忍者ブログ
リトルガーデンの陶絵付けやインコの寅ちゃん、日々のことなど。
<< 06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
気がついてみると、東急本店の出展まで1ヶ月を切っていました。
ユルユルのんびりで製作していましたが、もうちょっと速度を上げないと!
明日も、それ以降も、チラホラ予定が入って動けない日もあるので、気持ちは焦り始めました。
ここのところ製作していたインコさん達のお重は、とても小さい‥1辺5.8センチの波佐見焼きです。



このままでサラッと終わらせるか?
それとも金彩を入れるか?‥悩み中です。
元の白磁だけで結構良いお値段なのですが、金を使うともう1越えしてしまう。
それでもやはり、金はあった方が華やかかなぁ?
今年は(古巣の!)鳥イベントに久しぶりに出展してみて、改めて思った事がありました。
そして開き直った(笑)というか。
少し離れていた間に食器は 印刷物や、転写シールを使ったプリント物が席巻していました。
そしてお安い!
とは言え、仮に3倍のお値段を頂いたとしても‥使用している白磁は3倍以上高価ですし、手描きで費やす労力は比べ物にならない。
同じ土俵に乗ろうと思う事が、無理なのかも?‥と、悟りました。
思い切り違った方向に突き抜けようか?と、思っています。
せっかく西洋上絵付けという技術を持ってるのだから。
大量生産の物とは一線を画して、あえて手をかけるのも道なのかもしれません。



金彩は蓋の周囲にグルッと巻くか?角に小さく装飾を入れるか?‥も、悩みます。
あまり意識してなかったですが、スミレ•バージョンの方が多くなっていました。
PR
佐々木裕子先生のお教室でした。
寄り道しながらも、ケーキ皿のサイズの5枚セットを製作中です。
ワイルドローズは第1焼成を終えたところ。
薔薇の方は、その上に2度目の手を加えて未焼成です。
1番高価なピンク〜マロン系の絵の具を忘れて、絵付け友に分けて頂くというウッカリでした。



「あ〜でも無い、こ〜でも無い」とツルツルのお皿の上、筆で絵具をアッチに寄せたり、こっちに寄せたり‥。
なかなか決まりません。
先生が手を入れてくださった所は、なるべく触らないように〜。(笑)
佐々木先生の画風は、 光の当たる所は思い切り絵の具を抜いてあるので軽やか。
とても好きなのですが、なかなか自分では思うようになりません。
昨日から陶画舎の6人の先生方の作品展が開催中で、お教室後には先生やクラスメートをご案内して銀座へ。



3年続きの展示会で、授業の合間の製作はとても大変と思います。
それぞれの先生方の個性が際立つ展示で、2日目にもかかわらず多くの作品に「御約定」の札がありました‥スゴイ!
佐々木先生が「アーティストとしても素晴らしい」と、褒めてくださるので(全く関係無い立ち位置ですが•笑)私も嬉しい。
そして絵付け界で名前を知らない方はモグリというくらい、高名な佐々木先生ですから。
陶画舎の先生方も敬意を表してくださるので、それも嬉しいです。
今日はたまたま、私がお世話になっているW先生とK先生が在廊されていました。
技術の事等お話がはずむ様子を横で拝見しながら‥常々、良い先生は心が広いと感じていますが。
(自分が追いつけてないという葛藤はありますが(爆)惜しみなく教えてくださいます。)
やはり、一流の先生方はサスガと思います。
良い先生方に恵まれている幸せを感じました。
今日はまた特別に寒いですね。
ここのところの寒暖差に、体が追いて行けません〜。
今年は体力が落ちたのを感じる事が多い‥。
体力だけが自慢だったので(笑)ちょっと悲しいです。
先日のオタクな鳥さん達と一緒に、身近な鳥さん達も Hobby's World さんに納品しました。
よく見かける子達なので‥こんな寒い雨の日は、どうしているのか気になりますね。



スズメちゃん、ハクセキレイ、シジュウカラのお皿です。
フェアの記念商品という事でしたが、この上にいつものマグを乗せてみると、とっても可愛い。
メーカーも同じ物です。
「カップ&ソーサーのようなセット扱いも良いですね」と、Hobby'sさんでアドバイス頂きました。







