忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29    03 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
寅ちゃんと1日マッタリして、またその次の日は朝からお出かけ。
目的地が沢山あって、楽しい事が山盛りでした。
日替わりで先生方のデモンストレーションがあるので、まずは朝1で陶画舎バーゲンへ。
W先生の「アイシング盛り」を見学しました。
「盛り」の装飾技術ですが、ここのところ考えていた物にピッタリ!‥上手く出来れば使えそうです。
それから地下鉄で1駅のBIRDMOREさん青山店へ。
クリスマス•プレートや、インコさんのお節を詰めるのに良さげな2段重を1点ずつ。
以前に描いたお皿のコザクラさんも、お化粧直しして納めて来ました。



文鳥さんのクリスマス•プレートは、近々MOREさん本店のネット•ショップにもアップされる予定です。
黒地のお皿のコザクラさんは元はおでこだけオレンジでしたが、手を加えてお顔全体をオレンジに。
陶絵付けは焼成してしまうと消す事は出来ませんが、色を重ねる事は大丈夫。
透明水彩と同じ要領なので、人気のノーマルさんに変身です。
渋谷で仕事中のオットに電話してみると、有楽町に移動するところでラッキ〜と車に便乗。
ついでにランチもごちそうになり(笑)、年末ジャンボも買いました。
その後は有楽町から電車で秋葉原へ、Hさんの個展会場へ向かう。
以前にお世話になったアッローラ•マルシェの主催のニット作家さんです。
鳥道一直線のリトルガーデンとは全く重なるところは無いのですが、おしゃれでパワフルで面白い、とてもステキなお姉様。
色々な人を巻き込んでコーディネートする能力が抜群なので、いつも感心しています。
数日前にもお邪魔したばかりですが、買いたい物があって再訪。
おしゃべりするだけでもパワーが伝わって来ます。
今年はパワー不足で息切れしていたので、人様のパワーを頂かないと〜(笑)。
たまたま来廊された出展作家さんの陶芸家の女性が鳥好きさんで、更に盛り上がる。
この頃はこうやって偶然に鳥好きさんと出合う事も、そんなに珍しい事ではありません。
それは嬉しい事ですね。
気がつくと外が暗くなっていたので、慌てて地下鉄で2駅の千駄木へ。
久しぶりのフリュウ•ギャラリーさんは「otayori collection 2014 」を開催中です。
ギャラリーに入るとスグ、レプリカではありますが実物大のポストが!



お手紙好きの作家さん達による郵便•お便りグッズの数々が展示販売されています。
少し前までは「鳥イベント」もかなりオタクな感じがしましたが、世の中には「郵便イベント」という物もあるそうです。
今回はその世界で有名な作家さんが旗ふりをされて、かなりスゴイ事になっているらしい。
本郷郵便局とのコラボで「オリジナル消印」を押印できたり、歴代ポストのコレクションも展示してあったり‥。
ギャラリーの隅にはお便りコーナーもあるので、ここで書いて入り口のポストに投函されるという方も。(オーナーとご本人に写真の許可を頂いています。)



「郵便好き」も「鳥」に負けず劣らず熱い世界のようです。
お客様はゾクゾクと途切れる間も無くて、こんなフリュウさんを見るのは初めて(笑)。
オーナーのOさんも同感だそうです。
元々がお手紙大好きな方ばかりなので、DMハガキの拡散力も並はずれだったとか‥。
郵便好きさんのパワー、恐るべしです。
PR
既に1週間前の話になってしまいましたが、紅葉を見に鎌倉へ行って来ました。
御一緒したB子さんとKやんは高校の同級生で、夏の同窓会以来こうやって集合するのは2回目です。
私のギックリ腰で、当初の予定より半月遅れとなりました。
ン十年ぶりに復活した御縁ですが、女子の少ない学校だったので懐かしいです。
「元気で動ける内に沢山会おうね」なんてセリフが出てくるところに歳を感じますが(笑)。
子供も手を離れて、自由が利くようになったという事ですね。
同世代の友人は漏れ無く「歩くの好き」「お寺詣り好き」というお年頃です。
それと同じくらい食べる事も好きなので、今回の目的地はお寺の中のレストラン。
「石窯ガーデンテラス」というお店ですが、どういう経緯でこんな場所にあるのか?
浄妙寺という臨済宗のお寺の中にあります。



山門を入り、本堂を過ぎて山を登って行くと、手入れされたお庭と洋館が出現します。
人気のレストランだそうですが、予約ができないのだそうで暫し並ぶ。
それでも希望のテラス席に座れて、ラッキーでした。



