忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2020/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[4] [5] [6] [7] [8] [9
今日はボタニカル(植物画)のお教室。
家でも色を入れて行き教室で最後の仕上げをして、先日のバラが出来上がりました。
実はこれ、半分以上手を入れたあとで大変な事に気が付いたのです。
紙はいつも水彩紙とかBBケントとか吸水性の良いものを使用しているのですが、何を勘違いしたのかKMKケントという製図用のツルツルの紙に描いていました。
当初から水の吸い込みが悪いな〜とは感じていたのですが、しばらくお休みした後だったので勘が狂ったのかな?と気付きませんでした。
重ねて色を乗せようとすると紙がツルツルなもので前の色が取れてしまうという、あり得ない状況に。
ツルツルの上に色を乗せるという、陶絵付けのような作業になってしまいました。
なので不本意ですが、ここで打ち切り。
花の色が淡く良い感じだっただけに、ちょっと残念です。
余った時間で次の課題、チューリップの鉛筆スケッチを。
バラと比べると形がシンプルな為か、予想以上に短い時間で描き上がってビックリしました。
その分、彩色の時に苦労があるのでしょうか?

07.01.13.jpg
PR
池袋東武デパートで、北海道のおいしいもの市が始まりました。
これは避けては通れません。
おいしい物がたくさんなので、いつも会期中には2度3度と足を運びます。
今日もさっそく会場で小樽のお寿司を食べ、色々と買い込んで帰って来ました。
はずせないのはルタオのドゥーブル・フロマージュというチーズ・ケーキ。
大好きです。
おととし北海道に旅行した際には、本店の喫茶室まで行って来ました。
小樽の駅に降り立った時に、同行のムスメが駅の表示を読んで「オタル‥ルタオ!」。
店名のあまりにシンプルな由来がわかって、また好きになりました。
今、家族で柄違いで使っているマグ・カップはドイツのマイセンにあるNPMという工場で作られた物だそうです。
マイセンというとヨーロピアン・チャイナペイント(陶絵付け)の聖地のような場所。
その地で、こんなモダンでシンプルな物が作られているのは驚きですね。
自分の絵付けの対局にあるようなマグ・カップ。
お気に入りです。

07.01.12.jpg
今日の関東地方のお天気は大荒れ。
ふと見ると我が家のベランダの物干ざおで、ヒヨ鳥さんが雨宿りしていました。
こんな天気の日は野生の子は大変です。
画像はやっぱり野生の子、千鳥さんのふくさです。
波に負けずにけなげに飛んでいて、私のお気に入りです。
作者の中野スズミさんは手描き友禅の作家さん。
女性ならではの可愛いらしいモチーフと、やさしい色使いの作品を創り続けていらっしゃいます。
写真ではうまく色が出ませんが、このふくさも微妙なブルー・グレーでとっても綺麗。
来年早々スズミさんはデパートに初進出で、作品展をなさるのです。
あこがれます〜。
京王デパート聖蹟桜ヶ丘店のギャラリーで2月1日(木)〜7日(水)。
スズミさん御本人は一見着物の似合う清楚な美人ですが、実はとっても面白い方です。
リンクしてありますのでお近くの方、着物のお好きな方はぜひお立ち寄りくださいね。

06.12.26.jpg
今日はクリスマス・イヴですね。
下絵付けのペインターJUNさんのホーム・ページpoco*mocoの懸賞に応募していたら、なんと当選しました。
サンタさんからプレゼントが届いたようで、とっても嬉しいのです。
緑のマグが可愛いでしょう?
大好きな色です、サラッと入ったクマちゃんとりんごのイラストもラブリーです。
同じ絵付けでも全く切り口が違って、人が作る物=自分は作れない物だなぁと改めて思います。
JUNさん、有り難うございました。
大切に使いますね。
午前中は皆ゆっくりだったので、梅ちゃんもケージから出してもらって上機嫌でした。
夜は長い時間出しているのですが、やはりトリさんは朝が元気です。
午後からお墓参りに行きました。
家から車で1時間くらいのドライブです。
お参りも終わって帰りかけたら、オットが(お墓に)メリー・クリスマスを言い忘れたというのです。
もう1度、道を戻ったおバカな夫婦です。

06.12.24.jpg
陶絵付けを始める以前から、植物画を習っています。
趣味の同好会みたいなものですが、先生は一流。
ボタニカル・アートを本場イギリスで学ばれた、ステキな方です。
始めてもう随分になるのですが、こちらの都合ですぐ休む出来の悪い生徒です。
今回も実家で不幸があったり、デザフェスの準備が忙しかったりで、今日は久しぶりの教室でした。
薔薇の鉛筆スケッチをしましたが、薔薇は形が複雑で難しい。
先生は薔薇に魅せられているそうで、すごい数を描かれています。
薔薇に魅せられて‥陶絵付けの世界でも、そうおっしゃる方がいらっしゃいます。
道を極めた方が辿り着くところなのでしょうか?
次回の教室で、水彩絵の具で着色します。
陶絵付けもそうですが、根気のいる作業です。
短気な私が続けているのが不思議なのですが。
画像は以前に私が描いたユリ。
今年の喪中挨拶ハガキに使いました。

06.12.09.jpg
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/03 つきゆり]
[07/01 mamachan]
[06/29 まーれ]
[06/28 つきゆり]
[06/23 つきゆり]
[06/20 mamachan]
[06/16 boss]
[06/14 つきゆり]
[06/13 sakura]
[06/10 boss]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]