという一件もありました。
皆様が「世界観が似ている」と言われるところが問題で、お客様からそちらの返品や質問があると良い気はしません。
でも皆様に励まして頂いて「本物の力」で頑張ります。
「可愛いわぁ」の後に「高っ!0がひとつ無かったら買うのに」という「大阪のオバチャン」の言葉を頂いた事もありましたが「それじゃあ素材の白磁も買えませんがな!」と、心の中で突っ込んでおりました。(笑)
いずれにしても「わかる方は、わかって下さる」というのが実感。
価格にキビシイと聞いた大阪で、東京価格でも何とか行けると思えたのは収穫です。
最終日に大物の「オカメさんズ&百合」の飾り皿が、ステキな方の元へお迎えされたのも嬉しい事でした。
前のページ      次のページ
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 boss]
[01/11 waka]
[01/10 waka]
[01/05 ミヤザキ]
[01/05 つきゆり]
[12/26 boss]
[12/17 boss]
[12/16 中野スズミ]
[12/14 つきゆり]
[12/06 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]