忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
先日のクリスマス•プレゼント「ノエルちゃんのプレート」は喜んで頂けたようで、こちらも嬉しくなりました。
H様(オカメのママさん)が早速、写真を沢山送ってくださったので、一部ですがご披露を。



プレートを仲良しのユキちゃんに見せると、わかった様子だったそうです。
ノエルちゃんがお星になった時は、姿を探して大変だったと伺っていました。
元々思慮深い子ですが、ユキちゃんの眼差しが優しい‥プレートのノエルちゃんを愛おしそうに見ているような気がします。



この表情を見ると、話しかけているようにしか思えません。
後からお迎えした(ノエルちゃんに良く似た)イブちゃんは、全く興味がなさそうです(笑)。



この2人どうもオス同士で、ビミョ〜な関係らしい。
新参のイブちゃんはやることなす事、予測不能の新人(鳥)類だとか。



小さなお仏壇の中に、プレートは落ち着いたようです。
ノエルちゃんにピッタリの、淡い黄色の可愛いお仏壇。



揃えられた時にも写真を頂いていたのですが、この1年で随分と賑やかになりました。
ノエルちゃんも楽しんでいる事でしょうね。
PR
クリスマス•イヴは寅ちゃんのお迎え記念日。
改めて数えてみると、もう5年も一緒に暮らしていました。



来た時は既に成鳥で、その年の5月に生まれたという事でしたが。
我が家ではクリスマス•イヴが寅ちゃんの記念日。
「もうオッサンじゃないの?」とオットが言いますが、私にとって寅ちゃんは何年経っても可愛い小僧です。
(敵だと思っているので)カメラに向かって突進するのも相変わらず〜。



寒い季節も元気一杯です。
クリスマスにまつわる子と言えば、オカメのノエルちゃんも。
リトルガーデンの(更新されない•汗)ホームページで、ペンダントに描いてあるルチノーさんです。
長いお付き合いのお客様、H様のお宅の子ですが2年前にお星になりました。
実は昨年、このメモリアル•プレートのオーダーを頂いていたのですが、ご希望の日には間に合わせる事ができずキャンセルとなっていました。



1周忌には、お仏壇やお位牌や‥H様は他でノエルちゃんらしい物を揃えられたのですが。
まずリトルガーデンを考えてくださったのにガッカリさせてしまった事が、ずっと心に引っかかっていました。
それで今年は天国のノエルちゃんからのクリスマス•プレゼントを、リトルガーデンが代行してお届けする事に。
クリスマスにお迎えされた子なので、ちょうどピッタリです。
イヴの日に届いたと、お電話を頂いて。
1年がかりにはなってしまったのですが、予想外の事にとても喜んでくださいました。
オーダーをお待たせ中の他のお客様には申し訳無い事でしたが、長い間の宿題だったのです。
これでようやくホッとしました。
10日24日が「文鳥の日」というのをご存知ですか?
「て(10)に(2)し(4)あわせ」という語呂合わせもあるそうですが。
「文鳥まつり」の主催者のおひとりである伊藤美代子さんが作った記念日です。
この度めでたく日本記念日協会に認定されたという事で、お茶の水の「書泉グランデ」さんで伊藤さんのトーク&サイン会がありました。





後の壁がテレビで良く見る記者会見風で、カッコ良いです。(ミーハー)
文鳥にまつわる本を何冊も出版されているので、ファンの方がたくさん来場されていました。
文鳥飼いさんは文鳥オンリーという方も多く、文鳥さんへの愛はとっても熱いのです。
「文鳥堂」さんや「月の魚」さん、絵描き文鳥の「やまゆりの」さんという文鳥グッズの作家さん&イラストレーターさんも勢揃いでしたよ。
伊藤さんにはいつもイベントでお世話になっていますが、そんな偉い方とは知らず(笑)。
気安く呼んでいましたが、今度からは「伊藤センセイ」とお呼びしなければ〜。



これは伊藤センセイのお宝、白文鳥発祥の地で「文鳥の里」と呼ばれている愛知県弥富市の法被。
スラリとスタイルの良い方が着てくださってカッコ良いです。
「インコDEぴー」さんから急にお誘いがあって、慌てて行って来たのですが。
「うちの子自慢大会」や「鳥さんグッズ交換会」もあって楽しかった。
せっかくなので文鳥飼いさんのバイブルとも言える「文鳥生活」の、本の中扉にサインも頂いて来ました!(ミーハー)



