忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[1749] [1748] [1746] [1745] [1744] [1743] [1742] [1741] [1740] [1739] [1738
ここのところテーブルウェア•フェスティバルに、大きな時間を取られていましたが。
承っているオーダー品の絵付けも、少しずつ進めています。
少しばかり出来上がった物もあるので、追々ご紹介して行きます。
これは陶画舎の特別授業で製作した「大理石と羽のデミタスC&S」。



大理石も羽も、自己流で描いていますが。
好きなモチーフなので、もっと上手に描きたいと受講しました。
3時間×1回、焼成を挟んで4時間×1回の授業です。
テクニカルでお世話になっていた、W先生の授業は久しぶり。
大人デザインで、やっぱりセンスの良い方だと改めて思います。
色の組み合わせは4パターン選べたのですが、このエメラルド•グリーンが気に入りました。



ソーサーはマーブル柄をお皿の形に合わせて、丸く流したのが難しかった。
今回ろくろを使ったのですが、これがなかなか上手く行かず。
W先生に(甘えて•笑)上から修正して頂きました。
こんな事ではアカンなぁ‥と、来月は単発の「ろくろ講座」を申し込んだところ。
半日、ろくろばかりの予定だそうです。
羽の根本のホワホワの部分を、思ったより1つ濃い色で描き始めたのは意外でした。
羽の鮮やかな緑色は、メタリック絵具というのがアイデア。
光によって色が変わって見えるところ、本物の羽のようです。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
わあ、本当に大人素敵なC&Sですね!(*´∇`*)
羽が玉虫厨子みたい。
もしかして3月末のろくろ講座ですか?
私も申し込んであるのです〜〜ご一緒だと嬉しいなあ!
以前からカップの外側や内側に綺麗に引けたら、と思っていたので。
ワクワクデス。
つきゆり 2018/02/21(Wed)18:12:39 編集
御一緒ですね!
本当に玉虫厨子みたい で、ステキな表現ですよね♪
ところで、つきゆりさんもM先生のろくろ講座を受講されるんですか!?
私も3月末の回なので、間違いないですね!(喜)
途中お昼休憩もあるので、御一緒できますねっ!
何か持参される?
それとも近所のお店に行きますか?(‥なんて、ついお昼が気になります•笑)
私は不器用なので、上手くいくようになるのかドキドキですが‥決して、笑わないように!
お願いしますね。
【2018/02/21 19:10】
無題
はい!よろしくお願いします。
M先生は教え方が的確でわかりやすく大好きなんです。
お昼、どちらでも!近所でも!あわせまする。
午後のレッスンがあるのでアルコール飲めないのがとっても残念ですう!!!
つきゆり 2018/02/22(Thu)21:48:49 編集
わ〜い、わ〜い♪
わ〜い♪ こちらこそ、よろしくお願いします。
お昼はお隣のカフェか、その向こうの千疋屋でチャチャッと済ませましょうか?
乾杯できないのは残念〜。
ろくろの線がヨレちゃ、困りますよね!(笑)
長く通っているのですが、実はM先生の授業はコレが初めてなんです〜。
つきゆりさんは通っておられた時からの御縁ですか?
時々お話はしているので、M先生が知性的でお話がわかり易い感じは伝わって来ます。
【2018/02/22 23:40】
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/13 つきゆり]
[08/07 boss]
[08/03 boss]
[07/25 つきゆり]
[07/18 つきゆり]
[07/17 ゆか]
[07/17 waka]
[07/17 waka]
[07/03 sakura]
[06/30 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]