忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788] [787
昨日はマスタークラブの展示会に。
マスタークラブは絵付けのお教室を主催なさっている先生方、100名余りから成るグループです。
今回は10周年記念という事で展示の他に、有料で多くの先生方のデモンストレーションが見学できるという面白い物でした。
時間で切って3回先生が入れ替わり、7つのテーブルで同時にデモが行われるという豪華な物。
10月から受講予定のH先生も、デモで参加されました。
見学者は興味があるテーブルを行ったり来たり‥。
見学者も100%絵付けをなさる方なので、中には熱心にメモを取る方も。
会員の先生方や招待ペインターのデモは各々に違っていて面白く、昼食も忘れて見学しました。
ここ迄の先生方になると独自の世界を持っておられるので、モチーフも描き方も様々で。
やり方は無限、これが正解!という物では無いのなのだなぁ〜と、思いました。
陶画舎のクラス・メートは勿論の事、先生方も3人揃って授業の合間に見に来られていて。
もう5年程前ですが、掛け持ちして暫く通っていたお教室の先生にもバッタリ!
デモンストレーションで私が1番興味を惹かれたのは、Thanh Duc Hong氏という海外のペインター。
パレット代わりのお皿もオイルも大振りで、筆にたっぷり絵の具を含み、水墨画のように流れる感じでサラサラと描かれて‥これはカルチャーショックでした。
作品も独創的‥もはやアートです。
それぞれのデモ・テーブルでは、お道具や絵付けテキストの販売等もあって。
この先生は、今描いたばかりのお皿を(未焼成で)販売しても良いと言われていましたが。
通常800ドルのところ、デモなのでオマケで400ドル。
離れる事のできなかったテーブルですが、もうひとつ決心が要りますね。

10.08.28.1.jpg10.08.28.2.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]