忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1120] [1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109
中学の同級生と、ン十年ぶりの修学旅行をして来ました。
九州組と関東組と、ちょうど中間点の京都で集合。
大昔の修学旅行と同じ地です。
初日は台風17号が上陸した日で、新幹線が目的地に近着くにつれお天気はどんどん悪くなって行き‥京都は雨。
観光は無理なので、行きたいと思っていた細見美術館に皆様にお付き合い頂きました。
気になっていた展示の最終日で、ひょんな事で観る事になったのはラッキーと言えなくもない。
当時仲良しだった女子4人ですが、今年になって交流が復活する迄は年賀状のやり取りぐらいで。
全員揃って旅行する日が来るとは思っていませんでした。
子供を育て上げ、親もほとんど見送って、だんだん自由が効くようになったという事ですね。
ホテルでは積もる話で夜がふけたのですが、翌朝はスッカリ良いお天気。
後の2日はのんびりと、寺社巡りをして来ました。
京都はムスメが中学•高校の頃に一緒に歩いて、観光はそれ以来です。
お気に入りの仁和寺は、他のメンバーも気に入ってくれたので良かった。
代々皇室出身者が門跡(住職)を勤めたという由緒あるお寺で、とても心が静まる場所です。
お約束の湯豆腐を、お寺の横にある「奥丹」で食して行ったのは南禅寺。
今回初めて訪れたお寺ですが、気に入りました。
ここの立派な三門は登れる造りになっていて、下界を見下ろすのは良い気分。
石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな‥」の名セリフを残した場所だそうです。
ビルも何も無い昔には、さぞ遠くまで見渡せた事と思います。
お寺横には映像で見たことのある琵琶湖疏水の、レンガ造りのアーチもありました。
全員の記憶に残っていたのは清水寺で、ここは今も修学旅行生で賑わっています。
修学旅行では、肝心のお寺については覚えて無い事の方が多いのですが。
全員漏れ無くお寺好き(笑)になっていたのは、歳のなせる技でしょうか?



お寺は緑も多いので鳥さんの鳴き声も賑やか、心を洗われる気がしました。
金閣寺では、池にサギが居ました。
市内を流れる鴨川でも、たくさん見かけた鳥さんです。
南禅寺から銀閣寺に続く「哲学の道」の水路では、鴨のファミリー。
この道は想像以上に長く続いて、全員が音を上げたのでした。
驚いたのは祇園で見かけたアオサギ。
繁華街の中に、ファッサファッサと飛んで来ました。



 

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
お帰りなさいませ
京都の観光楽しまれたようですね。
南禅寺は、私も1年位前に行きました。

上記の写真の水道橋は、ドラマの撮影でよく使われている所です。
嬉しくなって、何度もポ-ズを変えて写真を撮った憶えがあります。
 そこで、抹茶とお菓子を食べて帰りました。
sakura 2012/10/04(Thu)23:24:08 編集
楽しかったです〜!
久々の京都、楽しかったです♪
南禅寺は面白いお寺ですね。
高い所に登るのは好きで、あの三門は嬉しかったです〜。
リサーチ不足で行ったので、歩いていると水道橋が現れたのにはビックリ!でした。
あの橋とsakuraさんの写真は、きっと美しい絵になっている事でしょうねぇ。
お抹茶とお菓子は、朝1番の金閣寺で頂きました。
お寺の清々しい空気の中で、贅沢なひとときですね。
【2012/10/05 10:16】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 6 7 9
10 11 12 14 15 16
18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
[08/21 れもんまーとる]
[08/19 れもんまーとる]
[08/17 つきゆり]
[08/16 れもんまーとる]
[08/06 ももんが]
[08/03 つきゆり]
[07/28 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]