忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
明けましておめでとうございます。
年末の御挨拶もしない内にバタバタと、新年に突入してしまいました。
こんな感じのブログですが、今年もよろしくお願い致します。
早々に賀状をたくさん頂いて、ありがとうございます。
宛名に寅ちゃんの名前がある物もあって、寅が喜んでおりました。
年賀状は元旦の早朝に投函したという有様で、今日辺りからソロソロお手元に到着すると思います。(爆)
大晦日の夕方にゼロからスタートの作業だったので「集中力がハンパない」と、オットからお褒めの言葉を頂いたのですが。
同時に「何故、早く取りかかれない?」という疑問の一言も、あるにはありました。(笑)



ムスメも帰って来ていたので、食事に行ったり、買い物をしたり‥チョコチョコと家族らしい事が出来た楽しいお正月休み。
そういえば恒例のスター•ウォーズ(ローグ•ワン)も、家族揃って観に行きました。
いつも見終えた時には気分が昂揚するお約束の映画ですが、今回のエンドは切なくてちょっと涙。
ともかく毎日遊んでしまったので、明日からは絵付けに励みます!
ムスメ•ロスになる暇は、今は無さそう。
元旦のお節(デパ地下で求めた•笑)は、絵付け友のTさんが送ってくださった新潟のお酒で頂きました。
県外にあまり出る事がないというお酒の名前は「鶴の友」。
ここは私的には、とてもツボでした〜。
「絵付け友」の「鶴の友」なのです。
先日、個展を拝見しに伺ったその友の、ペン描きも美しい作品写真も御一緒に!



近所の氏神様に張り出してある私の「今年の運勢」は「自分の価値観を信じてコツコツ」と、ありました。
これは鳥絵付け活動をしていての事と腑に落ちる。
暫く迷う時期が続きましたが、最近ようやく方向が見えて来た気がしています。
絵付け友の展示を拝見して来て、確信に変わって。
年末に会ったデザイナー友のAさんも、そんな事を言ってくださったので背中を押された気がしました。
トリ年の幸先の良いスタートです。
皆様にとっても、新しい年が良い年になりますように。
PR
世間一般では、今日は仕事納めですね。
リトルガーデンは後一歩‥明日まで絵付けとなりそうです。
その後から年賀状等々、ようやく新年の準備で。
相変わらず、ドタバタの年の暮れです。
明けてスグには上野•松坂屋さんでの「小鳥の作品展」もあるので、お正月気分に浸れるのも一瞬の事かも?(笑)しれません。
今年は特にそんな感じで、慌ただしい気がします。
出展準備を考えると「あれも、これも‥」と、とても追いつきそうもなく。
早くも年明けのお教室を2月以降に振り替えて頂こうか?と 、考えている出来の悪い生徒です。
なかなかアッチもコッチも上手く‥とは行きません。トホホ‥。
先週のスケッチのアップを忘れていました。
「クリスマス•ドリーム」という、可愛い名前の八重咲きのチューリップ。



今期はお休みされた方も多かったですが(時たまサボリながらでも)勉強になる実感があるので、続けて行きます。
3月の陶画舎展(生徒作品展)に、今回はスケッチのクラスからも出展するそうで。
出展やオーダー品を抱えている身なので(時間的に)「う、う、苦しい〜」と、喜んでばかりもいられず。
どうしようか?と、参加を迷っている所。
準備に没頭できると、きっと楽しいのでしょうけど‥。
中途半端な立ち位置です。
9月一杯で一旦終了した、テクニカルの課題の事も忘れていました。



一辺25センチ強のお皿に穴を開けた時計です。
地色や文字の色は自由だったので、たまたま持って行っていた色を混色して使いましたが。
カフェオレ系の好きな色に仕上がりました。
ラスター彩は(臭いし•笑)家で1人では、なかなか使わなくなるカモ?
文字は盛り上げて、所々ビーズを散らしています。
そう言えば今日から、梅田阪急さんでの「2017 とりもの しあわせものマルシェ」が始まりました。
会期も長いので、お近くの方は覗いてみてくださいね。
クリスマス•イヴはデパ地下でスモーク•ターキーを買って来たものの、ツリーも何も出さず終い。
アッサリと終わりました。
これは池袋のデパートに居たトナカイさん、実物大です。



