忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
あっという間に今日で7月は終わり、そして東京都知事の選挙です。
期日前投票を済ましていたので、東急本店さんにオーダー品の第2陣をお届けしました。



このイングレーズのフレームのデザインはお好きな方が多くて、このお皿は過去にも色々なバリエーションで作りました。
今回K様のリクエストは「桜文鳥とスミレ」、そして「スズメと桜」です。



小鳥さん達は向かい合わせに並べて1対に、周囲はプラチナで1周しています。
こちらはコザクラの「マロンちゃん&チェリーちゃん」



チェリーちゃんはお星になってしまったのですが、仲むつまじい写真がいっぱいのご夫婦です。
金の枠に鳥さんカップルが留まったこのお皿は、四角い枠の外側にお花を描いて今までにも作って来ました。
他の展示品に描いてあった「コブシと錦糸梅」のリクエストです。
このお皿のお花はいつもモノトーンでしたが、今回はフルカラーで。



チェリーちゃんは胸元の羽が、豪華なショールのようにフサフサの女の子です。
2人とも丸ッとして可愛い〜。
コザクラさんはお顔の赤が鮮かで‥赤は発色が難しいので、そこは気を遣いました。
裏面に2人の名入れをしています。
納品の後は、お隣の東急Bunkamuraで開催中のクラフト•マーケットへ。
こちらも既に3期、あっという間に明日が最終日です。
知り合いの作家さん達がけっこう出展されていたので、アチコチでおしゃべりして来ました。
PR
「ワンコのマロンちゃん」のプレートが出来上がりました。



オレンジ系とリクエストのあった周囲のマーブル模様は、黄色っぽいオレンジの絵の具を使いました。
写真より実物の方がオレンジっぽいです。
お部屋に置いても馴染むよう、ベージュと赤っぽい茶色も混ぜています。
このマロンちゃん、以前にペンダントを製作させて頂きました。
ペンダントの小さなサイズも難しいですが、大きくなるとまた表情も難しい。
御実家のお母様が可愛がっていらっしゃるワンコさんだそうです。



そして、こちらも同じS様からオーダー頂いたコザクラさんのお皿。
以前にも描かせて頂いた仲良しのご夫婦インコさんです。



7年くらい昔のことなので、現在は向かって左の男の子‥マロンちゃんだけになってしまったそうですが。
今も17年のご長寿記録を更新中だそうです。
スゴイですね!
この子の名前もマロンちゃんですが「Maron」と、ワンコとはスペルが違います。
金の四角い枠のあるデザインなので、まずマスキングしてから枠部分をザラザラの質感にします。
一旦焼成してから、その後に金彩。
絵の部分にも筆を加えていきます。
東急本店で承ったオーダー品は、数がとんでも無い事になったのもあって。
まだまだ進行中です。
イングレーズ•白磁•ボーンチャイナと焼成温度も違うので。
あっちを進めては、こっちを進め‥。
どれもなかなか仕上がりません。(汗)
これはご夫婦のオカメさん達のプレート。



以前にこのタイプのプレートをお宅に飾ってくださった所の写真をブログ•アップしたところ「あのイメージで」とオーダー頂きました。
カメラを向けると、なかなか2人で寄り添って‥とは行かないそうです。
元のイメージ先行で、何の迷いもなく横位置スタートしたのですが‥何かチンマリしてしまった。
頂いた写真が縦に長かった事を、立ち止まって考えるべきでした。
このプレートを縦で使うのは初めてですが、スタンドにも収まるようですし、レース穴にリボンを通して壁掛けでも良いしと考えて、再制作。
縦のプレートの方が、手が入っているのを差し引いても良くなりました。
こちらは安心して見ていられます。
1羽だけでも自慢の尾っぽが長く入ったのは良かった。
インコさんも一回り大きくなりました。
そんな訳ですのでK様、ご了承くださいね。
こちらのワンコさんは、毛足が長くて苦労してます。