落ち着きましたら鳥種をセレクトして、Hobby'sさんでお取り扱い頂く事になりました。
その前に12月の東急本店でも、いくつか並べる事を目指したい〜。
野暮用に時間を取られているのもあって、以前ほど頑張りが効かない。(汗)
色々な事が、後ろに後ろに流れて行きます。
百貨店やお店で頂いたオーダー品をお届けしたら、次は個人的に承っているオーダーを‥と思っていたのですが、出展も迫っていて。
もう暫く、手を着けられそうもありません。
現在ホームページからの受付はしていませんが、昔からのお客様達から承っている物があります。
「納期は未定」のお約束ですが、それにしても申し訳ありません〜。
次の東急本店では時節柄、「プレゼント」を意識した品揃えを意識しています。
比較的小さいサイズの物を増やす予定ですが、どこまで行けるのか?
まずは、鳥さんのお節料理にピッタリ!サイズの、お重の準備を始めています。
とても綺麗な形の波佐見焼きです。
東急本店、最後のオーダー品は蕎麦猪口。
初めて扱うアイテムです。
T様は早速お迎えに行ってくださったそうで。
店員さんと一緒に「可愛い!」と言いながら御覧になったと伺って、嬉しいです。
大変お待たせ致しました。
今回もお家のインコさん達が全員集合‥オカメの「すみれちゃん」とコバタンの「クッキーちゃん」。
すみれちゃんは、この上向きポーズがいつもお気に入りの様子です。



サザナミの「りゅうクン」と「ふうちゃん」は一緒に仲良く並ぶ事はあり得ないそうで、器の上で念願の仲良ししています。
周囲の植物は「パクチー」‥サラッとした仕上りがお好みのように思います。
以前に大き目のお皿も「パクチー」でオーダー頂きました。



T様はチャレンジャーで(笑)店頭に無いアイテムのオーダーが続いたのですが。
蕎麦猪口‥取り寄せてみると可愛い形で、ラインに加えること決定!
色々と使い道が広がりそうな器です。



この細長いお皿(トレー?)の上でも、サザナミの2人は仲良し。
蕎麦猪口とはメーカーが違うのですが、白の色も同じで重ねても違和感がありません。
可愛いセットになりました。



大変お待たせして、ようやくオーダー品をお届けしましたが。
早くも2ヶ月後には、同じ場所で出展致します。
東急さんへの納品のご紹介、続きが遅くなってしまいました。
これは高さ6センチ強の小さな一輪挿し。



ハクセキレイ好きのK'様、今回のリクエストは「夏羽のオス」でした。
「白と黒」のハクセキレイさんですが、雌雄や夏羽•冬羽で色の割合が変わるのだそうです。
で、ベランダに遊びに来る子の写真を頂いていました。
今日はこの子を売り場にお迎えに行って下さったそうで、わざわざご連絡頂きました。
周りは西洋スグリをグルリと、わりと詰まった間隔で描いています。
グリーンの実がご希望だったので、夏羽の爽やかさにピッタリですね。



K様のオカメの「ジンジャーちゃん」は、これ迄も何度も描かせて頂いています。
昨日の「ヴァンツァーちゃん」と同じお家の子で。
赤目で内股の女の子、ご希望の赤い実がシックリ来てます。
黄色は、ともするとドギツク写ったり‥写真に撮るのが難しい色ですが。
淡〜い色のジンジャーちゃんなので、実物より更に色飛びして写っていました。(汗)



でも、どちらも可愛く仕上っています。
この一輪挿しは、5月の出展時に初めて扱ったアイテム。
お花を飾った時に邪魔にならないよう、あえて周囲には「実」を描きました。
ずっと見ているとこの器、ディフューザーとして使ってもオサレな気が‥。
精油を入れてラタン•スティックを数本挿しても、それはそれで良いのでは無かろうか?
そしたら薔薇とか‥お花の絵でも邪魔にならなそう。
絵と香りと揃えると、またステキですね。
リトルガーデンの次の出展は、暫く置いて12月の東急本店ですが。
クリスマス前なので、プレゼントに良さそうなアイテムを中心に考えています。
1ヶ月ぶりに東急本店に納品に行って来ました。
T様のオーダー品だけが間に合わなくて、少しだけ猶予を頂くことに‥甘えてしまってスミマセン〜。
これはイングレーズの青い部分が出来上がっていた1辺20センチ弱のお皿。
K様はシリーズで揃えてくださっています。
今回のモデルさんは、オカメの「ヴァンツァーちゃん」。
上絵付けで描きました。



