忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2020/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1906] [1905] [1904] [1903] [1901] [1900] [1899] [1898] [1897] [1896] [1895
少しずつ絵付けを始めつつ、出展準備に追われて疎かにしていた所を充填中です。
一昨日はとても久しぶりのスケッチの授業を受けて、昨日は美しい物を観に。
今は、そういう時間がとても楽しく感じます。
所属している絵付け指導者の会、日本ポーセリンペインターズ協会(J.P.P.A.)のイベントに参加して「ボタンの博物館」に行きました。
全く知らない施設でしたが、絵付け友にお誘い頂き‥予約が必要だったり、日にちが限られたりで、個人で行くにはちょっと面倒なのだとか。
解説もして下さるので、そういう形になっていると思われます。
世界有数のアンティーク•ボタンのコレクションだそうで、ボタンの起源から始まって、歴史の順を追って展示してあります。






ルネ•ラリックのサインが刻んであるガラスのボタンや、ルーシー•リーの陶器のボタンもありました。
時代ごとに流行があるのも面白かった。
貴族が愛用した豪華絢爛な物や‥ステイタス•シンボルだった時代も長いそうです。
今では再現できない技術の物もありました。
綺麗でウットリ〜。




この白い鳥さんは、イタリアのアンティーク•ボタン。
とっても小さい色ガラスを並べて作ったモザイク画です。



日本でも明治の声を聞く頃には、刀の鍔の職人さん達も輸出用に豪華なボタンを作ったそうです。
陶器や、象牙や、七宝や‥とても美しくて、見ても見ても見飽きる事はありません。





カメラOKだったのですが、ガラス越しの撮影で美しさを伝える事は私には無理〜。
後日、図録が届くのを楽しみにしています。
ボタンって‥あまり考えた事が無かったけど、元々煙草入れとかの小さな工芸品は大好き。
小さな世界に美が溢れていて感動しました。
その後はタクシーに分乗して、マンダリン•オリエンタルへ。
入り口の千疋屋のカフェくらいしか行った事が無かったのですが、さすがに豪華!
広東料理のコースを頂いて、お昼のワインで良いご機嫌になりました。
絵付け話も楽しかったです。



曇天でしたが、向こうの方にスカイツリーも見えました。
雨の中、博物館への案内板を持ってご案内頂いたり、面白い企画を立ててくださって‥役員さんには感謝です。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/08 つきゆり]
[04/08 boss]
[04/05 つきゆり]
[04/01 sakura]
[03/29 boss]
[03/29 つきゆり]
[03/27 boss]
[03/26 つきゆり]
[03/22 むぎ]
[03/18 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]