忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29    03 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
明日の東京のお天気は、大雪の予想。
東京ドームで「テーブルウェア•フェスティバル2014」が開催中だというのに、残念ですね。
私は今週の始め、とても暖かい日に行って来ました。
いつも最初に拝見するのは、手描きの作品が並ぶブース。
今年はお教室を主催されている先生方の「J.P.P.A.」というグループの展示でした。



「テーブルウェアとしての広がり」を考えて行こうと思い始めた私にとっては、とても良い勉強になります。
その次はいつも「ノリタケ」と「大倉陶園」のブース。
「大倉陶園」には手描きの薔薇の美しいティー•カップが並んでいて、ウットリ〜。



色々なブランドのブースが並びますが、気になったのはニューヨークSOHOの「アンソロポロジー」という物。
とても綺麗な色です。
向こうの方には、お茶目なフクロウの器も。



今年は「伊万里•有田の特集」の展示に大きく場所を使ってあります。
藍色というよりは紫色の、美しい色の器が気になりました。



昨年の京急さんの鳥展の際、お隣で個展をなさっていた畑石眞嗣先生の「畑萬陶苑」さんも素敵な作品を出展されていました。
伝統工芸士の先生ですが、この会社(窯元さん)の社長さんでもあります。
別にブースも出されていて、お懐かしい畑石先生を発見!
優しい先生なので色々と相手をして下さって、京急さんで拝見していた「雀の花瓶」の写真を撮り易いよう降ろしてくださいました。



雀ちゃんが生き生きとして、とても好きなのですが。
お値段は1ケタ違って手が届かないので、手描きのお醤油差しを頂くことに。
それでも箱入りのお醤油差しなんて、初めての事です。



以前に伊万里の里「大川内山」を訪れた際、橋を渡ってスグの畑萬さんのギャラリーには覚えがあります。
伝統を守りつつ、一歩先取りしたモダンな作品が印象的でした。
素地も白くて薄くて、とっても美しいので、お値段も他よりちょっと良い(笑)のですが。
昨年末の夫婦喧嘩の際に「家出して畑萬さんで修行しようかと思っていたんですよ」とお話すると、近くにアパートの空きがあるそうで。
これでいつでも修行の道が開けました(笑)。
阪神デパートの鳥展でご一緒した事のある「MIKA'Sキッチン」のMIKAさんも、今年も出展なさっていました。
ディスプレィがいつもステキで、ファンの方で賑わっています。
私にとってはお手本の作家さん。



伊勢丹さんに出展が決まった旨をお話すると、とても喜んでくださいました。
器を見るのが好きなので、メインのテーブル•セッティングが並ぶコーナーはほとんど通り過ぎるだけですが。
このテーブルは気になって、思わず立ち止まりました。
インドネシアの香りがしたのでしょうか?

PR
この一週間は特別に寒かったですね。
日本の夏の気候のようなバリ島からサンダルばきで帰って、夜中の羽田の駐車場で息をした途端に喉が凍り付いた様子で風邪ひきでした。
明日は仕事の打ち合わせと学校の予定が入っていて。
旅行は楽しいですが、これはこれで違う楽しみなので頑張ります。
バリに到着した日はホテルで一休みした後、タクシーで首都のテンパサールにある市場に行ってみました。
観光客向けのホテル周りと違って、カルチャー•ショックを受けました。
以前にベトナムの市場でもビックリしましたが、こちらの方がもう一越え。
もうひとつ驚いたのが、市場から1〜2キロ離れた場所にあるバード•マーケット。



ペット用の鳥やら爬虫類やら、売っているお店が並んだ通りです。
軒下に吊るされた籠には、セキセイがギュウギュウに入っていたり‥色々な種類の鳥さんが居ましたが。
その名前に惹かれて行った私の夢は、粉々に打ち砕かれたのでした(笑)。
観光客は場違いなような?ちょっとアブナイ感じです。
別の日には1日タクシーをチャーターして、ウブド地区や更に山の方へ。
お寺や宮殿を見たり、バロン•ダンス、ケチャ•ダンスを見て。
同じバリの文化でも、この日はウットリ〜。
ヒンズー経のお寺は至る所にありますが、石の彫刻が独特でした。



