忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713] [712] [711] [710
展示会の締め切りも迫って、K先生に最後のご相談をするため学校へ。
5枚のお皿は全てイングレーズの土台を終えて鳥の絵付けに入りましたが、1回目の焼成を終えたばかりの物から第3焼成まで進んだ物まで進み具合はまちまち。
それでも並べて見て頂けば、雰囲気は伝わります。
メジロのお皿は1番進んでいるのですが「上手くなりましたねぇ」と言っていただいて嬉しかったです。
「絵に無駄が無くなって来た」そうで、それは私も少々感じていました。
手をかける時間が減った訳ではないのですが、メリハリがつけられるようになったというか‥以前はもっと絵が重かったのです。
メジロには更にもう1度手を加える予定ですが、影を入れる際のポイント、やり過ぎないように‥と注意点を伺い、やっぱり足を運んで良かったです。
この後の始末もご相談して、サッパリとお皿の縁にプラチナ彩を施す事に。
そのプラチナで花びらも2〜3枚散らそうか?どうしようか?と迷っていたので、ご相談してスッキリ心が軽くなりました。
後は頑張って手を動かすだけです。
プラチナは手持ち分では足りそうも無いので、地下のショップで購入。
なんと小指の先程の5グラムでも、諭吉さんでは買えません〜。
エキスパートの資格を取っているので私は割り引きがあるのですが、それでもオツリは微々たるもので。
おサイフまで軽くなってしまいました〜。

10.03.01.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
素敵ですねー
めじろの絵皿、かっこいいー。
今年の夏に大阪に来る時に現物が
見れるといいなぁと思っています。
hiko 2010/03/02(Tue)12:41:25 編集
有り難うございます♪
いつものインコさんよりは大人っぽく、和の雰囲気にしてみました。
野鳥物をリアルに描こうとすると、あまり「可愛い雰囲気」という風には持って行きたくないような。
自分の中ではデザインの方向性が違うので、インコ・文鳥さんが続くと野鳥が描きたくなって、野鳥が続くと今度は可愛い(でも、リアルな)インコ・文鳥さんが描きたくなって来ます〜。
【2010/03/02 23:21】
本当に素敵です…
とてもシックで素敵ですね。

先日の、絵の具のお話しや焼成のお話しも、興味深く拝見しました。
陶絵付けって、本当に奥が深いのですね。
はるみ 2010/03/03(Wed)13:20:49 編集
深いですよ〜
メジロのお皿を誉めて下さって有り難うございます〜。
陶絵付け、本当に知れば知るほど深いんですよ。
学校はもう7年目なので、オットからは「いいカモだ」と言われています(笑)。
4月からは月に2回デッサンのクラスも取るので、この先も進化する予定です〜。
更に上手になってまた、ゆうちゃん&たまちゃんを描かせてくださいね。
【2010/03/04 00:26】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 10 11 12
13 14 15 17 19
21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/21 れもんまーとる]
[08/19 れもんまーとる]
[08/17 つきゆり]
[08/16 れもんまーとる]
[08/06 ももんが]
[08/03 つきゆり]
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]