忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 12  2020/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[1905] [1904] [1903] [1901] [1900] [1899] [1898] [1897] [1896] [1895] [1894
大阪出展の弱音を吐いてしまったので、こちらにコメント頂いたり、メールを頂いたり‥。
気にかけて頂いて、ありがとうございます。
まだモヤモヤは晴れないですが、一歩踏み出すきっかけにはなりそうです。
(どっち向きの一歩かは、まだ決めかねていますが•笑)
大阪ではお客様から頂き物も。
K様から、インコ御守りで有名な因幡薬師の御守り‥寅ちゃん色です。
M様からはイギリスのお土産、ピーターラビットの紅茶セット。
向かって左側の缶は、アヒルのジマイマです。
少し前にアップした「オカメさんの黒地の深皿」ルチノーさんは、このM様にお迎えして頂きました。



後半の数日はムスメが有給を取って、ホテルの隣室に居たのは心強かった。
転勤で大阪に4年居て知り合いも多いムスメなので、ほとんど別行動ではありましたが。
最初に顔を見た晩は、本当にグッスリ眠れました。
夜にホテルで顔を合わせて、一緒の新幹線で帰って来たくらいなのですが。
私は私で他の作家さんや友人と食事をしたり、飲み会に行ったり‥そこそこ楽しくしていました。
そう言えばムスメの同僚のお嬢さん方が売り場に訪ねて下さった時、これから集まって女子会という事でした。
その日は朝からUSJに行くと言っていたので‥デートかも?と、ちょっと期待していたのですが。
仲良しの同僚の女の子と一緒のLINE写真を見せて頂き‥嬉しいような、悲しいような。(笑)
出展•搬出が終わった翌日は、恒例となっている神戸へ。
いつも百貨店まで来てくれる高校の同級生、Oさんのお母様が少し前に亡くなって。
ちょうど四十九日だったので、九州から駆けつけたYちゃんと、一緒にお参りできたのはイベントに出展したお陰です。
そんな訳で今回は、神戸の街をゆっくり散策する余裕が無かったのですが。
三ノ宮の大好きな骨董屋さんと、お寿司屋さんははずしませんでした。



廃業した漆会社の倉庫にあった30年くらい前の物だそうですが、きっと現在の物より品質は良いと思われます。
お安くは無いですが、本漆と思うと申し訳ないようなお値段。
年月を感じる木箱に入った5枚組の銘々皿は、手前が立ち上がったデザイン。
小さなお敷も、せっかくなので数を求めて来ました。
店主さんが「漆は人気が無い」と、おっしゃっていましたが。
何十年経っても美しいと思える事は、スゴイ事と思います。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
素敵な銘々皿~
漆は大好きです♪
特に溜塗が大好きですが、漆黒の黒も好きですねぇ。
良いものをお買い上げで良かったですね(^^)v
boss URL 2019/07/04(Thu)20:12:00 編集
掘り出し物
漆、良いですよね!
溜塗はまた、透け感がステキ〜。
bossさん、オサレやね〜。
丁寧に作られた物というのは、言葉がいらないと言うか‥そこにあるだけで幸せになりますよね。
三ノ宮のアーケードにある小綺麗な骨董品のお店で求めたのですが、いつも掘り出し物があるんですよ!
ご近所にあったらアブナイ‥年に1度のお楽しみです。
【2019/07/05 09:21】
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 つきゆり]
[01/14 boss]
[01/07 まーれ]
[01/07 まーれ]
[01/06 つきゆり]
[12/31 sakura]
[12/26 つきゆり]
[12/22 boss]
[12/16 boss]
[12/14 まーれ]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]