忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[926] [925] [924] [923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916
会期終了間近なので、山種美術館の「百花撩乱」展へ。
ここは日本初の日本画専門の美術館で、1年半前に恵比寿に引っ越しして来たばかりです。
今回は花をテーマにした展示で、酒井抱一や鈴木其一といった江戸時代の人の物もありましたが。
山種証券の創立者、山崎種二が作家と直接交流して蒐集した明治から現代にかけての物が多かったです。
ここ数年は花鳥画が気になり初めて、その手の展示によく行っていますが、近代の人に関しては有名どころでも殆ど知識がありません。
今回始めて知った物も多いのですが、なかなか面白かった。
最近は洋画より日本画を見る方が好きというか、落ち着くというか。
気になる人も2〜3できたので、どこかの展示でまた見付ける楽しみもできました。
チラシが大人気だそうで今回は手に入らなかったのですが、鈴木其一の「四季花鳥図」です。
私的にはレイアウトがいつもキレイ収まっている(収まり過ぎている?)印象が強い人ですが、向日葵の花は意外な事に情熱的です。
以前に、畠山美術館でもダイナミックな向日葵を見ました。
好きな展示の図録は必ず求めるのですが、今回は企画展の物が無かった事は残念でした。
お天気も良かったので、ブラブラと歩いて広尾へ。
この辺りはスゴイお屋敷ばかり並んでいて、お金持ちの多さ(笑)に驚くばかりです。
同行のY子さんの息子さんが昨年、結婚式を挙げたというイタリアン・レストランへ。
木に覆われた洋館、丸ごと1件がレストランで素敵でした。
そこで初めてウサギを食べました〜。
メニューの「ウサギのソース」というのは人参か何か?と、思ったのですが。
ウサギちゃんのお肉を使っているそうで。
可愛い姿を想像するとザンコクな気がしますが‥とっても美味しゅうございました(汗)。

11.06.04.1.jpg11.06.04.2.jpg11.06.04.3.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]