忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[1510] [1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504] [1502] [1501] [1500] [1499
この1週間は「コザクラさんS」のオーダー品を製作中。
これは2年がかりの製作となってしまい、大変お待たせしています。
オーダー下さったT様がご家族のお仕事の都合でシンガポールに転居された事もあって、ついつい甘えてここまで引っ張ってしまいました。
3月は日本に戻って来ておられるので、今度こそは!と頑張っています。



お皿、ふた物ともに、後は金彩を残すのみとなりました。
このお皿「単色のお花とペアのインコさん」の組み合わせで、何種か作った物のデザイン変えです。
金色の四角い枠の外側に、お花を流すデザインで。
今回は、アイビーとデージーをアレンジしました。
色味は多くないので、あえて単色使いにしていません。
四角い枠はアイレリーフで凹凸の下地を作ってあるので、周囲をマスキングして金彩を施します。



マスキングテープと、細かい部分は「マスキングリキッド」という液体を使うのですが。
マスキングリキッドが「やけに水っぽい‥」と、塗りながら不思議に思う。
注意力のある方は、一旦ここで立ち止まるのでしょうが。
不思議に思いながらも続行するのが私?
その内に乾くだろうと、マスキングを完了して。
その上に金彩をして、マスキング部分を剥がそうとすると‥。
マスキングが何故かヌルヌル‥固まってなくて、上手く剥がれません。
「なんで??」と改めて瓶を見ると、間違えて「マーブリングローション」を使っていました。
これは金彩やラスターと一緒に使って、マーブル状のテクスチャーを作る溶剤で。
「マスキングリキッド」も「マーブリングローション」も、つい先日のテクニカルの授業で使ったので、一緒の箱に入れていました。
色が同じような赤で、違和感が無かったのでした(爆)。



とは言え、これだけ瓶の形は違うというのに‥ウッカリ過ぎる。
瓶の口が「こんなに細かったっけ?」とは思ったのですが、注意力皆無です〜。
そういえば今朝は柔軟剤と間違えてオシャレ着用の洗剤を投入したらしく、仕上がりが何か妙で洗濯をやり直したのでした。
こちらもボトルのデザインが良く似ているのです(汗)。
ひとつひとつ指差し確認しない事には、この頃は自分がアテになりません(爆)。
金彩はキレイに流して、1からやり直しました。
T様、ご安心くださいね!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
お疲れさまです〜!
白磁は紙と違って焼成前はきれいに洗えるのでヨカッタですね。
人ごとではありませぬ、私も指差し確認を心に留めます!
金彩ができてさらに華やかになるのが楽しみです。
春らしい爽やかなお色ですね。
つきゆり 2016/03/02(Wed)15:26:19 編集
ウカツでした〜!
何でこんなにウカツな人なんでしょ〜〜!
改めて考える事のない慣れた作業の方が、ウッカリ!やってしまいがちでアブナイですね(汗)。
本当に、これが紙で無くて良かったです。
金は勿体なかったですが、拭き取った後は念の為にスポンジでゴシゴシ洗いました。
青く残ったら台無しですもんね。
緑の葉っぱに、緑の鳥さんですが、マーガレットの白のお陰か?爽やかに出来上がりそうです。
【2016/03/02 22:51】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 10 11 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/17 つきゆり]
[08/16 れもんまーとる]
[08/06 ももんが]
[08/03 つきゆり]
[07/28 boss]
[07/27 つきゆり]
[07/22 つきゆり]
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]