忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
ここ1週間は期限付きの製作の為、必死に過ごしておりました。
グ〜タラの私にしては、毎日お窯に火を入れて頑張った。
ほとんど引き蘢って描いていたのですが、お誕生日のディナーだけは近くのイタリアンへ。
食後のカプチーノにお祝いを描いていただいて、思いがけなくて嬉しかったです。
ローソク3本ではとても追いつかない歳なのですが(爆)。



ちなみにオットからのプレゼントは「Dr.Air」というマッサージ•チェア。
アクセサリーでも洋服でも無く、健康器具を貰うようになるとは、ちょっと情けないですが。
デパートで試しに座って以来、2人とも虜になってしまったのでした(笑)。
ここのところ描きづめで背中も首も凝りまくっているので、毎日重宝しています。
明日は入会させて頂く事になった絵付け団体の総会で、新入会員は作品を展示するという課題があります。
作品の横には推薦してくださった先生のお名前も並ぶので、あまり恥ずかしい事も出来ません。
旧作でも良いという事でしたが、せっかくなので「今やりたい事」を。
「花鳥画」というのはずっと私のテーマですが、今回はよりオーソドックスな花鳥画テイストに近付いています。
アクセントに「金の点描をした雲」を入れようと、最初に決めてスタートしました。
2週間前にお皿の下書きしか御覧になってない佐々木裕子先生が心配されているのだろうなぁ?と、数日前には(私は日にちが違いますが)お教室に顔を出して、最後の御相談をしました。
茶托の周囲の処理等‥先生の御意見を頂いて、迷わず安心して進められた事は良かった。
金の点描の雲の下に「ウンモを敷くと良いですよ」という先生のアイデアを頂いて、とりあえずのゴールド•パウダーをパディングした所の写真です。



こういう形の無い物を入れるのは難しい〜。
センスの良い方は迷う事も無いのでしょうが、入れ過ぎてもクドイし、少な過ぎても淋しいし‥悩みます。
それでもこの雲型が、後からの点描のガイドラインになって助かりました。
一辺27センチ余りの大きなお皿2枚と、お急須、湯のみ&茶托が2客のセットです。
他アイテムを並べた所の写真も撮っていたのですが、サスガにお疲れなのか‥。
ここ1年くらいのコンデジの中の画像データをウッカリ捨ててしまったようで、ショックを受けているところです。
東急百貨店、本店•吉祥寺店の展示写真が無くなったのはカナシイ‥。
作品画像を別の一眼レフで撮っているのは不幸中の幸いでした。
作品は修正も含めるとギリギリの仕上がりで。
いつもどおりとも言えますが(笑)、大物製作頑張りました〜。
PR
所用でお出かけが続いたので、今日は自然光を使って朝から写真撮影。
ここしばらくはお休みしていますが4月•5月•6月と出展が決まったので、ポスター等に使って頂く写真を送らなければ。
撮影最中に届いたのは「技能士パスポート」。
要るか?要らないか?迷いながらも申請手続きをしていました。
普通のパスポートより1回り小さいサイズで、昨年取得した絵付け技能士1級、その2年前の技能士2級について記入してあります。
他にも国家資格があれば並ぶようですが、あいにく私は何も持っておりません〜。
あと持っているのは運転免許と、スキューバ•ダイビングのライセンス(アドバンス)。
そういえば陶画舎のポーセリン•エキスパートも取りました。



陶画舎バーゲンが始まっていて。
バーゲン時のワンコイン•レッスンに「マット絵の具」というメニューがあったので、昨日は行ってみる事に。
新しい画材はどんどん出て来るので、やっぱり興味が沸きます。
1時間弱の短い時間で、先生のデモを見ながら説明を聞くという形態です。
いつもテクニカルでお世話になっているW先生が溶剤など‥貴重な事を教えてくださるので、皆さん熱心にメモ。
陶画舎の生徒さんで無い方も受けられる、お得なレッスンなのです。
混んでいるお教室の中に、同期のKさんを発見!
とても熱心な方で、テクニカルの授業では(私は劣等生なので•笑)面倒をみてもらっています。
行った先々で1番出合う率の高い友人。
彼女は1時間後の「和陶染付け」のレッスンも齧ってみるというので、つられて私も受ける事に。
なにせワンコインです(喜)。
こちらの担当は、いつもスケッチを指導して下さっているY先生。
日本画でT京芸大の院まで行かれたお方で、ふだんは和陶専門です。
技能士試験の筆記試験問題は陶芸全般にわたるのですが、???と思っていた事が解消してスッキリ〜しました。
普段のお教室の後は時間が押してお茶もできないので、久々に絵付け話を堪能したのは良かったですが。
絵付けの展示まで10日を切りました。
楽しくお茶している場合ではありません!
後は引き蘢って、絵付けを頑張ります〜!



