忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29    03 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
台風12号は異例のコースを通過するそうで、気がかりですね。
東京も時々、酷い雨と風です。
そんな悪天候の中、3年ぶりに開催された絵付け技能士の試験。
全国いっせいの国家検定ですが、実技試験は窯業の盛んな数カ所のみでの実施で。
東京〜大阪からは、愛知の瀬戸で受験される方が多い。
私も3年前の事を思い出すと、今でもドキドキ‥平静では居られません。
受験生の皆様の健闘を祈っています!
今年のお題は「牡丹」。
お題が発表されてから2ヶ月足らずの間、受験生達はひたすら描いて、描いて‥です。
本当に夢に見る程でした。
1級はデザインから起こして、30センチの肩はり花瓶。
2級は予め決まっている下絵を拡大して、直径30センチの大皿に描きます。
限られた時間の中、とても広い部屋に大人数で机を並べての実技試験。
1級は受験するだけでも、職人や指導者としての経験が7年以上必要なので。
周りを見回すと皆さんお上手で、とても不安になりました。
平均合格率40%程度の難関です。



私は、2級受験の時が「牡丹」。
この牡丹のお皿の特訓をしてから、早5年が経っていました。
その次は9月の筆記試験。
10月に結果が出るまで、長いのがツライところです。
PR
アップするのが遅くなりましたが、ドア•プレートも仕上っています。
ちょっと色の変わったセキセイさんと、最近よく描いている気がするシロハラインコさん。
キソデアオボウシインコさんは初めてのリクエストで。
おおよその説明を頂いていたので、後は調べて描きました。
さすが鳥イベントでは、レア物が登場して来ます。
「シロハラ」とか「キソデ」とか「アオボウシ」とか‥インコの名称に、体の特徴が入っているのは面白いですね。



今回は、写真をお預かりしての製作もありました。
ハクセキレイ好きのK様から、ハクセキレイ男子。
K’様は、オカメのジンジャーちゃん。
添えは桜のお花です。
こんな形で、お顔が大きく入るのも可愛いですね。



この仲良しのウロコインコさん達は「Welcome」の文字の代わりに、名前入りです。
「うちの子ミニお皿」と、どっちにしようか迷われて。
こういう形になりました。(笑)

今年の猛暑は酷いですね。
都内でも観測史上初の40度越えを記録したとか。
これはお風呂の温度?‥もうオソロシイ〜。
私は家に籠っていますが、お仕事のある方はそうも行かないので大変ですね。
絵付け写真は久しぶりですが、まず出来上がったのは阪神本店で承った「うちの子ミニお皿」。
直径10センチ余りの小さなお皿で、鳥イベント限定品です。



同じお家の、鮮やかなお二人さん。
ダイダイと緑‥お名前も色にちなんでいる子達。
コガネメキシコインコを描いたのは初めてです。
絵付けは鮮やかな赤を出すのが難しいので、これは気を遣いました。



このマメルリハさんは、ひっくり返ったポーズが可愛らしい。
まめちゃん‥キョトン!としています。
セキセイさんは昨年も「うちの子」のオーダーをして下さった方が、今年はピーちゃんの写真を持参して下さいました。
品の良い御高齢の御夫人(お義母さま?)との、お二人連れ姿に見覚えが。



こちらは、もうお星になった子達です。
ガラケーに入っている写真だったので、大吾ちゃんの写真を受け取るのに四苦八苦。
後日、携帯ショップでメールの契約をして送ってくださいました。
オカメのこなつちゃんは、とても小さい内に亡くなってしまった子だそうです。
こちらを見上げたポーズが可愛い。
どの子も「可愛い」「可愛い」と思いながら描きました。
毎日絵付けしている割には、なかなか思うようには進みません。
新アイテムのお茶碗はオカメさんに加えて、セキセイさんと文鳥さんも作りました。



デージーの小さなブーケを、等間隔でグルリと3カ所に並べたので。
小さいお花ですが、手間がかかりました。
口縁の内側のピンクのロクロ線は、東急出展時にヘレンドの店長さんが「発色がキレイ」と言ってくださいました。
いつもリトルガーデンの鳥さん達を「可愛い」と言ってくださるので、とっても励みになるのですが。
これは、絵の具が良いという事ですね。(笑)。
新しくパンジー•バージョンも作りました。
こちらはスミレ色のロクロ線。



汚れが焼き付かないよう、焼成前には慎重に余白部分をお掃除するのですが。
うっすらと指に絵の具が残っていたのか?色は付いて無いけど、ツヤが無い部分を発見してしまう。
気が付いてしまうと、そのままにはしておけません。
で、リカバリーの為そこに小花を描きました。
このお茶碗1個のみですが‥これも等間隔で3カ所に散らしてみたら、可愛いです。