お昼間は買い物がてら、仙川まで足を伸ばしてランチ。
父方の従姉妹のAちゃんのお店があります。
以前にも書きましたが、彼女は自宅でマクロビのお教室を開いてた元サロネーゼ。
2年前に突然、野菜に拘った小さなレストランを始めました。



親戚には商売のお家が無く、思い切ったと思いましたが。
常連のお客様も付いてくださっている様子で、頑張ってます。
私達の祖母は102歳まで長生きしたので、きっとその血は流れているはず。
(まだまだ先がありそうなので•笑)「頑張ろう!」が合い言葉です。
手間をかけたお料理で、最初は「野菜か‥(肉食家族なので)」と言っていたオットも満足して。
明るい内から1杯(本当は3杯)飲んで、良い気分で帰って来ました。
イヴは寅ちゃんをお迎えした、7周年の記念日でもありました。
「その割には慣れないなぁ‥」は、オット談。
寅はオットを敵と思っている様子で、パソコンの椅子の背後でズ〜ッと見張っていたり、機嫌が悪いと突然攻撃を始めたり‥キビシイ。(笑)
私には甘えん坊のかけがえの無い子で、ずっと元気で過ごして欲しいです。



もうじき始まる梅田阪急「2017とりもの しあわせものマルシェ」主催のAMULETさんのブログ、出展作家さんの紹介など毎日更新されています。

東急本店の出展が終わった後も、何かと用事があってバタバタしています。
今日は大阪の阪急百貨店のイベント「2017とりもの しあわせものマルシェ」の荷物を送り出しました。

今月の28日(水)から1月10日(火)までの2週間、10階「うめだスーク」で開催。
元旦は百貨店がお休みなので、ご注意ください。



主催はAMULET代表のI氏。
「くりくり」という手作り雑貨の御本も出版されています。
お店がお茶の水にある時には、私も行った事のある雑貨屋さんで。
渋谷西武に出展した折には、お隣がAMULETさんだったのでウロウロと楽しみました。
センスの良い可愛いお店なので、お声がけ頂いて飛びつきました。(笑)
お店のブログで出展作家の紹介が始まって、早速リトルガーデンも載せてくださっています。
鳥イベントで御一緒したことのある作家さんのお名前もチラホラ。



1人あたりのスペースは小さいですが、ディスプレイにも凝るお店なので。
きっと可愛い展示になると思われます。
ひとつお仕事が終わってホッとしましたが、1月は上野松坂屋でのイベントもあります。
エナガちゃんシマエナガちゃんが人気で全員飛び立ったと、いつもより早くHobby's Worldさんからマグ追加の依頼も来ました。
年内にはお届けしよう‥と、とりあえずの身代わり(笑)にクリスマスの時期限定の「ヒイラギと赤い実」の「スズメちゃんミルクピッチャー」をお届けに行ったり‥。
想定外の事が次から次へとやって来て、ちょっとアワアワしています。
忘年会もあるし‥キャパ小さいです。(笑)
製作時は心を静かにしないと‥鳥さんのお顔がワルクなったら困りますね。
寅ちゃんは、お留守番が続いて甘えん坊です。
それでも、長時間出勤していた1週間よりは落ち着きました。
今朝は大好きなご飯がBIRDMOREさんから届いて、大喜び。



本当に「美味しいのだ!」と、わかっているんですよ。
頑固なので、他メーカーの物は口をつけなかった事も。
毎日全部を取り替えているので、おチビさんなのに減りが速い〜。
食べカスの皮が混ざっていると、文句を言います。
これにオーツ麦•蕎麦の実•ボレー粉•乾燥小松菜をトッピングした、昔ながらのご飯を食べています。
ペレットは嫌いだそうな‥。
昨日は思い立って、日帰りで新潟へ。
絵付けのセンパイ(でも歳はお若い)、丹治直子さんの個展のご案内を頂いていました。



