忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 03  2020/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467
昨日はお天気も良かったので、皇居の三の丸尚蔵館へ。
今は1900年のパリ万博に出展した工芸品の展示中です。
待ち合わせたAさんがご主人連れだったので妙な3人連れになりましたが、ご主人とも10年以上のスキー仲間なので遠慮無く。
皇居のお掘には白鳥にカモメ、ゴイサギに鵜‥と、沢山のトリさんが。
中も小鳥の声が賑やかでシジュウカラが沢山いました。
日本庭園の大きな木の下はウッド・デッキになっていて、お気に入りの場所。
夏は木陰が涼しいのですが、この時期も寝転ぶと空が広くて気持ち良いです。
皇居の側のパレスホテル10階のティー・ルームも景色が良いので、三の丸の後は必ず立ち寄る好きな場所。
日本橋三越で大マイセン展が開催中なので、デモンストレーションの時間に合わせてブラブラ歩いて行くことに。
デモはアラビアンナイトのシリーズを描かれる紳士で、65才という年齢よりはずっとお若く見える素敵な方でした。
個人的には自然派の花の絵付けや柿右衛門様式や‥マイセンでも違うスタイルが好きなのですが、アラビアン・ナイトは特別なシリーズだそうでマイセンの中でも絵付けを許されているのは4人だけだそうです。
お値段もまた特別に良いシリーズですが、ペインターの直筆サインも付くという事でバタバタ売れていて驚きました。
リーマン・ショックもなんのそのです。
私は勿論、見るの専門。
アラビアン・ナイトは絵にも金が多用されているシリーズですが金が金液という液体で無く、絵の具と同じ粉状で驚きました。
98%の金だそうで、持たせてくださいましたがズッシリと重い粉です。
これを絵の具と同じメディウムを使って溶いていたのには、またビックリ。
そして別れた後にまた私がマイセン展に戻ったと知ったら、A夫婦はさぞ驚くことでしょう。

08.11.24.1.jpg
08.11.24.2.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ど根性
ひとりでもう一度もどるとは、、、。
根性ありますね。
そういえば、昔からそういうところあった
気がする。
きっといい作家さんになりますよー。
hiko 2008/11/25(Tue)12:46:07 編集
頑固(笑)??
昔から、そういうところありましたか?
他はどうでも自分なりにこだわりのある所は、気持ちに忠実に来たかもしれませんね。
その結果こうやって、東京に飛び出して来てるのカモ(笑)。
いい作家さんになりたいですねぇ。
【2008/11/25 22:37】
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/08 つきゆり]
[04/08 boss]
[04/05 つきゆり]
[04/01 sakura]
[03/29 boss]
[03/29 つきゆり]
[03/27 boss]
[03/26 つきゆり]
[03/22 むぎ]
[03/18 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]