忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1214] [1213] [1212] [1211] [1210] [1209] [1207] [1206] [1205] [1204] [1203
ゆるゆるとオーダー品を制作しながらも、何となく落ち着かない今日この頃。
次のイベントは「とりづくし」ですが、気が付くと1ヶ月を切っていました。
9月の上旬にも出展が決まったイベントがあって、(夏のお窯は暑いですが)ボーッとしていられない夏になりそうです。
この夏はイベント以外にもチャレンジしたい事があるので、こちらにも時間を裂かれそう。
情報がほとんど無くて不安も多いのですが、決めた事なのでこちらも頑張ろうと思います。
昨日は絵付けの授業の後にW先生にご相談したところ???だらけだった事が少し整理できて、ちょっと雲が晴れた気分。
けっこうな準備が必要という事がわかりましたが、突っ走ってみよう〜。
そういえば先週末には、日本画好きの3人で日本橋高島屋の「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」を観に行きました。



琳派の継承者であり、近代デザインの先駆者と言われる「神坂雪佳」は、ひょうきんな愛らしい絵も多く残しています。
雪佳が好きなY子さんに引っ張られて行きましたが、「雪佳」を始め同時期に活躍した「竹内栖鳳」や「上村松園」や‥京都画壇を代表する画家達の作品も充実して、予想以上にスゴク良い展示でした。
さすが細見美術館のコレクションです。
日頃はあまり興味が無い分野の美人画も多かったですが、静かなエネルギーを感じました。
美しい物を観るのは幸せですね。
最近のマイブームのお方「竹内栖鳳」が、杉の板戸に描いた「鶏の図」と「雀」もありました。
余白の生きた巧みな構図と、躍動感と‥テーマが「鳥」だからという訳ではありませんが、サラッと描いてあるのにスゴイ迫力で。
この見開き1ページの為に、図録を求めてしまうダメな私〜。
帰り道は珍しく、東京駅から丸の内を使いましたが。
ホームの壁面にズラ〜ッと色々な鳥さんが描かれていて、楽しい気持ちになりましたよ。



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
[03/28 waka]
[03/28 はるみ]
[03/19 waka]
[03/17 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]