いつも凛々しいハンサム•ウーマンです。
尾っぽがとても長いのですが、体全体が小さくなるのは避けたくて。
尾っぽを向こうの方に反らせて見えるよう、心がけて影を入れました。
お目々は「ぶどう色」、微妙な色合いの子です。



もうひとつの青は、1辺7センチの蓋物。
地色はマットなブルーです。
店頭品のブルーの蓋物は、ピンクのお花を散らしていたのですが。
オーダー下さったO様はバリバリのキャリア•ウーマン。
「お任せする」と言って下さっていたので、甘くなり過ぎないようお花は黄色に。



モモイロインコの「ピーコさん」は御実家のお父様が可愛がっておられました。
御高齢でお世話が出来なくなってしまったけど、ピーコさんは他の誰にも懐かなかったそうです。
大きなインコさんは寿命が長いので、これはよくある問題。
NPO法人TSUBASAさんをご紹介したところ、今ピーコさんはお世話になっています。
TSUBASAのツイッターで時々流れてくるピーコさんの画像は、いつもご機嫌で。
1枚噛んだ私としても、とても安心します。
週末を遊んで暮らして、気がつくと9月も残り僅か。
東急本店で承ったオーダー品の納期は、9月一杯です。
余裕の日程を組んだはずなのに、気が付くといつもギリギリ。(汗)
懲りない人だと反省しながらも、まずは野鳥のマグが仕上りました。
ルリビタキとコマドリです。



インコさんや文鳥さんや‥「うちの子」達が続いた後の、久しぶりの野鳥さん達。
オーダーくださったA様はインコ飼いさんですが、野鳥写真も撮られる方で。
この子達も、モデルさんの写真を頂きました。
図鑑や写真集には著作権があるので、よく見た事の無い鳥さんの写真はお宝 。
有り難いです。
鳥見をなさる方のカメラなので、とても寄って撮ってあります。



ルリビタキは目が覚めるような、美しいブルーの体。
目の上の白い眉毛のような羽で、お顔が凛々しく見えます。



コマドリは図鑑等でも、いつも切り株の上で背中を反らせていますが。
頂いた写真も、まさにそのポーズ。
お得意のポーズなんでしょうか?
2羽とも、お目々がクリクリで‥野鳥も可愛いですね。
明日は陶画舎バーゲンに行くので、ついでにイングレーズ焼成も出せるよう、ここ数日準備しているお皿。
完成したら「藤」の枝にオカメさんが留まっている図となります。
赤くマスキング•リキッドの色が残っている所がオカメさんの足の位置。
焼成後は赤は飛んでしまいますし、今は黒く見えるイングレーズ絵の具も藍色になります。



藤の下絵を考えるのが、ひと苦労でした。
参考にお庭の藤の写真を頂いてはいたのですが、そういうのは往々にして「絵にならない」構図。(笑)
5月の頃には藤棚を見る機会もありますが、「きれい〜」でやり過ごしてしまって。
観察というのは、して来なかった。
日頃、いかに物を見てないか‥こういう時に感じます。
お花屋さんに置いてないお花は、ここでとっても苦労です〜。
そして藤や桜や‥小さなお花の集積は筆のストロークで「エイヤッ」という訳にも行かず。
これだけ描くのにも、随分と時間がかかりました。
スケッチの勉強が身になっているのか?色々考えて、描きながら更に時間がかかってしまう。
たったこれだけの絵ではありますが、藤の真上の葉っぱがこちらに向かって来るようにとか‥。
左の大きい藤が手前に見えるようとか‥。
枝もメリハリをつけて単調にならないようとか‥。
色々と考えながら描きました。
果たして、その成果はあるでしょうか?