座席数は多いようで、ゆっくりしたペースでお料理が出てくるので、のんびり食事出来て良かったです。
小鳥のさえずりを聞きながら美味しい物を食べて、命の洗濯をした気分。
付け合わせの「鎌倉野菜」が美味しい上に、色も形も珍しくて、八百屋さんでゴッソリ買って帰ったところは主婦ですね。
その後は重かったですが、欲には勝てません(笑)。



「竹のお寺」として有名だという報國禅寺にも。
竹も良かったですが、枝垂れ梅のような立派な銀杏の木が気になりました。



お天気も良くて、本当に良い日でした。
お日柄も良かったのか?
通りすがりに立ち寄った鶴岡八幡宮の舞殿で、結婚式が行われていました。




初々しいカップルを見ると、周りもみんな幸せな気持ちになります。
ここのところ一生懸命に描いていたプレートも結婚パーティ用の物でした。
幸せな時間のお手伝いが出来ると思うと、こちらも嬉しくなります。
毎年参加している「文鳥まつり」も、今年は1月遅れの11月開催。
リトルガーデンはしばらく出展予定が無いのですが、世の中は「イベントの秋」です。
先週末もクラフト展に行ったばかりですが。
浅草に行ってみたい所があって、昨日は「インコDEぴー」さんと出かけてきました。
上野で待ち合わせをして、まずはカッパ橋を目指して歩く。
2人揃うとよく食べて、よく歩くのです。



コックのオジサンの看板が有名な「ニイミ食器店」からずっと、食器や調理道具のお店が道の両脇に並びます。
何年かぶりに来ましたが、やっぱり面白い街で。
用が無いようなとんでも無い物から、外国のブランド品まで、キッチン周りの物は大抵そろいます。
食品サンプルのお店は、いつもながら外人さんに大人気でした。
実物大の西瓜まであって面白い〜。



ウロウロして白磁やお皿用のスタンドを求めた後は、またまた歩いて今度は浅草へ。
浅草は我が家からは乗り継ぎが多くて、随分遠い場所のような気がしていたのですが。
上野から歩いて行ける距離とは知りませんでした。
手作り作家の通販サイト「iichi」さんの実店舗ギャラリーで「The Bird展」を開催中なので、気になっていました。





こじんまりとしたギャラリーですが、とてもイイ感じです。
ちょっとオトナの、手作りの鳥作品が揃っていて面白かった。
「ひよこや」さんの陶のひよこちゃんが、私の心をわし掴み〜。



古い和菓子の型に陶土を詰めて型取りしているそうで、素朴でかわいらしい子達です。
マフラーの子だけでは淋しがるカモしれないので、絣柄の羽の子とペアでお迎え。
小ちゃいくせに、手に持つと意外にズッシリ来ます。
箱にスタンプしてあるロゴが、オシャレですね。
ギャラリーの後は、あんみつ休憩をしてお店から出てくると、正面に夕暮れのスカイツリーが見えました。



家中大好きな「興伸」さんがスグ側にあったので、大学芋を大人買い(笑)。
バス停前のお肉屋さんには、お買得な国産牛肉があって大喜びで夕食用にお買い物。
カッパ橋の食器屋さんで教えていただいたイタリアン•ランチも大当たりでした。
食欲の秋も満喫したのでした。
お天気も気候も良いので、この時期の1日限定イベント「川口暮らふと」に行って来ました。



2年ぶりに行きましたが、変わらず賑わっています。
でも、以前より出展作家さんの数が減っているような?
フードや地域紹介のテントは、格段に増えているのですが。
それを喜ばれる方も多いとは思いますが「クラフト」重視で盛り上がって欲しい一お客としては、少しガッカリ。
とは言え選考もあるそうなので、作家さんの質は高いです。
やはり私は、陶芸作家さんのブースを見るのが好きなのだと思いました。
ご一緒したKちゃんは織物をなさるので織物‥かと思いきや、木工や家具の作家さんが面白かった様子です。
今回とっても気になったのは「山下透」氏。
ここ数年は磁器ばかり求めている私が惹き付けられた作品は「半磁器」だそうです。



シックな色合いが気になったのですが、東欧の絵本やポスターがお好きという事で納得。
釉薬についての質問に、丁寧に答えてくださる親切なオニイさんです。
京都から日帰りで参加されていると伺って驚く!
マットな質感の色付きの器も良かったのですが、この飴色が気になりました。