雑誌の取材でお世話になったライターのKさんも来られていて、その場に居た数人で何となく飲み会に突入。
偶然ですがその席で、リトルガーデンの文鳥さんのお皿やらポットやら‥「持っていますよ」と言ってくださる方とも御対面できて嬉しかったです。
文鳥まつりまで1ヶ月を切っているというのに、まだ何の準備もせずにポ〜ッと暮らしていましたが。
お客さんで来られる方の「文鳥まつりにかける思い」を伺うと、「しっかりしないと〜!」と思います。
昨晩の皆既月食はご覧になりましたか?
少し前にはスーパー•ムーンという、ひときわ大きい満月もありました。
今年は自然の恐ろしさを多く見せつけられた年ですが、お月さまにはホッコリさせられます。
バードモアさんの本店に、納品をして来ました。
平日の少し遅い時間にもかかわらず、次から次へとお客様のご来店があってビックリ。
モアさん絶好調のようです。
老舗文具メーカーのMIDORIさんが手を着けた事から始まって、ここ数年メーカー発の鳥グッズは広がりを見せています。
モアさんでも選び切れない程、取り扱っていました。
来年のカレンダーやシール等、目に入るとついつい求めてしまいますね。
「インコDEぴー」さんとの2人連れだったので池袋に戻って来てからは、お気に入りの雑貨屋さん等々ご一緒しました。
先週の自由が丘と比べると遥かに見劣りするのですが(笑)それでもチョコチョコと好きなお店が。
鳥モチーフが充実しているパルコのアクセサリー屋さんのお向かいに、これまた鳥色の強い雑貨屋さんがオープンしていました。
取り扱っている鳥グッズ•アクセサリーに見覚えがあって伺ってみると、やっぱり博多に系列店があるそうで。
この夏、西鉄電車に乗る時に通りがかって引っかかった(笑)お店で、何か嬉しいです。
今日は出先で写真を撮るのをウッカリ忘れていたので、全く関連無しですが作家さんの鳥モノを‥。



9月の横浜•京急百貨店の「小鳥の作品展」に出展された「つぐみ製陶所」さんの陶器です。
イベントでは大人気だったと伺いました。
正面向きの鳥のヒラキ?のようなお皿は、色々な鳥種や動物で展開されています。
これはご自身も出展された原千恵子さんから、お土産で頂いた物。
片口の方は昨年、他のイベントで買い求めました。
ペンギン君達が行列している絵が可愛いです。
数日前にはバード•ウォッチ用品の専門店「Hobby's World」さんに、ご依頼のミルクピッチャーをお届けしました。



スズメちゃんは変わらずですが、カワセミの方は脇を睡蓮に変更しています。
いつも何か魅力的な物があるこのお店で、「日本野鳥の会」から出ている来年の卓上カレンダーの写真にズッキュン!



スズメちゃんは、いつ見ても可愛いですね。
エナガの写真集は以前に行った時に求めた物ですが、これもたまらなく可愛いです。
学校に行ったり、友人を訪ねたり、昨日は自由が丘の雑貨屋さん巡りをしたり‥ここ1週間くらいは連日のように出かけているので、お留守番続きの寅ちゃんが暴れ気味。
朝はカバーをはずす前から悲鳴のような大鳴きをして、ちゃっかりと出してもらう事を覚えてしまいました。
たぶん私が甘やかしているのですが、いつもより更に手がかかります。
ずっとお母ちゃんの肩か頭の上に乗っていたいらしく、何処かに置いて写真を撮ろうとしても駆け上って来る(笑)。
このダメダメ具合が、また可愛いです。



なかなか上手く撮れないので、(お腹を•笑)駆け上がって来るところを手で押さえ込んで撮りました。
この頃は換羽も収まりましたが、お顔の周りはまだツンツンです。
今日はようやく普段使いのR眼鏡を受け取りに行って、パソコンも見易くなりました♪
今度こそ無くさないよう、置き場所を決めた方が良いのカモしれません。



これは夏に博多のデパートで買ったマグカップ。
このコンゴウインコさんは体は平面に描かれ、頭が立体になって飛び出ています。
アイデアですね。
インポート品だそうですが、POPなタッチの手描き品。
インコさんの頭を握ってのコーヒーは少々可哀想で、飲めそうにありません。
7月に取材していただいた記事の載った本が、先週出版されました。



誠文堂新光社さんの「飼い鳥のお役立ち便利BOOK 2014〜2015年版」です。
巻頭の「鳥さんと楽しく暮らす」のコーナーで、我が家の寅ちゃんとリトルガーデンの鳥活動について、ていねいな記事にしてくださっています。



