忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 08  2018/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[388] [387] [386] [385] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377
昨日の話になってしまいましたが、急に思いついてインディー・ジョーンズ「クリスタル・スカルの王国」の先行ロードショーを見て来ました。
映画を見るのも久しぶりですが、オットと一緒にというのはもっと久しぶり。
けっこう趣味が合わないのです。
私のトリ活動も応援はしてくれているのですが、「トリにゴーグルかけて光線銃を持たせたら?」等と変なアドバイスをくれる人なのでアテにはできない。
でもスター・ウォーズとかインディー・ジョーンスとかの冒険物は、2人とも揃って好きな物のひとつです。
久しぶりに見るジョーンズ博士はけっこうお爺さんに近付いてはいましたが、時々は若かりし頃の面影もあってハッとします。
ハリソン・フォードはスター・ウォーズの始めの頃は本当にカッコ良かったのですが、気がつくと30年近く昔の話。
ストーリーはいつもの調子ですが、楽しかったです。
テーマ音楽が流れるとワクワクします。
感情移入して見ているので驚くと「ひゃ〜」と声を出す迷惑な人ですが、最近は外出もせず1人で絵付けという時間が多いのでスカッとしました。
画像は映画館のホールで冒険中のジョーンズ博士です。
新宿から夜中の東京をドライブして帰宅したのですが、池袋までの道に点々と土曜に開通したばかりの地下鉄副都心線の駅がありました。
今度はこれにも乗ってみないとイケマセン。


08.06.16.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
私も「インディー・ジョーンズ」大好きです
「クリスタル・スカルの王国」見に行かれたのですね~(^^)
実は私も「インディ・ジョーンズ」シリーズが大好きです!私が好きな、生き物や遺跡がたくさん出てくるし、ハリソン・フォードもかっこよく、結末がハッキリしていて(ハッピーエンド)、テーマ曲も元気が出てくる音楽でグッドです。
「クリスタル・スカルの王国」も見に行きたいと思っていましたが、リトルガーデンさんのレポートを読んでますます行きたくなりました~(^o^)/

ところで、リトルガーデンさんも益々のトリ活動で活躍ということでお忙しいことと思います。だいぶ暑くなってきましたので、体調には十分お気をつけ下さいね。
私はカメの次は虫に初挑戦です~!
ぴょん(地球の玉手箱) URL 2008/06/17(Tue)23:45:20 編集
お仲間ですね〜
ぴょんさんもインディ・ジョーンズがお好きなんですね!
遺跡や博物館にありそうな物が沢山なので、確かにぴょんさんの世界です〜。
今回もハリソン・フォードはイイ味出してますし、1話で見た懐かしい顔もありましたよ。
結末がハッピー・エンドというのも、ハラハラする割には安心できて良いですよね。
そういえばカメDE SHOWは終わった頃でしたか?
次は虫とは世界がどんどん広がって行きますね。
立体図鑑のようなぴょんさんのこだわりが、根っこの所でつながっているのは感じます。
私はトリ専門で行こうと思いますが、野鳥の勉強もして世界を広げて行きたいです。
【2008/06/18 01:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 14 15
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[09/13 つきゆり]
[09/13 もり]
[09/11 loveuran]
[09/01 sakura]
[08/30 boss]
[08/28 もり]
[08/25 つきゆり]
[08/17 つきゆり]
[08/13 つきゆり]
[08/07 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]