忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262
何ヶ月かぶりに有楽町に行ったら、景色がすっかり変わっていました。
マロニエ・ゲート、イトシアと相次いでショッピング・ビルがオープンしたのはテレビで知っていましたが、駅を降りた時の景色までガラリと変わっておりました。
交通会館前のゴチャゴチャしていた区画がスッキリと広場になって、丸井の入ったイトシアが聳え立っていました。
ビルの上半分はオフィスだそうです。
友人とランチの約束をしていたのでまずはマロニエ・ゲートに行って、そこのシンガポール・フードのお店からイトシアをパチリ!
向こうに広場と、有楽町の駅が見えます。
広場の横には自転車仕様の人力車みたいなタクシー?がズラリと客待ちをしていて、立派な観光地なんでしょうね。
どちらも若い人がターゲットのビルなので、洋服等は今ひとつ用が無い感じですが新しいお店の探検は楽しいです。
マロニエ・ゲートに入っている東急ハンズは他のハンズよりも高級感が漂っていました。
見易くて良い感じです。
イトシアの地下は買い物も食事もできるフード・アベニューだそうです。
まさか丸井に食品が有るなんて‥想像もして無かったので、見落としてしまいました。

07.12.11.jpg
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
変貌
街はどんどんかわって行くのですね。特に東京は。
新し物ずきの私は興味しんしんです。
来年こそ、どこかでお会いできればいいですね。
hiko 2007/12/12(Wed)09:42:51 編集
スゴイ勢いです
特に今年の東京はスゴイですね。
ほんの2〜3ヶ月ぶりで行ってみたら、この変わりようです。
都内に住んでいてもビックリですよ。
要チェックの場所は随分、増えていると思いますよ〜。
【2007/12/12 19:41】
イトシア?
マルイにくっついてるビルは
イトシアと云うんですね。
最近は洋服よりも
食べ物にお金を使う人が増えてるから
フード系ははずせないですよね。

ところでシンガポール・フードって
どんな料理が出るんですか?
なんだか思いつかないけど
香辛料を使った料理なのでしょうか?
美味しかったですか?
タツ 2007/12/12(Wed)12:18:25 編集
フードははずせませんよね!
やっぱりタツさんは食べ物ですね(笑)。
シンガポールは1度行っただけですが、多民族国家なので食べ物も色々で面白いです。
アラブストリート、リトルインディア、チャイナタウンとあって、それぞれ街の感じが全く違うんですよ。
イギリスの植民地だったのでホテルに行くと、ハイティーはイギリス風で思いっきりオシャレでしたし。
ここのお店ではチキンライスを食べました。
シンガポールではポピュラーな物らしいです。
チキン・スープで炊いたご飯の上に蒸したチキンが乗っています。
ここでは日本人向けに別の器に盛っていましたが、それに生春巻きに付いて来るようなタレが付きます。
ランチだったので、食後にタピオカと中国茶も付いてお得でしたよ〜。
【2007/12/12 20:43】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
9 10 11 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]