底流にある世界観みたいな物は哲学のようで、興味を惹かれます。
男女とも布で腰から下を覆って参拝しました。
同じインド•ネシアでも、お隣のジャワ島はイスラム教徒が多いそうで面白いですね。
山の方に行くと、何やら懐かしい感じの景色でした。



火山活動をしているというこの山は「阿蘇山に似ている」と言った方があるそうです。
言われてみると、確かにそんな感じ。
ライステラスもまた、みょうに懐かしい感じの風景で。
ヤシの木もあるので、日本で見た景色のはずも無いのですが。



お昼近くになると踏み潰されてしまいますが、街でも田舎でも、各家とも入り口にはヤシの葉で編んだ小さなお皿にお供えがしてありました。
悪霊が地面から出て来ると信じられているので、それを封じているという事でしたが。
草花と供にクッキーやキャンディーも乗っていて、鳥や小さな生き物の為もあるのかなぁ?
日本人よりは慎ましい暮らしと思われますが、優しい国です。
先日テレビで見かけた美しい器が目に焼き付いて‥直に見てみたいと茨城県陶芸美術館へ。
「板谷波山」没後50年の企画展です。
途中、北関東在住の中学の同級生Cさんと合流しての2人連れ。
美術館は笠間芸術の森公園という、見晴らしの良い丘の上にありました。
「板谷波山」は陶磁を「産業」では無い「芸術としてのやきもの」まで高めた陶芸家だそうです。
開校間もない東京美術学校で彫刻を学び、教師として赴任した石川県で釉薬の研究に没頭した後、東京の田端に築窯しました。
90年余りの生涯で作風は変化していくのですが、大型作品が集中している大正の頃の作品に特に惹かれました。
独自の艶消し釉を使用した「葆光彩磁」には「絵付けの概念」をひっくり返されたような感が‥。
薄衣をかけたような柔らかい色合いにウットリ〜。
当時の西洋への憧憬が反映されたアール•ヌヴォー風の絵柄もオシャレで。
作品の格調高さは一貫しています。
ご本人の写真もとてもダンディで、ご存命ならばフラフラついて行きたくなりそう(笑)。
来年早々には出光美術館でも企画展があるので、そちらも楽しみです。
心ゆくまで鑑賞した後は笠間稲荷神社へ。



