忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1182] [1181] [1180] [1179] [1178] [1177] [1176] [1174] [1173] [1172] [1171
今日の東京は台風並みの強風ですが、昨日は穏やかな1日で。
山種美術館の「琳派から日本画へ」展を観に行って来ました。



「琳派」と聞くと、行かねば!という気分になるのですが。
今回の展示は、私にとっては今ひとつ。
友人とのランチのついでと思えば、悪くないか?くらいでした。
華麗な装飾が琳派の元となったという事で平安時代の「和歌」も多かったのですが、「書」という物がよくわからない私としてはビミョ〜。
重要文化財にも大した感慨も無くて‥豚に真珠とは、私の事です(笑)。
絵も「伊勢物語」や「源氏物語」が題材の物が多かったので、花鳥画のボリュームがもう少し欲しいところでした。
パンフレット下段の酒井抱一の「秋草鶉図」は、前期の展示だったので残念〜。
以前に他所で見たのもあって、陶画舎展の締め切りを優先したので今回は我慢です。
上段の加山又造の「千羽鶴」は月が背景になっている物と1対になった屏風で、これはとても見事な物でした。
シンプルなのに、スゴイ迫力。
色を押さえてあるのも良い感じです。
帰り道は陶画舎に寄って、白磁を買い足し。
バーゲンの後で品薄でしたが、肝心のマグカップはありました。
今回のマグは、やわらかいフォルムの素材で展開しています。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
9 10 11 13 14
15 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]