忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1120] [1118
今日は山種美術館へ。
「竹内栖鳳(たけうちせいほう)没後70年特別展」が開催中です。
知りませんでしたが「東の大観(横山大観)、西の栖鳳」と並び称された日本画家だそうです。
京都画壇を牽引し、後進の指導にも力を入れた方だそうで。
上村松園、福田平八郎という有名どころも教え子らしい
パリ万博が開催された1900年、遊学したヨーロッパで西洋美術に触れて大きな衝撃を受けたのだそうです。
洋画の写実と、日本画の持つ空間に拘った‥みたいな事を耳にしていたので、行こうと決めていました。
比べるのも申し訳ない感じですが、私もとても気になっている所なのです。
結果は大当たり!
確かなデッサン力で、特に動物を描いた物は生き生きとしています。
画面構成がまた絶妙で、余白の取り方と色味はまさに日本画。
もう本当に好きな絵でした。
大観と比べると知名度が今ひとつなのが、不思議でしょうが無いですが。
お誘いしたY子さんにも喜んで頂いたので、良かったです。
ゆっくり目のランチで解散した後は「ロジの木」さんへ。
東急のフリー•ペーパー「SALUS」誌に載せて頂いたお陰で、リトルガーデンの鳥さんは里親さんがバタバタと決まっているそうで。
オカメさんのお皿とマグが無いと聞いて、とり急ぎ納品のお約束をしていました。
今日の新作は、いつもより少し大きめの直径14センチ程のお皿。
余白を意識して描いた物です。
ちょうど出展作家の「maison de ma-sa」さんと「おひさまのたまご」さんもいらしていました。
お初にお目にかかりましたが、とても感じの良いお2人。
ma-saさんはカルトナージュの作家さんで、私も1つ持っているのですが。
アクセントに金具を使ってみたり‥オシャレで、とても丁寧なお仕事です。
おひさまのたまごさんは、センスの良い生活雑貨をセレクトした雑貨屋さんです。
帰り道をご一緒しましたが、本当にお日様みたいな方で楽しかった。
今日のタイミングで「ロジの木」さんに行ったのは、当たり!でした。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ロジの木にて
こちらこそ素敵な作品を生み出されているリトルガーデンさんにお会いできて嬉しかったです。寅ちゃんのかわいいエピソードもたくさんお話してくださりありがとうございました。またお会い出来る機会を楽しみにしています♪
maison de ma-sa 2012/10/29(Mon)20:05:01 編集
きれいな箱
寅ちゃんの親バカ話を、たくさん聞いて頂いてスミマセン〜!
私もma-saさんにお会いできて嬉しかったです。
あんなセンスの良いお仕事を「どんな方が?」と、思っていました。
想像どうりのステキな方です♪
きれいな箱とか容れ物とか、とても好きなんですが。
不器用なので作るなんて考えた事もありません、羨ましいです。
またロジの木さんで、お会いしましょうね!
【2012/10/30 00:03】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/16 つきゆり]
[07/10 boss]
[07/09 れもんまーとる]
[07/07 つきゆり]
[07/05 れもんまーとる]
[06/30 キョーコ]
[06/30 ぴい]
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]