この辺りは、お店が建ち並んで賑やかです。
ちょうど「笠間の菊まつり」の最中で、境内は菊で溢れていました。
菊とは思えないような、大振りな豪華な物が沢山。
菊人形も懐かしい気がしました。
200円で乗り放題の周遊バスが便利で、この後は「焼き物通り」へ。
窯元さんやギャラリーが多く並んでいるのですが、満足に見れない内に時間切れ〜。
5時にはトップリ日も暮れて、お店も閉まってしまいます。
楽しい1日はアッという間ですね。
笠間は「(昔は)土管を作っていた」イメージが強くて、今回ようやく初めて訪れたのですが。
予想に反して、綺麗なステキな街でした。
他にも美術館があるので、また行きたいなぁ。
お天気にも恵まれて、紅葉も少しだけ見る事ができました。
ずっと前からの約束でしたが、ようやくY子さんと銀座ランチ。
ついでに谷口高司先生の野鳥原画展へも足を運びました。
先生の鳥絵塾もすっとサボリっ放しで、あちこち不義理をしています〜。
数日前にお婆ちゃんになったばかりのY子さんとお別れした後は、竹橋へ。
近代美術館で「竹内栖鳳」展が開催中で、これもずっと気がかりでした。
会期も残り少ないので、ようやくです。
「東の大観(横山大観)、西の栖鳳」と言われた京都画壇の大家ですが、伝統的な日本画を学びながら、異なる流派の筆使いを入り交えるとか、西洋の「写実」の美術に触れその手法を取り入れるという試みをしていたので鵺派‥鵺(ヌエ)は鳥でも無い、獣でもでも無いという事で‥と呼ばれた事もあるのだそうです。
山種美術館、日本橋高島屋と重複する展示もありましたが、初公開される物も多く至福の時間。
スケッチも沢山残されていて「やっぱりスケッチは基本よねぇ」と、思いました。
最近のマイ•ブームのお方なので、時間も気にせず心ゆくまで行ったり来たり、座ったり(笑)。
観察を基にした描写もさる事ながら、思いっきり大胆な構図や、余白を生かす繊細な構図もスゴイ。
以前の展示でも図録を求めましたが、別冊太陽も特集を組んでいたので(印刷が良いので)今日は2冊GETとなりました。
ちゃんと見る事は少ないのですが、持っているだけで満足なのです(笑)。
代表作といえば、すぐにこの「班猫」が挙げられますが。
動物の絵は大きい物(象やライオン)から小さい物(ネズミや蜂)まで、その場の空気も描かれているようで惹き付けられます。
鳥さんを描いた作品も沢山で。
最晩年に描かれた「春雪」は、手漕ぎの船の舳先にカラスが1羽ポツネンと雪に降られながら留まっている絵ですが。
カラスの心情まで伝わってくるようで、切なくなって来ます。
栖鳳はスズメさんが大のお気に入りだったそうで、雀の絵も多く残っています。
「チュンチュン」と鳴き声が聞こえてくるようで、思わずニッコリしますよ。
この3連休、池袋のオレンジ•ギャラリーで「ペンギン•アート展」が開催されました。
各地を巡回して、毎年この時期に開催されているそうです。
数年前から気になっていたのですが、今年は久々の東京開催という事で。
おまけに、このギャラリーは家からとっても近くて‥行って来ました。
リトルガーデンでは3〜4年前に1度ミルクピッチャーを描いたきりですが、ペンギンさんが嫌いな方はたぶん居らっしゃらないのでは?