西洋上絵付けをなさる方はほとんどがお教室の先生で、販売を目指している方は皆無に近い。
手間を考えると成り立たないのだと思いますが。
このお方は早くから個展で販売というスタイルを確立していて、私の目標です。
絵の教員をなさったり、絵付け技能士1級もとっくに持っておられたり‥腕も素晴らしく。
私の技能士試験の時には、絵具の事やら‥相談にものって下さいました。
お友達として接してくださいますが、眩しいお方です。
今回は新潟三越のギャラリー展示というスゴイ快挙で、作品や展開の仕方を拝見してみたかった。
そう思いつつも、自分の出展の直後なので「でも遠いし、体がキツイし‥」と、ボヤいていたのですが。
「行かなかった時の後悔は(期限がある事なので)取り返しがつかない」と言うオットの言葉に背中を押されて、前日には新幹線を手配しました。
上毛高原からトンネルを抜けた越後湯沢は雪でした。
長くスキーに没頭した時期があるので、これは何十回と見た景色。
そこから先は初めての土地です。



新潟は快晴、キレイな街でした。
ご当地物は必ず食べるので、早目のお昼は「鮭イクラ丼」。
街の空気を感じるのも好きで、訪ね訪ねバスに乗って三越へ。
皆さん優しいです。
可愛いらしいギャラリーですが、外廊下のテーブル•セッティングが洒落ていました。
許可を頂いて撮影しています。



1年余り、コツコツと製作された力作が並びます。
壁にも植物の陶板画や水彩画が展示してあって、華やかな展示。
お客様も知り合いの方から、通りがかりの方まで、賑やかでした。
とても好きな(しかも、お値段お手頃な)コンポートがあったのですが、年配の御夫婦連れに目の前でさらわれてしまい(笑)ガックリ〜。
センパイはヨーロピアンの絵付け出身の方なので、丸筆の鮮やかな筆使いの物を記念に頂く事にして。
直径5.5センチのミニチュアのお皿を3つ、連れて帰りました。
宝物のような丁寧なお仕事です。



絵付けをしない方は、こんな小さなスタンドを探すのも苦労かも?
スタンドが付いていたのは、とても親切と思いました。
ミニチュアお皿は他にも種類があったのですが、この色味は我が家にフィットします。
大事にしますね!



とても長居をしてしまった後は、三越のある「古町」界隈を探検してみたのですが。
アッという間にみるみる吹雪になったのは、やはり北国です。
慌ててバスに飛び乗って新潟駅へ。
新幹線の車中で食べる(今度は)海鮮丼を求め。
お土産に日本酒や、烏賊の沖漬けや‥食べ物を買うのも楽しかった。
海鮮品はどれも当たり!
美味しいので、新潟はまたゆっくり行ってみたいです。
昨日で1週間の東急本店の出展が終わりました。
お越しくださった皆様方、ありがとうございました。



6日目の火曜日は館内のお客様も少なくて、暇でどうなる事か(笑)と思いましたが。
先日、お話し足りなかったT様が火曜限定発売という浅草•亀十のドラ焼きを朝から並んで差し入れしてくださいました。
新しくお迎えしたというサザナミインコさんの話が盛り上がって、お陰様で楽しかったです。
ハクセキレイ好きのK様がふた物のお迎えにいらして、またまた鳥さんのドラジェと昆布を頂く。
よくまあ色々と、鳥さん由来の珍しい物を見付けられる‥と感心します。



夕方は先日お友達といらしたW様がお勤め帰りにいらして、アイテムを絞り切れずにまた明日お越しくださるとの事。
わざわざ何度もありがたいです。
この日は気になっていたカトラリーを、私がお客となって(笑)展示用に購入。
スイスのブランドで、アンティーク調のつや消し感が気に入りました。
3セット求めたので、次回は上手くディスプレイ出来ると良いな〜。