お顔メインで、という事でしたが。
やっぱり体も入れたく思い、他の写真とつないだ感じで。
周囲はオレンジのマーブル模様(大理石風)がご希望です。
毒々しくならないよう、優しい色の中にポイントでオレンジを使おうと思います。
東急本店さんへの納品の第1弾では、お皿も製作致しました。
このケーキ皿の素材は、今回の展示で初めて取り扱いましたが。
セキセイさんとシジュウカラさんでオーダー頂きました。



ルチノーのオカメさんでもオーダーを頂いて、2枚とおっしゃるので下書き状態のチューリップ版をお見せしたところ‥1枚はチューリップに決定。
黒1色のアウトラインの下書きのみで、決めて頂くという荒技。(笑)



チューリップと並べる事を考えて‥もう1方のスミレ•バージョンも、お花の位置を下に動かしてみる。
リムの部分が立ち上がっているので、オカメさんの羽冠の部分がうまく写りません〜。



「うちの子」のオーダーもそうですが、実物が無いのに頼んでくださるというのは有り難いと同時に責任重大。
展示品も決して手を抜いていませんが、オーダー品はもうひとつ緊張の度合いが違う。
お手元に渡った時にガッカリされる事の無いよう、心を込めて製作します。
こちらはケーキ皿より1回り小さい、お饅頭が似合いそうなサイズのお皿。
いつもは小さな野鳥で作っています。



オカメさんは、4羽とも同じお客様のオーダーです。
S様のお宅では、デザートのお皿が一気にオカメさんになりました。
引き続き、現在も色々進行中。
お待たせしていますが頑張ります!
東急本店で承ったマグカップ、お二方とも喜んでいると連絡くださって嬉しいです。
ティー•タイムに愛用して下さいね。



このマグは上から見るとオーバルで、形もオシャレ。
スーパー•ホワイトの白も綺麗で、握り易い‥と言う事無し。
御縁があって、リトルガーデンでは美濃の食器メーカー「深山」さんの白磁を多く使っています。
美濃では日本の食器の50%が生産されているのだそうですよ。
昨日はNHKのBSテレビ「イッピン」という番組で、美濃の窯元3軒が紹介されて。
その内の1軒は、この「深山」さんでした。



これは本焼きを終えた大〜きなお窯を開けた所。
御縁があるというだけで、何故か私も誇らしい気分です〜。
このウロコさんの鳥カゴのお皿も「深山」さんの物。



普段は紺色で「お家」のプリントをした物が市場に出ているのですが。
「この形は鳥カゴでしょう!」と、生産ラインから、白磁を取り分けて頂いています。
この形なくしては出来ないお皿なのです。
お花型のお皿は、随分と久しぶりに作りました。
青い子の方はリクエストがあって、盛り上がったハートも飛んでいます。
周囲にエナメル盛りを点々と打って、それが可愛いお皿です。
ドア•プレートを作ったのも久しぶり。
プックラしたハートの盛り上げは、これで始めたのでした。



ヨウム飼いの方からは、お家のウェルカム•プレートのオーダーを頂いて。
マメルリハさんは、鳥友さんへのプレゼントだそうです。
これに生成りの皮ヒモを通した状態で、出来上がり。
見え難いですが丸いプレートの外周には金彩をしています。
普段売り場に並べる時は、予め「Welcome」の文字を入れていますが。
名入れして「お家の子」というのもアイデアですね。
東急本店さんに納品した第一陣の鳥さん達がお客様のお手元に飛んで行ったようで、メールやコメント等を頂いています。
喜んでくださって、ありがとうございます。
ミルクピッチャーのオーダーも頂いていたので、まずはそれのご紹介から。



いつもはスズメさんが定番ですが「メジロさんに置き換えて」と言うものから。
お家のインコさんで‥と、いう物まで。
コザクラさんは「周囲にキレイなコザクラの羽を散らして」というご要望でした。
(コザクラさんはお皿も出来上がってからの納品になります。K様、お待たせ致します。)
普段は作ってなかったインコさんのオーダーを頂いたので、オカメさん達の横にはハートを。