前のページには「インコDEぴー」さんとオカメさん達が、愛らしい姿で載っていますよ。
寅ちゃんも、いつになく凛々しい写真写りで上機嫌(笑)。
嬉しそうに「ブーブー」鳴いています。
昨日は出版打ち上げという事でライターのK様に「インコDEぴー」さんと供にお招き頂いて、柳橋の会員制レストランで豪華ディナーをごちそうになりました。
載せていただいただけでも充分なのに、ありがとうございました。
カメラマンのK氏による、寅ちゃんの写真もお土産に頂いて嬉しい〜。



柔和なお顔で、光の中の天使のよう(←親バカです•笑)。
これは額に入れて飾ります。
後の方には鳥作家さんの作品紹介ページがあって、そちらにも載せてくださいました。
可愛い鳥さんの写真や、鳥さんのお役立ち情報が満載の綺麗な本です。
本屋さんで見かけた際には、立ち読みでは無く(笑)お買い上げくださると嬉しいです。 
「あず小鳥の病院」のブログに、リトルガーデンのお皿が載っていると教えて頂きました。
行ってみると、確かにリトルガーデンのスズメさんです。
そういえば小田急百貨店に出展した際、N様が「いつもお世話になっている看護婦さんへプレゼントしたい」と、おっしゃっていました。
スズメさん好きという看護婦さんに、喜んで頂けたのでしょうか?
「あず」さんには寅ちゃんもお世話になった事があるので、嬉しいです。
台風11号は大型のノロノロ台風でしたね。
西日本で被害が大きかったようで、気になっています。
関東でも大荒れになる前にと、土曜日の内に「インコDEぴー」さんと「バード&スモールアニマルフェア」に今年も行って来ました。



お天気が悪いのに大賑わいで、やはり「鳥さん」は来ているのカモ?(喜)
鳥イベントでご一緒する知り合いの作家さん達も、グッズ販売で出展されています。
お家の鳥さんを連れて来られる作家さんも多くて、この子は昨年もココで会った「だが屋」さんの竹ちゃん。
大きく立派になりました。



CAPさんも出展されていて、出来立ての2015年版「365days鳥どりカレンダー」をGET。
今年版はウッカリ買いそびれていました。
会場には小さいのから大きいのまで鳥さんが一杯で、まさに色とりどり。
小鳥の品評会も行われています。
セキセイさんは、やっぱり可愛い。
見ていると、連れて帰りたくなるのでキケンです〜(笑)。



日頃は御縁の無い大きな子達にさわれるのも嬉しいです。





鳥さん達に相手をしてもらって喜ぶ〜。
カラフルなナナイロメキシコインコさんは(寅ちゃんとやっているように)鼻とくちばしをくっつけてスリスリさせてくれて、心が通じ合ったような‥。
フクロウさん達もけっこう揃っていて、モフモフの赤ちゃんも居ました。
こんな子を撫でられるとは幸せです。





鳥連れのお客様も多くいらっしゃって。
フライング•スーツがとてもお似合いのオカメさん達。



ルチノーさんはとってもべっぴんさんだったのに、ブレてしまってゴメンナサイ。
ノーマルさんの方のお名前は「課長さん」だそうで笑ってしまいました。
「部長さん」も居るというので、どんな鳥さんかと期待していると‥登場した部長は「いのりインコ」さん。
鳥界は狭いです(笑)。
この鮮やかな子は「チュウハシ」ちゃん。



花鳥園にも居るオオハシの少し小さい版でチュウハシ。
サギもダイサギ•チュウサギ•コサギと大•中•小ありますが、そのような物でしょうか?



この子はタイハクオウムさんです。
大きい鳥さんは専用のベビー•カーを持っている子も多くて、ナマイキ(笑)ですね。
ここ数日は大掃除に明け暮れていました。
年末はイベント出展で大掃除まで手が回らないので、目をつぶりっぱなし(笑)の近年でしたが。
サスガにそれでは済まない状況に‥断捨離と、家具をひっくり返してのふき掃除。
インコDEぴーさんの御縁で、昨日は我が家を取材して頂きました。
9月に出版される本に寅ちゃんと、リトルガーデンの器を掲載してくださいます(喜)。
寅ちゃん一世一代の大イベント、後日に詳しくご紹介致しますね。
最初にぴーさん宅での写真撮影を終えて、ライターさん&カメラマンさん、ぴーさんが到着。
撮影をしながら「鳥との暮らし」や「鳥の魅力」、「作品についての想い」等々、思いつくままにお話しましたが気の利いた事が言えたかどうか?
でも取材のお二方も鳥飼いさんで、話がはずんで楽しい時間でした。
寅ちゃんは相変わらず我が道を行く子なので、愛嬌良く‥とはいかないのですが。
皆さんに「可愛い」「可愛い」と言って頂けて、母は嬉しかった。
プロ用の立派なカメラで撮っていただいてる所の写真を(私が)撮れば良かったのですが、その時は全く思いつかなかったのが悔やまれます〜。