幅30センチのオーバル皿もステキでした。
周りはまぶしいくらいの高級ブランドが並ぶ売り場で、ディスプレイ等々見ているだけで勉強になります。
最終日は友禅作家の「中野スズミさん」と、お友達の「koruriさん」が来てくださいました。
koruriさんは木彫りの鳥さんの持ち手でオリジナル•バッグを作る作家さんで、1月の鳥イベントで御一緒します。
お二人にお昼をご馳走して頂いていると、売り場から電話が。
お店の方が親切で、その辺りのフォローをよくして下さいます。
鳥の雑誌でリトルガーデンを御覧になったというS様が、わざわざ訪ねてくださいました。
今回はお家のコザクラさんが居なくて申し訳ありませんでしたが、ご家族分の食器のお迎えありがとうございます。
最後にはW様のオーダーも無事決定して、出展が終了。
「長くお付き合いしたいので、ゆっくり考える」と言っていただくのも嬉しく、welcomeです。
今回は他所での委託販売や、雑誌等でリトルガーデンを知って訪ねてくださった方が重なって、ありがたく思いました。
定期的に出展の場をくださる東急さん、エージェントのKさんにも感謝しています。
さすがに今朝は体が重かったですが、起き上がれたので(笑)ヨロヨロと佐々木裕子先生のお教室へ。
今年最後のお教室なので頑張った!
偉い!自分!と思いながらも、時々眠気が来てボ〜ッとしてました。(汗)
来年のお教室はお正月明けの5日、アッという間に来そうですがその前には色々する事が〜。
すぐに出展予定や納品予定があるのに、頭の中が整理できておりません。
今回はお時間を多めに頂きましたが、東急さんでオーダーも沢山承っています。
日曜日の朝1番は、ネットでリトルガーデンを見つけてくださったというS様が訪ねてくださいました。
ご家族の中心は1才のシナモン文鳥さんだそうで‥ ソレわかりますよ。
ちょうどシナモンさんのクリスマス•プレートがあって、喜んでくださって良かったです。
追っかけるように古くからのお客様N様の御主人がおつかい?で立ち寄ってくださり、「寅ちゃんのお友達」の編みぐるみを頂きました。
「あみありうむ ことり屋」さん作、この方も古くからの鳥作家さんです。
お隣のミルキーは、前日のW様宅のウロコの「ぎずもちゃん」から頂きました。



ひと安心して早目のお昼に行くと、高校の同級生Tクン御夫妻がいらしたとお店の方が呼びに来てくださる。
東急本店さんは店員さんが皆さん優しくて、3度目の出展というのもありますが、アウェイ感は皆無。
1人でも全くストレス無しの居心地です。
Tクン御夫妻は掛け合いが面白い、仲の良い御夫婦でした。
地元の大好きな「かば田」の明太子を持って来てくださり‥サスガ同郷。
好みが同じで、本当に本当に嬉しかったです。
特に鳥好きという訳でも無いのに、デモで描いていたお皿をご予約頂き申し訳ない。



この後は、家で落ち着いて仕上げますね。
今回の出展には間に合いませんでしたが15センチ程の、可愛い形のお皿です。
ハクセキレイ好きのK様が、またオーダーに訪ねてくださり差し入れ頂きました。
いつも鳥由来の面白いお菓子をくださるのですが「菓子屋ワタリドリ」の素朴なクッキーと、翼の形のお砂糖で‥これはアイデアです。



