忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[925] [924] [923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915
昨日はスケッチの講座でした。
モチーフは、なんとビスコのパッケージ。
実は2年前に廃業する迄は、こういったパッケージのデザインを長く仕事にしていました。
このメーカさんとも無縁ではありません。
デザインを決める1番最初の工程は、正面向きでこのようなスケッチを何点も描き出します。
色とか、ロゴの形とか、ブツの入れ方とか、他の要素とか‥がデザイン作業では肝心な事なので、例えばこの箱を描く場合はベースは均一な赤ベタ。
光の向きを気にした事はありません。
ここ10年余りはグラフィック・ソフトで仕上げていましたが、その昔はマーカーを使って手描きしていました。
クッキーやアイス等のブツ絵は、それらしく描くと仕上がりが違います。
パッケージの中に朝食のテーブル・シーン等、シズル写真風のイラストを入れる事もありました。
考えると、私はこのマーカー・スケッチを描く事が大好きだったのでした。
中身も出して、箱と並べて描きました。
アルミのピローの質感を感じるよう、これはコントラスト強めに。
観察すると実際そのように見えるのですよ。
ロゴ等もパースを付けて描いたからか「形を掴むのが上手」という事でしたが、これは慣れた道なのです。
「今回は何も言う事がありません」とY先生が(たぶんリップ・サービスで)言ってくださったので、「今回は!?」と脅してみると(笑)。
「今回も‥です、失礼しました」と言って下さって。
追っかけしているK先生もですが、絵を描く男性は優しい方が多いです。

11.06.02.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 8
9 12 14
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
[03/28 waka]
[03/28 はるみ]
[03/19 waka]
[03/17 つきゆり]
[03/13 たけ]
[03/06 たけ]
[03/01 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]