忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800
久しぶりにお天気に恵まれたので、谷口高司先生のお教室の「タマゴ式で楽しく描く“気になる野鳥”展」へ。
新宿御苑の入り口にあるアートギャラリーで、昨日から開催中です。
先生の原画や野鳥カメラマンの西村眞一さん、ペン画家の伴義之さんの作品の展示もあって見ごたえ十分。
今日は平日にもかかわらず、お客様が入れ替わり立ち替わりで大盛況の様子でした。
お仕事がらみで大阪方面からお越しくださった方もあって、さすが谷口先生です。
クライアントの方が鳥の縫い取りのしてあるステキなスカートを履かれていて。
「鳥好きさんなんだ〜」と、第三者の私まで嬉しくなりました。
今年のテーマは「気になる」という事で、皆さん思い入れのある鳥さんを選ばれているからか大作が多い。
沢山の野鳥さんに混じって「飼い鳥派グループ」の1角に、1番小さいサイズの私の「寅ちゃん」もありました。
先生の奥様R子さんがひとつひとつキャプションを作ってくださって、各々の生徒の思い入れを文章にして下さっています。
サザナミインコさんはまだ目にする機会が少ないからか、「寅ちゃん」を見てご質問を下さる方も多かったそうで。
「中南米の高地の鳥さんらしい」と言うと、R子さんがキャプションに書き加えてくださいました。
前傾のヒタヒタ歩きとか、時々プラ〜ンとナマケモノ風(笑)にぶら下がったりとか‥不思議な動きが多い鳥さんなので、私はアマゾンのジャングルの中に居るところを想像していたのですが。
大阪阪神イベントの際に「高地に居るので暑さに弱いよ」と、おぴ〜さんに教えていただきました。
そういえばアチラ方面には、アンデス山脈というのがありました。
「“気になる野鳥”展」は10月3日(日)までです。
会期中はずっと谷口先生が在廊されていますので、ご都合が許せばぜひ。

10.09.29.1.jpg10.09.29.2.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]