オカメ飼いのY様とも久しぶりにお会いできて、(重いのに!)里芋やゆずをありがとうございました。
大倉陶園のデザート皿のセットをお買い上げになっていた御夫人が、お子様用にマグをお求めくださったのも嬉しかったです。
オカメをご存知ないのに、「可愛い」とおっしゃっていました。
月曜日の今日は、サスガに出足がゆっくりでしたが。
古くからのお客様、文鳥飼いのK様がご来店くださり。
先日のテレビ「マツコの知らない世界」の鳥さん特集の話がはずみ。
DMハガキのヒヨコのお皿が、こちらにお迎えされて行きました。
池袋•東急ハンズでリトルガーデンを知ったという御夫人が訪ねてくださり、野鳥のお皿を「どの子にしようか‥」迷ってくだって。
そういう所を拝見しているのは嬉しいです。
絵付け歴の長いお友達とのお2人連れだったので、鳥話と絵付け話で盛り上がりました。
絵付けをなさる方に作品を褒めていただくのは、また違った意味で光栄です。
「インコDEぴー」さんと、鳥雑誌の取材でお世話になったKさんも遊びに来てくださり、御一緒ランチから帰って来るとお久しぶりのI様が。
伊勢丹•府中の「バード•アート展」以来なので、どのくらいぶりでしょうか?
この展示も、企画自体が無くなってしまっているのですが。
体調を崩されていると伺っていたので、復調されていて安心しました。
以前にオーダーを承ったモモイロインコの「YOUちゃん」も変わらず元気だそうで、良かったです。
売り場に居ると、こうして色んな方が訪ねてくださいます。
家で絵付けしているだけでは絶対に無い事で、嬉しいです。
早くも東急本店での出展、3日目が終了しました。
準備で寝る時間を削る日が続いた後だったので、初日を終えた晩はヘロヘロ。
(歳なので•笑)体力回復に、更に1日かかってしまいました。





特選洋食器の売り場に大きいテーブルと、背後に棚を頂いて。
脇のテーブルで絵付けしながら、お客様をお迎えしています。



初日最初のお客様は男性、Hobby's worldさんでエナガちゃん&シマエナガちゃんのマグをお迎えくださった方でした。
新しい御縁が出来た方と、こうしてお目にかかれる機会が出来るのは嬉しいです。
いつも来てくださるマダムM様が、手作りの(プロ顔負けの)ぶどうパンを差し入れくださったり。
ハクセキレイ好きのK様が、鳥さんの絵(米穂と雀)が付いたお菓子を差し入れくださったり‥いつも申し訳ありません。



ハクセキレイさんの蓋物は「皆さんに見て頂きたい」とおっしゃって、次の御来店まで大事にお預かりしています。
「兄弟で」と色違いでお迎えくださいました。
せめて向きだけでも変えておけば良かったですね、スミマセン〜!



夕方のそろそろ眠気が来た頃に、高校の同級生のTクンが立ち寄ってくださり目が覚める(笑)。
日曜日に奥様と御一緒くださるそうで、楽しみにしています。
2日目は、やはりいつも来てくださるオカメ飼いのK様が。
「午後からワンコのお友達が来るはずよ」と、リトルガーデンの営業をしてくださっていました。
そのお友達のN様はオーダー内容を悩まれて、結局今日も2日続きでお運びくださり、ありがとうございます。
古い友人のKちゃんも(猫派なのに)1枚ずつお皿を揃えてくださり、感謝です。
そして今日は 週末、土曜日。
お客様の出足がゆっくりだったので、11時には食事に行ってしまったのですが‥。
席に戻るとお客様がお待ちくださっていて、申し訳ありません〜。
偶然通りかかって、お家のセキセイさん似の子を見つけてくださったとの事。
新しい御縁は、いつも嬉しいです。
いつも野鳥をお迎えくださる(リトルガーデンには珍しい紳士のお客様)K様は、来年の春に定年を勤め上げられて郷里に帰られるのだそうで。
少し淋しく思ったのもつかの間、この後はお客様が重なって、てんやわんや‥嬉しい悲鳴でした。
鳥絵塾の元クラスメートT様御夫婦、またサザナミさんが増えたそうで。
いつも、どの子も欠けないようにオーダーして下さいます。
毎回オカメさんズ&ウロコさんズをオーダーしてくださるW様も全員5羽×(お姉様分も)2セットで‥お皿10枚という腰が抜けるような(笑)事になりました。
昨年の東急さんで御縁ができたセキセイさん飼いのW様&Y様のお二人連れ、古くからのリトルガーデンのお客様でラブバードの御一家と暮らされているF様、そして昨日のワンコのN様‥皆様オーダーやお買い上げをしてくださるのに、ピーク時には4組様が重なってしまい。
お茶やお昼をして出直してくださっても、また別の方と重なって‥お話したい事は沢山あったのですが、不手際で申し訳ありませんでした。
ようやく一段落した後に、シンガポールに転勤されているT様が訪ねてくださいました。
以前にフタ物等のオーダー頂いたコザクラのプラムちゃんは14才になったそうで、目が離せないので移動ケージをバッグに入れて一緒に移動されていました。
インコさん連れの時には、負担が少ないよう車移動なのだそうで。
そっと覗いてみると、ずっとウトウト眠っていて‥人間のお年寄りと一緒、大人しいです。
ラブバード一家のF様のお宅にも16才のお爺ちゃんコザクラさんが居るのですが、やっぱり寝てばかりだそうですよ。
最後のお客様は、いかにも東急のお得意様の上品なマダムで。
今日はほとんど絵具を溶く暇もない程、賑わいました。
既に来年5月の出展のお話を頂き、定期的に出展の場を頂けるというのは有り難い事です。
お陰様で、ありがとうございます。
いよいよ 明日から東急本店での出展、「冬のリトルガーデン」です。
今晩は搬入だったので、その前にお窯のスイッチを入れられるよう頑張りました。
追いつめられて(笑)最後の2〜3日は、いよいよ本気モード。
他の生活は総て捨てた甲斐があって、手を着けた物は何とか全部持って行けそう‥安心しました。
(とは言え、いつも「アレやれば良かった」「コレもしたかった」と反省ばかり。懲りません。)
これは幅20センチのプレーンなお皿、使い易いサイズです。
フチに赤金を巻きました。