これは先日飛び立って行った「コザクラさんズのプレート」
直径25センチのメタ皿です。
別名「ラブバード」とも呼ばれるインコさんで、とっても仲良しなのは微笑ましいですね。



お名前は「オリーブちゃん」と「プラムちゃん」
同時に作った蓋物は、可愛いお名前にこだわってみました。
この1週間は「コザクラさんS」のオーダー品を製作中。
これは2年がかりの製作となってしまい、大変お待たせしています。
オーダー下さったT様がご家族のお仕事の都合でシンガポールに転居された事もあって、ついつい甘えてここまで引っ張ってしまいました。
3月は日本に戻って来ておられるので、今度こそは!と頑張っています。



お皿、ふた物ともに、後は金彩を残すのみとなりました。
このお皿「単色のお花とペアのインコさん」の組み合わせで、何種か作った物のデザイン変えです。
金色の四角い枠の外側に、お花を流すデザインで。
今回は、アイビーとデージーをアレンジしました。
色味は多くないので、あえて単色使いにしていません。
四角い枠はアイレリーフで凹凸の下地を作ってあるので、周囲をマスキングして金彩を施します。



マスキングテープと、細かい部分は「マスキングリキッド」という液体を使うのですが。
マスキングリキッドが「やけに水っぽい‥」と、塗りながら不思議に思う。
注意力のある方は、一旦ここで立ち止まるのでしょうが。
不思議に思いながらも続行するのが私?
その内に乾くだろうと、マスキングを完了して。
その上に金彩をして、マスキング部分を剥がそうとすると‥。
マスキングが何故かヌルヌル‥固まってなくて、上手く剥がれません。
「なんで??」と改めて瓶を見ると、間違えて「マーブリングローション」を使っていました。
これは金彩やラスターと一緒に使って、マーブル状のテクスチャーを作る溶剤で。
「マスキングリキッド」も「マーブリングローション」も、つい先日のテクニカルの授業で使ったので、一緒の箱に入れていました。
色が同じような赤で、違和感が無かったのでした(爆)。



とは言え、これだけ瓶の形は違うというのに‥ウッカリ過ぎる。
瓶の口が「こんなに細かったっけ?」とは思ったのですが、注意力皆無です〜。
そういえば今朝は柔軟剤と間違えてオシャレ着用の洗剤を投入したらしく、仕上がりが何か妙で洗濯をやり直したのでした。
こちらもボトルのデザインが良く似ているのです(汗)。
ひとつひとつ指差し確認しない事には、この頃は自分がアテになりません(爆)。
金彩はキレイに流して、1からやり直しました。
T様、ご安心くださいね!
週末にはミニチュア•シュナイザーの久兵衛クンが、S様の待つお家に飛び立って‥では無くて、ワンちゃんなので駈けて行きました。
15年一緒に暮らした、思い出深い子だそうです。
2年前に久兵衛クンのお母さん犬&兄弟犬のプレートを描かせていただいたのですが。
気に入ってくださっての今回のオーダーです。
S様、ありがとうございます。
百貨店で確かめてくださったのか?
直接、お電話を頂いて承りました。
「バスト•ショットでも良い」というお話でしたが、今回は久兵衛クン1人なので何とか全身を入れたく思い。
ちょっと上の位置から見た感じに‥見る方の目の高さを変えたつもりで加工。
少し上から見下ろした風に前足を短くして影も入れ、全身が入りました。



お母さんのメリーさんに似て、しっかりした体格の子だそうで。
アーモンド色の瞳が大好きだったそうです。
凛々しいお顔の久兵衛クンです。



お母さんと兄弟の待つ天国に行ってしまって、今回のオーダーとなったのですが。
出来上がったプレートを見る度に、涙が出るのだそうです。
「宝物です」と言ってくださった事がありがたく、ホッと安心致しました。
練習の甲斐があってか、パンジーの出来も少し上達した気がします。
夜の内の雨風の跡が、朝のベランダに残っていました。
東京は妙に生温か〜い1日でしたが、今日は春1番が吹いたそうですね。
気がつくと、2月も半分終わり‥。
前半は出かける事が続いて、お窯も半月ばかり火を入れないままでした。
2月•3月とイベントの予定を入れてないので、ついついのんびり遊んでいますが。
期限付きの宿題をいくつか抱えています。
久しぶりの絵付けは、本当に久しぶりのワンコさんから。
これは2回焼成を終えたところで、今日は周囲に水色のパディングをして焼成中。
その後に、更にワンコと花に筆を入れて行きます。