壁に掛けるように作ってあるトリさんは、嘴の部分に穴が通してあるので色々飾れそう。
サラダ用の葉っぱを持たせてみました(笑)。
ちょうど茶托の大きさのお皿は、ガラスのコップに敷いても良いかな?と思います。
型で抜いて成形しているそうで、力の具合で模様の深さに違いが出ているのも味わい深いです。
先月の小田急百貨店出展の際、翌週の「Part 2」にお名前のあった「小林加代子」氏に、こんな所でお初にお目にかかりました。



サバサバとした感じの良い方で、野の花を染付けした器も品が良くて素敵。
食卓の上で、絵になりそうです。



デパートではもっと大物も置いていたそうですが、今日は磁器のボタンが大人気でした。
シンプルなTシャツを買って、縫い付けてみようか?と思っています。
今回の帰省の1番の目的は、高校の同窓会に出席する事でした。
毎年地元ではこの時期に開催しているそうですが実家も無くなって、なかなか機会がありません。
今年は女子が30名余り集まるという事で「今でしょ!」(古い‥)という事になった次第。
旧制の男子校なので当時の女子は全体の4分の1、学年で80名程なので、かなりの出席率です。
普段の暮らしではほとんど接点が無いので「わかるのかなぁ?」と、半分思っていましたが。
一目見たとたんに「○○さん!」と、名前がスラスラ出てくるのは驚きました。
ン十年経っても、人は変わりませんね。
初デートのお相手、I君も出席していて‥当時は純情だったので映画に1度行って、それきりになったのですが‥懐かしい笑い話になりました。
いつも大阪で集合していた関西在住のOさんと、地元のYちゃんとホテルを取っていたので、驚異の4次会まで参加して。
ホテルでは、また長々とおしゃべりを。
Yちゃんが車で来てくれたので、翌日はMさんも加わってのドライブとなりました。
Yちゃんお勧めの「田舎庵」でうなぎの蒲焼きというガッツリしたブランチ(笑)の後、門司の「和布刈(めかり)神社」へ。



関門大橋の向こうに見えるのは本州、すぐ側には海底を歩いて渡るトンネルの入り口もあります。
年の始めの神事で神主さんが海に入って採るという、有り難いわかめも求めて来ました。
御みくじはめったに引かないのですが「男みくじ」「女みくじ」とあって珍しかったので4人で引いてみると、私のには「咲」という字のお札が入っていて喜ぶ。
「機が熟すまで、あとわずか」だそうで、鳥絵付けに励もうと思いました。
他の3人も、それぞれに「なるほど〜」と思わせる文字を頂いて、サスガ地元の神様は洞察眼をお持ちなのカモ?
そこから以前は無かったレトロ観光列車に乗って、古い建造物が建ち並ぶ「門司港レトロ」へ。



道を歩く人達が列車に手を振ってくれて、優しさに涙が出ました。
東京でツライ目に会っている訳では無いですが、ふるさとの優しさが身に染みるお年頃です。
別の日には中学の同級生MさんとHさんも集まってくれました。
北関東在住のCさんも含めて、4人で京都に行ったのは2年前の事。
来年早々には、またみんなで旅行に行けそうです。
東京のデザイン学校に行く前には、短い間ですが地元でOLをしていました。
今は世界第2位となったS日鉄S金です。
私は出来の悪いOLだったので、今でも連絡を取っているのは先輩のMさんだけ。
上京される時には時々お声がかかるのですが、長く関西にお住まいだったので地元でお会いするのは初めてかも?
明太子で有名な料亭「稚加榮」に連れて行ってくださいました。



中には大きな生け簀があってビックリ!
妹と一緒に両親のお墓参りもできて、充実の5日間でした。
美味しい物ばかり食べていたのと、きっと気持ちが緩んだのとで、羽田にお迎えに来たオットの第一声は「大きくなった!」でした(笑)。

高校の同窓会に出席する事にして、今年は長めの帰省をして来ました。
東京を出発した22日、夜明け前の九州北部のお天気は大荒れだったそうです。
到着した時には飛行機から見える海の水が泥の色に濁っていたのと、滑走路が濡れていたくらいで全くわかりませんでしたが、太宰府近郊では流された方もあったと後で知りました。
連日報道されている広島の土砂災害も痛ましい事で、お気の毒です。
この1ヶ月の九州北部は雨の降らない日は無くて気温も上がらなかったそうですが、到着後は一転して夏のお天気となりました。
例年は日照り続きで、水不足の心配をする事の方が多いのです。
板付空港にお迎えに来てくれた妹と一緒に、まずは綺麗になったというJR博多駅へ。



ゆったりと貫禄のある建物で、以前とスッカリ変わっていました。
その後は(何も知らなかったので)太宰府天満宮へ。
オットの実家が博多だったので、西鉄電車も懐かしい〜。
ムスメが小さい時に家族でお詣りした事を思い出しました。
かれこれ、ン十年ぶりです。



神殿の右前方にこんもりと見えているのは、有名な「飛梅」です。
敷地内に九州国立博物館が出来たというので行ってみる事に。
山の斜面を開いて造ってあるので入り口はとても小さくて、先に立派な建物がある事が想像できませんでしたが。
長い室内エレベーターを登ると、景色が開けてビックリ!



