忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469
絵付けの学校、ナチュラル・フローラの日。
3アイテム同時進行で6回授業なので、絵が進んでいる実感があまりありません。
スッカリ忘れていましたが、早くも冬の特別講座が始まっていました。
追っかけをしているK先生の講座は、今回はイングレーズのコノハズクのクリスマス・プレート。
既に1回目の日程は終了しているのですが、今回はあまり人気が無くて生徒の集りは今ひとつだそうです。
去年は確かハムスターがシャボン玉を飛ばしているラブリーな物で、その時は大盛況だったらしい。
いつも大人気の先生なのですが、コノハズクがりりし過ぎた?とガッカリなさっていると聞いたので「私が行かなくて誰が行く」と、次の日程の受講予約をして来ました。
単色ですが1回焼成で仕上げるので、トリさんのお勉強にはなりそうです。
帰りに地下のショップで、毎年買っているマロリン・バスティンのダイアリーが残り1册になっているのを発見。
あわてて購入しました。
オランダの女流画家さんですが、自然や鳥がやさしいタッチで描いてあります。
絵付けを始めた頃は、この方の絵を模写するのが楽しみでした。
今はトリ活動を始めた以上オリジナルを描く責任があるので、眺めるだけの楽しみですが。
ダイアリーとはいえ、勿体なくて勿論使ったことはありません。

08.11.26.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
イングレーズ
ものにしてください。
一段と高級感がでますよねえ。
オリジナルを描く責任。
プロとしての覚悟の一言ですね。
さすがです。
hiko 2008/11/27(Thu)09:26:43 編集
オリジナルということ
先日の動物講座の猫のお皿もそうでしたが、イングレーズで何回かは描いているんですよ。
ただ1250度の高温焼成なので、私のお窯では無理。
コンセントの工事も必要です。
デザイン業が長いので「知的財産権」というのは、体に染み付いています。
陶絵付けとかトール・ペイントとか、その辺りの敷き居が???と思う事はよくあることで。
趣味の楽しみの内は良いですが販売されているのを見る機会もありますが、訴えられたらどうするんでしょうね?
【2008/11/27 14:23】
素敵
マロリン・バスティンのダイアリー
素敵ですね。
でも、うちの子を描いて下さるリトルガーデンさん
の方が、飼い主にとってはもっと素敵です!
だから、予約がいっぱいなのでしょう。
みんな「うちの子」は特別ですから・・・
オカメのママ 2008/11/27(Thu)11:22:18 編集
壁かけカレンダーも
マロリン・バスティンの絵は、やさしくて素敵でしょう?
自然や小鳥や動物がモチーフになっています。
壁かけのカレンダーは、大きな本屋さんで置いている所も多いんですよ。
「うちの子」が喜んでいただけたら、私も嬉しいです。
これは極めて行きたいと思っています。
予約は一杯でも無いんですよ〜(笑)。
私の時間配分が悪いのでお待たせする事も多いですが(オカメのママさんもお待たせしてしまいましたが)、予約が一杯では無いんです〜(笑)。
【2008/11/27 14:19】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
12 13 15 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]