入り口ホールで、立派なペンギンさんがお出迎え〜。
中はペンギン愛が溢れる空間で、グラフィックの紙物から立体物、食器等‥色々あって見るだけでも楽しくて、とても賑わっていました。
入ってスグの場所で思いがけなく「noconoco」さんの大きなぬいぐるみと、ご対面。
リトルガーデンのお客様であり、作家としては先輩である方です。
先日の京急さんにも来てくださってお話したのですが、聞いてなかったのでビックリ。
布の素材選びから拘って質感もスゴイ、愛情たっぷりに手をかけてあるぬいぐるみです。
とても精力的に活動されているので見習わないと〜。
7月のビッグサイトのクラフト展でお見かけした「つぐみ製陶所」さんも出展されていました。
「つぐみ‥」というお名前もラブリーです。
前回はお皿ばかりの印象でしたが、フィギア風の陶人形がステキ。
躍動感に溢れた立体造形です。
寝転んだペンギンさんのお尻の辺りに、空気抜き?の穴があったのもツボでした。
作家ご本人(オシャレなお兄さんです)がいらっしゃったので「前の時より、もっとステキです〜!」と、(厚かましくも•笑)お伝えして来ました。
フィギアをお迎えしようか迷いましたが、やはり私は食器の人。
写真の真ん中にある片口をお迎えしました。
釉薬なのか?土なのか?わかりませんが、この方の作品の質感はツルンとして手に馴染みます。
京急さんでのイベントも先週の話になってしまいましたが。
陶器の鳥さんフィギアを出展されていた「霜越まさみ」さんが最終日に来店されて、翌日から開催されるというミニ個展にお誘い頂きました。
鳥さんの「被り物」に、心くすぐられた方も多いのでは無いでしょうか?
5月の梅田の「小鳥の作品展」から参加されている作家さんで、お初にお目にかかります。
会場が食器会社のショー•ルームという事で「是非に」と、言ってくださったので行ってみました。
飯田橋には仕事で長く通った時期もあるので、神楽坂でランチという事も多かったですが。
坂のこんな上の方迄は初めて来ました。
一見、ステキな雑貨屋さんです。
スタッフのAさんは快活な女性で、頼りになりそう。
私のようなショボイ(笑)お客でも、取引先として扱ってくださるそうで有り難い〜。
窯元と直接取引のルートが無いので、間に入ってくださる場所ができるのは助かります。
お話しながら改めて知ったのは、リトルガーデンで扱っていた食器は「良い食器」だったという事。
カタログに沢山載っている白磁は「たぶん色で満足できないのでは?」という物も多いそうです。
私は趣味の絵付けから入って、素材はそのルートで揃えているので。
確かに「グレーがかった素地」の物は、あまり見た事が無い気がします。
「これ知ってる」「あれ知ってる」という物は、どれも同じメーカーさんの物でした。
良い物を作る事で定評のある会社らしい。
取り引きできる銘柄は限られるという事なので、どう転ぶかはこれからのお楽しみですが‥Aさん、頼りにしてます。
お店で売っていたお家型の可愛いお皿に喰い付くと、白磁で購入できるよう手配して下さいました。
プリント転写されて出回っている物が、白磁で手に入るとは嬉しいなぁ〜♪
Aさんのお骨折りで、小さいロットで大丈夫という事になりました。
偶然これも同じメーカーさんで、これから意識してしまいそうです。
作家の霜越さんも、とっても楽しい方でした。
お迎えした「鳥さんの水飲み」、寅ちゃんはヘタレなので逃げてしまいましたが(笑)。
昨日は絵付けの学校でしたが、他の日は京急さんで頂いたオセミ•オーダー品の製作にせっせと励んでいます。
かなりの量になってしまったので、なかなか目に見えては進みませんが(汗)。
昨日は「インコdeぴー」さんのお誘いで、急遽お出かけする事に。
いつものごとく、電話の後から慌ててお化粧をして(笑)出発。
「さいたまスーパーアリーナ」で「バード&スモールアニマルフェア」が開催されていました。
私は、こんな感じの動物イベントに行くのは初めてです。
「さいたま新都心」は想像以上に近代的で‥「ここは新宿?」と、2人ともビックリしてお登りさん状態。
会場に入るとスグに、賑やかな鳴き声で大きなインコさん達がお迎えしてくれました。
触る事もできるので鳥好きさんには、もうこれだけでも天国♪
ブリーダーさんのケージがズラリと並んで、文鳥さんやジャンボ•セキセイさんの品評会も開催されていました。