自らシードの瓶に入ってのお食事タイムの寅ちゃんは良い子なので。
この状態で皆様の手から手へ‥カメラマンのK氏は、サザナミさんの魅力に悩殺されたご様子でしたよ(笑)。
ちょうど午前中に文鳥の姉妹「いちごちゃん&ぷりんちゃん」のママさんK様から有機のトマトが山程(7.5キロ!)も届いてビックリした後だったのですが。
鳥にまつわる4人で美味しく頂きました。



リトルガーデンのお客様は長いお付き合いになる事もよくあって、(私の腕が)育つのを見守ってくださる方も多い‥なんてお話していたので、まさにピッタリのタイミング。
数日前には、鳥の写真集を頂いたばかりでしたし。
寅ちゃんは生きる力が強い子(笑)なのでスーパーのトマトとの違いが分かるらしく、喰い付きが良くてモリモリ食べていました。
K様(sakuraさん)、美味しい物をありがとうございました。
リコピン効果で、私もキレイになれるカモ?です。
大きな郵便が届きました。
数日前に図録の申し込み手続きをしていたので、それかな?と不思議にも思わなかったのですが。
「H様からですよ」と、親切にも郵便配達員さん。
そのお名前は私の知る限りでは、先日のブログに登場したオカメのユキちゃんのママさんだけなので???
包みを開けてみると綺麗な本が出て来ました。



「世界の美しい飛んでいる鳥」というタイトルの、飛んでいる鳥達ばかりを撮った写真図鑑。
エクスナレッジという会社から出ています。
よく見かける鳥さんや、見た事も無い外国の鳥さん達が、翼を広げて飛んでいるシーンが満載の豪華な本。



質•量ともに、これだけの飛んでいる鳥達の写真は見たことがありません。
どのページも美しくてウットリ〜♪
さすがにプロのカメラマンさんのお仕事で、羽の動きもよくわかります。
しばらく見とれてしまいました。
私が野鳥好きなので、以前にお求めくださっていたのだそうです。
とは言え、頂くのは本当に申し訳ない。
「同じ物を既に持っているのでは?」と、心配してくださっていましたが。
こんなステキな本がある事も知りませんでした。
今日、初めて手に取って見とれています〜。
好きな分野の美術本と、鳥の写真本は大好物(笑)で、見ているだけで幸せ感じます。
オカメのママさん、ありがとうございました。
明日から東急Bunkamuraのイベントが始まります。
今日は渋谷まで搬入に行って来た後も、絵付けをして、キャプションを作って‥と、最後の最後までバタバタ。
どうしていつもこうなるのか?と思いますが、何とか形は整えたので一安心です。
今朝お窯から出したのは、2羽の鳥さん達が寄り添うミニ•トレー。



珍しくモデルさんの写真がある物です。
セキセイさんもコザクラさんもオーダー用にお預かりした写真が可愛くて、許可を頂いて(それ風に•笑)描きました。
鳥さんが頬を寄せ合っている姿は、本当に愛らしいですね。



うちの寅ちゃんは1羽飼いのお坊ちゃんなので、このような光景は見た事がありませんが。
それでもお母ちゃんの頬っぺに頬をすり寄せて来るので、それもまた可愛いです。
ここ半月くらいは、ベランダに来るスズメちゃんに母子連れが混じるようになりました。
酷い雨となった昨日は小降りになった頃、2羽の子供を連れたお母さんが雨宿り。
おチビさん達は賑やかに鳴きながらそれぞれ好きに動き回るので、お母さんだけではお世話も大変そうです。
スズメちゃんのおチビは体格が良いので、どっちが大人だか?と思う事が多いというのに、甘えん坊の子供達。
暫くすると聞いた事の無い激しい鳴き方をして、母鳥は飛んで行きました。
「ちゃんと、おりこうにして待っているのよ!」と言い聞かせたような感じで、子供達はそのまま残ったのですが。
お母さんが居なくなると心細いのか、あれほど好き放題していたのが大人しい。
2羽でペッタリくっついて、お留守番していました。
後ろ姿が、それはそれは可愛いかったですよ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
9 10 11 13 14
15 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
[10/11 boss]
[10/05 つきゆり]
[10/03 loveuran]
[09/28 loveuran]
[09/27 つきゆり]
[09/16 boss]
[09/11 つきゆり]
[09/04 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]