器に黒点や傷のトラブルがある時に、ペインターが使う手ですが。
ミヤマ食器さんの器は、トラブル無しの1級品なので。
こんな時に使ってみました。
イベントのカタログに写真を載せた「シロハラインコさんのマグ&おやつ皿」が無い事に、先ほど気が付きました。
そういえば東急さんで、セットで飛び立った事を忘れていた‥。
今ごろになって痛い発見です。
カタログの物が無い訳には行かないので、これからでも作らないと!です。
出展もあって都合が合わず、先月から自身の習い事が疎かになっています。
昨日は久しぶりに、佐々木裕子先生のお教室へ。
お仲間の絵付けを拝見するのも楽しいですし。
のんびりと描きたい物を描いて、ちょっとリフレッシュしました。
帰り道は陶画舎と浅草橋を回って、白磁や画材、革ひも等を購入。
これ以降はしばらくご近所限定の出没にして、引き蘢る予定です。



 先日のドア•プレートが出来上がりました。
ハートの盛りをここ迄プックリする為には、やはり2度目の盛り足しが必要でした。
こんな小さな物に、何度焼成をしているのか?
コスパ意識皆無で、職人としては失格です。



ズグロシロハラインコさんと、斑入りの文鳥さんは初登場。
今回リボンの部分は白いままで残して、金線を入れたので。
前回よりも乙女な仕上りです。
皆様、どちらの方をお好みでしょうか?
文字の色と合わせた革ヒモを通したら‥ちょうどピッタリの色があったのですが‥可愛く仕上がりました。

昨日は世間的には「母の日」でした。
私は責任重大の消防訓練の日。
ここのところの懸案事項でしたが、消防署からハシゴ車で5名の消防士さんが来てくださって無事に終了しました。
お天気も午前中は持ってくれたので、本当に良かった。
引き続き理事会に出席したらヨレヨレで、夕方までリビングの床で気絶。
任期は来月末迄なので、もう少しで卒業ですが。
これから1年間の総括や、総会が待っています。
出展が続いて、ただでさえ忙しい時期なのでキビシイ〜。
ロクロで金線を入れた一輪挿しは、前回と同じ「スグリの実」と鳥さんを描いています。



以前は鳥さんを木の枝に留まらせたのですが、今回は枝を取って。
側にコロンと、木の実を転がしてみた。
鳥さんが、ほんの少しだけ大きく描けました。
天地ギリギリまで描いたら品が損なわれそうなので、これ位が限界?
昔は小さな素材にはバストショットや、お顔だけ入れる事もよくしていました。
でも、やはり体全体を描いた方が万人受けするのかな?
器としても完成形に近づく気がします。
「お顔を似せる」という点では、大きなサイズの方が応えられると思うので。
リクエストがあれば、バストショット等でも承ります。



スグリは赤い実の物と、青い実の物と、入り混じっています。
赤い方は可愛らしい印象で。
青い‥緑の方は、さり気なくて使い易そう。



お好きな鳥さんと、お好みの実の色が合っていれば良いですが。
こればかりは時の運です。
小さいけれど華やかに仕上がって、この方向を追求すれば良いのかな?と、チラと思っています。
実用に徹してというよりは、綺麗な、ちょっとした宝物を作ることを目指すこと。
ロクロが思いのほか楽しかったので、新アイテムのお茶碗の内側にもピンクの線を引きました。
可愛くて気に入ってます。
蕎麦猪口&蕎麦徳利と一輪挿し、ようやく明日には仕上ります。
どちらも立ち物で描きにくい上に、細々した絵付けなので、随分と時間がかかりました。
お休みにダラダラしていたのを差し引いても(笑)そんな感じです。
絵付けの際、昔は最初から全体に濃く絵具を乗せていたのですが、この頃は淡く描く事を目指していて‥。
一旦焼成してしまうと、後から淡く‥とは行かないので。
ついつい淡く淡くスタートしてしまい、2度手間になっている所も随分とあります。
そこの加減を見つけるまでが悩ましい〜。
最近ロクロを買ったので、今回の一輪挿しはロクロを使って金線を引いてみました。
リトルガーデンの作品に使うのは、初めてです。
先日の特別講座を、まだ体は忘れていませんでした。(喜)



