忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[919] [918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911] [910] [909
昨日は「インコDEぴー」さんと一緒に「モノマチ」というイベントへ。
台東区は古くから装飾品やファッション雑貨のモノづくり産業が盛んだそうで、その魅力を広く知ってもらう為の物だそうです。
まずは御徒町の駅から少し歩いた所にある佐竹商店街へ。
日本で2番目に古い商店街のアーケードに1日限定で、50組余りのクリエイターさんが出展されていました。
その中に、可愛いチャームを作っておられる「HoneySpits」さんも‥私にとって特別な作家さんです。
リトルガーデンの鳥活動を始めたばかりの頃に、コンパニオンバード誌で初めて作品を拝見したのですが。
「私もいつかは、こうやって紹介してもらえるようになりたい〜」と、思ったお方なのです。
一昨年のOZONEクラフト・マーケットで初めてお目にかかったのですが(同行したムスメの手前・笑)大人しくお買い物をしただけでした。
今回は、ぴーさんと一緒だったのもあって色々とお話しできました。
2年の間に更に作品の鳥率が上昇していて、文鳥さん・セキセイさん・オカメさん‥と充実です。
イエロー・ヘッドさんも居て「梅ちゃんが!梅ちゃんが!」と、大興奮〜。
文鳥飼いのステキな女性で、鳥イベントでまたお会いしたいです。

11.05.22.1.jpg11.05.22.2.jpg

駅で運営スタッフさんから予めマップを頂いていたので、それを頼りに工房やお店を回りました。
この週末だけ一般に解放するという「台東デザイナーズビレッジ」にも。
元小学校の校舎を改装して、ファッション系・デザイン系クリエイターの工房兼事務所が入居しています。
これは台東区が若い人達の起業を支援しているのだそうで、今では人気新進ブランドの登竜門となっているそうです。
ご近所には、卒業したブランドのアトリエショップも数々ありました。
若い方がアイデアとセンスを形にして仕事に繋げている所は、見習わなければ。
地道にコツコツと手を動かすだけの?(笑)私達2人は、深く感心したのでした。
刺激も受けて、随分と歩き回って、夜は爆睡。
とても楽しい1日でした。

11.05.22.3.jpg11.05.22.4.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
たのしそー
若い力いいですねー。
こちらまで夢をもらえるようです。
hiko 2011/05/23(Mon)12:38:59 編集
夢が一杯
区が具体的に支援してくれるというのは、羨ましい〜。
同じ建物の中で刺激を受けたり、コラボしたりもあるでしょうしね。
若い内は夢が一杯で良いなぁ。
私自身は結婚して予定外(笑)のムスメが出来て躓いた経験ありなので、自由に色々とチャレンジして欲しいですね。
【2011/05/23 22:38】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]