忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29    03 >>
[1867] [1865] [1863] [1862] [1861] [1860] [1859] [1858] [1857] [1856] [1855
1週間前になりますが、今年も「テーブルウェア•フェスティバル」に行って来ました。
昨年は所属しているJ.P.P.A.の出展があったのもあって、(出展者パスもあるし•笑)随分と通ったのですが。
今年は1回‥連れも見つからなかったので、ひとりで行って来ました。
平日のせいか、あまり人が居なかったような気が‥。
初日の日曜日は、ものスゴく賑わったそうですが。
展示も今年は、心揺さぶられる物が無かったような〜。
これはヘレンドの、フォーシーズンズのテーブル。
ここまで豪華に揃う事はなかなか無いのカモ?と、写真撮影。



ポルトガルのブランド「ボルダロ•ピニェイロ」のテーブルで、鳥さんを見つけました。
日本初上陸ということですが、他のブランド食器を見た目にはとてもお手頃な価格です。



期待のメーカー•ブースに、とりたてて面白い物が無くて残念でしたが。
ノリタケにカップ&ソーサーの下絵がありました。
プリント印刷で出来上がった品物より、こちらの方が可愛らしく思いました。



そのお隣には、手描きの陶板が。
周りの金彩も豪華ですが、額装するとまたひとつ格が上がりますね。



今年も九州からMika's キッチンさんが遠征しておられて、スゴイなぁと感心。
出展するだけでも、とてつもなく大きな費用がかかるイベントなのです。
何だかんだ言いながらも、お昼過ぎから閉場間際までコーヒー1杯でウロウロ〜。
やはり、食器を見るのが好きなのでしょうね。
お買い物はチョッピリで‥山形のブースで、金工の茶托を発見!
錫(スズ)製品です。
小ぶりなサイズも可愛いかったので、次回展示に使います。
煎茶のセットがステキになりそうです。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
空いてる時で良かったですね!
テーブルフェス、毎年の知ったお店で好きな所があると嬉しいけど、今年はなんとなく和の感じが似通ってるお店のようで、今ひとつでした。
でも、錫の茶托、すてきなの見つけられましたね〜〜!!流石!
すっきり潔くてどこか可愛くて、リトルガーデン様の世界を響かせるよいお品です。
やっぱ「備品は大事」ですよね。
日頃からコツコツ集めて、作品にあう備品の候補がいくつかあるくらいになりたいです〜〜
↓一足早く、香りまでしそうな桜三昧、贅沢な陶板ですね!!
つきゆり 2019/02/12(Tue)21:29:21 編集
今年は残念!
つきゆりさんが行かれた日曜日はスゴイ事になっていたと、出展者さんからも聞きましたよ。
今年は御一緒できなくて残念!
他でも「今年は‥」と聞いたので、やっぱり皆さん思うことは一緒ですね。
錫の茶托はたまたまですが、可愛いの見つけたでしょう?
このシンプルな打ち出し模様は、この4個だけだったのでラッキーでした!
いつも、ついつい展示の備品を探してしまいますよね〜。
実際の暮らしでは、なかなか茶托も使わないのに。(笑)
ニャンコの陶板を褒めてくださって、ありがとうございます。
とても品のある美人さんだったので、似合うように華やかを目指しました。
オーダー主様から喜びのメールを頂いて、ホッと安心しました〜!
【2019/02/13 09:19】
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/19 つきゆり]
[02/15 つきゆり]
[02/09 つきゆり]
[02/09 boss]
[02/04 まーれ]
[02/04 つきゆり]
[02/03 まーれ]
[02/03 sakura]
[01/22 sakura]
[01/20 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]