忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389
今朝は一時的に集中豪雨がありましたが、昨晩は七夕だというのに珍しく降りませんでした。
星がひとつも見えない曇った空でしたが、織姫とひこ星は出会えたでしょうか?
ここ数日は急に雨になりそうでお窯のスイッチを入れかねて、今日は秋の木の実と野鳥のお皿を3枚まとめて進めています。
1回目の絵付けを終える予定でしたが、枝の部分だけ手をつけられませんでした。
焦って作業して他の部分をダメにしても困るので、明日の午前中に回します
午後は外出することになりそうなので、怠けずに頑張らないと。
12ヵ月のお皿はトリさんも木の実や花も色とりどりなので、木の枝だけは同じ色に統一するつもり。
日頃は思いつきで色を選んでほとんどメモを残す事も無いのですが、枝の色の調合だけは残しておかないとその内に忘れてしまいそうです。
画像は絵の具を溶くオイルです。
陶絵付けの絵の具は鉱物由来の粉状の物なので、オイルを加えてパレット・ナイフで溶いて使います。
始めた頃は小さい方のボトルで随分と持ったのですが、最近は描いている量が違います。
オイル洗いと言って筆に付いた絵の具をカルク落とすのにも使うので。10倍入りの大きい物にしました。
本来はお教室用だそうですが、たっぷり使えて安心です。

08.07.08.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
化学者
陶芸って結構化学ですよね。
学生のころほんとにがてな科目でしたわ。
でも、人間必要とあれば、身体で覚える化学ですね
hiko 2008/07/09(Wed)09:13:04 編集
化学は苦手ですよ
陶芸は化学的要素満載かもしれませんが、上絵付けはそんな事も無いですよ。
焼成の火加減?もお窯さんがコンピューター管理してくれます。
混色してはいけない色が多少あるくらいで、私はほとんど水彩画と同じ気分で描いています。
お道具だけ見ると、勿体ぶった(笑)感じがしますけど。
学校の課題は同じ色を再現する為に使う絵の具の色も指定があるのですが、オリジナルは自分の好きな色を使えば良いのです〜。

【2008/07/09 11:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
9 10 11 13 14
15 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]