2年前の百貨店出展の折りに「うちの子」のワンコをオーダー下さったお客様から、後日改めてお電話を頂いて承った物。
前回は、この九兵衛クンのママと兄弟でした。
そのプレートの周囲の処理は「展示見本と同じで」とおっしゃって、緑色の大理石模様にしたのですが。
今回は「ブルー系で」という事で、後はお任せくださいました。
「ブルー」「ブルー」と考えて、スケッチをしたばかりのパンジーを描く事に決めました。
ミニチュア•シュナイザーは、クリクリした硬目のクセ毛の表現が難しいです。
先日は香港から来日されたMiss.J.Mに、マグカップとオーバル•プレートをお迎え頂きましたが。
早速、帰国後に愛用して下さってるそうで、写真を送ってくださいました。
朝のテーブルでしょうか?
リトルガーデンのインコさん達も異国の空の下(笑)、とってもオシャレに働いています。
ピンクのキバタンさんのボールは、他でお求めになった物。
刺繍をしたタオルやら、バッグやら‥鳥さんグッズの写真も見せていただいたので、きっと色々お持ちなのでしょう。





ミルクレープ‥これは手作りされたのでしょうか?
我が家のテーブルには、カットした市販品しか並ぶ事は無いですが(笑)。
色合いも美しいので、器が上等に見えますね。



お皿のインコさん達も、心なしかウキウキ〜嬉しそうです。
最近は百貨店の食器売り場に出展させて頂く機会も増えて、食卓風の展示をしてみたいなぁと思っていました。
こんな感じのディスプレイにしたら、お客様も使う様子が想像し易そう。
カッパ橋に行って、食品サンプルが買いたくなりました。
明日までに仕上げなければイケナイ物があって、松の内から(真剣に!)絵付けしています。
先程、最後の焼成の為お窯に入れました。
そんな訳で、今年最初のスケッチの授業はパス。
来週に振り替えして頂いたのですが、翌日の佐々木裕子先生のお教室は行って来ました。
色々と自分に反省する所があって、小さなお花の練習を初めています。
直径16センチ程の小さいお皿ですが沢山持っているので、これで「小花練習シリーズ」を作る事に。
まずは描く機会も多いパンジー。
少し盛り上がった部分の内側の円は直径10センチもありませんが、パンジーのお花は思いきり良く大きく描きました。
大きく描くと、どうも形の不自然さが目について「消そうか?」と思っている所に、佐々木先生の手が入ると「あ〜ら、不思議」。
「ゴミ?」と思ったお皿がグッと持ち直して、消すのが惜しくなりました(笑)。
それで引き続き修正。
右半分は先生の手が入っています。



家で第1焼成を終えた所で、左上の紫の花びらは色が飛んでしまいましたが、次回はこの続きがどうなるか楽しみです。
背景をグリーンの調子で潰し、莟や葉っぱを抜き出してあるのがオシャレですが、これも先生。
お花もふんわりと軽やかに感じます。
やっぱりスゴイお方です。
ふんわりと、やわらかい絵が描けるようになりたいなぁと思います。
東急•吉祥寺で承ったオーダー品の第3段、本日納品致しました。
これで総て完了となります。
I様、W様、お待たせ致しました。
どちらも直径20.5センチ、四角の一辺20.5センチと、そこそこの大きさがあるお皿だったので。
モデルさんも良かったことですし‥描き込むことが出来て、可愛い仕上がりになりました。
それぞれ、インコさんのお名前入りです。
これはナナクサインコのルビノーちゃんのお皿。





これだけ大きな面積の赤で、調子を出すのはムツカシイ〜。
ちゃんと発色するかしら?と、恐る恐る描いたのですが。
I様のご希望どうり鮮やかに発色したので、ひと安心。
混色で作った赤でひととうり描いた後、最後の焼成でアクセントにクリスマス•レッドを使いました。
この季節にピッタリの名前の赤です!
絵付けの絵の具の赤は、混色が出来ない等‥面倒なのです。
焼成温度が760度と低い絵の具なので、最後の最後でどんな風になるか?
ちょっと心配していました。
フチの透かし模様の間にある赤いドットは、盛り上げています。
こちらは仲良しのオカメさんSと、ウロコさんSのお皿。





小鳥のペアというのは、文句無しに可愛い〜。
見ているだけでニコニコします。
お皿の中央の可愛い子ちゃん達が目立つよう、お花は小さくして数を描いてみました。
日頃とちょっと雰囲気が違うのですが、気に入っています。
2枚並べると、オカメさんとウロコさんが向かい合って、本当に可愛い〜♪
周囲には金彩をしています。





