忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1808] [1807] [1806] [1802] [1801] [1800] [1799] [1798] [1797] [1796] [1795
2日目は多治見へ。
名古屋近郊は焼きものとか、刃物とか‥昔から火を使う職工さんの街が多く、精をつける食事として鰻が有名。
まずは、うな重を食べるのが目標です。
お重からはみ出る程に鰻が豪華で、頭まで丸々1匹乗っているのにはビックリ!
馴染みのある一旦蒸した物とは違って、パリパリに焼いてあるのですが美味しかったです。
多治見のユルキャラ、うなガッパ君も見つけました。



もちろん多治見も焼きものの街‥緑色の織部釉のかかった美濃焼が有名ですが。
いかにも「土もの」というのは、今の好みとはちょっと違うので。
明治〜大正の頃に瀬戸で輸出品として作られた器を、骨董品のお店でお迎え。
ブルーウィロー柄のお皿‥直径26センチ程です。
転写紙もヨレていたりするのですが、それもまた味わい。
水差しの方は手描きでした。



お店が続く「織部ストリート」は、軒先に陶製の風鈴がズラ〜ッと下げてあって風流。
趣のある建物が続きます。
見た目は涼しげですが、さすが「日本一暑い街」は暑かった。



「このままでは干からびる〜!」と、大きな建物に避難する事に。
焼きものの美術館は複数あるのですが「MINOセラミックパーク」に行きました。
敷地は山ひとつあるのかも?
土地の使い方が豪華です。
深山食器さんの器が、ミュージアム•ショップに並んでいて嬉しかった。
会社は、近くの瑞浪市にあります。
施設内の岐阜県現代陶芸美術館で「驚異の超絶技巧」展が開催中でした。



少し前に三井美術館で展示がありましたが。
3年前の初回企画の展示を見たのもあって、何となく見逃していました。
七宝焼きの並河靖之氏の作品が、多くあったのは嬉しかった。
ムスメが「3年坂美術館で観たよね?」と、覚えていたのも嬉しい驚き。
(興味なさそうに見えるので•笑)
当時の工芸品の技術は、現代では再現できないと言われていますが。
現代の作家さんの作品も超絶!でした。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
骨董屋さんでウィロー発見なんて、羨ましいです〜〜
ウィローは、和洋のお食事どちらにもあうので使いやすいですよね。
それに、図案中に必ず『鳥さん』決まり事でいますし(^ ^)
水差しも素敵な青。
美術館も色々あるんですね。
輪島の世界で唯一の漆芸美術館はがっくし、でしたよ。
多治見、行った事がないのでいつか行く時はご指南よろしくです!
つきゆり 2018/08/17(Fri)08:13:13 編集
好きな色合い
ウィローのお皿、もう1〜2枚欲しかったです〜。
青いお皿は、上絵付けで彩色した(課題で作った•笑)お皿と並べても合うし‥良いですよね!
水差しは複数あったので、好きな色合いを選べました♪
多治見は暑過ぎて、メインのストリート界隈しか行って無いんですよ。
駅前(離れている)とかも、何か良いトコあったのカモ?
美術館もポツンと山の中で、車の移動でないとキビシイです。
多治見は瀬戸や常滑と比べると、名古屋からのアクセスが大変な気がしてて。
車で行くしか無いと思っていました。
輪島は、まだ行った事が無いんです。
朝市とかも有名で、行ってみたいな〜。
あっ、6月に神戸の骨董屋さんで買ったお椀は輪島塗りでした。
【2018/08/17 11:50】
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/06 まーれ]
[12/05 れもんまーとる]
[12/05 れもんまーとる]
[11/26 waka]
[11/26 boss]
[11/21 sakura]
[11/20 つきゆり]
[11/20 sakura]
[11/09 boss]
[11/08 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]