明日の朝にはオカメさん達も、焼成を終える予定です。
マグカップの野鳥さん達は、この期に及んでポーズを変えました。
写真の他にも、エナガさん&シマエナガさんもおります。
そう言えばHobby's Worldさんに納品したエナガさん達は、早々にお迎えが決まったそうで。
また追加オーダーを頂きました。
エナガ&シマエナガのペアでお求めくださる方もあったそうです。
これはエナガちゃんの人気のお陰かも?





インコさんのマグと同じくデージーを散らした方のスズメさんは、前と同じデザインです。
X'マス&お正月を迎えるに当たって、お目出度いのは「ヒヨコのりんごちゃんのお皿」。
幅は10.5センチ程です。



いくつか並べると、葉っぱが金キラなので豪華です。
明日に間に合うよう、これからキャプションを作って、売り場でデモをするお皿の下絵を起こします。
まだ宿題が終わりません〜。
今回の展示は、プレゼントにも良い小物の比重が多いかもしれません。
これは一辺が6.5センチの、小さな蓋物。
素材は実物を見ること無く、絵付け用品のお店のネットで購入したのですが。
日頃、深山さんのスーパー•ホワイトの白磁を見ているので、白さがちょっと足りない感じ。
釉薬のタレ跡も気になる部分があったので、手間でカバーする事にしました。



地色を身の部分まで入れると和風な感じの仕上がりに。
パステル色の「マット絵具」を使ってみました。
マットと言えばマットなのかなぁ?‥くらいの質感です。
蓋を開けると底の部分に、野バラの実を描きました。
ピンクの蓋の周囲は金彩、ブルーの方はプラチナで囲んであります。



両方とも「エナガ•ハクセキレイ•シジュウカラ•ミソサザエ」の野鳥さん達。
全部で8点なのですが‥。



先日、製作途中の写真を上げた「りんごのお皿」も8個。
他に製作中のマグカップも、オーバルのお皿も、なぜか8個。
同じ作業が続くと飽きてしまうので、「8」というのが私にとってのギリギリ適量なのでしょうか?
特に意図した訳でも無いし、白磁の購入は10個単位でしているのですが。(笑)
前のページ      次のページ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 9 10 12 13
15 16 17 18
22 23 24 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
[03/28 waka]
[03/28 はるみ]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]