ガラス質の多い絵の具で、プックラと盛り上げてみました。
色とりどりのオカメさん達です。
コザクラさんに習って、裏には羽を1枚。



こんな「インコさんシリーズ」の展開も良いなぁ‥と、思ったのですが。
生憎な事に、このミルクピッチャーは製造中止なのだそうです。
高さ5センチ強と、綿棒等の物入れとしても使い易いサイズで。
お値段もお手頃なので、イベントでも人気でした。
鳥活動を始めた頃からずっと愛用していた素材なので、とっても残念なのです。
長い間には仕入れ価格も随分と値上がりしたので、お値段を見直そうか?と思っていた矢先のショックな出来事。
年内のイベントに手元にある物を出し切ったら、終了です。
これに代わる物を見つけられると良いのですが‥。
東急百貨店•本店に向けて、宅急便を送り出しました。
明日の閉店後には搬入です。
最後の最後はいつもバタバタで、手が回らなかった事ばかりが気になる。
そんな事なら、もう少し早く準備を始めれば良いのですが‥なかなか懲りません。(汗)
今回の新アイテムはカフェオレ•ボール。
最大直径が13センチと大きく、サクランボやら‥果物を盛っても、きっと可愛い。





本来はお茶碗なのですが、とても乙女のサイズでは無く。(笑)
モダンな形状なので、ボールという事にしました。
内側に赤い実をひとつ描いて、周囲にもグルリと木いちごの花と実を描いています。
ストンと真っ直ぐの円柱と比べると、足元のすぼまっているこの形はとても描き難いというのを実感。
この後に描いたマグカップは(これも円柱では無いですが)随分と楽に感じました。
大きくて場所を取るのに、高さがあってラックにも入らず‥という厄介さで。
焼成の効率が悪く、ようやく7点仕上げました。
そんな訳で数も少ないので、ご希望の鳥種•鳥色がございましたらオーダー承ります。
このオーダー、今まで百貨店出展の折りには、写真をお預かりしての「うちの子」でも同一素材•同一料金で承っていました。
いちいち説明や、使い分けも面倒で、そういう事にしてしまっていたのですが。
「うちの子」は手間もかかる上に神経も使うので、さすがにキツイ〜。
百貨店さんやエージェントさんのアドバイスも頂いて、別途料金を頂く事にしました。
新たにデザインが発生する物も、上に倣います。
申し訳ありませんが、御理解お願い致します。
明日は大荷物なので、行きがけにスケッチの受講というのも無理かなぁ‥と、先にイングレーズ焼成のお皿を引き取って来ました。



売り場では、このお皿に彩色の鳥さんを描いています。
東急本店のご案内ハガキに、H様からお返事メールを頂いて。
写真も添付してありました。
これは昨年秋、御主人へのクリスマス•プレゼントにと東急•吉祥寺店でオーダーを頂いたマグカップ。
私はウッカリ表面の写真を撮り忘れて、ブログにアップできませんでした。



この黄色い子は、御主人が子供の頃に可愛がっていたセキセイさんがモデル。
昔の事なので写真が無くて、H様も見た事が無かったのですが。
「クセ毛がある」「頭が四角っぽい」‥という説明を頼りに描きました。
お花も何も要らないという事でしたが、オマケで描いたこの羽も喜んでくださったとか。
運良く、良く似ていると気に入って下さって、毎朝これでコーヒーを飲まれているのだそうです。
この紺地も気に入ってくださっているそうで。
色味が男性には喜ばれると言ってくださるので、明日から製作するマグにこのタイプもいくつか用意しようか?
地色を入れるのは、もうひと手間かかるので‥時間が足りないかな?
と、まだ揺れています。
一緒に、他のリトルガーデンの鳥さん達の写真も送ってくださいました。
古いお客様なので、花瓶とか‥描いた私が懐かしく思う物も。



H様のお家のユキちゃん&ノエルちゃんをモデルにしたウェルカム•プレートは、お友達からのご結婚のお祝いでした。
そういえば以前はよく描いていた文字入りのウェルカム•プレート、最近はめっきり描いておりません〜。
こうやって拝見すると、色々思い出されます。
H様、わざわざありがとうございました。