先代インコの梅ちゃんに似たカップルも発見、やはりセキセイさんは可愛い〜。
鳥のケージやフードのお店も沢山並んでいます。
奥に進むと、フクロウさんが山程(笑)居るコーナーも。
この2羽は生後3ヶ月の赤ちゃんだそうですが、奥の方の子はそこいら辺のニャンコより大きい。
羽がフカフカで気持ち良かったです。
さらに奥のコーナーには鳥グッズ販売のコーナーが。
「とり部」のメンバーさん始め、つい先日の「とりずくし」でもお会いしていた方々でした。
噂で聞いていた「インコ星人」さんも居らっしゃいましたが、写真が上手く撮れてなかった(涙)。
「だが屋」さんの側に桜文鳥さんが居たので、新しい子をお迎えしたのかと思いましたが。
「とりづくし」で購入したマウスパットのモデルさん、竹ちゃんが大きく立派に育っていたのでした。
雛の印象が強かったのと、シナモン文鳥さんだと勝手に思っていたので、これはビックリ!
作家さん始め、お客様も、お家の鳥さん同伴の方を沢山お見かけしました。
何度も出会ったこのヨウムちゃん、ちょっと小粒なのだそうですが可愛い子です。
今年で10回を迎えたフェアは、大盛況の様子。
前日の土曜日はもっと入場者が多くて、スゴイ事になっていたそうです。
結局、最後の最後まで会場で遊んでいました。
展示を終えてブリーダーさんのお宅に帰るジャンボさん達は、横長の珍しい形のキャリーに入れられていましたが。
これは伝書鳩用の物だそうです。
お名残り惜しくて、なかなかお別れできなかったのは「こんぱまる」さんの千葉の施設から来た子。
ズグロシロハラインコさんです。
甘えん坊の癇癪持ち‥どこかで見たようなタイプ(うちの寅ちゃん)の子でした。
先週末は、愛知県の瀬戸市に行っていました。
セトモノの瀬戸です。
職人さん向けの絵付けの試験を受けに行ったのですが、お教室を主催する先生方の受験も結構あるらしい。
細かい情報が全く無い中で手続きをしたので、わからない事だらけのぶっつけ受験だったのですが。
以前に友人が住んでいた事もあって、瀬戸を訪れるのはこれで3回目。
緑の多い、のどかな街です。
ホテルは1軒しか無くて、神社の中にあるという不思議な立地でした。
陶祖も奉ってあったので、もちろん神頼みのお参りをしてから街中をブラブラ〜。
遠出はできませんが、焼き物屋さんやギャラリーを覗いてみました。
作家物の染め付けのペンダントを買って、居合わせた(他の)陶芸家さんとお話をして、すっかり旅気分です。
ホテルのロビーで仲良くなった大阪からの受験組の方達と夕食のお約束をしていたので、エレベーターに乗ろうとしてビックリ!
陶画舎の同級生と、こんな所で遭遇するとは‥彼女もお教室を主催されています。
今期はお休みされていたのですが、受験対策で陶画舎の分室の先生の所に通われていたそうです。
他にもお仲間が居らっしゃったようなので、陶画舎組もけっこう居るのかも?
翌日の試験会場では、分室のO先生ともお会いする事になりました。
肝心の実技試験は時間が限られる事もあって、練習の70〜80%の出来。
最後の方は、何とか仕上げる為に必死〜。
細かい所まで描ききれなかった上に、全体を見直す余裕がまるでありませんでした。
もっと練習しておけば良かったですが、時すでに遅し。
少し先には筆記試験もあるのですが、既に落ちた気がしています(笑)。
筆記試験の過去問は、前回分だけ取り寄せられる事を大阪の方が教えてくださいました。
ともかく終わった事は仕方ないので、次回には準備を怠らないで頑張ろう!と、気持ちを切り替える。
次回が3年後というのも、この時に知って(笑)‥え、2年後じゃないのですか?
やはり情報不足、出遅れています。
試験の後は、名古屋で姪と待ち合わせ。
冬に来た時に気に入った食器のお店に、もう1度行ってみました。
例年より随分と早く、陶画舎展用の素材をコーディネイトしてGET。
これだけでも来た甲斐があるという物です。
やはり前回に気に入った「まるや」さんのひつまぶしを食べようと行ってみると、以前にも増してスゴイ行列。
普段は行列に並ぶ事はしないのですが、次回はいつになるかわからないので頑張りました。
1時間半並んで、新幹線を最終に変更してまで食べたひつまぶし‥やっぱり美味しかったです。
梅雨入りしたとは思えないほど、爽やかな日が続く週末です。
久しぶりにオットとおデートの定番、お墓参り(笑)に行って来ました。
行きのパーキング•エリアではアヒルちゃんを発見!



