忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1298] [1297] [1296] [1295] [1294] [1293] [1292] [1291] [1290] [1289] [1287
3月だというのに寒さが戻って来ましたね。
雨も加わって更に寒く感じた昨日は、絵付けの学校スケッチの授業でした。
前回はデパート出展でお休みしたので、またも1ヶ月ぶり。
今期はお休みが多くなってしまって、Y先生にも申し訳ないですし、何よりももったいない〜。
モチーフは、小さくて可憐な「黄色い水仙」でした。



小さなお花の群れは常々「苦手!」と公言している私ですが。
今回はどうした事か、スラスラ〜ッと鉛筆が進む。
それどころか楽しいとさえ感じてしまって、自分で自分に驚きました。
先月にも同じような感じがしましたが、何か1つ壁を越えて次のステージに行ったような‥。
私が慣れ親しんで来た(デザイン業の)イラストと、デッサンに基づく「絵」は、一見同じようですが全く別もので。
「楽しみ半分•苦しみ半分」で立ち向かっていたスケッチですが、少しずつ「物の見方」というのが自分の物になっているのカモ?
先生が一流というのもありますが、地道な積み重ねというのはあなどれません。
「月に2回」というので、自分の首を締めているような気がする時も多いのですが。
これはやっぱり頑張って行かないと。
クラスメート評「オトナの絵」だそうです。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
努力のたまもの
って言うか、やっぱ好きなことなんですよねー。好きこそものの上手なれ。
好きじゃないと続かない。
どこまでも突き進んでください。
hiko 2014/03/07(Fri)17:36:48 編集
好きみたいです
長いこと知りませんでしたが(笑)どうも描くのが好きみたいですね〜。
「為になるから」と思って始めたスケッチですが、どんどん面白くなって来ました。
形を取るのは当初から上手と言っていただいていたのですが、物を面で捉えるという事が難しくてなかなか身につきませんでした。
ついつい輪郭で見てしまうのです。(イラストとかマンガはそうですよね)
ずっと追っかけしているK先生も、スケッチのY先生も、おっしゃる事は究極のところ同じで。
お二方ともT京芸大で日本画を学ばれた先生で、私にとってはすごい説得力なのです。
絶対的に信じる事ができる先生に就くという事は幸せです。
長くデザインを仕事にして来た私としては、相手によっては力を推し量ってしまう所もあるんです。(失礼な事とは思いますが)
テクニカルのW先生もセンスが良くて、とても信頼しているので(毎週は体も学費もキツイですが•笑)今はゴールデンの時間割なんですよ。
これからも、突き進みますよ〜!
【2014/03/07 21:18】
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 8
9 12 14
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
[03/28 waka]
[03/28 はるみ]
[03/19 waka]
[03/17 つきゆり]
[03/13 たけ]
[03/06 たけ]
[03/01 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]