東急本店には、3月の絵付けの展示会向けに作った「スズメちゃんの春のお皿」のセットを持って行きます。
一辺が27センチとかなり大きいので、売り物と言うよりは看板代わり。
お皿と言うよりは襖絵か掛け軸か‥と言った趣ですが、気に入っています。




出展まで2週間を切ってしまったので、そろそろご案内のDMハガキも作らないと‥。
やっぱり外注に出す時間が無さそうなので、またも自作のやっつけ仕事になりそうです。
でも、スズメちゃん達は可愛いですよ。



看板と言えば、スゴ〜イ物を注文しました。
昨年取得した1級絵付け技能士の認定番号等をステンレス板に彫刻して、額に入れるという豪華な物。
それなりの場所に出展していると、自分のバックボーンとなってくれる物が必要と思う事が時々あって。
口で色々言っても嘘くさい(笑)ので、むしろ置いておくだけで良いというのは好ましい。
受け取られる方によっては、安心材料になると思われます。
最初は何処で頼めば良いかわからず、手近なハンズで相談してみました。
金属風のプラスティック表札みたいな物をお願いしようと、店頭で相談している所に待ち合わせていたオットが到着。
私の「安〜い♪」というフレーズが気に入らなかったらしく「自分の看板がその程度で良いのか」と、会ったばかりだというのにケンカ腰。
結局その日は、外食の予定も台無しになってしまいました。
ご存知の方もあると思いますが、私達夫婦はけっこう仲良しです。
日頃オットは私の絵付け活動には興味が無い様子で、今までの展示もギャラリー内に入って来た事は1度も無いのですが。
都合がつく時は、搬入•搬出時に車で送迎してくれたりと協力的。
でもその日は「自分の看板がその程度で良いのか?」と、私の姿勢が受け入れられなかったらしい。
確かに仕上がりと言うよりは、安いお値段に惹かれていたカモ?
私にしては即、珍しく反省して(笑)今度は立派な楯をネットで探してオーダーしました。
この投資を回収するには、お皿を何枚売れば良いのでしょう?(笑)。
でも、看板として恥ずかしくない物が仕上がりそうです。
自分のブランディングとしても正しいと思われる。
ちなみにオットとは後日、仲直りの焼き肉に行ったので心配ご無用なのです。(笑)
新学期からのテクニカル(特殊技法)の講座が始まって、前回の課題を受け取りました。
「クリスマスローズ」のお皿はローゼンタール。
納得行かない仕上がりに、ブランド皿はもったいない〜。(笑)



授業に遅れないよう、ただただ作業しているので突っ込みどころは満載で。
盛りとか‥もっと丁寧に仕上げたかった〜。
つい先程まで天地が逆だと思い込んでいて、写真を逆向きに撮っていました。
製作はさかさ向きで進める事が多かったので(汗)‥いかにテキストを見てないかという事ですね。
後から画像を引っくり返して、これが定位置。
今年もゴールデン•ウィークは、銀座の本社ギャラリーで陶画舎展が開催されます。
授業で製作した課題を提出でも良いのですが、それはしたくないので。
私は出展をパスする事にしました。
昨年は大急ぎでオリジナルを仕上げましたが、今年は根性が湧いて来ません。
やっぱり製作しようか?どうしようか?グダグダ迷う自分が厭になって、ちょっと距離を置きたくなりました。
ラスターやマーブルローションや‥使えるに越した事は無いですが、私にこれ以上はムダかな?と思い始めている今日この頃。
W先生のセンスはステキですが、私はポイントでチョコット使えれば〜くらいで良いのカモ?
オリジナルを出展されるクラスメートお二人の作品を拝見したら、色々な特殊技法を効果的に使われていて。
素晴らしい仕上がりに、我が身を顧みてガックリ!
更にその思いを強くしました。



そんなこんなでエネルギー切れの日々ですが、百貨店の出展も迫って来ます。
ゴールデン•ウィークこそは、製作を頑張ります!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 7 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[12/06 つきゆり]
[12/05 boss]
[12/01 boss]
[11/27 つきゆり]
[11/26 boss]
[11/14 つきゆり]
[11/03 boss]
[10/30 つきゆり]
[10/14 K]
[10/13 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]