写真だと小さく見えますが、サッカーコートも入る大きさだそうです。
一面ガラス張りの建物に、周囲の緑と空が映り込んで美しい〜!



展示の「クリーブランド美術館展」は好きな時代よりちょっと昔の日本美術だったのと、ピカソやモネも少し入り混じって中途半端に思いましたが。
思いがけない建物を見る事ができたのは良かった。
参道には「梅が枝餅」やら‥色々なお店が並んでいます。
スタバがいつもと違った和風建築風でした。



美術館の半券で割引があったので、小倉の最終日にはもうひとつ美術館に。
小倉城の向こうに見えるリバーウォークという複合施設内に、北九州美術館分館があります。



市役所も近いこの辺りは、近年とても綺麗になりました。
緑も多くゆったりしていて、街の中心が移って来た感が。
ボストン美術館の「北斎」は充実の内容で、良かったです。



北斎は90年の生涯をいくつか名前を変えながら、創作のスタイルも変えていったそうです。
「富嶽三十六景」とほぼ同時期に出版された「花鳥画シリーズ」というのも観る事ができました。
花鳥画のイメージが無かったので意外でしたが空間の使い方がサスガで、これは私にはツボでした。
5日間の九州滞在は、まだまだ他にもイベントが盛りだくさんで。
次回も帰省日記が続きます。
昨日は「インコDEぴー」さんと電話で話している内に「(話が長くなるので)どうせなら会おうか?」と、いう事に。
いつものごとく慌ててお化粧をして飛び出しました。
久しぶりの銀座、おしゃべりしながらお店を見て回りましたが。
やっぱり池袋とは商品のラインが違う‥オシャレです。
銀座に来たからには、お茶は「ここで」と決めていました。
陶画舎の親会社(「ねんりんや」「東京バナナ」「銀のぶどう」等々を展開する大きなお菓子会社です)が、今春に完成した本社ビルの中にある「ぶどうの木」。
アシェットデセール(皿盛りデザート)のお店です。
セットをオーダーすると、陶画舎の先生方の手描きの器(お皿•C&S•ポット)で出て来るのですが。
一流の技術で丁寧に仕上げてある、色々なテイストの器‥とても美しくて、テンションが上がります。
手を着けるのも忘れて、惚れ惚れ〜。



ぴーさんは私がプログレスでお世話になっているK先生の、イングレーズの青い鳥さんのお皿。
私のC&Sも、同じくK先生のエナガちゃんです♪
ポットはテクニカルでお世話になっているW先生でした。



「贅沢ね〜」と、2人で盛り上がっていると(ちょうどお店も混んでなかったので)他にもポットやお皿を見せてくださいました。
この他にもまだあるそうですよ。





「これは○○先生かな?」と、裏のサインを確かめるとピンポ〜ン!
けっこう当たる物で面白い。
お店の方も、とても親切で感じが良いです。
お菓子も当然の事ながら美味しくて、お口も、目も、とっても満足したのでした。
そういえば我が家の電話はケーブル部分が故障していたらしく、暫く不通になっていたようです。
ぴーさん、ご心配おかけしました!
今日は修理が入りました。
5月とは思えない(もう6月ですネ!)初夏のような日が続きます。
お天気が良いので、ここ数日は出かけてばかり。
絵付けの途中休憩が長くなってしまっているので、明日はマジメに暮らします。
黒地のキラちゃんのお皿や、まだご紹介してないインコさんトリオのセット皿や、仕上げを待っている子達が居るのです。
先週末は東急Bunkamuraのイベント説明会があったので、出かけたついでに神楽坂に回り道。
昨年お知り合いになった食器屋さんのAさんが独立されて、春にお店を開店されました。



以前に1度覗いてみたのですが臨時休業と重なってしまい、2度目はついつい伺うのが遅くなってしまった。
ごはんの時の器や、美味しい物を紹介して行きたいという事で。
お店の名前もそのまんま「gohan」という(笑)、小さいけれど可愛いお店です。