カメラを忘れていたのですが、スマホになった事を思い出して初写メ‥どこかの保険会社のCM風に撮れました。
画質が良いのに驚きです。
ついでに大仏様とも記念撮影。



胸元の茶色の飾りは先日、ニット作家Hさんの展示で求めた物。
「Laine de Kei」というブランドで活動されています。
使用しているレース糸には所々にビーズを編み込んであるので、キラキラと綺麗な上に首もとが締まって見えて。
頭から被るだけで良いので重宝しそう、モノグサの私にはピッタリ!
翌日は久しぶりに「インコDEぴー」さんとお出かけです。
まずは目白で、移動雑貨屋さんの「おひさまのたまご」さんの3Days Shopへ。
出来立ての天然酵母パンや小さなカトラリーや‥それぞれのお買い物を。
お値段に惹かれて(笑)色違いのお揃いで夏のチュニックも買った女子高生のような私達〜(笑)。
ランチの後は西荻窪へ移動。
「茶まつり」という街を挙げてのイベント開催中です。
参加しているお店では、お茶を用意してあるというだけの緩〜いイベントですが。
店先に置いてある目印のヤカンが可愛らしい。
暑いくらいのお天気なので有り難く、ヤカンもお茶も色々なので楽しめました。



骨董屋さんや雑貨屋さんの多い街ですが、日頃入りにくそうなお店にも立ち寄り易く感じました。
お約束のカフェ「ことりや」さんにも行きました。
多くの鳥好きさんの知る所となったのか?
お客様が一杯で、ずっと賑わっていました。
西荻でもこまごまと雑貨を買って、お茶して、食事して、けっこうな大荷物で大満足の1日。

昨日は高校の友人Yちゃんが1年ぶりに上京して来るというので、丸の内界隈をご案内する事に。
到着はお昼過ぎなので、まずは朝の内に市ヶ谷のサンアートさんへ。
バーゲン中なので(掘り出し物の)シンプルなカップ&ソーサーを大量大人買い、宅急便で送って頂くことにして。
サンアートさんのお教室展と、ご近所で開催中の他の絵付けのお教室展をハシゴしました。



サンアートさんはオーソドックスなヨーロピアンのスタイルの作品、もう1カ所の清水先生のお教室は前衛的とも言えそうな思い切った作品が多くて‥先生のスタイルというのは、生徒さんへも遺伝しますね(笑)。
Yちゃんと待ち合わせてからは、東京駅にGO!.
駅舎のドームの内側は窓から光も差し込んで、とてもステキでした。



ランチの後は(好きな場所なので)皇居に行ってみたのですが、御門が締まっているというまさかの展開。
月曜と金曜はお休みだというのに、またやってしまった迂闊な私。
慰めるように、お堀の白鳥のカップルは寄って来てくれましたが。



はとバスの1時間でスカイツリーを眺めて来るというコースで、名誉挽回を計る(笑)。
天井が無いバスなのでとっても寒かったのですが、それはそれで楽しかったです。



その後はYちゃんが好きだというので「奇跡のクラーク•コレクション」を開催中の三菱1号美術館へ。
ルノアール、モネ、コローという印象派の絵画が充実した展示です。
私のツボでは無いので1人ではきっと行く事も無かったのですが、これは予想以上に楽しめました。
週末は8時まで開館していて、思いがけなく「アフター6割引」チケットという物があって得した気分。



展示を見ていると前の人の後姿に見覚えがあるような気がして「もしかして‥」と呟いてみると、振り返ったのはデザイナー仲間のHちゃんでした。
広い東京で、こんな事があるとはビックリ!でした。
それから最近オープンしたばかりの日本郵便の商業施設「KITTE」へ。
おしゃれな雑貨やステーショナリーのお店が充実しているフロアーもあって‥文鳥さん、オカメさんの手ぬぐいや布小物も‥心惹かれました。
旧郵便局長室をそのまま残してある部屋の窓からは、東京駅がよく見えます。
夜の駅舎も風情がありますね。



さすがにKITTE内のレストランは大賑わいの行列で、場所を移してからの夕食‥これはちょっとハズレてしまったのですが(笑)。
話が尽きず、最近の私にしては珍しく夜中のご帰還。
丸の内界隈の小さな範囲でしたが、よく歩いて、たくさんおしゃべりした1日でした。


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/19 つきゆり]
[02/15 つきゆり]
[02/09 つきゆり]
[02/09 boss]
[02/04 まーれ]
[02/04 つきゆり]
[02/03 まーれ]
[02/03 sakura]
[01/22 sakura]
[01/20 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]