ひと仕事終えてホッとして、吉祥寺からは井の頭線で1本の渋谷の東急Bunkamuraへ。
「Craft Collection」は、今日が前期の最終日。
原千恵子さん、Junko.troisさん、中島圭一郎氏‥と、仲良しの作家さん達が出展されているので。
御一緒したかったなぁと思いつつ、でもスケジュール的には後期でないと絶対無理と思ってみたり‥。
帰りは陶画舎に寄って、ミルクピッチャーの白磁等を求めて来ました。
小さい物を少し作ろうと思っています。
明日のスケッチも、お休みの連絡を入れました(涙)。



先日、東急百貨店に納品した物がお客様のお手元に届いたと、それぞれ連絡いただきました。
「満足です!」と、直接こちらに伝えてくださる方が多くて、それはとても嬉しい事です。
これは変わった色合いのオカメさん、ヴァンツァーちゃんのお皿。
以前にも描かせていただきました。





お顔も名前も凛々しい子です。
ご本鳥も、蘭の花も、色が抑えめなので、落ち着いた感じに仕上がりました。
もうひとつは横幅が26センチの変形プレートで、病院にお礼で差し上げるそうです。
オーダーくださったN様のセキセイさんは‥お星になってしまったのですが‥体が弱くて、しょっちゅう「あず小鳥の病院」さんのお世話になったのだとか。
この子達は、病院の受付で働いている歴代の小鳥さんだそうで「全員描いてください」というご要望でした。
ロゴは病院のオリジナルです。





既にお星になったというセキセイの「ハルちゃん」をセンターにしたら、ご贔屓なのか?喜んでくださいました。
その右隣のオカメの「ロックさん」は病気の為、口ばしが互い違いに変形しているのだそうです。
5羽が整列して、とっても可愛いプレート。
クローバーも、周囲のパステル•イエローも優しいです。
病院の先生方も喜んでくださると良いですね。
寅もお世話になった事がある病院なので、年明けにでも一緒に健診に行きたくなりました。
「作者です」と、ついつい名乗ってしまいそうです(笑)。
イングレーズのオカメさんS & ウロコさんSのお皿も、受け取りに行ってくださったそうで。
これはオーダーくださったW様と、毎週鳥さんSに会いに来てくださるというお姉様と、お2人分で2枚ずつ製作しました。



お姉様の分は、東急さんがプレゼント•ラッピングして下さったそうで綺麗です。
その後も、引き続き宿題を製作中なのですが。
年末には東急Bunkamura出展も控えているので、のんびりもしていられません。
文鳥の姉妹「いちごちゃん&ぷりんちゃん」のK様(Sakuraさん)が、夏に引き続き送ってくださった手作りウインナーを食べて頑張ります〜!
Sakuraさん、おご馳走さまです。
明日からは12月、東急•吉祥寺店出展からも早1ヶ月が経ちました。
頂いたオーダー品も一生懸命進めているのですが、なかなか時間がかかっています。
数も沢山頂いたので、頭の中を整理するのに時間がかかり‥。
その先の作業にも時間がかかり‥キャパ小さいです(汗)。
今日はようやく1部を東急さんに納品して来ました。
まずは幅18センチのオーバルのお皿。
「赤い実と文鳥さん」というご依頼でした。
御自宅用と、お友達へのプレゼント用のお揃いで。
文鳥さんの斑の模様が、少しだけ違っています。



このお皿は他でもオーダーも頂いて、お家の3羽さん達のシリーズも。
サザナミさん、コバタンさん、オカメさんのトリオです。



オカメさんの名前は「スミレちゃん」なので、スミレのお花をリクエストされました。
御自宅のモーニングでお使いになるそうで、それぞれにお揃いのマグも。




黄色いセキセイさんは別の方の物で、お友達へのプレゼントだそうです。
マグカップには裏側にもお花が入っているのですが、このセキセイさんは紺色でイニシャルを入れて下さいという事でした。
文字だけでは素っ気ない気がして、横にお花を一輪添えてみました。



そういえばこれはご要望があって、持ち手の所にも淡い黄色を入れています。
お隣の紺色のマグはサプライズ用なので、表はお見せできなくてゴメンナサイ。
裏側は無地で良いというオーダーでしたが、やはり何か入れたくなり‥。
羽を1枚描きました。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 8 10
11 13 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/19 つきゆり]
[06/06 つきゆり]
[05/17 boss]
[05/10 つきゆり]
[05/01 つきゆり]
[04/29 boss]
[04/28 つきゆり]
[04/12 waka]
[04/07 つきゆり]
[04/06 waka]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]