お店を軌道に乗せる為、少しずつ方向を修正しながら頑張っておられる話を伺って来ました。
お家賃等々払って行くというのは相当な覚悟が必要と思いますが、頼もしいです。
私はといえば、ついつい色々な事を後回しにしてしまって。
デザイン業と平行していた時と比べると時間に余裕があるせいか、気分も何もかもが呑気な暮らしです。
更年期でアドレナリンとか‥脳内物質が枯れているのでは無いか?と思うことも(笑)。
もうちょっと緊迫感を持たないと、アッという間にオバアチャンですね。
毎年この時期に上京なさる高校の同級生Yちゃんと、昨日は東京駅で待ち合わせ。
1年ぶりで、積もる話に花が咲きました。
ここ数日はヤル気が起きないダラダラの日々を過ごしていたので、ちょうど良いタイミング。
見た目も若くて可愛いYちゃんですが、お互いの体を思いやる話題が出るようになるとはやはり歳をとったのか?
2〜3年前には思いもつかない事でした。
この先も長く会う為に、体力•気力ともに元気でいないと!
せっかく東京駅方面に来たので、お付き合いいただいて新橋のパナソニック汐留ミュージアムへ。
小さな美術館で「フランス印象波の陶磁器」を開催中です。



ちょうど今朝の日曜美術館でも展示会情報を紹介していました。
アビランド社‥現在ではフランスを代表するリモージュ窯のコレクションを中心とした展示です。
19世紀末のフランスで印象派の絵画が台頭していた頃、陶芸の世界でも革新的な陶磁器が作られたのだそうです。
印象派の絵のような絵付けが施された器は今見ても、とても新鮮に感じます。
印象派は日本美術の影響も多く受けているので、食器の方でも日本画の雰囲気が残っている物が多くあって惹かれました。
いかにも食器という物が作りたい訳でもない、絵を描く事が面白いのだけれど素材はキャンパスで無いし‥という所で足踏みする事も多かったのですが、この先の絵付けの展開にとても良い刺激を頂きました。
美術館の展示にしては珍しく、テーブル•セッティングの写真を撮れるポイントがあります。







もう少し近くから撮れるともっと嬉しいのですが、そこは図録を一生懸命眺めることにします。
夜はYちゃんの御主人も加わって、ご馳走になりました。
思えば若かりし日、この2人のデートに何故か?私はくっついて行った思い出が。
おじゃま虫もいいトコで、いったい何をしていたんでしょうかね(笑)。
ちょっと気持ちが切り替わった気がするので、今更ですが「セキセイ文化祭」の準備を頑張ります!
ついついブログをサボっていましたが、1週間前に名古屋に行って来ました。
昨年は絵付けの試験もあったので2度行く事になったり、この頃は何だかこの方面にご縁づいています。
里帰り出産をした姪が名古屋に戻る際、母親である妹も一緒に行くというので急遽決めた1泊2日です。
初日は名古屋駅で妹と待ち合わせて即、常滑へ。
名古屋周辺には「焼き物の里」が多くて、何処にしようか迷いました。
赤い土ものの常滑焼きは好みのタイプとは違うのですが。
瀬戸と同じくらいの距離だったので、未だ行った事がない方に決定。
招き猫の生産量日本一だそうで、駅からの道にズラ〜ッと個性的な猫ちゃん達が並んでいます。



情緒を残しながらコンパクトにまとまった街でした。
見所たくさんの散歩コースも整っていて、面白かった。
瀬戸や有田でも陶片を埋め込んだ壁というのは見ましたが、ここの土留めには土管や焼酎瓶を埋めてありました。



昔から生活に根ざした実用品が多く作られていたそうです。
瓶は寝かせて、口をこちらに向けて並んでいます。
色が押さえてあって、これはこれで渋くてステキですね。



昔からの窯元さんやギャラリー、今ドキ風のオシャレなお店等、入り混じって飽きません。
あちこち覗きながら、のんびり半日歩き回りました。
きれいに残っている窯や煙突も多くて、窯の中をそのまま展示スペースにしているお店も数軒ありました。
登り窯の跡もありましたが、日本一大きい窯だそうです。



最上部の裏に回ると、並んだ煙突を見上げる事になります。
焼成室は8室ですが、10本ありました。
翌日は熱田神宮へ。



随分前に友人と行った時には見つける事ができなかった「あつた蓬莱軒」も、今ドキはスマホがあるのでわかり易い。
モチロンひつまぶしを食べました。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/19 つきゆり]
[02/15 つきゆり]
[02/09 つきゆり]
[02/09 boss]
[02/04 まーれ]
[02/04 つきゆり]
[02/03 まーれ]
[02/03 sakura]
[01/22 sakura]
[01/20 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]