忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[915] [914] [913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905
梱包材を買うついでに、行ってみたかった場所を覗いてみました。
2k540 AKI-OKA ARTISAN。
それだけ見ると何の事だかわかりませんが、JRプロデュースで高架下に出来た「ものづくり」をテーマにした施設です。
2k540は鉄道用語で、起点となる東京駅から2キロ540メートルの距離の意味。
AKI-OKAはその字のとうり秋葉原と御徒町の間。
ARTISANはフランス語で「職人」の意味だそうです。
白いコンテナのような箱の1つ1つに、工房とショップがひとつになったお店やカフェが30件程。
ものづくり体験ができるワークショップも開催されているそうです。
職人好きの私としてはワクワク〜。
先日の谷根千といい、最近の東京の東エリアはちょっと面白そうです。
デザイナーをしていた時の得意先が秋葉原で、ずっと通っていた会社の目と鼻の先でした。
リーマンショックで廃業して以来あえて(笑)近付かなかったのですが、こんなスポットが出現していたとは。
施設内には皮や木工や布物や‥色々な工房が並んでいます。
白磁に転写シールを使って「オリジナル食器をつくる」お店がありました。
主催の方は、粘土人形と色鉛筆画の先生だそうです。
その色鉛筆画を原画にして、オリジナルの(食器用)転写シールも作られているのだとか。
最近は技術も良くなって、シールでも発色は綺麗です。
シールを水で濡らして白磁に貼って、その後800度前後で焼成する所は手描きと一緒。
「絵は描けない」という方でもシールだと楽しく作って行かれるので、土日は大盛況だそうです。
お教室というのはよくありますが「お店」という形態に持ち込んでいる所が、とてもスゴイ‥感心しました。
今日はその後の予定もあって駆け足でしたが、来週もこの界隈で気になるイベントがあるので再チェックです。
工房の街‥羨ましい〜。
施設の工事はまだ続いていて、更に店鋪は広がるそうですよ。

11.05.13.1.jpg11.05.13.2.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]