忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1049] [1048] [1047] [1046] [1045] [1044] [1043] [1042] [1041] [1040] [1039
陶画舎展向けのお皿が5枚全て第1焼成を終えたところで、学校へ。
この半年間ロイヤル・クラスでお世話になったW先生に、途中経過を見ていただきつつのご相談です。
3月に入って直ぐの授業時に「目処が付いたら、ご相談に伺います」とお伝えしたきりだったので、心配してくださっていたようです。
おおよその全体を見て頂きたく、遅くなってしまいました。
お皿は全て抱えて行ったので、重かった~。
「第1焼成でここ迄、絵の具を乗せたのですか」と近くにいらした先生方が集まって、妙に誉めてくださったのが嬉しくて踊りそうになりました(笑)。
周囲の処理を悩んでいたのですが良いアドヴァイスを頂いて、さすがW先生はセンス良いです。
長く追っかけしているK先生もスケッチのY先生もT京芸大卒の超一流ですが、男性の先生です。
W先生の感性には、女性ならではの細やかな物も感じて。
もちろん腕も確か・・私の目は厳しい(笑)のです。
「スゴイ!」と素直に思える先生方に恵まれているというのは、幸せな事ですね。
画像はロイヤル・クラスで製作した課題、タイトルは「オータムン・リーブス」。
縦が40センチと長くウェーブしているお皿を使って、4時間×6回の授業で製作しました。
この愛らしいスズメちゃんに呼ばれて、初めてW先生のクラスを受講する事になったのでした。
サルトリイバラやナツハゼの小さい実は、エナメル盛りを施して盛り上がっています。
4月からは先生のお得意、特殊技法のクラスを受講します。
ずっと避けて来た分野ですが、W先生に惹かれてしまいました。
大物の製作の幅も広がりそうで、それも良いか?と思います。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
12 13 15 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]