昨日もう1つ東急さんに納品したのはコレ、ドア•プレートです。
I様方のかわい子ちゃん、ほっぺにお弁当を付けています。
ほっぺがぷっくりしているとか、赤い目とか‥以前に書き留めた注意書きを見ながら、気をつけて製作。



ところが、やってしまったのです。
後はハートの盛り上げと、周囲の金彩と‥完成目前だったのですが。
改めてノートを良く見ると「文字とリボンはグリーン」の書き込みが〜。
その部分、ちゃんと読んでいませんでした。
添えが「赤い実」というのまでは完璧だったのに〜。

そういえば、確かにそうでした!‥今頃になって鮮やかに、やりとりを思い出す。
ちょっと悲しくなりながらも、自分のウッカリのせい。
1から再制作です。
最終仕上げで穴の部分に、引っかけ用の生成りの革ヒモを取り付けています。




‥で、ふたごちゃんプレート。
離ればなれの運命ですが、一瞬の勢揃いです。

ピンクの可愛い子は、今日送り出した搬入の荷物に入れました。



京急さんで里子先を探してあげないと!
荷作りはいつも日程ギリギリ‥懲りません〜。
8月31日(木)〜9月5日(火)京急百貨店「小鳥のアートフェスタ」に参加致します。
リトルガーデンは直接出展したり、お休みしたり、委託で出展したり‥色々だったのですが。
このイベントも
今年で5年目を迎えて、たくさん企画がある様子。
今年のリトルガーデンは委託出展なので、土曜日辺りに遊びに行きます。


東急本店でオーダー承った物、3点と数は少ないですが第1弾を納品しました。
これは黄色いセキセイさんの蓋物。





まだ1歳と若くて、足もピンクでキレイな子がモデルさんです。
小さな蓋物なので、どうしても身と蓋に絵がかかって‥つなぎ目を合わせるのが苦労。
オーダー下さったのは、お父様と一緒に来店された高校生のお嬢様でした。
貴重なバイト代をつぎ込んで下さって、有り難いやら、申し訳ないやら‥なのですが、東急のスタッフさんが「可愛い」とお褒めくださったので良かった!
ここ数年お世話になっているので顔見知りの店員さんも増えて、行く先々で声をかけて下さるので嬉しいです。
その足で、PAマスタークラブという絵付け団体の展示会へ。
絵付け友が所属されているので「お会いできるかな〜?」と思いながら向かいました。
こちらの団体はテーマを変えて毎年展示会があるので、製作はきっと大変です。
特殊技法を使われる方が多く、 個性豊かで面白い展示。
示し合わせた訳でも無いのに、陶画舎の元クラスメート3人にバッタリお会いして暫し雑談しました。
皆さん研究熱心です。
時々ブログに来てくださるIさんの作品も、丁寧な丁寧な‥隅々まで気を抜いていない、お人柄そのものの素晴らしい物でした。
遠方にお住まいのTさんとも偶然お会いできて、思いがけなく絵付けブログ友3人でお茶&絵付け話ができたのは嬉しかった。
今日はアッチでも、コッチでも、沢山おしゃべりして楽しい1日でした。



三田村商店さんという絵付け道具のお店が出展されていたので、面相筆を求めてみました。
消費税が付かなかったので、お得〜!
チャリティーの為の物販ブースで、きれいなブルーに惹かれてキャンドル•スタンドをGET。
申し訳ない程のお値段です。
どの先生が描かれた物かはわかりませんが、 ミニ薔薇を描く時のお手本にします!
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/18 つきゆり]
[07/17 ゆか]
[07/17 waka]
[07/17 waka]
[07/03 sakura]
[06/30 つきゆり]
[06/29 sakura]
[06/17 つきゆり]
[06/12 つきゆり]
[06/04 つきゆり]
プロフィール
HN:
リトルガーデン
性別:
女性
自己紹介:
リトルガーデンは小鳥と
花を手描きした
白い陶磁器のお店です。
お気に入りの小鳥さんを
見つけてくださいね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]