忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1839] [1837] [1836] [1835] [1834] [1833] [1832] [1831] [1830] [1829] [1828
昨日は午後から、佐々木裕子先生の絵付けのお教室へ。
先日に金彩したお皿を受け取りました。
このお皿は佐々木先生にご指導頂いて、ここまで太く金彩を入れたのですが。
豪華でステキに仕上りました!
自分だけではきっと、ここまで思い切りの良い事は出来なかった。
さすが先生、センス良いです。
残り2枚は、これからボチボチ自宅で金彩します。



お教室展の展示に使うテーブルライナーは、M先生が持って来てくださった物。
並べた器がよく映えて、一緒に並べる「雀ちゃんのセット」にもピッタリ!です。
これに近い色のクロスを撮影時によく使っていますが、こちらの方が品がある。
あまり主張しすぎない、それでいて光沢のある大き目の柄が良い感じです。
大枚出費を半分覚悟していたので、M先生のお陰で助かりました〜。
皆様の作品も、続々と仕上がっていて楽しみ。
展示物のあらましをお花屋さんに連絡して‥とてもセンスの良いお花屋さんなのです‥あとは、お任せで。
お当番等の最終調整もして、私は29•30日の両日とも13〜15時に受付に居ります。
そう言えば、先日の陶画舎の先生方の展示会で求めた茶器セット、ご紹介を忘れていました。
アメリカの大学で陶芸を学ばれたW先生作です。
作陶もなさった1点物‥鳥さんが居たのが決め手です。(笑)
嬉しい事に裏側に、もう1羽!



「緑釉掻き落とし動物の茶器揃い」‥器のタイトルで作品の内容がよくわかるのは、和陶の定石ですね。
器の見込み(内側)部分は緑釉が鮮やかで、本当に美しい緑。
表はその上に乗せた黒地を、掻き落とし(スクラッチ)して、緑の絵柄をつけてあります。
見え難いですが、お皿にも一面に地紋が入っていて。
所々に金彩もあって豪華です。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
3枚のお皿、柔らかい色と金彩が響いて格調高いです〜〜
実物見るのが楽しみです。
茶器セット、作陶もなさったとは、先生すごい。
かわいくてモダンであたたかくて、まるで奥の深い絵本が茶器の世界になったよう。
持っているだけでもうれしい作品ですね!
どんなお茶でもおいしくなりそう。
つきゆり 2018/11/20(Tue)19:40:42 編集
アメリカン風
ありがとうございます〜!
柔らかいアメリカン風のお皿を作ってみたく思って、始めたお皿です。
大きなリムとの仕切りが盛り上がっているという、変わった形を生かしてデザインを決めました。
佐々木先生のアドバイスで金彩が太っといのですが、このボリュームが良かったです。
そろそろ残りの2枚を、金彩しないと〜!(汗)
W先生の茶器セット、これがまた童話のようでステキなんですよ。
これはロクロを使ってありますが、石膏型から作って流し込みで製作された物もありました。
才能豊かで、センスの良い先生ですよねぇ。
‥お花屋さんから、個別の返信は無いような感じですよ。
【2018/11/21 09:47】
立てば芍薬   *HOME*   QUEEN
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/06 まーれ]
[12/05 れもんまーとる]
[12/05 れもんまーとる]
[11/26 waka]
[11/26 boss]
[11/21 sakura]
[11/20 つきゆり]
[11/20 sakura]
[11/09 boss]
[11/08 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]