ロクロを回しながら、シュ〜ッと長刀筆で引くのは楽しいです。
スグリの実のスグ側に入れたかったので、まだ一発で決める自信が無くて。
総ての絵付けを終えて一旦焼成をして、定着させて(安心して!)からのロクロ。
この後に800度で焼成すると、茶色のラインが金色に変わります。
ロクロの線1本で、ピッと締まる部分はありますね。
次はお茶碗に使ってみようかなぁ?と、思っています。
引き続き、W様宅の末っ子「ななたんシリーズ」のご紹介です。
1辺21センチの四角皿。
やっぱりこれも、お姉様宅の物とお揃いで2点オーダー頂きました。
いつも仲良く2羽並んでいる、名前入りで描くお皿です。



周囲は葉っぱメインで、青か緑の実を入れて‥というリクエストだったので。
今回、お花でなくてブラックベリー。
色の印象で、クールなお皿になりました。
ななたんは頂いた写真どれを見ても、好奇心いっぱいでガサゴソしている様子。
お目々をクリクリさせて。写真でもジッとしていません。(笑)
とても可愛いらしいし、性格が良く出ているかな?と、足上げポーズを選んで描いたところ。
ななたんを知るお友達からも、ご好評頂いているそうです。
良かった!



向かって左になるお隣は、1番お姉さんの「ののちゃん」。
いつもおっとり、おしとやかな美人さんです。
こうやって並べて見ると、鳥さんも個性色々‥楽しいですね。



W様とは、ここ3年余りお付き合い頂いていますが。
出展の都度オーダーを頂いているので、お手元のコレクションも大変なボリュームになっているはず。
いつもありがとうございます〜!
そう言えば、明日から「ひなた」さんの「とりことり」展が始まります。
昨年の阪神本店でご住所頂いた関西方面の方に、ようやく今日はDMハガキを出しました。
東急本店に納品したお皿達、早速W様がお迎えに行ってくださったそうです。
長くお待たせしてしまいましたが、喜んでくださって嬉しいです。
今回はお家に新しくオカメの「ななたん」が仲間入りしたので、ななたんシリーズ勢揃い。



今までにお持ちのアイテムでひととうり‥少し前にアップしたイングレーズのお皿、オーバル•ケーキ皿、少し大きい四角皿と、たくさんオーダー頂きました。
オーバル•ケーキ皿は、それぞれお花を替えています。
6枚目になる今回のななたんは「桜」。
周囲には金が巻いてあります。



いつもお姉様宅分と2つオーダーして下さるので、これも2つ作ったのですが。
並べて写真撮るのを忘れていました。
お目々がクリクリの、あどけないお顔‥末っ子の感じがします。



同じお皿で、お友達へのプレゼントも承りました。
こちらもオカメの「レモンちゃん」、小さく名入れをご希望でした。



レモンちゃんはもう1枚、同じお皿でデザイン違い•ポーズ違いの物も。
お皿は同じ物が複数あると、何かと便利ですし。
柄が違うというのは気が利いてますよね。
そして何より、可愛い「うちの子」です。



レモンちゃんは、ほんのり黄色の入った色白の美人さん。
大事に大事にされている子だそうです。
お友達も喜んでくださると良いですね。

オーダー品もありますし、来週から始まるイベントの出展準備もあるのですが。
今日は佐々木裕子先生のお教室へ。
昨日はスケッチを振り替え休みにして、家で一日絵付けをして。
一部仕上がった物もあるので‥今日はお勉強の日にしました。
お教室ではずっと、遅々として進まないケーキ皿のセットを製作中。
リトルガーデンでは、こうしてお花が主役の物を描く事はまず無りません。
今ではもうカタログに載ってない、深山さんのお皿ですが。
この形が面白くて、こんなデザインで揃える事に。
絵の背景を草むらの感じで潰す事も、ずっとやってみたかった事です。



お気付きかもしれませんが、作品写真にいつも入れている「Little Garden」のロゴを入れていません。
お花は佐々木先生の御本を参考にして描きつつも、デザインはオリジナルで起こしてい るのですが。
こちらのお教室では下書きをトレースする事無く、フリーハンドで描くので。
納まりが良くなるよう途中、レイアウトも変わって行きます。
後から先生の手が入って、お花の動きも変わっているので。
失礼になってはイケナイと、あえてロゴをはずしました。
佐々木先生のお花はフワッと優しくて‥出来るだけ近付けるように〜。



仕上りまで、後もうちょっとです。
その後はリムの部分に(先日、習って来たばかりの)ロクロで、金線を引く予定。
11月末のお教室の展示会には、きっと間に合うハズです。
その前の8月末にはJ.P.P.A.(日本ポーセリンペインターズ協会)の、3年に1度の大きな展示会も待っています。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/19 つきゆり]
[02/15 つきゆり]
[02/09 つきゆり]
[02/09 boss]
[02/04 まーれ]
[02/04 つきゆり]
[02/03 まーれ]
[02/03 sakura]
[01/22 sakura]
[01/20 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]